デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404373

フレーバーとフレグランス:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Flavor And Fragrance - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
フレーバーとフレグランス:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

フレーバーとフレグランス市場規模は2024年の381億7,000万米ドルから2029年には484億1,000万米ドルに成長し、予測期間中のCAGRは4.87%と予測されます。

Flavor And Fragrance-Market-IMG1

栄養強化された天然食品に対する消費者の関心の高まりが、高価値の高級天然添加物の需要を促進しています。さらに、エキゾチックな風味やエスニックな風味に対する需要の高まりが、変種風味ブレンドの売上を牽引しています。嗜好・栄養関連企業の最近の調査によると、馴染みのある便利な食品を求める人々の間で、ノスタルジック・フレーバーの人気が高まっています。こうしたノスタルジックなフレーバーは、チョコレートやピーナッツバターといった伝統的な家庭の味から、アップルやキャラメルといった現代的なフレーバー、ミックスベリーやオレンジ、イチゴといったドリンクまで、さまざまな場面で見られます。さらに消費者は、プロバイオティクス、ジンジャー、アダプトゲン、モリンガ、ウコン、コーヒー豆エキスなどの強化成分を配合した製品を求め、健康目的をサポートしています。ラベンダー、バラ、カモミール、シナモン、カルダモンなどのハーブや植物エキスを使用することで、気分や美容、抗酸化物質の摂取目標に役立ちます。さらに、企業はビーガンベーカリー製品に使いやすい解決策となるフレーバーを作りつつあります。例えば、2022年1月、International Taste Solutions社は、天然の風味増強剤であるVegan Boostを発売しました。これは液体と粉末の製剤があり、卵や乳製品を使わずに伝統的なベーカリー製品の味を再現するように設計されています。バター風味やクリーム風味を向上させることで、ヴィーガンケーキやパティスリー製品の風味プロファイルを強化する包括的なソリューションを提供します。

フレーバーとフレグランスの市場動向

ビーガンおよび代替肉用フレーバー素材への需要の高まり

食品香料メーカーは、オーガニック、ベジタリアン、ヴィーガン製品を求めて、植物エキスや野菜パウダーといった植物ベースのソースに注目しています。さらに、菜食主義者のコミュニティは近年拡大しており、植物ベースの食品フレーバーおよびエンハンサーの需要強化につながっています。例えば、International Food Councilによると、2022年の調査では、アメリカの消費者の15%が「植物性」と表示された製品の購入を好むことが明らかになった。フレキシタリアンの間で肉の代用品に対する欲求が高まっており、従来の肉、魚、乳製品以外の製品に対する需要が近年急増しています。ヴィーガンおよび肉代替製品に対する需要の急増は、植物由来の食品にもっとお金をかけたいという消費者の意欲の高まりとともに、世界的にヴィーガン肉料理の技術革新の水準を高めています。デュポンが実施した調査によると、2021年にはAPACの消費者の75%以上が、植物由来の代替食品に肉と同程度の価格をかけることを望んでいた。加工食品の消費の増加は食品フレーバー業界を後押しし、これらの原料は低脂肪、低塩分、低炭水化物であると認識されているため、植物性/ビーガンフレーバーが一般的に使用されています。

Flavor And Fragrance-Market-IMG2

アジア太平洋が市場を独占

中国はアジアで最も急成長している飲食品市場であるため、この地域のフレーバー業界は競争が激しく、適度に細分化されています。他のアジア諸国でも中華料理の人気が高まっているため、中国で人気のある伝統的な食品フレーバーの需要が高まっています。

インドでは古くからアロマセラピー、お香、イッタールが存在し、エッセンシャルオイルの香水は古くからの王室の言い伝えの一部でした。最も古くから使われていた香りは、アーユルヴェーダを通じて伝わった癒しの香りで、精神的な幸福、美容、病気の治療、衛生、年齢管理のために芳香ハーブや芳香植物を推奨しており、これらは今日でもよく知られています。急速に進化する小売事情と、さまざまな製品カテゴリーにわたる複数のブランドの流入が、日本の食品香料市場を押し上げています。

日本食は近年、北米や欧州の食習慣の影響を受けており、食品フレーバー市場を促進しています。しかし、日本人は健康という概念を含む洗練された食文化に対してより控えめであるため、人工的なものよりも天然成分の市場を規制しています。

香料業界の概要

フレーバーとフレグランス市場は、主要企業が市場シェアの大半を占める、集中型の市場です。主要企業は主に北米と欧州地域に拠点を置いています。調査対象の主要企業には、International Flavours &Fragrances、Firmenich SA、Givaudan SA、Symrise AG、BASF SEなどがあります。この市場で事業を展開するプレイヤーは、市場シェア、より強固な消費者基盤、競合他社に対する競争力を維持するため、市場拡大、製品投入、M&Aなどの主要戦略に注力しています。戦略的拡大の一環として、企業は地域市場をターゲットとし、新製品開拓を通じて世界な足跡を強化しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 と前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ビーガンおよび代替肉への需要
    • 多感覚薬
  • 市場抑制要因
    • 規制状況の変化
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 天然
    • 合成
  • 用途別
    • 食品
      • セイボリーとスナック
      • 乳製品
      • ベーカリー
      • 菓子類
      • 食肉製品
      • その他の食品
    • 飲料
    • 美容・パーソナルケア
    • 医薬品
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米
    • 欧州
      • スペイン
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 主要企業の戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • International Flavors & Fragrances Inc.
    • Kerry Group PLC
    • Archer Daniels Midland Company
    • BASF SE
    • Givaudan SA
    • Robertet SA
    • Symrise AG
    • Mane Group
    • Sensient Technologies Corporation
    • Corbion NV

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 61442
Flavor And Fragrance - Market - IMG1

The flavors and fragrances market size is projected to grow from USD 38.170 billion in 2024 to USD 48.41 billion by 2029, at a CAGR of 4.87% during the forecast period.

Increasing consumer interest in nutritionally enriched and natural food products promotes the demand for high-value premium and natural additives. Furthermore, the growing demand for exotic or ethnic flavors drives the sales of variant flavor blends. According to a recent study by a taste and nutrition company, nostalgic flavors are becoming increasingly popular as people seek out familiar and convenient food options. These nostalgic flavors can be found in various contexts, ranging from traditional family favorites such as chocolate and peanut butter to more modern flavors such as apple and caramel to mixed berries, oranges, and strawberries in drinks. Additionally, consumers seek products with fortified ingredients, including probiotics, ginger, adaptogens, moringa, turmeric, and coffee bean extract, to support their health objectives. Using herbal and botanical extracts, such as lavender, roses, chamomiles, cinnamon, and cardamom, helps with mood, beauty, or antioxidant intake goals. Moreover, companies are creating a flavor that can be an easy-to-use solution for vegan bakery products. For instance, in January 2022, International Taste Solutions launched Vegan Boost, a natural flavor enhancer. It is available in liquid and powder formulations and is designed to replicate the taste of traditional bakery products without using eggs or dairy. It provides a comprehensive solution to enhance the flavor profile of vegan cake and patisserie products by improving the buttery and creaminess of the flavors.

Flavor And Fragrance Market Trends

Escalating Demand For Flavor Ingredients For Vegan And Meat Alternatives

Food flavor and enhancer manufacturers have turned to plant-based sources such as plant extracts or vegetable powders in their quest for organic, vegetarian, and vegan products. In addition, the vegan community has been growing in recent years, leading to enhanced demand for plant-based food flavors and enhancers. For instance, in 2022, according to the International Food Council, a survey revealed that 15% of American consumers prefer purchasing products labeled as 'plant-based.'In addition, 12% of Americans follow a plant-based diet, and 2% of consumers follow a vegan diet. With a rising desire for meat substitutes among flexitarians, the demand for products besides traditional meat, fish, and dairy products has soared in recent years. Surging demand for vegan and meat alternative products, along with the increasing willingness of consumers to spend more on plant-based food products, is setting the bar for innovation in vegan meat cuisine globally. In 2021, according to a study conducted by DuPont, over 75% of APAC consumers were willing to spend a similar price on meat for plant-based alternatives. The increased consumption of processed foods pushed the food flavor industry, wherein plant-based/vegan flavors are commonly used, as these ingredients are perceived to have low-fat, low-salt, and low-carbohydrate content.

Flavor And Fragrance - Market - IMG2

Asia-Pacific Dominates the Market

Since China is the fastest-growing food and beverage market in Asia, the flavors industry here is highly competitive and moderately fragmented. The rising popularity of Chinese cuisine across other Asian countries has triggered the demand for traditional food flavors that are popular in China.

India has always been a land of olfactory indulgence, where aromatherapy, incense, and ittar have existed since ancient times, and essential oil perfume was a part of the old royal lore. The earliest scents used were the healing scents introduced through Ayurveda, which recommended aromatic herbs and fragrant plants for mental well-being, beauty, treatment of ailments, hygiene, and age control, which are well known even today. The rapidly evolving retail landscape and the influx of multiple brands across various product categories have boosted the food flavors market in the country.

Japanese food has been influenced by North American and European dietary habits in recent years, promoting the food flavors market. However, the Japanese are more reserved for their refined food culture, which includes the concept of healthiness, thus regulating the market for natural ingredients over artificial ones.

Flavor And Fragrance Industry Overview

The flavor and fragrance market is concentrated, with key players holding the majority of the market share. The key players are based primarily in the North American and European regions. Some major players in the market studied include International Flavours & Fragrances, Firmenich SA, Givaudan SA, Symrise AG, and BASF SE. The players operating in this market focus on key strategies, such as market expansions, product launches, and mergers and acquisitions, to uphold their market share, a stronger consumer base, and a competitive edge over competitors. As a part of their strategic expansion, companies target regional markets and strengthen their global footprint through new product developments.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables and Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
    • 4.1.1 Demand for Vegan and Meat Alternatives
    • 4.1.2 Multi-sensory Medication
  • 4.2 Market Restraints
    • 4.2.1 Changing Regulatory Landscape
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Natural
    • 5.1.2 Synthetic
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Food
      • 5.2.1.1 Savory and Snacks
      • 5.2.1.2 Dairy Products
      • 5.2.1.3 Bakery
      • 5.2.1.4 Confectionery
      • 5.2.1.5 Meat Products
      • 5.2.1.6 Other Food Applications
    • 5.2.2 Beverages
    • 5.2.3 Beauty and Personal Care
    • 5.2.4 Pharmaceuticals
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Spain
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 Germany
      • 5.3.2.4 France
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 International Flavors & Fragrances Inc.
    • 6.3.2 Kerry Group PLC
    • 6.3.3 Archer Daniels Midland Company
    • 6.3.4 BASF SE
    • 6.3.5 Givaudan SA
    • 6.3.6 Robertet SA
    • 6.3.7 Symrise AG
    • 6.3.8 Mane Group
    • 6.3.9 Sensient Technologies Corporation
    • 6.3.10 Corbion NV

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS