市場調査レポート
商品コード
1408566

日本のデータセンターサーバー市場:シェア分析、産業動向と統計、2024年~2030年の成長予測

Japan Data Center Server - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2030

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 90 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
日本のデータセンターサーバー市場:シェア分析、産業動向と統計、2024年~2030年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 90 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本のデータセンターサーバー市場は、前年度に40億米ドルの規模に達し、予測期間中のCAGRは7.3%になると予測されています。

中小企業におけるクラウドコンピューティング需要の増加、データセキュリティに関する政府規制、国内企業による投資の拡大などが、日本のデータセンター需要を牽引する主要要因となっています。

Japan Data Center Server-Market-IMG1

建設中のIT負荷容量:日本のデータセンター市場の今後のIT負荷容量は、2029年までに2,100MWに達すると予想されます。

建設中の高床スペース:日本では2029年までに1,000万平方フィートにまで増床すると予想されます。

計画中のラック:同国に設置されるラックの総数は、2029年までに51万2,000ユニットに達する見込みです。ヨハネスブルグには2029年までに最大数のラックが設置される見込み。

計画されている海底ケーブル:日本を結ぶ海底ケーブルは26本近くあり、現在6本が建設中。

日本のデータセンターサーバー市場動向

ブレードサーバーが今後数年で急成長

  • データセンターにおけるブレードサーバーは、消費電力の削減と高い処理能力が寄与しています。
  • 単一または複数のサーバーブレードを、稼働中の他のシステムに影響を与えることなく挿入または取り外すことができます。これによりハードウェア・コストが削減されるため、業界各社はこの技術を採用し、市場の成長を後押しすることになると思われます。さらに、各サーバーブレードは個別のインフラやシャーシで構成されていないため、他のソリューションに比べて比較的安価です。
  • エンドユーザーのニーズに応えるため、上位企業はデータセンターにおけるブレードサーバーに注力しています。
  • 企業によるクラウドコンピューティング、AI、ITサービスなどの技術採用の拡大、インターネットの普及、ソーシャルメディアの増加が、データセンターでのサーバー利用を促進しています。
  • 今後、医療の進化は、デジタルヘルス、データのリアルタイム利用、アナリティクスを中心とした臨床ケアの再構築に焦点を当てる。このような成果を達成するためには大量のデータを保存する必要があり、予測期間中にデータセンターブレードサーバーのニーズが高まると思われます。
Japan Data Center Server-Market-IMG2

市場セグメンテーションはIT・通信分野が大きなシェアを占めると予測

  • ITと通信業界におけるデータセンターサーバーの需要は、ネットワーク・トラフィックの増加とともに高まっています。通信データセンターはvRANや5Gパケットコアなどのネットワークリソースの管理を担当し、ITデータセンターは通信サービスで使用されるITアプリケーションの管理を担当します。
  • 日本政府は2019年4月、NTT Docomo、KDDI au、oftbankの日本の携帯通信事業者3社と、新たに参入した楽天モバイルに5G周波数を割り当てた。今後数年間で、日本の通信事業者4社は5Gネットワークを構築するために、基地局、サーバー、光ファイバーへの投資を含む設備投資に140億米ドル以上を費やすと予想されています。
  • 日本はインフラが高度に発達しているため、国民は常時接続されています。日本のインターネット・ユーザーは2021年から2022年にかけて84万4,000人(0.7%増)増加しました。2019年のCOVID-19以前の水準と比較すると、パンデミックによって家庭でのビデオ会議、遠隔学習、ビデオストリーミングが増加したため、インターネットトラフィックは2020年に1.6倍に増加しました。
  • 日本は独自の国内ネットワークと技術基盤を確立しつつあります。日本政府は超高速通信の開発促進に数十億米ドルを投資する予定です。日本の機器メーカーであるNECとFujitsu、とフィンランドの機器メーカーであるNokiaは、2030年までに6Gサービスの商用化を目標に、新たな移動通信技術の実験的試験を行う計画を発表しました。
  • COVID-19の流行は日本経済に大きな影響を与えました。パンデミック中とパンデミック後に日本がより強靭になるためには、デジタル技術の導入が不可欠でした。技術・アプリケーションは、顧客との連絡やデジタル・ビジネスの実施、事業運営の再開、ロジスティクスのボトルネックを軽減する技術の導入などを支援することで、企業とその従業員がCOVID-19の経済的影響を管理するのに役立ちます。

