デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1430563

世界のラボインフォマティクス - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長動向予測(2024年~2029年)

Global Laboratory Informatics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 116 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
世界のラボインフォマティクス - 市場シェア分析、産業動向・統計、成長動向予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 116 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のラボインフォマティクス市場規模は、2024年に38億2,000万米ドルと推定され、2029年には57億7,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024年~2029年)のCAGRは8.31%で成長する見込みです。

Global Laboratory Informatics-Market-IMG1

拡張現実(AR)、人工知能(AI)、仮想現実(VR)ソリューションは、COVID-19の流行に対応し、継続的に進化する課題に対処する一方で、大きく貢献すると予想されます。この流行により、製薬ベンダーやヘルスケア施設はAIへの研究開発投資を強化し、さまざまなイニシアチブを可能にする中核技術として機能するようになるかもしれないです。

COVID-19は、パンデミックによって政府や機関が重症化を抑制するためにCOVID-19ワクチンを開発・発売せざるを得なくなったため、市場に最も大きな影響を及ぼしています。そのため、最適化されたアプローチに対する需要が高まっています。例えば、米国食品医薬品局ICH-Good Clinical Practice R2は、臨床医薬品開発、迅速な追跡、試験中のリスクモニタリングに準じて改正され、COVID-19医薬品の開発状況追跡において重要なツールであることが判明しています。

さらに、市場を牽引する要因としては、結果の高い精度と効率性、ラボ情報学ソリューションのアプリケーションの増加、診断件数の増加などが挙げられます。

作業量の増加、コストの制約、技術の進歩により、病理検査の性質は市場のニーズに応じて急速に変化しています。新しい検査システムは、現在の世界の需要を緩和するために、最高の技術で製造されています。検査情報を管理するための新しいアプローチは、ヘルスケアシステムの変化する要件を満たすために必要とされています。臨床医にとって最大の関心事は、様々な情報源から得られる情報の正確さです。しかし、2020年3月に発表された論文'Making Healthcare Safer III:A Critical Analysis of Existing and Emerging Patient Safety Practices'によると、診断エラーの有病率は、外来で受診する成人で5%、入院で6~17%です。従って、これらの診断ミスを回避し、より良いサービスを提供するために、診療所や検査室は検査情報システム(LIS)やLIMSのような様々なツールを導入しています。

さらに、ラボインフォマティクスは、アボットヘルスケアのLIMSプラットフォームSTARLIMSのように、ユーザーインターフェイスの面で柔軟性を提供し、このようなツールの助けを借りて、モバイルアプリケーションを介して操作することができ、診断テストを含むラボ業務は、はるかに容易になりました。検査室データの管理と検査室ワークフローの進捗は、検査室情報学ツールの助けを借りて達成され、高い精度が提供されます。したがって、検査室情報学は最終的に検査室の全体的な効率を向上させる。

LIMSは、異なる検査室が関与するデータのサンプリングを改善し、研究情報の統合を支援します。2020年7月にGorden fellerが発表した記事によると、SciCordが提供する電子実験ノート(ELN)/LIMSソリューションは、紙ノートのデジタル代替品であり、6,000人以上の科学者に採用され、採用により生産性が30%向上したと報告されています。さらに、臨床医や病理医が最良でミスのない結果を提供しようとする努力の高まりが、検査室情報化製品やサービスに対する需要の増加に寄与しており、これがさらに市場に好影響を与えています。

しかし、検査室情報化に関する統合標準の欠如と熟練した専門家の不足が、市場全体の成長を抑制しています。

ラボインフォマティクス市場の動向

ラボインフォマティクスシステムが同製品で最も高い市場シェアを占める見込み

COVID-19は、パンデミック状況に対抗するために、時間と技術革新を考慮した検査手順への圧力を高めています。そのため、従来の検査室手順は、業務全体を管理するという点でアップグレードすることが求められています。これはLIMSの需要に影響を与えるかもしれないです。LIMSは、その結果報告機能により、FDAからの規制ワークフローで迅速な承認を得る可能性を示しています。FDAとCDCのガイドラインに従って、CloudLIMSはFDA承認済みの設定済みワークフローを使用して、すでに複数のラボを1週間未満で支援しています。

パンデミック(世界的大流行)では、増加する症例を制御するために時間が重要な要素であるため、LIMSプラットフォームは検査室情報を追跡・監視するために堅牢です。Lab Advantage Solutionsのような企業は、LabVantage COVID-19 LIMSを開発しました。このプラットフォームは、その内蔵機能により、4週間以内に検査室のワークフローを管理し、加速するのに役立ちます。

さらに、検査情報学市場の製品セグメントでは、検査情報管理システムが最大の市場規模を持つと考えられています。

ラボインフォマティクスシステム(LIMS)は、サンプルの流れや関連データを効率的に管理し、検査室の効率を向上させる。LIMSは通常、品質管理検査室のような反復的なワークフローを持つ検査室を対象としています。LIMシステムには特殊なデータ構造が含まれており、検査室のプロセス(ワークフロー)はすでに一定のフォーマットで確立されている必要があります。LIMS製品は近年、電子実験ノート(ELN)や実験実行システム(LES)にシェアを奪われつつあります。この動向は、LESベンダーの売上増加や、大手LIMSプロバイダーによるELNやLES分野への投資に見られます。LabVantage Solutions Inc.のような市場の大手企業は、包括的で高度に統合されたLESとELNの機能を開発するために多額の投資を行っています。

さらに、ラボインフォマティクスシステムのバイオバンキングへの統合も進んでいます。これらのシステムにより、データの質、エンドユーザーへの請求、患者の属性、セキュリティの効果的な管理と追跡が可能になります。例えば、CloudLIMSは、目的に合わせて構築された、拡張可能なSaaS型クラウドLIMSであり、自動化、データ管理、規制要件をサポートすることで、バイオリポジトリとともに成長します。また、データのサンプリングや研究情報の統合を改善し、データアクセスを容易にします。さらに、市場参入企業は市場での存在感を高めるため、世界各地で新しいLIMSの立ち上げに注力しています。2020年7月、LabVantage Solutionsは科学データ管理システム(SDMS)を完全に統合したラボ情報管理システム(LIMS)のエディション8.5を発売しました。このように、上記の要因により、臨床検査情報管理システム部門は市場成長に大きく貢献することになります。

Global Laboratory Informatics-Market-IMG2

北米が市場を独占、予測期間中も同様と予想

米国は、世界中で最もCOVIDの影響を受けている国です。COVID-19パンデミックでは、さまざまなプラットフォームや患者とのデータ共有の必要性が不可欠となっています。診断センターから病院、そして陽性が確認された患者までのデータは、プライバシーや倫理的なケアや研究に不可欠な他の要素を犠牲にすることなく、可能な限り自由に流れなければならないです。そのため米国では、医療提供者はデジタル情報システムに重点を置き、実施された検査の合計、治療結果、進化する症例定義、その他多くのプロセスの合理化を記録しています。したがって、COVID-19の発生は、現在および将来において検査情報システムの利用と採用を増加させる可能性が高いです。

北米は現在、検査情報システムの市場を独占しており、今後数年間はその牙城を守り続けると予想されます。同地域ではヘルスケア産業が確立されており、償還制度も充実していることから、将来的に市場シェアが拡大することが予想されます。米国が北米市場の大半を占めているのは、同国でデジタルヘルスケアの導入が進んでいることと、同国の企業による投資が増加しているためです。

さらに米国では、老年人口が高い割合で増加しており、これらの人口はいくつかの疾患と関連しています。したがって、生活習慣病の増加は、最終的に検体検査への需要を拡大する可能性があります。このような検査室システムは効率の改善に役立ちます。

いくつかの企業が検査情報学に関連した製品、サービス、イニシアチブを立ち上げています。例えば、2020年3月、Ovation.ioは米国全体のCOVID-19検査能力を倍増させるイニシアチブを発表しました。このイニシアチブにおいて、同社は検査室が患者にサービスを提供し、公衆衛生データを収集するのを支援するクラウド技術を提供します。これにより、臨床医が結果とレポートに迅速にアクセスできるようになり、迅速な診断と治療につながります。

Global Laboratory Informatics-Market-IMG3

ラボインフォマティクス業界の概要

ラボインフォマティクス市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの面では、現在、少数の大手企業が市場を独占しています。Abbott Laboratories(Abbott Informatics Corporation)、Agilent Technologies、McKesson Corporation、Thermo Fischer Scientific Inc.などの企業が、市場でかなりのシェアを占めています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 結果の高い精度と効率性
    • ラボインフォマティクスソリューションの用途拡大
    • 診断件数の増加
  • 市場抑制要因
    • ラボインフォマティクスの統合基準の欠如
    • 熟練した専門家の不足
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品別
    • ラボインフォマティクス(LIMS)
    • 電子実験ノート(ELN)
    • エンタープライズコンテンツ管理(ECM)
    • ラボ実行システム(LES)
    • クロマトグラフィーデータシステム(CDS)
    • 科学データ管理システム(SDMS)
    • 電子データ収集(EDC)および臨床データ管理システム(CDMS)
  • コンポーネント別
    • サービス
    • ソフトウェア
  • 提供形態別
    • オンプレミス
    • ウェブホスティング
    • クラウドベース
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories(Abbott Informatics Corporation)
    • Agilent Technologies
    • Cerner Corporation
    • McKesson Corporation
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • LabLynx Inc.
    • LabVantage Solutions Inc.
    • LabWare Inc.
    • PerkinElmer Inc.
    • Waters Corporation
    • Khemia Software

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 64409

The Global Laboratory Informatics Market size is estimated at USD 3.82 billion in 2024, and is expected to reach USD 5.77 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.31% during the forecast period (2024-2029).

Global Laboratory Informatics - Market - IMG1

Augmented reality (AR), artificial intelligence (AI), and virtual reality (VR) solutions are anticipated to contribute substantially, while responding to the COVID-19 pandemic and address continuously evolving challenges. Due to the epidemic outbreak, the existing situation may inspire pharmaceutical vendors and healthcare establishments to improve their R&D investments in AI, acting as a core technology for enabling various initiatives.

COVID-19 has the highest impact on the market as the pandemic has forced the government and agencies to develop and launch the COVID-19 vaccine to control the severity in cases. Thus, the demand for an optimized approach example, the United States Food and Drug Administration ICH-Good Clinical Practice R2, has been amended as per clinical drug development and fast-tracking and monitoring risk during trials and found to be an important tool in COVID-19 drug development status tracking.

Moreover, factors driving the market include high accuracy and efficiency of results, increasing applications of lab informatics solutions, and the increasing number of diagnoses.

Owing to the increased workload, cost constraints, and advancements in technologies, the nature of pathology is rapidly changing, as per the need of the market. New laboratory systems are manufactured with the best technologies to alleviate the current global demand. New approaches for managing laboratory information are now required to fulfill the changing requirements of the healthcare system. The primary concern for clinicians is the accuracy of the information that they get through various resources. However, according to an article 'Making Healthcare Safer III: A Critical Analysis of Existing and Emerging Patient Safety Practices' published in March 2020, the prevalence of diagnostic error is 5% in adults being affected in the outpatient environment and 6 to 17% in hospital admission. Thus, to avoid these diagnostic errors and to provide better services, clinics and laboratories are implementing various tools, such as laboratory information systems (LIS) and LIMS.

Moreover, The laboratory information systems provide flexibility in terms of user interface like Abbott Healthcare LIMS platform STARLIMS can be operated through mobile application with the help of such tools, laboratory operations, including the diagnostic tests, have become much easier. The management of the laboratory data and progress in the laboratory workflow is achieved with the help of laboratory informatics tools, and high accuracy is provided. Hence, laboratory informatics ultimately improves the overall efficiency of the laboratories.

The LIMS improves the sampling of data that involves different laboratories and aids in integrating research information. According to an article published by Gorden feller in July 2020, it was reported that SciCord offers an electronic lab notebook (ELN)/LIMS solution is a digital replacement for paper notebooks, and there was a 30% increase in productivity in adoption, which was adopted by more than 6,000 scientists. Additionally, the rising efforts of clinicians and pathologists to provide the best and error-free results are contributing to the increasing demand for laboratory informatics products and services, which is further influencing the market in a positive manner.

However, the lack of integration standards for laboratory informatics and the lack of skilled professionals are restraining the overall market growth.

Laboratory Informatics Market Trends

Laboratory Information Management System is Expected to Hold its Highest Market Share in the Product

The COVID 19 has raised pressure on testing procedures, taking time and innovation into consideration to combat the pandemic situation. Thus, the traditional laboratory procedures are required to upgrade in terms of managing the entire operations. This may influence the demand of the LIMS. The LIMS has shown possible ways to get fast approval in regulatory workflow from the FDA due to its capabilities of reporting results. As per FDA and CDC guidelines, the CloudLIMS has already helped multiple labs less than a week using FDA-approved, preconfigured workflows.

As time is a key factor in pandemics to controlling rising cases, thus, LIMS platforms are robust to track and monitor the laboratory information. Companies, like lab advantage solutions, have developed LabVantage COVID-19 LIMS. This platform helps manage and accelerate the laboratory workflow in less than four weeks through its inbuilt capabilities.

Moreover, in the product segment of the laboratory informatics market, laboratory information management system is believed to have the largest market size.

A Laboratory Information Management System (LIMS) enables efficient management of the flow of samples and associated data to improve lab efficiency. LIMS are usually intended for the laboratories having recurring workflows, such as quality control laboratories. LIM system contains a special data structure, and the processes of the laboratory (workflow) should already be established in a certain format. LIMS products have been losing market share to electronic lab notebooks (ELN) and laboratory execution systems (LES) in recent years. This trend can be observed in the sales growth of LES vendors and the investment of large LIMS providers in the field of ELN and LES. Some of the major players in the market studied, such as LabVantage Solutions Inc., have invested heavily to develop comprehensive and highly integrated LES and ELN capabilities.

Moreover, Laboratory information management systems are being increasingly integrated into biobanking. These systems allow effective management and tracking of data quality, end-user billing, patient demographics, and security. For example, CloudLIMS is a purpose-built, scalable, SaaS, in the cloud LIMS and grows with its biorepository by supporting automation, data management, and regulatory requirements. They also improve data sampling and research information integration, thereby, making data access easier. Additionally, market players are focusing on the launch of new LIMS across the Globe to enhance their market presence. In July 2020, LabVantage Solutions launched edition 8.5 of its lab information management system (LIMS) with a fully integrated scientific data management system (SDMS). Thus, due to the above mentioned factors, the laboratory information management system segment will contribute significantly to the market growth.

Global Laboratory Informatics - Market - IMG2

North America Dominates the Market and is Expected to do the Same in the Forecast Period

The United States is the most COVID-affected country across the world. In the COVID-19 pandemic, the need for data sharing across various platforms and with patients has become essential. Data from diagnostic centers to hospitals to confirmed positive patients must flow as freely as possible without sacrificing privacy or other essential elements of ethical care and research. Hence, in the United States, healthcare providers focus on digital Information systems to keep track of the total tests administered, treatment results, evolving case definitions, and streamline many other processes. Thus, the COVID-19 outbreak is more likely to increase the utilization and adoption of laboratory informatics systems now and in the future.

North America currently dominates the market for laboratory informatics and is expected to continue its stronghold for a few more years. This region is expected to increase its market share in the future, owing to the well-established healthcare industry and better reimbursement facilities in the region. The United States holds the majority of the market in the North American region due to the higher adoption of digital healthcare in the country and rising investments done by the companies over there.

Furthermore, in the United States, the geriatric population is growing at a high rate, and these populations are associated with several diseases. Thus, the increasing number of lifestyle disorders may ultimately grow the demand for laboratory tests. These laboratory systems help in improve efficiencies.

Several companies are launching products, services, and initiatives associated with laboratory informatics. For example, in March 2020, Ovation.io announced an initiative to double the COVID-19 testing capacity across the United States. In this initiative, the company delivers cloud technology to help labs serve patients and gather public health data. Hence this permits the clinicians to quickly access results and reports, leading to faster diagnosis and treatment.

Global Laboratory Informatics - Market - IMG3

Laboratory Informatics Industry Overview

The laboratory informatics market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. Companies, like Abbott Laboratories (Abbott Informatics Corporation), Agilent Technologies, McKesson Corporation, and Thermo Fischer Scientific Inc., hold substantial shares in the market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Accuracy and Efficiency of Results
    • 4.2.2 Increasing Applications of Lab Informatics Solutions
    • 4.2.3 Increasing Number of Diagnoses
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Integration Standards for Laboratory Informatics
    • 4.3.2 Lack of Skilled Professionals
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Product
    • 5.1.1 Laboratory Information Management System (LIMS)
    • 5.1.2 Electronic Lab Notebooks (ELN)
    • 5.1.3 Enterprise Content Management (ECM)
    • 5.1.4 Laboratory Execution System (LES)
    • 5.1.5 Chromatography Data System (CDS)
    • 5.1.6 Scientific Data Management System (SDMS)
    • 5.1.7 Electronic Data Capture (EDC) and Clinical Data Management Systems (CDMS)
  • 5.2 By Component
    • 5.2.1 Services
    • 5.2.2 Software
  • 5.3 By Delivery Mode
    • 5.3.1 On-premise
    • 5.3.2 Web-hosted
    • 5.3.3 Cloud-based
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia Pacific
    • 5.4.4 Middle-East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories (Abbott Informatics Corporation)
    • 6.1.2 Agilent Technologies
    • 6.1.3 Cerner Corporation
    • 6.1.4 McKesson Corporation
    • 6.1.5 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.6 LabLynx Inc.
    • 6.1.7 LabVantage Solutions Inc.
    • 6.1.8 LabWare Inc.
    • 6.1.9 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.10 Waters Corporation
    • 6.1.11 Khemia Software

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS