デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1405691

解剖病理学:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Anatomic Pathology - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 111 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
解剖病理学:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 111 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

解剖病理学市場は予測期間中にCAGR 6.5%で成長すると見込まれています。

Anatomic Pathology-Market-IMG1

COVID-19の流行は、解剖病理学市場を含む診断業界のあらゆる側面に影響を与えました。パンデミックの初期には、病院での救急サービスが利用可能であったにもかかわらず、病院を訪れる患者数は大幅に減少しました。例えば、BMC Health Services Researchが2022年2月に発表した論文によると、オランダで調査が行われ、COVID-19の最初のパンデミックが同国の診断病理学や解剖病理学に大きな影響を与えたことが示されました。このように、COVID-19のパンデミックは当初市場に大きな影響を与えました。しかし、パンデミックが沈静化するにつれて、がん診断処置は正常に行われています。したがって、調査対象市場は調査予測期間中に安定した成長を遂げると予想されます。

市場成長を牽引している要因は、がんやその他の対象疾患の罹患率の高さ、個別化医療への注目の高まり、高度な病理検査機器の使用率の高さです。

がんの有病率の上昇は、これらの疾患の診断に解剖病理学が使用されるため、市場成長を促進する主な要因です。例えば、スペインがん登録ネットワークが2021年1月に発表したデータによると、スペインでは2021年に推計約28万人の新規がん症例が予想され、そのうち大腸がん症例は4万3,600人、前立腺がん症例は3万5,800人、乳がん症例は3万3,400人と予想されています。

また、国立がん研究センターが2022年6月に発表したデータによると、日本では2022年に101万9,000人の新規がん罹患が予測され、そのうち大腸・直腸がんが15万8,200人、胃がんが13万2,100人、肺・気管がんが12万8,800人、前立腺がんが9万6,400人、乳がんが9万5,000人となっています。このように、がんの罹患率の増加は、がんの診断のための様々な解剖病理学的製品に対する需要を増加させています。

さらに、さまざまな組織による開発の高まりも、市場の成長を高めると予想されています。 例えば、2022年10月には、欧州、日本、米国の病理医が共同で、解剖病理検査室のデジタルの未来に関心を持つ専門家のための世界コミュニティであるDigital Pathology Connections(DPC)をデビューさせました。

このように、がん罹患率の上昇、個別化医薬品の需要の増加、さまざまな組織による開発の高まりなど、前述の要因が市場の成長を促進すると予想されます。しかし、解剖病理学に関連する厳しい政府規制や熟練した専門家の不足は、市場成長の妨げになると予想されます。

解剖病理学市場の動向

消耗品セグメントは予測期間中に大幅な成長が見込まれる

消耗品セグメントは予測期間中に大きな市場シェアを占めると予想されます。幅広い製品が入手可能であることと、研究成果における消耗品の使用率が高いことが、同分野の成長に拍車をかけています。病理検査用消耗品は低コストで入手しやすいことも、同分野の成長に寄与しています。さらに、がん罹患率の上昇は、解剖病理学用消耗品の使用率を高めると予想される主な要因です。

例えば、Cancer Australiaが2021年1月に更新したデータによると、2022年中にオーストラリアで新たにがんと診断される症例は20,640件と推定され、これは同国で新たに診断されるがん症例の12.7%を占める。この情報源はまた、乳がんは2022年にオーストラリアで2番目に多く診断されるがんになるだろうと述べています。このように、乳がんの有病率の高さは、同分野の成長を後押しすると予想されます。

さらに、がん検診の増加は、生検のような解剖病理学的処置で使用される消耗品の消費を増加させると予想されています。例えば、Office for Health Improvement and Disparitiesが2022年に更新したデータによると、英国では2021~22年の間に大腸がん診断のために推定6,446,929件のスクリーニング処置が行われました。

さらに、主要な市場参入企業による開発の高まりも、このセグメントの成長を高めると予想されます。例えば、2022年6月、急成長中のがん診断・情報企業であるEmeritusDX社は、解剖病理学、蛍光in situハイブリダイゼーション、分子検査における国内プレゼンスを拡大するため、Freedom Pathology Partners社を買収しました。これにより、本調査の予測期間中、解剖病理学消耗品へのアクセスが増加すると予想されます。

このように、がんの有病率の上昇や主要市場プレイヤーの新興な発展といった前述の要因は、市場の成長を促進すると予想されます。

Anatomic Pathology-Market-IMG2

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占める見込み

北米は、大手企業の存在と、病理学的プログラムのトレーニングに関連する政府の支援イニシアティブにより、大きな収益シェアを占めています。また、先端技術への容易なアクセス、がん患者のスクリーニングに対する政府の取り組み、解剖学的病理診断検査に対する有利な償還シナリオ、医療費の増加、北米の解剖学的病理診断市場の成長を促進する主な要因である病院や臨床検査室の高品質なインフラの存在もあります。

例えば、カナダがん協会の2022年の統計によると、2021年に約6,700人のカナダ人が白血病と診断され、そのうち4,000人が男性、2,700人が女性でした。また、米国がん協会の2023年のデータでは、米国では2023年に新たに約59,610例の白血病と20,380例の急性骨髄性白血病(AML)と診断されると予想されています。このように、がんの罹患率の高さは、解剖病理学的診断の使用量の増加につながっており、それによってこの地域の市場を牽引しています。

さらに、主な事業体は、デザインや使いやすさに関してアップグレードされた高度な病理診断装置を開発するために、いくつかの戦略的な取り組みを行っています。例えば、米国を拠点とするBillionToOne社は、2022年7月に同社初の腫瘍リキッドバイオプシー製品であるNorthstar SelectとNorthstar Responseを発売しました。生検は解剖病理学的処置と考えられているため、このような製品の発売は同地域の市場成長を高めると予想されます。

このように、がんの有病率の上昇や新興国市場の主なプレーヤーによる主な発展のような前述の要因は、市場の成長を促進すると予想されます。

解剖病理学業界の概要

調査された市場は適度に断片化されています。製品革新と先端技術開発のための継続的な研究開発活動が市場の成長を後押ししています。実施されている戦略には、共同開発、事業拡大、製品開発などがあります。市場に参入している主要企業には、Thermo Fisher Scientific Inc.、Quest Diagnostics Incorporated、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Laboratory Corporation of America Holdings、Agilent Technologies, Inc.などがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • がんとその他の対象疾患の罹患率の高さ
    • 個別化医療への注目の高まり
    • 高度な病理検査機器の高い使用率
  • 市場抑制要因
    • 解剖病理学に関連する厳しい政府規制
    • 熟練した専門家の不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(市場規模、金額ベース)

  • 製品・サービス別
    • 器具
    • 消耗品
    • サービス
  • 用途別
    • 疾病診断
    • 創薬・医薬品開発
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 調査研究所
    • 診断研究所
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Quest Diagnostics Incorporated
    • Laboratory Corporation of America Holdings
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd.
    • Agilent Technologies, Inc.
    • Cardinal Health
    • Sakura Finetek USA, Inc.
    • NeoGenomics Laboratories, Inc.
    • BioGenex
    • Bio SB

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67761
Anatomic Pathology - Market - IMG1

The anatomical pathology market is expected to register a CAGR of 6.5% during the forecast period.

The COVID-19 outbreak impacted every aspect of the diagnostics industry, including the anatomic pathology market. During the initial pandemic, the number of patient visits to hospitals reduced significantly despite emergency services being available in hospitals. For instance, according to an article published by BMC Health Services Research in February 2022, a study was conducted in the Netherlands, which showed that the initial COVID-19 pandemic significantly impacted diagnostic pathology or anatomic pathology in the country. Thus, the COVID-19 pandemic significantly impacted the market initially. However, as the pandemic has subsided, cancer diagnosis procedures are taking place normally. Hence, the studied market is expected to have stable growth during the forecast period of the study.

Factors that are driving the market growth are the high incidence of cancer and other target diseases, the growing focus on personalized medicine, and the high usage of advanced pathology equipment.

The rising prevalence of cancer is a major factor driving the market growth, as anatomic pathology is used for the diagnosis of these diseases. For instance, according to the data published by the Spanish Network of Cancer Registries in January 2021, an estimated 0.28 million new cases of cancer were expected in Spain in 2021, out of which 43.6 thousand colorectal cancer cases, 35.8 thousand prostate cancer cases, and 33.4 thousand breast cancer cases were expected.

Moreover, according to the data published by the National Cancer Center Japan in June 2022, an estimated 1,019,000 new cases of cancer were expected in Japan in 2022, out of which 158,200 were new cases of colon/rectum cancer, 132,100 cases of stomach cancer, 128,800 cases of lung/trachea cancer, 96,400 cases of prostate cancer, and 95,000 cases of breast cancer. Thus, the greater incidence of cancers has increased the demand for various anatomic pathology products for the diagnosis of cancers.

Additionally, the rising developments by various organizations are also expected to enhance market growth. For instance, in October 2022, pathologists from Europe, Japan, and the United States jointly debuted the Digital Pathology Connections (DPC), a global community for professionals interested in the digital future of the anatomic pathology laboratory.

Thus, the aforementioned factors, such as the rising prevalence of cancer, increasing demand for personalized medicines, and the rising developments by various organizations, are expected to enhance the market growth. However, stringent government regulations pertaining to anatomic pathology and the lack of skilled professionals are expected to hinder market growth.

Anatomic Pathology Market Trends

The Consumables Segment is Expected to Witness Significant Growth Over the Forecast Period

The consumables segment is expected to hold a significant market share during the forecast period. The availability of a wide range of products, coupled with a high usage rate of consumables in research findings, is fueling the segment's growth. The low cost and the easy availability of pathology consumables further contributed to the segment's growth. Moreover, the rising prevalence of cancer is a major factor expected to enhance the usage of anatomic pathology consumables.

For instance, according to the data updated by Cancer Australia in January 2021, it was estimated that 20,640 new cases of cancer will be diagnosed in Australia during 2022, which will account for 12.7% of the new cancer cases diagnosed in the country. The source also stated that breast cancer would be the second most commonly diagnosed cancer in 2022 in Australia. Thus, the high prevalence of breast cancer is expected to boost segment growth.

Moreover, the rising cancer screening is also expected to increase the consumption of consumables used in anatomic pathology procedures such as biopsies. For instance, according to the data updated by the Office for Health Improvement and Disparities in 2022, an estimated 6,446,929 screening procedures took place in the United Kingdom during 2021-22 for colorectal cancer diagnosis.

Additionally, the rising developments by major market players are also expected to enhance the segment's growth. For instance, in June 2022, EmeritusDX, a rapidly growing cancer diagnostics and information company, acquired Freedom Pathology Partners to expand its national presence in Anatomic Pathology, fluorescence in situ hybridization, and molecular testing. This is expected to increase access to anatomic pathology consumables during the forecast period of the study.

Thus, the aforementioned factors, such as the rising prevalence of cancer and the rising developments by key market players, are expected to enhance market growth.

Anatomic Pathology - Market - IMG2

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

North America accounted for a significant revenue share due to the presence of major players and supportive government initiatives pertaining to training pathological programs. There is also easy accessibility to advanced technologies, government initiatives for screening cancer patients, favorable reimbursement scenarios for anatomic pathology diagnostic tests, increasing healthcare expenditure, and the presence of high-quality infrastructure for hospitals and clinical laboratories in the region, which are the major factors driving the growth of the anatomic pathology market in North America.

For instance, as per the Canada Cancer Society's statistics for 2022, around 6,700 Canadians were diagnosed with leukemia in 2021, out of which 4,000 were men and 2,700 were women. Also, as per the American Cancer Society's data for 2023, around 59,610 new cases of leukemia and 20,380 new cases of acute myeloid leukemia (AML) are expected to be diagnosed in the United States in 2023. Thus, the high incidence of cancer cases is leading to an increase in the usage of anatomic pathology diagnosis, thereby driving the market in the region.

Furthermore, key entities are undertaking several strategic initiatives to develop upgraded and advanced pathology devices concerning their design and ease of use. For instance, in July 2022, BillionToOne, a United States-based company, launched its first oncology liquid biopsy products, Northstar Select and Northstar Response. As biopsy is considered an anatomic pathology procedure, the launch of such products is expected to enhance the market growth in the region.

Thus, the aforementioned factors, such as the rising prevalence of cancer and the rising developments by key market players, are expected to enhance market growth.

Anatomic Pathology Industry Overview

The studied market is moderately fragmented in nature. Product innovation and ongoing R&D activities to develop advanced technologies have helped in boosting the growth of the market. The strategies implemented include collaborative development, business expansion, and product development. Some of the key players operating in the market are Thermo Fisher Scientific Inc., Quest Diagnostics Incorporated, F. Hoffmann-La Roche Ltd., Laboratory Corporation of America Holdings, and Agilent Technologies, Inc., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Incidence of Cancer and Other Target Diseases
    • 4.2.2 Growing Focus on Personalized Medicine
    • 4.2.3 High Usage of Advanced Pathology Equipment
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Government Regulations Pertaining to Anatomic Pathology
    • 4.3.2 Lack of Skilled Professionals
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size - Value in USD million)

  • 5.1 By Product & Services
    • 5.1.1 Instruments
    • 5.1.2 Consumables
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Disease Diagnosis
    • 5.2.2 Drug Discovery and Development
    • 5.2.3 Others
  • 5.3 By End User
    • 5.3.1 Hospitals
    • 5.3.2 Research Laboratories
    • 5.3.3 Diagnostic Laboratories
    • 5.3.4 Others
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.2 Quest Diagnostics Incorporated
    • 6.1.3 Laboratory Corporation of America Holdings
    • 6.1.4 F. Hoffmann-La Roche Ltd.
    • 6.1.5 Agilent Technologies, Inc.
    • 6.1.6 Cardinal Health
    • 6.1.7 Sakura Finetek USA, Inc.
    • 6.1.8 NeoGenomics Laboratories, Inc.
    • 6.1.9 BioGenex
    • 6.1.10 Bio SB

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS