デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406987

吸引チューブ:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Suction Tube - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
吸引チューブ:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

吸引チューブ市場は予測期間中にCAGR 5.8%で成長すると予測されています。

COVID-19は、COVID-19症例における長引く気管内挿管を治療するための吸引チューブの需要が世界的に高いことから、吸引チューブ市場に影響を与えています。パンデミック期間中、市場各社による人工呼吸器の生産量は大幅に増加しました。例えば、2021年3月にAnnals of the American Thoracic Societyに掲載された論文によると、米国政府はパンデミック中に18万7,000台以上の人工呼吸器を製造する契約を結んだと述べています。気道吸引は、急性期医療、亜急性期医療、長期医療、在宅医療など、ほとんどの医療現場で日常的に行われています。気管内吸引は、機械的人工呼吸患者における気管気管支衛生療法の重要な要素です。そのため、吸引チューブ市場はパンデミックの間に成長を報告しました。しかし、COVID症例が減少したため、成長はやや鈍化しました。歯科や脂肪吸引など、さまざまな用途で吸引の需要が高まっているため、予測期間中、市場は安定した成長率を示すと予想されます。

Suction Tube-Market-IMG1

吸引チューブ市場の成長を促進する要因は、喘息や胸部感染症を含む呼吸器疾患、小児や成人の副鼻腔症例の発生率の上昇、および吸引チューブの使用を伴う様々な治療の必要性を伴う免疫力の低下により多くの健康問題を目の当たりにする老人人口の増加です。

例えば、2023年2月にSpringer Journal誌に掲載された調査論文には、中等度から重症(M/S)の喘息患者899人、鼻ポリープを伴うM/S慢性鼻副鼻腔炎(CRSwNP)患者683人が含まれています。同論文によると、重症喘息患者の43%がCRSwNPにも罹患していました。鼻ポリープを伴う喘息や鼻炎の負担増は、鼻や副鼻腔内のポリープを治療するための吸引チューブの需要を押し上げると予想されます。

また、2021年10月にInternational Journal of Environmental Research and Public Health(IJERPH)に掲載された論文によると、未治療のう蝕の有病率は、地域住民では25%(オーストラリア)から99%(南アフリカ)、施設入所高齢者では47%(インド)から99%(ベトナム)でした。う蝕の平均有病率の世界の中央値は、2021年には49%でした。歯科用吸引器は、歯科医師が治療を終えている間、患者の歯や口腔内を乾燥させないために、歯のクリーニング、口腔外科手術、美容治療の際に一般的に使用されます。したがって、成人だけでなく、高齢者人口における世界のう蝕の高い負担は、予測期間中に吸引チューブ市場の成長を加速すると予想されます。

さらに、製品の発売、承認、提携といった市場企業の戦略的イニシアティブも市場成長に寄与しています。例えば、2022年1月、P3 Medical社は、Arab Health 2022で気道管理における感染管理を強化するために設計されたNeVap Aspire Subglottic Suction Endotracheal Tube(ASSET)デバイスを発売しました。このデバイスは、人工呼吸器関連肺炎(VAP)のリスクを防止することで、人工呼吸をより安全にするために臨床医が開発したFDA承認の唯一のマルチポート吸引呼吸チューブです。このような製品の発売は、その有用性を高め、予測期間中の市場成長を押し上げると予想されます。

したがって、う蝕、呼吸器疾患、吸引チューブの使用を必要とするその他の疾患の負担が大きいこと、製品の発売が増加していることなど、前述の要因のおかげで、調査された市場は分析期間中に成長を示すと予想されます。しかし、吸引チューブの製造および販売に関する厳しい政府規制は、予測期間中の市場の成長を抑制すると予想されます。

吸引チューブの市場動向

予測期間中、耳鼻咽喉科が大きな市場シェアを占める見込み

耳鼻咽喉科は、特に耳、鼻、喉(ENT)および頭頸部の関連部位に関する医学専門分野です。耳鼻咽喉科の吸引チューブは、鼻、喉、耳から分泌物を除去します。

副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻ポリープ、耳の感染症などの耳鼻咽喉科疾患の負担が大きいため、予測期間中の同分野の成長が見込まれています。例えば、2021年にEuropean Journal of Allergy and Clinical Immunologyが発表した論文によると、アレルギー性鼻炎(AR)は世界の関心事であり、特に近年発症率が劇的に増加していると報告されています。欧州では、デンマークの成人におけるアレルギー性鼻炎(AR)の有病率は、過去30年間で19%から32%へと漸増しました。アジアでは、中国の成人アレルギー性鼻炎(AR)の標準化有病率は、近年6.5%増加しています。アレルギー性鼻炎は粘液の沈着と関連しており、その治療のために吸引チューブの使用を後押ししています。したがって、このような疾患の高い負担は、セグメントの成長を増強すると予想されます。

市場企業、ヘルスケア専門家、または政府組織による研究開発も、このセグメントの成長を促進すると予想されます。例えば、2022年5月、連邦政府指定の研究機関である米国陸軍医療研究開発司令部は、耳鼻咽喉科医の設計に関する米国および国際特許を申請しました。2人の医師は、患者の口腔内をクリアにし、空気中の病原体から手術室スタッフを保護する柵状吸引器一体型の舌収納器を設計しました。このような開発は、医療機器メーカーに技術移転の機会を提供し、耳鼻咽喉科医にとって有用な機器であることから、同分野の成長機会を拡大すると予想されます。

したがって、耳鼻咽喉科疾患の高い負担、市場企業や他のヘルスケア機関による研究開発の高まりといった前述の要因のおかげで、このセグメントは予測期間中に成長を示すことが期待されています。

Suction Tube-Market-IMG2

北米が予測期間中に大きな市場シェアを占める見込み

北米は、COPDの有病率の高さ、美容外科手術の増加、市場企業が発売する製品の技術的進歩により、吸引チューブ市場で大きなシェアを占めると予想されます。

米国形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons)の2021年報告書によると、米国では2021年に脂肪吸引術が前年比66%、腹部形成術(Tummy Tuck)が49%増加しました。2021年の同国における脂肪吸引の総手術件数は50万件、腹部形成術の総手術件数は24万件でした。脂肪除去のために吸引チューブを必要とするこれらの処置の負担が大きいことから、予測期間中に同地域の市場成長が拡大すると予想されます。

さらに、米国国立衛生研究所(NIH)の2021年最新情報によると、米国におけるCOPD、肺気腫、慢性気管支炎の有病率は2021年に4.6%でした。また、NIHの2022年5月の記事によると、米国におけるCOPDの調査費は2021年に1億4,400万米ドル、2022年に1億5,000万米ドルでした。したがって、この地域におけるCOPDの高い有病率と調査への支出は、気道分泌物を除去するために使用される吸引チューブの実用性を加速すると予想され、この地域の市場成長をさらに促進すると予想されます。

さらに、技術的に高度な製品を発売するための市場企業や他の組織による戦略的イニシアチブは、同地域の市場成長を促進すると期待されています。例えば、2021年1月、HO Dental Companyは、臨床医が歯科処置中に発生するエアロゾルを除去するために設計された使い捨てのAiroPur歯科エアロゾル吸引カップを発売しました。技術的に先進的な製品の発売は、この地域の市場成長を増大させると予想されます。

したがって、治療のために吸引チューブの使用を必要とする対象疾患の高い負担や市場企業による製品発売の増加などの前述の要因のおかげで、調査された市場の成長は北米地域で予想されます。

吸引チューブ産業の概要

吸引チューブの市場競争は中程度であり、多くのローカル企業が存在します。その結果、企業は持続可能性を確保するためにコスト削減と技術革新に注力しています。主な企業には、Cardinal Health、Teleflex Incorporated、Smiths Medical、Biomedical Research Instruments、Sklar Surgical Instrumentsなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 呼吸器疾患、耳鼻咽喉科疾患、美容外科疾患の増加
    • 技術的に高度な製品開発のための研究活動の活発化
  • 市場抑制要因
    • 製造・販売に関する政府の厳しい規制
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • ステンレス
    • プラスチック
    • その他
  • 用途別
    • 耳鼻咽喉科
    • 脂肪吸引
    • 歯科
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Teleflex Incorporated
    • Medtronic
    • Biomedical Research Instruments, Inc.
    • Smiths Medical
    • Blacksmith Surgical
    • Spiggle& Theis
    • Sklar Surgical Instruments
    • Medline
    • Mizuho
    • Vyaire Medical
    • Poly Medicure Limited

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90443
Suction Tube - Market - IMG1

The suction tube market is expected to grow with a CAGR of 5.8% in the forecast period.

COVID-19 has impacted the suction tube market owing to the high demand for suction tubes for treating prolonged endotracheal intubations in COVID-19 cases, globally. The production of ventilators by market players was significantly high during the pandemic. For instance, an article published in the Annals of the American Thoracic Society in March 2021, stated that the United States government entered into contracts to produce over 187 thousand ventilators during the pandemic. Airway suctioning is routinely done in most care settings, including acute care, sub-acute care, long-term care, and home settings. Endotracheal suctioning is an important component of tracheobronchial hygiene therapy in mechanically ventilated patients. Therefore, the suction tube market reported growth during the pandemic. However, the growth slightly seized since the COVID cases declined. The market is expected to show a stable growth rate during the forecast period due to the rising demand for suctioning in various applications such as dentistry and liposuction.

The factors driving the growth of the suction tubes market are the rising incidence of respiratory illnesses, including asthma and chest infections, sinus cases among children and adults, and the rising geriatric population which witnesses many health issues due to reduced immunity strength need for various treatments that involve the use of suction tubes.

For instance, a research article published in Springer Journal in February 2023, included 899 patients with moderate-to-severe (M/S) asthma, 683 patients with M/S chronic rhinosinusitis with nasal polyps (CRSwNP). The same article reported that patients with severe asthma, 43% also suffered from CRSwNP. The rising burden of asthma and rhinitis with nasal polyps is expected to boost the demand for suction tube for treating the polyps inside your nose and sinuses.

In addition, an article published in the International Journal of Environmental Research and Public Health (IJERPH) in October 2021 stated that the prevalence of untreated caries ranged from 25% (Australia) to 99% (South Africa) in community dwellers and from 47% (India) to 99% (Vietnam) in institutionalized older adults. The global median of the mean prevalence of caries was 49% in 2021. Dental suction is commonly used during dental cleanings, oral surgeries, and cosmetic treatments to keep patients' teeth and mouths dry while the dentist is completing the treatment. Therefore, the high burden of dental caries worldwide in the geriatric population as well as adults is expected to accelerate the suction tube market growth during the forecast period.

Additionally, the strategic initiatives by market players such as product launches, approvals, and partnerships are also contributing to the market growth. For instance, in January 2022, P3 Medical launched the NeVap Aspire Subglottic Suction Endotracheal tube (ASSET) device designed to tighten infection control in airway management at Arab Health 2022. This device is the only FDA-approved multiport suction breathing tube developed by clinicians to make mechanical ventilation safer by preventing the risks of ventilator-associated pneumonia (VAP). The launches of products are expected to boost their utility thereby boosting the market growth during the forecast period.

Therefore, owing to the aforementioned factors such as the high burden of dental caries, respiratory and other diseases requiring the use of the suction tube, and rising product launches, the studied market is anticipated to witness growth over the analysis period. However, stringent government regulations for the manufacturing and marketing of suction tubes are expected to restrain the growth of the market over the forecast period.

Suction Tube Market Trends

Otorhinolaryngology is Expected to Hold a Significant Market Share Over The Forecast Period

Otorhinolaryngology is a medical specialty, especially concerning the ear, nose, & throat, (ENT) and related parts of the head and neck. ENT suction tubes remove small secretions from the nose, throat, or ears.

The high burden of ENT diseases such as sinusitis, allergic rhinitis, nasal polyps, ear infections, and other diseases is expected to propel the segment's growth during the forecast period. For instance, an article published by the European Journal of Allergy and Clinical Immunology in 2021 reported that allergic rhinitis (AR) is a global concern, particularly as the incidence of the disease has increased dramatically in recent years. In Europe, the prevalence of allergic rhinitis (AR) among Danish adults has progressively increased from 19% to 32% over the last three decades. In Asia, the standardized prevalence of adult allergic rhinitis (AR) in China has increased by 6.5% over recent years. Allergic rhinitis is associated with mucus deposition which boosts the use of a suction tube for treating it. Therefore, the high burden of such diseases is expected to augment the growth of the segment.

The research and development by market players, healthcare professionals, or government organizations are also expected to drive the segment's growth. For instance, in May 2022, the U.S. Army's Medical Research and Development Command, a federally designated research laboratory, applied for U.S. and international patents on ENT doctors' designs. Two doctors designed a tongue retractor with integrated fenestrated suction that clears the patient's oral cavity and protects the operating room staff from airborne pathogens. Such developments provide technology transfer opportunities for medical device manufacturers which are expected to increase the segment growth as the device is useful for ENT doctors.

Therefore, owing to the aforesaid factors such as the high burden of ENT diseases and rising research and development by market players and other healthcare organizations, the segment is expected to witness growth during the forecast period.

Suction Tube - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Market Share Over The Forecast Period

North America is expected to hold a significant share of the suction tube market owing to the high prevalence of COPD, the rising number of cosmetic surgical procedures, and technological advancements in products launched by market players.

According to the American Society of Plastic Surgeons, 2021 report, liposuction procedures increased by 66% and abdominoplasties (Tummy Tuck) by 49% in the United States in 2021 as compared to the previous year. Total liposuction procedures accounted for 0.5 million, and abdominoplasty procedures accounted for 0.24 million in the country in 2021. The high burden of these procedures requiring suction tubes for fat removal is expected to expand the market growth in the region during the forecast period.

Furthermore, according to the National Institute of Health (NIH), 2021 update, the prevalence of COPD, emphysema, and chronic bronchitis in the United States was 4.6% in 2021. Also, as per NIH, May 2022 article, the spending on the research of COPD in the United States was USD 144 million in 2021 and USD 150 million in 2022. Therefore, the high prevalence and spending on the research of COPD in the region are expected to accelerate the utility of suction tubes used for clearing airway secretions, which is further expected to propel the market growth in the region.

Additionally, the strategic initiatives by market players and other organizations to launch a technologically advanced product are expected to boost market growth in the region. For instance, in January 2021, HO Dental Company launched a disposable AiroPur dental aerosol suction cup, designed to help clinicians eliminate the aerosols generated during dental procedures. The launches of technologically advanced products are expected to augment market growth in the region.

Therefore, owing to the aforesaid factors such as the high burden of target diseases requiring the use of suction tubes for treatment and rising product launches by market players, the growth of the studied market is anticipated in the North America Region.

Suction Tube Industry Overview

The suction tube market is moderately competitive with many local players. As a result, players focus on cost reduction and innovation to ensure sustainability. Some of the key players include Cardinal Health, Teleflex Incorporated, Smiths Medical, Biomedical Research Instruments, Inc., and Sklar Surgical Instruments.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Prevalence of Respiratory, ENT Diseases, and Cosmetic Surgery
    • 4.2.2 Rising Research Activities for Development of Technologically Advanced Products
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Government Regulations for Manufacturing And Marketing
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Stainless Steel
    • 5.1.2 Plastics
    • 5.1.3 Others
  • 5.2 By Applications
    • 5.2.1 Otorhinolaryngology
    • 5.2.2 Liposuction
    • 5.2.3 Dentistry
    • 5.2.4 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Teleflex Incorporated
    • 6.1.2 Medtronic
    • 6.1.3 Biomedical Research Instruments, Inc.
    • 6.1.4 Smiths Medical
    • 6.1.5 Blacksmith Surgical
    • 6.1.6 Spiggle& Theis
    • 6.1.7 Sklar Surgical Instruments
    • 6.1.8 Medline
    • 6.1.9 Mizuho
    • 6.1.10 Vyaire Medical
    • 6.1.11 Poly Medicure Limited

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS