市場調査レポート
商品コード
1403938

カーボンブラック - 市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測

Carbon Black - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
カーボンブラック - 市場シェア分析、産業動向と統計、2024年~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

カーボンブラック市場は現在227億9,000万米ドルと推定され、今後5年間で301億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中のCAGRは5.75%です。

Carbon Black-Market-IMG1

市場は2020年のCOVID-19によってマイナスの影響を受けました。2020年前半に発生したCOVID-19により、タイヤ・ゴム産業は大きな影響を受けました。その結果、カーボンブラックの消費に不利な影響を及ぼしました。2021年には自動車生産がパンデミックの影響から回復し、市場は安定的に成長すると予測されました。2022年には市場は大幅な伸びを示しました。

主なハイライト

  • 短期的には、スペシャルティブラックの市場浸透率の上昇と電池分野での用途拡大が市場を牽引する主な要因です。
  • その反面、回収カーボンブラックへの投資の増加と原料価格の変動が市場の成長を妨げています。
  • 電気自動車の普及拡大は、将来的には好機となることが予想されます。
  • アジア太平洋が世界市場を独占し、中国とインドが最大の消費国です。

カーボンブラック市場の動向

タイヤと工業用ゴム製品の用途拡大

  • カーボンブラックは、タイヤの機械的・力学的特性に影響を与えるため、タイヤ産業で頻繁に使用される補強材のひとつです。カーボンブラックは、タイヤの性能特性をカスタマイズするために、様々なゴムタイプとの配合で使用されます。
  • カーボンブラックは主にインナーライナー、サイドウォール、カーカスで必要とされます。カーボンブラックはゴムコンパウンドに添加されると熱を放散する能力があります。また、ハンドリング、トレッド摩耗、燃費を向上させます。また、耐摩耗性も付与します。
  • カーボンブラックは、充填剤、強化剤、補強剤として自動車用タイヤやその他のゴム製品に使用されています。タイヤやゴム製品に重要な用途があるため、これらの業界の動向は市場の成長に有利に働くと予想されます。
  • WBCSDによると、タイヤ産業は世界の天然ゴムの約70%を消費しており、天然ゴムの需要は増加し、この重要な原材料の生産に関連する社会的、経済的、環境的機会が多様化しています。
  • 乗用車と小型トラックという新しく生産されるセグメントにおけるタイヤの需要は、世界中で安定した成長を示しています。これは、ミシュラン・グループが提供する月次統計を通じて描かれており、それによると、2023年の世界純正タイヤ市場は、2022年と比較して最初の5ヶ月で10%の成長を示しました。
  • Modern Tire Dealerによると、2022年の米国におけるタイヤの総出荷本数は約3億3,500万本でした。2022年のタイヤ出荷本数の大半は交換用の乗用車用タイヤで、約2億2,200万本だった。
  • 従来型自動車と電気自動車の両方を含む自動車産業の成長は、タイヤとタイヤ部品製造の成長を促進する重要な要因です。
  • OICAによると、2022年の世界の自動車販売・登録台数は2021年比で約0.8%減少しました。2021年の6,956万173台に対し、6,899万5,575台となった。
  • 国際ゴム研究グループによると、2022年の世界のゴム生産量は前年比微増となった。これは主に下半期に生産が増加したためです。ゴムの世界生産量は、2021年の2,940万トンに対し、2022年は2,960万トンに達しました。2022年中に生産された合成ゴムは約1,490万トンで、同年に生産された天然ゴムをわずか30万トン上回った。
  • したがって、上記の要因はすべて、タイヤと工業用ゴム製品におけるカーボンブラックの需要を増加させると予想されます。
Carbon Black-Market-IMG2

アジア太平洋では中国が市場を独占する

  • 中国は、生産と消費の両面で世界のカーボンブラック生産能力の高いシェアを占めています。中国における需要と供給の不均衡は、国内企業の市場シェアと業績に影響を与える可能性があります。
  • タイヤやその他のゴム製品へのカーボンブラックの応用、および近年の中国のゴム産業と自動車産業の積極的な発展のおかげで、カーボンブラック産業の急速な発展は中国の脚光を浴び、業界全体の生産量は増加傾向にあります。
  • 国家統計局が発表したデータによると、中国のタイヤ産業は大幅な成長を遂げており、これは国内外の市場におけるタイヤ需要の増加を反映しています。
  • 2023年3月、中国のタイヤ生産量は前年同期比11.3%増の9,087万本となり、国内市場での需要増加の動向を示しました。2023年1月から3月までの中国のゴムタイヤ生産量は2億1,998万本で、前年同期比6.4%増加しました。
  • ゴムタイヤの生産量が伸びていることは、同国が過去何年にもわたって世界で最も重要な自動車生産国であるという事実によって検証できます。中国自動車工業協会によると、中国は2023年上半期にすでに1,325万台以上の自動車を生産しており、前年同期比9.3%の大幅な伸びを記録しています。
  • タイヤやゴム製品への応用に加え、塗料やコーティングの顔料として、また繊維産業のトナーとしてのカーボンブラックの応用も、国内での大きな需要を占めています。したがって、同国における塗料・コーティングおよび繊維産業の動向は、市場の需要をさらに押し上げると予想されます。
  • 中国は工業化と製造業で知られ、塗料やコーティング剤が広く必要とされています。中国は世界の塗料市場の4分の1以上を占めています。中国塗料工業協会によると、同産業は近年7%の成長を記録しています。
  • 世界塗料工業協会によると、中国は現在、CAGR 5.8%で成長している地域市場を独占しています。中国の塗料・コーティング市場は、2022年には5.7%増加すると予想されています。中国の塗料とコーティングの総売上高は2022年に450億米ドルを超え、それによって東アジアで最大の市場シェア(78%)を持つという中国の優位性を示しています。
  • 2022年、中国の繊維・アパレル輸出は2.53%増加し、総額3,230億米ドルに達しました。年間の中国の繊維製品、アパレル、衣料付属品の輸出額は3,233億4,400万米ドルに達し、前年比2.53%の緩やかな伸びを示しました。
  • 中国の繊維・アパレル部門を監督する規制当局である中国紡織服装委員会(CNTAC)は、2025年までに中国における衣料品の年間小売売上高が4,150億米ドルを超えるだろうと予測しています。
  • このように、上記の要因はすべて、予測期間中のカーボンブラック市場の成長に大きな原動力を与えると予想されます。

カーボンブラック産業の概要

世界のカーボンブラック市場は統合市場であり、上位10社が市場全体の大きなシェアを占めています。市場の主要企業には、Cabot Corporation、Birla Carbon(Aditya Birla Group)、Orion Engineered Carbons SA、Jiangxi HEIMAO Carbon black、International CSRC Investment Holdingsなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • スペシャルティブラックの市場浸透率上昇
    • 電池セグメントにおける用途の拡大
  • 抑制要因
    • 回収カーボンブラックへの投資の増加
    • 原料価格の変動
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • 貿易分析
  • 技術情勢- クイックスナップショット
  • 生産分析
  • 価格動向分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模:数量・金額)

  • プロセスタイプ
    • ファーネスブラック
    • ガスブラック
    • ランプブラック
    • サーマルブラック
  • 用途
    • タイヤ、工業用ゴム製品
    • プラスチック
    • トナー・印刷インキ
    • コーティング
    • 繊維
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競争情勢

  • 合併、買収、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • ADNOC Group
    • Asahi Carbon Co. Ltd
    • Birla Carbon(Aditya Birla Group)
    • BKT Carbon
    • Cabot Corporation
    • Epsilon Carbon Private Limited
    • Himadri Speciality Chemical Ltd
    • Imerys SA
    • International CSRC Investment Holdings Co. Ltd
    • Jiangxi Heimao Carbon Black Co. Ltd
    • Longxing Chemical Stock Co. Ltd
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • NNPC Limited
    • OCI Company Ltd
    • Omsk Carbon Group
    • Orion Engineered Carbons SA
    • PCBL Limited
    • Tokai Carbon Co. Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

  • 電気自動車の普及拡大
目次
Product Code: 53539
Carbon Black - Market - IMG1

The carbon black market is currently estimated to be valued at USD 22.79 billion, and it is projected to reach USD 30.15 billion in the next five years, registering a CAGR of 5.75% during the forecast period.

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. Due to the COVID-19 outbreak in the first half of 2020, the tire and rubber industry was significantly affected. This, in turn, had an unfavorable impact on the consumption of carbon black. The market was projected to grow steadily as automotive production recovered from the impact of the pandemic in 2021. The market witnessed a significant growth in 2022.

Key Highlights

  • In the short term, the major factors driving the market are the increasing market penetration of specialty black and growing applications in the batteries segment.
  • On the flip side, the increasing investments in recovered carbon black and volatility in the prices of raw materials are hindering the growth of the market studied.
  • The growth in the adoption of electric cars is expectde to act as an opportunity in the future.
  • Asia-Pacific dominated the market worldwide, with the largest consumption from China and India.

Carbon Black Market Trends

Increasing Application of Tires and Industrial Rubber Products

  • Carbon black is one of the reinforcements that is frequently used in the tire industry, owing to its effect on the mechanical and dynamic properties of tires. It is used in various formulations with different rubber types to customize the performance properties of tires.
  • Carbon black is mainly required in the inner liners, sidewalls, and carcasses. It has heat-dissipation capabilities when added to rubber compounds. It also improves handling, tread wear, and fuel mileage. It also provides abrasion resistance.
  • Carbon black is used in vehicle tires and other rubber products as a filler, strengthening, and reinforcing agent. Owing to its vital applications in tires and rubber products, the trends in these industries are expected to favor the growth of the market studied.
  • According to the WBCSD, the tire industry consumes approximately 70% of the world's natural rubber, and the demand for natural rubber is increasing, diversifying the social, economic, and environmental opportunities associated with the production of this important raw material.
  • The demand for tires in the newly produced segments of passenger cars and light trucks has been witnessing stable growth worldwide. This is depicted through the monthly statistics provided by the Michelin Group, which state that the worldwide original equipment tire market has seen a 10% growth in the first five months of 2023 when compared with 2022.
  • According to the Modern Tire Dealer, in 2022, overall shipments of tires in the United States amounted to around 335 million units. The majority of tire units shipped in 2022 were replacement passenger tires, with some 222 million units.
  • The growth in the automotive industry, including both conventional and electric vehicles, is a significant factor driving the growth of tire and tire component manufacturing.
  • According to the OICA, the global sales and registration of automobiles in 2022 observed a decline of around 0.8% as compared to 2021. It stood at 68,995,575 over 69,560,173 in 2021.
  • According to the International Rubber Study Group, global rubber production saw a minimal increase in the production in 2022, when compared with the prior year. This was majorly due to the increased production in the second half of the year. The global production of rubber reached 29.6 million metric tons in 2022 as compared to 29.4 million metric tons in 2021. The synthetic rubber produced during 2022 amounted to approximately 14.9 million metric tons, just 0.3 million metric tons higher than the natural rubber produced during the year.
  • Hence, all the above factors are expected to increase the demand for carbon black in the tires and industrial rubber products.
Carbon Black - Market - IMG2

China to Dominate the Market in the Asia-Pacific Region

  • China accounts for a higher share of the world's carbon black capacity in terms of both production and consumption. Any demand-supply imbalance in China can affect the market share and performance of domestic players.
  • Owing to the application of carbon black in tires and other rubber-based products and the positive development of China's rubber and automobile industries in recent years, the carbon black industry's rapid development has taken the country's limelight, and the overall industry production is on the rise.
  • As per the data released by the National Bureau of Statistics, the Chinese tire industry is experiencing substantial growth, reflecting the increasing demand for tires in the domestic and international markets.
  • In March 2023, China's output of tires increased by 11.3% to 90.87 million compared to the same period last year, indicating a trend in the growing demand in the domestic market. China produced 219.98 million rubber tires from January to March 2023, a Y-o-Y increase of 6.4%.
  • The growing rubber tire production can be validated by the fact that the country has been the most significant vehicle producer in the world for the past many years. According to the China Association of Automobile Manufacturers, China has already manufactured more than 13.25 million vehicles in the first half of 2023, witnessing a significant 9.3% growth Y-o-Y.
  • Along with applications in tires and rubber products, the application of carbon black as a pigment in paints and coatings and as a toner in the textile industry also accounts to significant demand in the country. Hence growth trends in paints and coatings and textile industries in the country is further expected to drive the market demand.
  • China is known for its industrialization and its manufacturing sector, where paints and coatings are widely required. China accounts for more than one-fourth of the global coatings market. According to the China National Coatings Industry Association, the industry has been registering a growth of 7% in recent years.
  • According to the World Paint & Coatings Industry Association, China presently dominates the region market, which is growing at a CAGR of 5.8%. The Chinese paints and coatings market was expected to increase by 5.7 % in 2022. China's total paints and coatings sales exceeded USD 45 billion in 2022, thereby depicting the country's dominance in having the largest market share (78%) in East Asia.
  • In 2022, China experienced a 2.53% increase in its exports of textiles and apparel, reaching a total value of USD 323 billion. Over the year, China's exports in textiles, apparel, and clothing accessories amounted to USD 323.344 billion, showing a modest growth of 2.53% when compared to the previous year.
  • It is projected by the China National Textile and Apparel Council (CNTAC), the regulatory authority overseeing China's textile and apparel sector, that, by 2025, the annual retail sales of clothing in China could surpass USD 415 billion.
  • Thus, all the abovementioned factors are expected to provide a huge impetus for the growth of the carbon black market over the forecast period.

Carbon Black Industry Overview

The global carbon black market is a consolidated market, where the top ten players contribute to a significant share of the overall market. Some of the major players in the market include Cabot Corporation, Birla Carbon (Aditya Birla Group), Orion Engineered Carbons SA, Jiangxi HEIMAO Carbon black Co. Ltd, and International CSRC Investment Holdings Co. Ltd, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Market Penetration of Specialty Black
    • 4.1.2 Growing Applications in the Batteries Segment
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Increasing Investments for Recovered Carbon Black
    • 4.2.2 Volatility in Prices of Raw Materials
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Trade Analysis
  • 4.6 Technology Landscape - Quick Snapshot
  • 4.7 Production Analysis
  • 4.8 Price Trend Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume and Value)

  • 5.1 Process Type
    • 5.1.1 Furnace Black
    • 5.1.2 Gas Black
    • 5.1.3 Lamp Black
    • 5.1.4 Thermal Black
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Tires and Industrial Rubber Products
    • 5.2.2 Plastic
    • 5.2.3 Toners and Printing Inks
    • 5.2.4 Coatings
    • 5.2.5 Textile Fiber
    • 5.2.6 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 United Arab Emirates
      • 5.3.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers, Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 ADNOC Group
    • 6.4.2 Asahi Carbon Co. Ltd
    • 6.4.3 Birla Carbon (Aditya Birla Group)
    • 6.4.4 BKT Carbon
    • 6.4.5 Cabot Corporation
    • 6.4.6 Epsilon Carbon Private Limited
    • 6.4.7 Himadri Speciality Chemical Ltd
    • 6.4.8 Imerys SA
    • 6.4.9 International CSRC Investment Holdings Co. Ltd
    • 6.4.10 Jiangxi Heimao Carbon Black Co. Ltd
    • 6.4.11 Longxing Chemical Stock Co. Ltd
    • 6.4.12 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.13 NNPC Limited
    • 6.4.14 OCI Company Ltd
    • 6.4.15 Omsk Carbon Group
    • 6.4.16 Orion Engineered Carbons SA
    • 6.4.17 PCBL Limited
    • 6.4.18 Tokai Carbon Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growth in the Adoption of Electric Cars