デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408207

コミックブック-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Comic Book - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
コミックブック-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コミックブックの世界市場規模は、今年度162億4,000万米ドルでした。

予測期間中のCAGRは5.37%で、予測年度末には211億米ドルに達すると予想されます。

Comic Book-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 魅力的なストーリーと内容の説明に役立つ魅力的なイラストを備えたコミックの生産が増加していることが、世界のコミックの人気を牽引しています。これらの書籍は、読者の語彙力や創造性を高め、ポジティブなメモを通じて強い価値観を形成することを可能にします。これらの書籍は、ファンタジー、ロマンス、科学など、さまざまなジャンルで提供されています。
  • 電子コミックの普及と人気の高まりは、出版業界に変革をもたらしつつあります。対照的に、電子コミックの性質や範囲は、会社やジャンルによって大きく異なります。さらに、インタラクティブな電子書籍やアニメ化された電子書籍によって、電子出版ビジネスは多くの出版社や作家が作品をより早く、高度な方法で市場に投入することを可能にしました。デジタルメディアを提供できるデバイスの数が増え、インターネットの普及が進んだことで、消費者は情報、娯楽、社会活動など、好みのメディアコンテンツにどこでもアクセスできるようになった。
  • National Publishing Association and Publishing Science Instituteの統計によれば、2022年の電子マンガと印刷マンガの総売上額は約6,770億円(50億5,000万米ドル)でした。市場の開拓は、視聴者からの需要の変動に合わせて、さまざまな新タイトルが発売されることによってさらに推進されます。例えば、2022年、Yen Pressは、「Josee」、「Heroine No More」、「Gahi-chan!」、「Unnamed Memory, the Tiger, and the Fish」の4タイトルを発表しました。
  • 人材は人工知能(AI)に悩まされ、企業はユーザーからのテキストプロンプトに反応して動作するAI画像ジェネレーターを開発し、漫画を印刷しています。この新しいアートメイキングAIは、これまで想像もつかなかったコンテンツを生成する斬新な基準を開き、個性的なコミックの制作を加速させています。この新たな展開は、今後数年間、世界的にコミックの需要を増大させると思われます。
  • 例えば、2022年6月、Living the Line Booksは、AI画像生成システムであるMidJourney AIと提携し、初のAIイラストコミック『廃人』を発表しました。このコミックはDiamond Comic Distributorsから独占販売されます。
  • 読者の間でオーディオブックへの嗜好が高まっていることが、市場の成長を妨げています。オーディオブックはここ数年でかなりの人気を博しており、その締め付けは個人の間でこれらの書籍の需要を高めるばかりです。身体障害者や非英語圏の人々にとって、さまざまなコミックへのアクセスが容易であることが、オーディオブックの需要を高めています。しかし、このことが市場の成長を抑制しています。また、価格競合未組織市場参入企業との厳しい競合は、主要企業の製品収益に影響を与え、市場の成長を妨げる可能性があります。したがって、コミックのコストが高く、代替媒体が利用可能であることは、業界の発展を制限する実質的な要因です。
  • COVID-19の大流行はコミック業界に大きな影響を与え、北米におけるコミック本の流通をほぼ独占していたDiamond Comic Distributorsの閉鎖という結果をもたらしました。この決断は、パンデミックに関連する様々な課題、例えば、小売業者による消費者へのサービスの課題、印刷パートナーへのサプライチェーンの混乱、出荷の遅れなどからCEOが下したものでした。この前例のない措置は、新刊コミックの流通と生産を停止するもので、「新刊コミックの日」が停止されたのは過去80年間で初めての例でした。

コミック市場の動向

デジタルコミックが市場で大きなシェアを占める見込み

  • デジタルコミックの人気はここ数年高まっています。しかし、コミックマニアがパンデミック時にデジタル証明書に依存することを知ると、図書館のデジタルコミックは急成長しました。新興プロバイダーであるLibraryPassの一部として図書館や学校の福利厚生として復活したデジタルコミック媒体であるコミックプラスも同様です。ライブラリーパスのコミックス・プラス・サービスは、学校や図書館を通じて、2万冊以上のデジタルコミック、マンガ、グラフィック・ノベルへのアクセスを読者に提案しています。このサービスは読者にとって簡単で、図書館カードや学校のIDがあれば、スマホ、タブレット、ブラウザから全コレクションにアクセスできます。また、待ち時間や予約リストはなく、ログインして閲覧や読書を開始できます。
  • 市場の参入企業は、新しいデジタルコミックの開発に協力しています。例えば、2023年3月には、イメージ・コミックス、BOOM!Studios、Archie Comicsなどが、デジタルコミック、グラフィックノベル、マンガの閲覧・配信を促進するComiXologyの代替サービスであるGlobalComixと提携しています。CBRは、GlobalComixが新しいモバイルアプリを発表する準備を進めている中、Image Comics、NBM Graphic Novels、Archie Comics、TOKYOPOP、BOOM!Studiosなどと提携し、デジタルコミックのカタログとコミュニティを拡大することを発表します。
  • さらに、2022年9月には、若い世代に税金の重要性を楽しく知ってもらうため、モツパトルーのデジタルコミックの新シリーズが登場しました。ニルマラ・シタラマン財務相は、ニューデリーで開催された2022年財務大臣賞授賞式の機会に、デジタルコミックを発表しました。このコミックは、所得税局が開発したもので、英語、ヒンディー語、タミール語、テルグ語、グジャラート語の5言語でリリースされました。
  • 同様に2022年、米国マクドナルドは世界最大級のデジタル・コミック・プラットフォームであるWEBTOONと協力し、「Drawing on Heritage」という週刊コミックシリーズを通じてアジア太平洋系アメリカ人(APA)の声に光を当てた。デジタルコミックの世界を舞台に、4人の有名なAPAウェブトゥーンアーティストが、APAヘリテージ月間のために、多様なコミュニティを祝福し、認める創造的なストーリーを通して、彼らの力強く、親密な経験に命を吹き込みます。マクドナルドは、非常に多くの文化が共有するブランドであり、アニメやウェブトゥーンのシリーズでしばしば有機的に提供されます。マクドナルドは、世界中の視聴者にインスピレーションを与える創造性、喜び、強さのこれらのストーリーを強調するために彼らと提携できることを嬉しく思います。
  • 人口問題研究所によると、世界全体では、約25%が15歳以下で、10%が65歳以上です。アフリカの人口は世界で最も若いです。アフリカ大陸では、人口の40パーセントが15歳以下で、65歳以上は4パーセントに満たないです。一方、欧州では、65歳以上の人口が15歳以下の人口を上回っています。このような巨大な若年人口が、市場参入企業を若年人口の嗜好に合わせた新商品の開発に駆り立て、市場シェアを獲得することになると思われます。
Comic Book-Market-IMG2

北米が市場で大きなシェアを占めると予想される

  • 北米は世界のコミック市場で大きなシェアを占めると予想されます。コミックストアの広大な存在が、同地域における製品の売上を押し上げる上で重要な役割を果たしています。2022年現在、米国で最も売れているフロントリストの児童書は『Oh, the Places You'll Go』である!スース先生作で、482万3,500部です。しかし、この地域では多様な言語が主流であるため、地域言語の書籍の需要は他の言語の書籍よりも高いです。電子書籍の需要も、この地域の国々における高速インターネットの普及によって増加しています。
  • コミック本は、娯楽の媒体として数十年の変容に耐えてきました。この地域の子供たちは、文学の読者層がそれほど多くない中で、デジタルの波が押し寄せているにもかかわらず、スパイダーマン、アステリックス、ティーン・タイタンズといったコミックを読んで育ってきました。とはいえ、DCコミックスやマーベル・コミックスのような巨大なファン層を考えれば、ほとんどの人が一度はコミックスを読んで育ってきたと言ってよいと思われます。こうした要因が、ここ数年の市場成長を牽引しています。
  • 市場の参入企業は、市場での存在感を拡大するために、さまざまな新しいコミックをリリースしています。たとえば、2023年 8月、DCコミックスは、ウェブトゥーンとの4つのコラボレーション作品すべてを、グラフィックノベル集として近々コミック書店で印刷販売することを決定しました。最初のDC WEBTOONコミック『Batman: Wayne Family Adventures』が発売され、ファンはスーパーヒーローの冒険の新時代を迎えました。それ以来、さらに3つの共同シリーズが開始され、何100万人もの読者が、コメディ、ホラー、ミステリーなど様々なジャンルで、昔からのお気に入りと新しいストーリーを発見できるようになった。そしてDCは、より多くの読者を獲得するために、愛されているウェブコミックをグラフィックノベル化すると発表しました。
  • さらに2022年8月には、Electronic Arts Inc.とMarvel Entertainmentがコラボレートしました。EA SPORTS FIFA 23』では、マーベル・コミックにインスパイアされて再構築されたFIFAアルティメットチーム(FUT)のヒーローたちがピッチに登場します。世界で最も広範なエンタテインメントブランドの2社によるこのパートナーシップは、ゲームファンの人気者たちをゲームに登場させ、Marvelの素晴らしいアーティストたちとともに、より大きなカルトヒーローのクオリティを称えました。
  • 2023年1月、Legible Inc.は、Hearst Entertainment & Syndicationの一部門であるKing Features Syndicateと提携し、カナダの読者向けに初のオンラインコンテンツ配信を開始したことを発表しました。King Featuresは、世界で最も象徴的な知的所有物の一流ディストリビューター兼プロデューサーであり、Moomin、Flash Gordon、The Phantom、Hagar the Horrible、Prince Valiant、Popeye Cuphead、Mandrake the Magicianといった世界的に有名なポップカルチャーブランドを含む、この分野で最も長期にわたる顧客商品プログラムの一つであるポートフォリオを有しています。

コミック業界概要

世界のコミックブック市場は、Marvel Entertainment、Dark House Media、Image Comics、DC Entertainment、Archie Comicsなど複数の企業が存在し、適度に統合されています。各社は市場シェアを大幅に拡大するため、戦略的パートナーシップや製品開拓に継続的に投資しています。最近の市場開拓をいくつか紹介する:

2022年10月、DoorDashとMarvel Entertainmentは、デリバリーサービスの従業員、すなわち「Dashers」を称えるカスタムコミックを作成するために協力しました。この取り組みは今年のニューヨーク・コミコンで発表され、同ブランドは架空の都市ダッシュヴィルを作り上げました。Dashersの26ページのコミックブックは、Dashersを架空の都市Dashvilleを救う使命を担う日常のヒーローとして位置づけています。単行本に加え、マーベルは5部構成のモーションコミックシリーズをリリースする予定で、第1章は2022年10月に発売されます。

2022年9月、Dark Horse Comicsは、Penguin Random House出版グループと、Dark Horseの新刊とバックリストのコミック定期刊行物、グラフィック・ノベル、マンガをダイレクトマーケットのコミックショップに販売・流通させるための独占的な世界的複数年契約を締結したと発表しました。ダイレクトマーケットとは、主に特定のディストリビューターから在庫を受け取るコミックブックショップのことで、他の多くの書店や量販店とは別のものです。これは、Penguin Random Houseがダークホースのトレードブックとグラフィックノベルを書店に販売し、流通させるという両社の現在のパートナーシップを拡大するものです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • コレクターズアイテムとしてのコミック
    • オンラインメディアによる容易なアクセス
  • 市場の課題
    • 非デジタルコミックの保管課題

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • デジタル
    • 非デジタル
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競争環境

  • 企業プロファイル
    • Marvel Entertainment
    • Dark House Media
    • Image Comics
    • DC Entertainment
    • Archie Comics
    • ACK Media
    • Daewon Media
    • Embracer Group
    • Kodansha
    • DMG Entertainment

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 50000799
Comic Book - Market - IMG1

The global comic book market was valued at USD 16.24 billion in the current year. It is expected to reach USD 21.10 billion by the end of the forecasted year, registering a CAGR of 5.37% during the forecast period.

Key Highlights

  • The increasing production of comics with fascinating stories and attractive illustrations to help illustrate the content is driving the popularity of comics globally. These books enable readers to enhance their vocabulary and creativity and create a strong value system through a positive memo. These books are available in various genres, such as fantasy, romance, and science.
  • The widespread availability and rising popularity of e-comic books are transforming the publishing industry. In contrast, the nature and scope of e- comic books change differ significantly from company to company and genre to genre. Further, With interactive e-books, and animated e-books, e-publishing businesses have enabled many publishers and authors to get their works to market faster and in an advanced way. The growing number of devices capable of providing digital media and the increasing internet penetration has allowed consumers to access the media content of their choice, in terms of information, entertainment, or social activity, anywhere.
  • In 2022, the total electronic and print manga sales figure was around JPY 677 billion (USD 5.05 billion), per National Publishing Association and Publishing Science Institute statistics. The market's development is further driven by the launch of different new titles, in line with the volatile demand from the audience. For instance, in 2022, Yen Press introduced 4 titles, including Josee, Heroine No More; Gahi-chan!; and Unnamed Memory, the Tiger, and the Fish.
  • People are plagued with artificial intelligence (AI), and businesses are developing an AI image generator that operates by reacting to text prompts from the user to print comics. This new art-making AI has opened novel standards for generating previously unimaginable content and hastening the production of distinctive comics. This new development will increase the demand for comics globally in the coming years.
  • For instance, in June 2022, Living the Line Books announced the first AI-illustrated comic book, Abolition of the Man, in partnership with MidJourney AI, an AI image-generation system. The comics will be exclusively obtainable from Diamond Comic Distributors.
  • The increasing preference for audiobooks among readers is hampering the market growth. Audiobooks have accumulated considerable popularity in the last few years, and the lockdown has only raised the demand for these books among individuals. The ease of accessibility to various comics for physically disabled and non-English speaking groups is increasing the demand for audiobooks. However, this factor is restraining the growth of the market. Also, stiff competition from the unorganized market players with competitive pricing may impact the key firm's product revenues and hamper the market growth. Therefore, the higher cost of comics and the availability of alternate mediums are substantial factors limiting the industry's development.
  • The COVID-19 pandemic had a significant impact on the comic book industry, resulting in the shutdown of Diamond Comic Distributors, which had held a near-monopoly on the distribution of comic books in North America. This decision, made by the CEO, was prompted by various issues related to the pandemic, such as challenges for retailers in serving consumers, supply chain disruptions for printing partners, and shipping delays. This unprecedented step halted the distribution and production of new comic books, representing the first instance in the past eight decades that "New Comics Day" had been suspended.

Comic Book Market Trends

Digital Comic Books are Expected to Hold Significant Share of the Market

  • Digital comics have been increasing in popularity for years. But when comic fanatics found themselves reliant on digital credentials during the pandemic, digital comics in libraries took off. So too, did Comics Plus, the digital comics medium that has risen back to life as a benefit to libraries and schools as part of upstart provider LibraryPass. Library Pass's Comics Plus service suggests readers access to more than 20,000-plus digital comics, manga, and graphic novels through schools and libraries. The service is easy for readers: users can access the entire collection through a phone, tablet, or browser with a library card or school ID. And there are no wait times or hold lists; log in and start browsing and reading.
  • The players in the market are collaborating to develop new digital comic books. For instance, in March 2023, Image Comics, BOOM! Studios, Archie Comics, and more are partnering with GlobalComix, a ComiXology alternative promoting digital comic book, graphic novel, and manga reading and distribution. As GlobalComix readies to launch a brand-new mobile app, CBR can exclusively announce the platform is partnering with Image Comics, NBM Graphic Novels, Archie Comics, TOKYOPOP, BOOM! Studios and more to expand their digital comics catalog and community
  • Further, in September 2022, A new series of digital comic books of Motu-Patlu was introduced to create awareness among the youthful generation about the importance of taxes in a fun manner. Finance Minister Nirmala Sitharaman released the digital comic books on the occasion of the Finance Minister's Award Ceremony 2022 in New Delhi. The comic book was released in five languages - English, Hindi, Tamil, Telugu, and Gujarati developed by Income Tax Department.
  • Similarly, in 2022, McDonald's USA joined forces with WEBTOON, one of the world's largest digital comic platforms, to shine a light on Asian Pacific American (APA) voices via a weekly comic series called Drawing on Heritage. Set in the digital comic book world, four famous APA WEBTOON artists bring their powerful and intimate experiences to life through creative stories that celebrate and acknowledge the diverse community for APA Heritage Month.McDonald's is a brand that so many cultures share in common and often offers up organically in series in anime and webtoons - and the company is delighted to partner with them to emphasize these stories of creativity, joy, and strength that will inspire audiences worldwide.
  • According to Population Reference Bureau, Globally, about 25 percent of the world is under 15 years of age, and 10 percent is over 65 years of age. Africa has the youngest population worldwide. On the continent, 40 percent of the population is below 15 years, and less than four percent are above 65, indicating low life expectancy in several countries. In Europe, on the other hand, a higher share of the population is above 65 years than the population under 15. Such huge young age populations would push the market players to develop new comics according to young age population preferences and capture the market share.
Comic Book - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Share of the Market

  • North America is expected to hold a significant share of the comics market worldwide. The vast presence of comic book stores has played an important role in boosting the product's sales in the region. As of 2022, the top-selling frontlist children's book in the United States of America was Oh, the Places You'll Go! By Dr. Seuss, with 482.35 thousand copies sold. However, many diverse languages are predominant in this region; thus, the demand for books in regional languages is higher than in other language books. The demand for e-books is also increasing owing to the penetration of high-speed Internet in countries of this region.
  • Comic books have endured decades of transformation in mediums of entertainment. Kids around the region have grown up reading comics like Spiderman, Asterix, and Teen Titans, regardless of the digital wave hitting against the moderately scarce readership of literature. Regardless, considering the massive fan base of goliaths like DC Comics and Marvel Comics, it is safe to say that most individuals have grown up reading comics at one point or another. These factors are driving the market growth over the last few years.
  • The players in the market are releasing various new comic books to expand their market presence. For instance, in August 2023, DC Comics confirmed that all four of the publisher's collaborations with WEBTOON would soon be available in print as graphic novel collections in comic book stores. The first DC WEBTOON comic, Batman: Wayne Family Adventures, was released, bringing fans into a new era of superhero adventures. Since then, three more joint series have been launched -- millions of readers can discover new stories with their old favorites in various genres, including comedy, horror, and mystery. And DC announced that it will transform the beloved webcomics into graphic novels to reach an even wider audience.
  • Further, in August 2022, Electronic Arts Inc. and Marvel Entertainment collaborated. They brought a new cast of FIFA Ultimate Team (FUT) heroes to the pitch in EA SPORTS FIFA 23, reimagined and inspired by Marvel Comics. This partnership between two of the world's most extensive entertainment brands had some of the game's fan favorites to the game and honored their larger-than-life cult hero quality alongside the amazing artists at Marvel.
  • In January 2023, Legible Inc. announced that it has collaborated with King Features Syndicate, a Division of Hearst Entertainment & Syndication, to become its first online content distributor to readers in Canada. King Features is a premier distributor and producer of the world's most iconic intellectual possessions, with a portfolio that is one of the longest-running customer products programs in the sector, including world-renowned pop culture brands such as Moomin, Flash Gordon, The Phantom, Hagar the Horrible, Prince Valiant, Popeye Cuphead and Mandrake the Magician.

Comic Book Industry Overview

The Global Comic Book market is moderately consolidated with the presence of several players like Marvel Entertainment, Dark House Media, Image Comics, DC Entertainment, Archie Comics, etc. The companies continuously invest in strategic partnerships and product developments to gain substantial market share. Some of the recent developments in the market are:

In October 2022, DoorDash and Marvel Entertainment collaborated to create a custom comic book that celebrates the delivery service's employees, or 'Dashers.' The effort was announced at this year's New York Comic Con, where the brand created the fictitious city of Dashville. The Dashers' 26-page comic book positions Dashers as everyday heroes on a mission to save the fictitious city of Dashville. In addition to the book, Marvel will release a motion comic series in five parts, with the first chapter released in October 2022.

In September 2022, Dark Horse Comics announced that it has entered into an exclusive worldwide multi-year agreement with the Penguin Random House publishing group for the latter's sales and distribution of Dark Horse's newly published and backlist single-issue comic book periodicals, graphic novels, and manga to direct market comic shops. The direct market mainly comprises comic book stores that receive their inventories from certain distributors, separate from most other bookstores or mass-market retailers. This expands the companies' current partnership, in which Penguin Random House sells and distributes Dark Horse's trade books and graphic novels to bookstores.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Comic books as collector's item
    • 5.1.2 Easy accessibility through online media
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Storage Challenges for Non Digital Comics

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Digital
    • 6.1.2 Non-Digital
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa

7 COMPETETIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profile
    • 7.1.1 Marvel Entertainment
    • 7.1.2 Dark House Media
    • 7.1.3 Image Comics
    • 7.1.4 DC Entertainment
    • 7.1.5 Archie Comics
    • 7.1.6 ACK Media
    • 7.1.7 Daewon Media
    • 7.1.8 Embracer Group
    • 7.1.9 Kodansha
    • 7.1.10 DMG Entertainment

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET