デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404552

スマートビルディング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年

Smart Building - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 123 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
スマートビルディング:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測、2024~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 123 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートビルディング市場は、前年度828億5,000万米ドルと評価され、予測期間にはCAGR 13.96%で成長し、828億5,000万米ドルに達すると予想されます。

スマートシティ部門の成長、エネルギー効率の高い建物に対する需要の高まり、市場企業による開発により、スマートビルディングの需要が牽引されると予測されます。

Smart Building-Market-IMG1

主なハイライト

  • スマートシティのコンセプトは、モノのインターネットによってエネルギー、廃棄物、インフラ分野に大きなビジネスチャンスをもたらしました。スマートシティ構想の重要な動向であるスマートホームには、いくつかの利点があります。現在、いくつかのスマートシティプロジェクトや取り組みが進行中です。多くのスマートシティプロジェクトやイニシアティブが世界中で実施されており、都市化を通じた世界の投資を促進しています。OECDは、2010年から2030年にかけての世界のスマートシティ構想への投資は、大都市インフラプロジェクト全体で約1兆8,000億米ドルに達する可能性があると推定しています。
  • 世界のエネルギー消費の急増に対する懸念の高まりは、より先進的でエネルギー効率の高い技術を促進すると予想されます。しかし、エネルギー消費に関する厳格な管理体制やグリーンビルディングへの取り組みも、ビルディング全体のエネルギー効率の高い技術に対する需要を高めています。この要因によって、スマートビルディングソリューションの導入が世界的に促進されると予想されます。
  • そのため、どの業界の企業も、スマートサーモスタットや照明システムで構成されるIoTデバイスを採用することで、電気消費を最小限に抑え、ビルディングをより持続可能なものにすることができます。IoT対応ビルディング管理システムの導入は急速に増加しているため、空間利用の業界標準や効率的なエネルギー利用に対する意識が高まっています。
  • これに加えて、エネルギーサービス企業やテクノロジー企業は、それぞれのソリューションを統合し、消費者がエネルギー料金の高騰やその際の手作業からの脱却といった課題に対処できるような先進的な仕組みを開発するよう求められています。技術革新の急速なペースは、人々の生活を向上させ、持続可能性を促進するエキサイティングな機会を提供します。これはさらに、プレーヤーが戦略的開拓によって市場での地位を拡大する有利な機会を提供します。
  • しかし、スマートソリューションシステムの評価に長けた有能な専門家の不足が、市場の成長を妨げると予想されます。この分野の専門家は、将来のニーズに対応するための設計変更や設置に精通していなければならないです。
  • COVID-19後のオフィス再開は、安全な環境を求めるスマートテクノロジーの需要を高めると予測されました。商業ビルディングの施設管理者やテナント企業は、閉鎖後の安全なオフィス環境を提供する必要があった。そのため、スマートテクノロジーは、定期的な清掃や消毒、オフィスの適切な換気、スマートな入退室管理、温度測定装置、物理的距離を保つための空間の最適化などを管理することができます。このような要因により、スマートビルディングソリューションの需要が増加すると予想されます。

スマートビルディング市場の動向

インテリジェントセキュリティシステムが最も急成長するソリューションセグメントに

  • 同市場におけるインテリジェントセキュリティシステムとは、自動化、センサー、データ分析を利用して建物内の居住者と資産の安全性とセキュリティを強化する技術とソリューションのことを指します。
  • スマートシティとインテリジェントビルディングの着実な成長に伴い、資産と個人のセキュリティ強化の必要性が生じています。施設の接続が進むにつれ、セキュリティ侵害や侵入も予測されます。スマートビルディングで使用されるインテリジェントセキュリティシステムソリューションには、火災安全、ビデオ監視、入退室管理、盗難検知、侵入検知、ネットワークシステムなどがあります。
  • IMDのスマートシティ指数2023によると、チューリヒは先進的なスマートシティであり、人間開発指数のスコアが最も高く、世界で最も住みやすい都市のひとつです。HDIからIMD指数への顕著な例外は、ドバイ、北京、アブダビです。北京は、デジタルスマートシティのランキングでは12位ですが、HDIスコアではチューリッヒに90ポイント近い差をつけられています。一方、ミュンヘンはHDI値950で20番目のデジタル都市です。
  • IoT対応の非常用照明ソリューションは、ホテルからオフィス、学校、病院、スタジアム、駅に至るまで、あらゆる建物において、何らかの緊急事態や火災時に安全に避難するための幅広いソリューションを提供するように設計されています。これらのソリューションは、インテリジェントビルディングのより優れたセキュリティソリューションを推進し、建物のライフサイクル全体を通して総所有コストを削減しながら、より総合的なアプローチを提供します。
  • 動体検知、プレゼンスシミュレーション、リモートビデオアクセスなどのIoT対応ツールの活用により、より大きな制御が顧客の手に戻ることになります。ドアエントリーシステムのようなソリューションは、ドアエントリー、入退室管理、ビデオ監視間の相互作用を提供することで、セキュリティとコミュニケーションを強化するための試運転と優れた利用法を提供し、建物内の距離は今やIP接続の問題だけになっています。インテリジェントセキュリティ技術ソリューションは、さらに建物の監視を支援し、不正侵入を警告することができます。これらのシステムはまた、建物の安全な避難、緊急通報ステーション、水漏れ、煙漏れ、ガス漏れの検知アラームを監督することもできます。
Smart Building-Market-IMG2

北米が大きな市場シェアを占める見込み

  • 北米は、スマートビルディングとIoT対応スマートデバイスの重要な市場の1つであり、同地域ではスマートビルディングソリューションの適用と受け入れが増加しています。
  • ソリューション別では、インテリジェントセキュリティシステムが北米で飛躍的な成長が見込まれています。環境意識の高まりに伴い、より多くの米国人が、火災安全、安全・警報システム、監視、セキュリティなどのアドイン機能を備えた、接続されたスマートで自動化されたビルディングソリューションを求めています。したがって、IoT対応のスマートビルディングソリューションは米国で広く受け入れられています。
  • 北米地域では、米国はIoT対応機器の最大消費国であるため、最大のIoT対応市場の1つです。さらに、スマートビルディングやコネクテッドビルディング、スマートエネルギー、スマートシティに関連する進行中のIoTプロジェクト数が最も多く、同市場に十分な成長機会をもたらすと期待されています。
  • 高速インターネットとインターネット普及率の高さにより、北米諸国はIoT、AI、スマートビルディングプロジェクトにとって理想的なホットスポットとなっています。新しい技術に対する消費者の支出能力も、採用を拡大し、ベンダーがさまざまなニーズをターゲットにした新しいソリューションを導入する原動力となっています。半導体やセンサーのコストが最小化されたことで、より多くの企業や新興企業が協力してより優れたスマートビルディング技術を生み出しています。米国は特に新興企業の拠点であり、その強固な経済的・金融的プレゼンスは、スマートビルディングソリューションを含む新技術市場にとって重要なスポットとなっています。
  • 2022年11月、スマートビルディング技術を提供するView Inc.は、同社が最近発表したスマートビルディング向けの業界初の完全なクラウドネイティブプラットフォームであるSmart Building Cloudの顧客が利用できるアプリストア、View Partner Marketplaceを導入しました。このマーケットプレースでは、一般的な不動産アプリケーション、ソフトウェアプラットフォーム、センサーをワンクリックで導入できるため、オーナーやオペレーターはポートフォリオのデジタル化を迅速かつ安全に進めることができます。
  • 全体として、パートナーシップ、製品発売、投資など、スマートビルディングに関連する開発の増加に伴い、市場は包括的に拡大すると予想されます。

スマートビルディング業界の概要

スマートビルディング市場は断片化されており、世界各地に評判の高い世界企業や国内企業が存在しています。市場は、エンドユーザーを惹きつけるカスタマイズと最新技術によって牽引されると予想されます。サプライヤーは主に、エネルギー消費を最適化し、高レベルのビルディングオートメーションに対応できる革新的なソリューションや製品を提供することに注力しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場洞察

  • 市場促進要因
    • スマートソリューションの採用につながるエネルギー消費への懸念の高まり
    • スマートインフラプロジェクトに対する政府の取り組み
  • 市場の課題
    • 技術連携と熟練専門家の不足

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソリューション
      • ビルディングエネルギー管理システム(BEMS)
      • インフラ管理システム
      • インテリジェントセキュリティシステム
      • その他
    • サービス
  • アプリケーション別
    • 住宅
    • 商業施設
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Honeywell International Inc.
    • Siemens AG
    • ABB Ltd.
    • Schneider Electric SE
    • IBM Corporation
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Cisco Systems Inc.
    • Johnson Controls International PLC
    • Legrand SA
    • Avnet Inc.
    • Hitachi Ltd
    • Softdel(A UNIDEL Company)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 66966
Smart Building - Market - IMG1

The smart buildings market was valued at USD 82.85 billion the previous year and is expected to grow at a CAGR of 13.96%, reaching USD 82.85 billion over the forecast period.

The growing smart cities sector, rising demand for energy-efficient buildings, and developments by market players are expected to drive the demand for smart buildings.

Key Highlights

  • The concept of smart cities created considerable opportunities in the energy, waste, and infrastructure sectors with the Internet of Things. Smart homes, a significant trend in smart city concepts, have several advantages. Several smart city projects and initiatives are currently underway. Many smart city projects and initiatives are being implemented worldwide, driving global investment through urbanization. The OECD estimates that global investment in smart city initiatives may reach approximately USD 1.8 trillion between 2010 and 2030 across all metropolitan infrastructure projects.
  • Rising concerns about the surge in energy consumption globally are anticipated to fuel more advanced and energy-efficient technologies. However, stringent governance on energy consumption and green building initiatives also augment the demand for energy-efficient technology across buildings. This factor is expected to propel the implementation of smart building solutions globally.
  • Therefore, businesses in any industry can adopt IoT devices, comprising smart thermostats and lighting systems, to minimize their electrical consumption and make buildings more sustainable. Since the adoption of IoT-enabled building management systems is increasing rapidly, it is creating awareness about space utilization industry standards and efficient energy usage.
  • In addition to this, the demand is pushing energy services and technology companies to integrate their solutions and develop advanced mechanisms that can help consumers address challenges such as high energy bills and the removal of manual processes in doing so. The rapid pace of technological innovation presents exciting opportunities to enhance people's lives and promote sustainability. This furthermore provides lucrative opportunities for players to expand their position in the market with strategic developments.
  • However, the market's growth is expected to be hampered by a shortage of competent professionals skilled in evaluating smart solution systems. Professionals in this field must be aware of design modifications and installations for future needs.
  • The office reopening post-COVID-19 was projected to increase the smart technology demand for safe surroundings. Facility managers and tenant companies of commercial buildings needed to provide a secure office environment post-lockdown. Therefore, smart technology could manage regular cleaning and disinfection, proper ventilation of offices, smart access controls, temperature measurement devices, and optimization of spaces to maintain physical distancing. These factors are anticipated to increase the demand for smart building solutions.

Smart Building Market Trends

Intelligent Security Systems to be the Fastest Growing Solution Segment

  • Intelligent security systems in the market refer to technologies and solutions that use automation, sensors, and data analytics to enhance the safety and security of occupants and assets within a building.
  • With the steady growth of smart cities and intelligent buildings, there comes an inherent need for greater security for property and individuals. As facilities become more connected, security breaches and invasions are also predicted. Some intelligent security system solutions used in smart buildings are fire safety, video surveillance, access controls, theft detection, intrusion detection, network systems, etc.
  • According to the IMD Smart City Index 2023, Zurich is an advanced smart city with the highest Human Development Index score, making it one of the most livable cities in the world. Notable exceptions to the HDI to IMD index were Dubai, Beijing, and Abu Dhabi. Beijing is a notable outlier, ranking 12th in the Digital Smart City rankings, but is almost 90 points behind Zurich in the HDI score. On the other hand, Munich is the 20th digital city with an HDI value of 950.
  • IoT-enabled emergency lighting solutions are designed to provide a wide range of solutions for safe evacuation in some emergency or fire for all buildings, from hotels to offices, schools, hospitals, stadiums, and train stations. These solutions drive more excellent security solutions for intelligent buildings and give a more holistic approach while reducing the total cost of ownership throughout the building life cycle.
  • The leverage of IoT-enabled tools, such as motion detection, presence simulation, and remote video access, will put greater control back in the hands of the customer. Solutions like door entry systems now provide commissioning and good usage for enhanced security and communication by offering interaction between door entry, access control, and video surveillance so that distance in buildings is now only a matter of IP connectivity. Intelligent security technology solutions can further assist in monitoring a building and warn about unauthorized entry. These systems can also supervise safe building evacuation, emergency call stations, and detection alarms for water, smoke, and gas leaks.
Smart Building - Market - IMG2

North America is Expected to Hold Significant Market Share

  • North America is one of the significant markets for smart buildings and IoT-enabled smart devices, and the region witnesses an increased application and acceptance of smart building solutions.
  • By solution, intelligent security system is expected to grow exponentially in North America. With increasing environmental awareness, more Americans are looking for connected, smart, and automated building solutions with add-in capabilities, like fire safety, safety and alarm systems, surveillance, and security. Hence, IoT-enabled smart building solutions are widely accepted in the United States.
  • In the North American region, the United States is one of the largest IoT-enabled markets as it is the largest consumer of IoT-compatible devices. Moreover, it has the highest number of ongoing IoT projects related to smart and connected buildings, smart energy, and smart cities, which is expected to create ample growth opportunities for the market.
  • High Internet Speed and greater internet penetration make the North American countries an ideal hotspot for IoT, AI, and Smart Buildings projects. Consumer spending capabilities for newer technology are also augmenting the adoption and driving vendors to introduce new solutions targeting different needs. With minimized semiconductor and sensor costs, more companies and start-ups are thus working together to produce better Smart Building Technology. The United States, especially being a hub for start-ups and its robust economic and financial presence, has become a significant spot for new technology markets, including Smart Building Solutions.
  • In November 2022, View Inc., a provider of smart building technologies, introduced the View Partner Marketplace, an app store available to the customers of the company's recently launched Smart Building Cloud, the industry's first complete cloud-native platform for smart buildings. The View Partner Marketplace allows customers to deploy popular real estate applications, software platforms, and sensors with a single click, making it much easier for owners and operators to digitize their portfolios quickly and securely.
  • Overall, with the rise in developments related to smart buildings, including partnerships, product launches, and investments, the market is expected to expand comprehensively.

Smart Building Industry Overview

The smart buildings market is fragmented, with a presence of reputable global and national companies worldwide. The market is expected to be driven by customizations and modern technologies to attract end users. Suppliers are mainly focused on providing innovative solutions and products that can optimize energy consumption and meet high levels of building automation. Furthermore, companies are involved in various strategies to gain a competitive edge. Some of the major players in the market are Honeywell International Inc., Siemens AG, ABB Ltd, Schneider Electric SE, and IBM Corporation.

  • In July 2023, Siemens partnered with PRODEA Investments, one of the real estate investment companies in Greece, to implement Building X. Building X is a Siemens digital building platform.
  • In April 2023, Obayashi Corporation and Hitachi Solutions Ltd incorporated Oprizon Ltd, a joint venture for providing smart building-related services, based on the Joint Venture Agreement executed in January 2023, to become the leading smart building service provider and started operation in April 2023.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of COVID-19's Impact on the Market

5 MARKET INSIGHTS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Concerns about the Energy Consumption Leading to Adopt Smart Solutions
    • 5.1.2 Government Initiatives on Smart Infrastructure Projects
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Lack of Technology Alignment and Skilled Professionals

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Solutions
      • 6.1.1.1 Building Energy Management Systems
      • 6.1.1.2 Infrastructure Management Systems
      • 6.1.1.3 Intelligent Security Systems
      • 6.1.1.4 Other Solutions
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Residential
    • 6.2.2 Commercial
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Honeywell International Inc.
    • 7.1.2 Siemens AG
    • 7.1.3 ABB Ltd.
    • 7.1.4 Schneider Electric SE
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.7 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.8 Johnson Controls International PLC
    • 7.1.9 Legrand SA
    • 7.1.10 Avnet Inc.
    • 7.1.11 Hitachi Ltd
    • 7.1.12 Softdel (A UNIDEL Company)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET