デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404368

コネクテッド航空機:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測

Connected Aircraft - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 99 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
コネクテッド航空機:市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 99 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コネクテッド航空機市場の2024年の市場規模は61億6,000万米ドルで、予測期間中のCAGRは14.85%を記録し、2029年には122億米ドルに達すると予測されています。

Connected Aircraft-Market-IMG1

航空機と地上管制塔間の通信に使用される技術のデジタル化に対する需要が増加した結果、航空機の通信機能の運用と維持にモノのインターネットを使用する需要が増加しました。新世代の民間機や軍用機の調達が増加したことで、航空機内の接続性を高める必要性が高まった。さらに、航空機と乗客の信頼性と安全性が重視されるようになったことで、さまざまな航空機OEMがこうしたコネクテッド航空機技術に投資するようになった。さらに、乗客の体験を向上させる必要性も、市場の主要な促進要因となっています。

コネクテッド航空機は、IPネットワークを利用してインターネット接続を提供し、リアルタイムのデータを活用して航空機の運航につなげます。これにより、航空機乗務員や地上オペレーターは、航空機の位置や機能を効果的に管理・監視できるようになります。業界の力学に直接的な影響を与える新たな動向としては、データ伝送のためのコネクテッド技術の採用増加、軍事サービスや商業産業向けの需要増加、座席中心のエンターテインメントシステムから携帯型エンターテインメントシステムへの移行などが挙げられます。

コネクテッド航空機市場の動向

民間航空機が最も高い成長を記録すると予測

世界の航空旅客数の増加が航空会社の機体拡大を促し、それがOEMによる民間航空機の納入を後押ししています。旅客数の増加は航空運航の頻度も高めており、さまざまな主要市場参入企業による先進的なコネクテッド航空機ソリューションの研究開発が成長していることが、今後数年間の市場の成長をもたらす主要要因となっています。

2022年を通じて、世界の航空旅客輸送量は勢いを増し、旅行規制が撤廃され、旅客が非常に強い旅行意欲を示したため、大幅に回復しました。国際航空運送協会(IATA)が発表したデータによると、2022年、世界の航空旅客輸送量は勢いを増しました。2021年の2019年旅客キロ(RPK)の41.7%から2022年には68.5%へと大幅に回復しました。さらに、国内線RPKは2022年にパンデミック前の旅客輸送量の79.6%まで回復し、2021年の水準から前年比10.9%増加しました。国際線RPKは2019年の旅客数の62.2%まで回復し、2021年の水準から前年比152.7%増加しました。さらに、近年の世界の航空機納入数の増加は、民間航空向けの先進的なコネクテッド航空機システムの開発を大きく後押ししました。

Boeingは、2023年初頭の航空機納入数でAirbusをほぼ倍増させ、Airbusが20機を納入したのに対し、Boeingは1月に38機を納入しました。また、Boeingが納入した38機のうち、35機がB737(すべてMAX)、3機がB787でした。一方、2023年1月にAirbusが納入したジェット機は20機で、内訳はA320が16機、A220が2機、A330とA350が各1機だった。また、A320の公式生産速度は月産45機で、2021年末以降この水準を維持しています。2022年には月平均43機のA320を納入しました。航空機納入数の増加により、市場の様々な主要主要企業がコネクテッド航空機ソリューションに多額の投資を行うようになった。よりスムーズな航空機運航に耐え、機内での乗客体験を向上させるためです。例えば、2023年6月、RTX Corporation傘下のCollins Aerospaceは、航空機のギャレーインサート用のワイヤレス接続ソリューションを開発したと発表しました。同社によると、このソリューションは、航空会社に業務効率とコスト削減を提供すると同時に、旅客サービスの向上をサポートします。

このように、旅客輸送数の増加と民間航空機納入数の増加は、大手航空会社による民間航空機向けコネクテッド航空機への投資を促進します。その結果、予測期間中の市場成長につながっています。

Connected Aircraft-Market-IMG2

アジア太平洋は予測期間中に目覚ましい成長を見せるだろう

アジア太平洋は、予測期間中に最も高い成長を示すと予測されます。航空旅客輸送量の開拓、航空事業の成長、航空機納入の増加、新しくて先進的なコネクテッド航空機システムを開発する様々な主要市場参入企業の存在は、予測期間中に著しい成長を確認する地域に市場を導く。

現在、中国、インド、日本、タイ、インドネシアなどの国々は、アジア太平洋の主要な航空ハブに変貌しつつあります。さらに、アジア太平洋諸国の航空事業の成長につながる航空旅客輸送量の増加は、航空旅客輸送量の増加に対応するための新世代航空機の需要の増加につながった。これは、同地域のさまざまな主要市場参入企業が研究開発に投資し、航空機に搭載される高度なコネクテッドシステムを開発する機会を増やすことにつながり、また旅客の満足度を高めることにもなります。

中国やインドといった国々は、航空機納入数でリードしています。中国は国産のC919型機を数機受注したが(2022年末までに32機)、インドは現在1,100機以上の航空機を発注しています。インドは現在、航空事業の拡大を目指しています。そのため、現在Tata Groupが所有するAir Indiaは、2023年にAirbusとBoeingに合計470機を発注しました。ワイドボディ機とナローボディ機で構成されるこの発注総額は、インドの航空会社としてはこれまでで最大であり、単一航空機の発注としては世界最大級です。その他のアジア太平洋では、Airbusが民間航空機の受注を独占しています。

このように、アジア太平洋における航空機受注数の増加は、主要市場参入企業による新型・先進コネクテッド航空機システムの開発という点で大きな成長が見込まれることを意味します。そのため、予測期間中の展望と市場の成長は明るいものとなると思われます。

コネクテッド航空機産業概要

コネクテッド航空機市場は細分化されており、様々な参入企業が市場で大きなシェアを占めています。著名な市場参入企業には、SITA、Honeywell International Inc.、THALES、Panasonic Holdings Corporation、Gogo Inc.などがいます。

市場の主要参入企業は、世界中で製造されている新しい民間航空機や軍用航空機に搭載される先進コネクテッドシステムの開発に注力しています。先進的なコネクテッド航空機システムの製造に向けた研究開発費の増加は、近い将来、より良い機会を生み出すことにつながると思われます。

さらに、メーカーは現在、乗客の飛行体験を向上させるために、機内Wi-Fiシステムや衛星インターネット技術などの技術を航空機に統合しています。これは、予測期間中のコネクテッド航空機市場の成長をサポートすると予想されます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 航空会社の効率向上に対する需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 接続航空機の帯域幅が限られていることが市場成長の妨げになる
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • コネクティビティ
    • 機内コネクティビティ
    • 空対空コネクティビティ
    • 空対地接続性
  • 用途
    • 民間航空機
    • 軍用機
  • 周波数帯
    • Kaバンド
    • Kuバンド
    • Lバンド
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • カタール
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • SITA
    • Gogo Inc.
    • Honeywell International Inc.
    • Panasonic Holdings Corporation
    • THALES
    • Anuvu Operations LLC
    • Collins Aerospace(RTX Corporation)
    • Inmarsat Global Limited
    • Cobham Limited
    • KONTRON AG
    • Viasat, Inc.
    • Burrana

第7章 市場機会と今後の動向

  • 予知保全への注目の高まり
目次
Product Code: 61287
Connected Aircraft - Market - IMG1

The Connected Aircraft Market is valued at USD 6.16 billion in 2024 and is expected to reach USD 12.2 billion by 2029, registering a CAGR of 14.85% during the forecast period.

An increase in the demand for digitization of the technology used for communication between aircraft and ground control resulted in a rise in demand for the use of the Internet of Things for operating and maintaining aircraft communication functions. The increasing procurement of newer-generation commercial and military aircraft increased the need for more connectivity aboard aircraft. Moreover, the growing emphasis on the reliability and safety of the aircraft and the passengers made the various aircraft OEMs airlines invest in these connected aircraft technologies. Furthermore, the need to enhance the passenger experience will also contribute to being a major driving factor for the market.

Connected aircraft make use of IP networks to provide internet connection that leads to aircraft operations by making use of real-time data. It, thereby, enables aircraft crew and ground operators to effectively manage and monitor aircraft position and functions. Emerging trends, with a direct impact on the dynamics of the industry, include increased adoption of connected technologies for data transmission, increasing demand for military services and commercial industries, and a shift from seat-centric entertainment systems to portable entertainment systems.

Connected Aircraft Market Trends

Commercial Aircraft is Anticipated to Register Highest Growth

The increase in the number of global air passenger traffic has encouraged fleet expansion of airlines, which in turn has driven the delivery of commercial aircraft by OEMs. the rising passenger traffic has also enhanced the frequency of aviation operations, and the growth in research and development of advanced connected aircraft solutions by various major market players are the major factors that will lead to growth in the market during the coming years.

Throughout 2022, global air passenger traffic gained momentum and recovered substantially as travel restrictions were taken down and passengers expressed a very strong willingness to travel. According to the data presented by the International Air Transport Association (IATA), in 2022, air passenger traffic gained momentum globally. It recovered substantially from 41.7% of 2019 revenue passenger kilometers (RPKs) in 2021 to 68.5% in 2022. Moreover, domestic RPKs recovered to 79.6% of pre-pandemic passenger traffic in 2022 and grew 10.9% year-on-year from 2021 levels. International RPKs recovered to 62.2% of 2019 traffic and grew 152.7% YoY from 2021 levels. Furthermore, an increase in the number of aircraft deliveries worldwide in recent years gave a major boost to the development of advanced connected aircraft systems for commercial aviation.

Boeing almost doubled Airbus in terms of aircraft deliveries to start 2023, with Boeing delivering 38 aircraft in January compared to Airbus delivering 20. In addition, of the 38 aircraft delivered by Boeing, 35 were B737s (all MAX), and three were B787s. On the other hand, in January 2023, Airbus delivered 20 jets, including 16 A320s, two A220s, and one each of the A330 and A350 models. In addition, the official A320 production rate is 45 aircraft per month and remained at this level since the end of 2021. On average, the company delivered 43 A320s per month in 2022. The increase in the number of aircraft deliveries led to various major key players in the market investing heavily in connected aircraft solutions. It is in order to endure smoother aircraft operations and improve the passenger experience on board the aircraft. For instance, in June 2023, Collins Aerospace, a part of RTX Corporation, announced that they developed a wireless connectivity solution for airplane galley inserts, which, according to the company, will provide operational efficiencies and cost savings for airlines while also supporting improved passenger service.

Thus, the growth in the number of air passenger traffic coupled with the increase in the number of commercial aircraft deliveries will propel major players to invest more in connected aircraft for commercial aircraft. It is, thereby, leading to market growth during the forecast period.

Connected Aircraft - Market - IMG2

Asia-Pacific Will Showcase Remarkable Growth During the Forecast Period

Asia-Pacific is projected to show the highest growth during the forecast period. Increasing air passenger traffic, growth in aviation operations, increasing aircraft delivery, and the presence of various major market players to develop new and advanced connected aircraft systems will lead to the market to the region witnessing significant growth during the forecast period.

Currently, countries such as China, India, Japan, Thailand, and Indonesia are transforming into major aviation hubs in the Asia-Pacific region. Moreover, the increasing air passenger traffic leading to the growth of aviation operations in countries in the Asia-Pacific led to an increase in the demand for the new generation of aircraft to cater to the growing air passenger traffic. It will lead to increasing opportunities for various major market players in the region to invest in research and develop advanced connected systems to be installed onboard the aircraft and also drive passenger satisfaction.

Countries such as China and India are leading in terms of aircraft deliveries. Although China received several orders for their homegrown C919 aircraft (32 customers by the end of 2022), India currently includes more than 1,100 aircraft on order. India is now looking to expand their aviation operations. Thus, Air India, which the Tata Group now owns, in 2023 placed orders for a total of 470 planes with Airbus and Boeing. The total order, comprising wide-body and narrow-body aircraft, is the largest so far by an Indian carrier and one of the largest single aircraft orders in the world. In addition, in the rest of the countries in Asia-Pacific, Airbus dominates commercial aircraft orders.

Thus, the increasing number of aircraft orders in the Asia-Pacific means that there will be significant growth in terms of the development of new and advanced connected aircraft systems by major market players. Thus, it will lead to a positive outlook and market growth during the forecast period.

Connected Aircraft Industry Overview

The connected aircraft market is fragmented in nature, with various players holding significant shares in the market. Some prominent market players are SITA, Honeywell International Inc., THALES, Panasonic Holdings Corporation, and Gogo Inc.

The key players in the market are focusing on the development of advanced connected systems to be installed in new commercial and military aircraft that are being manufactured worldwide. Growing expenditure on research and development towards manufacturing advanced connected aircraft systems will lead to creating better opportunities in the near future.

Moreover, manufacturers are now integrating technologies such as onboard Wi-Fi systems and satellite internet technology into the aircraft for increased passenger flight experience. It is expected to support the growth of the connected aircraft market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Growing demand to increase airline efficiency
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Limited Bandwidth for connected aircraft will hamper market growth
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Connectivity
    • 5.1.1 Inflight Connectivity
    • 5.1.2 Air-to-air Connectivity
    • 5.1.3 Air-to-ground Connectivity
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Commercial Aircraft
    • 5.2.2 Military Aircraft
  • 5.3 Frequency Band
    • 5.3.1 Ka-Band
    • 5.3.2 Ku-Band
    • 5.3.3 L-Band
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 India
      • 5.4.3.3 Japan
      • 5.4.3.4 South Korea
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Mexico
      • 5.4.4.3 Rest of Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 Qatar
      • 5.4.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 SITA
    • 6.2.2 Gogo Inc.
    • 6.2.3 Honeywell International Inc.
    • 6.2.4 Panasonic Holdings Corporation
    • 6.2.5 THALES
    • 6.2.6 Anuvu Operations LLC
    • 6.2.7 Collins Aerospace (RTX Corporation)
    • 6.2.8 Inmarsat Global Limited.
    • 6.2.9 Cobham Limited
    • 6.2.10 KONTRON AG
    • 6.2.11 Viasat, Inc.
    • 6.2.12 Burrana

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing focus on predictive maintenance