日本のデータセンターサーバー業界概要

日本のデータセンターサーバー市場の競争は比較的低いです。Dell Inc.、Hewlett Packard Enterprise、Cisco Systems Inc.、Kingston Technology Company Inc.、Quanta Computer Inc.などの大手企業が参入しています。これらの大手企業は、国内の顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協業イニシアティブを活用しています。

2023年5月、Ciscoはデータセンターのエネルギー使用量を半減させるUCS Xサーバーを発表しました。Cisco Intersightインフラ管理プラットフォームとユニファイド・コンピューティング・システム(UCS)Xシリーズサーバーの組み合わせにより、サーバー統合率4:1でデータセンターのエネルギー消費量を最大52%削減。

Hewlett Packard Enterpriseは2023年8月、phoenixNAPがAmpere Computingのエネルギー効率に優れたプロセッサーを採用したクラウドネイティブなHPE ProLiant RL300 Gen11サーバーでベアメタルクラウドプラットフォームを拡大すると発表しました。この拡大サービスは、AI推論、クラウドゲーミング、その他のクラウドネイティブなワークロードを、パフォーマンスとエネルギー効率を向上させながらサポートします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査想定と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 新規データセンター建設、インターネットインフラ整備の増加
    • クラウドとIoTサービスの採用増加
  • 市場抑制要因
    • 高額な初期投資
  • バリューチェーン/サプライチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の影響評価

第5章 市場セグメンテーション

  • フォームファクター
    • ブレードサーバー
    • ラックサーバー
    • タワーサーバー
  • エンドユーザー
    • IT・通信
    • BFSI
    • 政府機関
    • メディア&エンターテイメント
    • その他のエンドユーザー

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Dell Inc.
    • Hewlett Packard Enterprise
    • Cisco Systems Inc.
    • Kingston Technology Company Inc.
    • Quanta Computer Inc.
    • Super Micro Computer Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • Fujitsu Limited
    • NEC Corporation
    • Inspur Group

第7章 投資分析

第8章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50001201
Japan Data Center Server - Market - IMG1

The Japan data center server market reached a value of USD 4.0 billion in the previous year, and it is further projected to register a CAGR of 7.3% during the forecast period. The increasing demand for cloud computing among small and medium-sized enterprises (SMEs), government regulations for local data security, and growing investment by domestic players are some of the major factors driving the demand for data centers in the country.

Under Construction IT Load Capacity: The upcoming IT load capacity of the Japan data center rack market is expected to reach 2100 MW by 2029.

Under Construction Raised Floor Space: The country's construction of raised floor area is expected to increase to 10 million sq. ft by 2029.

Planned Racks: The country's total number of racks to be installed is expected to reach 512,000 units by 2029. Johannesburg is expected to house the maximum number of racks by 2029.

Planned Submarine Cables: There are close to 26 submarine cable systems connecting Japan, and currently 6 submarine cable are under construction.

Japan Data Center Server Market Trends

Blade Servers to Grow At A Faster Pace In The Coming Years

  • Reduced power consumption and high processing power contribute to the blade servers in data centers.
  • Single or multiple server blades can be inserted or removed without distressing another running system. It reduces hardware costs, which is likely to entice industry players to adopt the technology, thereby fueling market growth. Additionally, each server blade does not consist of a distinct infrastructure and chassis, owing to which the product is relatively cheaper as compared to other solutions.
  • To cater to end-user needs, the top companies are focusing on blade servers in data centers.
  • The growing adoption of technologies such as cloud computing, AI, and IT services by businesses, Internet penetration, and an increase in social media are propelling the use of servers in data centers.
  • In the coming future, the evolution of healthcare focuses on the reengineering of clinical care around digital health, real-time use of data and analytics. Such achievements require a large amount of data to be stored, which would drive the need for data center blade servers over the forecast period.
Japan Data Center Server - Market - IMG2

IT & Telecommunication Segment To Hold Major Share In The Market

  • The demand for data center servers in the IT and telecom industry is rising with increasing network traffic. Telecom data centers are responsible for managing network resources, such as vRAN and 5G packet core, while IT data centers are responsible for the IT applications used by the telecom service.
  • The Japanese government assigned the three mobile operators in Japan - NTT Docomo, KDDI au, and Softbank, as well as the new arrival Rakuten Mobile, with 5G spectrum in April 2019. In the coming years, the four Japanese carriers are expected to spend more than USD 14 billion in capital expenditures, including investments in base stations, servers, and fiber optics, to build their 5G networks.
  • Japan has a highly developed infrastructure that allows its people to be constantly connected. Internet users in Japan increased by 844 thousand (+0.7%) between 2021 and 2022. Compared to pre-COVID-19 levels in 2019, Internet traffic climbed 1.6 times in 2020 as the pandemic led to an increase in at-home videoconferencing, distance learning, and video streaming.
  • Japan is establishing its own domestic network and technology foundation. The Japanese government plans to invest billions of dollars in promoting the development of ultra-high-speed communication. Japanese equipment manufacturers NEC and Fujitsu, as well as Finnish equipment manufacturer Nokia, announced plans to conduct experimental trials of new mobile communications technologies for the targeted commercial launch of 6G services by 2030.
  • The COVID-19 outbreak significantly impacted the Japanese economy. The adoption of digital technology was essential for the nation to become more resilient during and after the pandemic. Technology applications can help businesses and their employees manage the financial effects of COVID-19 by assisting them in contacting clients and conducting business digitally, restarting business operations, and implementing technologies that reduce logistical bottlenecks.

Japan Data Center Server Industry Overview

The Japan data center server market is relatively low in terms of competition. It has some players in the market, such as Dell Inc., Hewlett Packard Enterprise, Cisco Systems Inc., Kingston Technology Company Inc., and Quanta Computer Inc. These major players focus on expanding their customer base in the country. These companies leverage strategic collaborative initiatives to increase their market share and profitability.

In May 2023, Cisco introduced UCS X servers that cut data center energy use in half. The combination of the Cisco Intersight infrastructure management platform and Unified Computing System (UCS) X-Series servers reduces data center energy consumption by up to 52% at a 4:1 server consolidation rate.

In August 2023, Hewlett Packard Enterprise announced that phoenixNAP is expanding its Bare Metal Cloud platform with cloud-native HPE ProLiant RL300 Gen11 servers, using energy-efficient processors from Ampere Computing. The expanded services support AI inferencing, cloud gaming, and other cloud-native workloads with improved performance and energy efficiency.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumption & Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 Research Methodology

3 Executive Summary

4 Market Dynamics

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in construction of new data centers, development of internet infrastructure
    • 4.2.2 Increasing adoption of cloud and IoT services
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Initial Investments
  • 4.4 Value Chain / Supply Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.6 Assessment of COVID-19 Impact

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Form Factor
    • 5.1.1 Blade Server
    • 5.1.2 Rack Server
    • 5.1.3 Tower Server
  • 5.2 End-User
    • 5.2.1 IT & Telecommunication
    • 5.2.2 BFSI
    • 5.2.3 Government
    • 5.2.4 Media & Entertainment
    • 5.2.5 Other End-User

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Dell Inc.
    • 6.1.2 Hewlett Packard Enterprise
    • 6.1.3 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.4 Kingston Technology Company Inc.
    • 6.1.5 Quanta Computer Inc.
    • 6.1.6 Super Micro Computer Inc.
    • 6.1.7 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 6.1.8 Fujitsu Limited
    • 6.1.9 NEC Corporation
    • 6.1.10 Inspur Group

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS