市場調査レポート
商品コード
1403134

カーボンナノチューブ-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Carbon Nanotubes - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
カーボンナノチューブ-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

カーボンナノチューブ市場規模は、2024年に65億1,000万米ドルと推定され、2029年には162億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2024~2029年)のCAGRは34.78%で成長する見込みです。

Carbon Nanotubes-Market-IMG1

COVID-19の大流行は、カーボンナノチューブ市場に様々な課題をもたらしたが、特定分野での成長機会ももたらしました。世界はパンデミックから回復しつつあり、カーボンナノチューブ市場は徐々に勢いを取り戻しつつあり、予測期間中も成長を続けると思われます。

市場は、エネルギー、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙、その他の産業用途など、様々な産業における用途の増加に伴い需要が増加しました。

中期的には、電気自動車におけるカーボンナノチューブの使用量の増加と、多くの用途における先端材料への需要の増加が、市場を牽引する主要要因です。

その反面、環境問題や健康安全性の問題が市場の成長を抑制すると予想されています。

エネルギー貯蔵装置に対する需要の増加は、今後数年間、市場にとって好機となると予想されます。

アジア太平洋が最も高い市場シェアを占めており、予測期間中はこの地域が市場を独占すると予想されます。

カーボンナノチューブの市場動向

市場を独占するエネルギーセグメント

  • カーボンナノチューブは、その高い表面積と導電性により、主に太陽電池、燃料電池触媒、水素貯蔵などのエネルギー用途の触媒担体として注目されています。これらのユニークな特性により、カーボンナノチューブはエネルギー変換・貯蔵デバイスの補助材料として使用できます。
  • 再生可能エネルギーの成長は、現在のエネルギー危機への対応もあり、重要な市場におけるより野心的な拡大政策によって推進されています。過去5年間の拡大率における再生可能エネルギーの採用加速は、主に2つの要因によるものです。
  • 第一に、世界のエネルギー危機による化石燃料と電力価格の高騰が、再生可能エネルギー発電技術の経済的魅力を高めた、
  • 第二に、ロシアのウクライナ侵攻により、化石燃料輸入国、特に欧州では、再生可能エネルギーのエネルギー安全保障上の利点がますます重視されるようになった。
  • 中国は、風力発電と太陽光発電の補助金が段階的に廃止されているにもかかわらず、今後5年間で成長が加速するため、2022~2027年にかけて世界の再生可能エネルギー発電容量のほぼ半分を新たに導入する計画です。第14次5カ年計画における野心的な再生可能エネルギー目標、市場改革、地方政府の強固な支援が、再生可能エネルギーに長期的な収益の確実性をもたらしています。
  • 中国に次ぐ成長市場である欧州連合(EU)は、2010年から2015年までの過去5年間、再生可能エネルギー容量の拡大が安定していました。しかし、その開発ペースは2022~2027年にかけて2倍以上になると予想されています。EU加盟国の中には、ロシアがウクライナに侵攻する以前から、再生可能エネルギーの導入を加速させる野心的な目標や政策を導入している国もあるが、EUは2027年までにロシアの化石燃料の輸入をゼロにするため、REPowerEUパッケージの下でさらに積極的な目標を提案しています。
  • 米国では、この5年間で再生可能エネルギーの導入がほぼ倍増しました。2022年8月に可決されたIRAは、自然エネルギーに対する税額控除を2032年まで延長し、風力発電と太陽光発電プロジェクトにかつてない長期的な展望を提供しています。インドでは、2030年までに500GWの再生可能エネルギーを導入するという政府の野心的な目標を達成するために実施される競合オークションが追い風となり、太陽光発電に牽引され、新規導入量は予測期間中に倍増するとみられます。
  • したがって、これらの要因はエネルギー産業におけるカーボンナノチューブの消費を押し上げると予測されます。
Carbon Nanotubes-Market-IMG2

アジア太平洋が市場を独占する

  • 中国は、アジア太平洋におけるカーボンナノ材料の最大の生産国であり消費国でもあります。入手可能な原材料が豊富で生産コストが低いことが、同国のカーボンナノ材料市場の成長を支えています。
  • カーボンナノチューブの並外れた電気特性により、カーボンナノチューブは太陽光発電、センサー、半導体デバイス、ディスプレイ、導体、燃料電池、ハーベスター、バッテリーなどの電気・電子用途に応用されています。
  • 中国には世界で最も広範なエレクトロニクス生産基地があり、韓国、シンガポール、台湾などの既存の川上生産者に厳しい競争をもたらしています。スマートフォン、OLEDテレビ、タブレット端末などの電子製品は、民生用電子機器分野で最も高い成長を遂げています。中間層の可処分所得の増加に伴い、電子製品の需要は伸びると予想され、それによってカーボンナノチューブ市場は間もなく牽引されます。
  • インド政府は、重要な半導体企業と現地生産を立ち上げるための話し合いを行っています。政府は、2023年6月より、7,600億インドルピー(約100億米ドル)の支出を伴うModified Semicon India Programmeの下で、インドにおける半導体工場とディスプレイ工場の設立を新たに募集しました。
  • インドでは、自動車部門に大規模な投資が行われました。自動車部門における最近の投資と開発計画は以下の通りです。
  • 2023年1月、MG Motor Indiaは生産能力拡大のために1億米ドルを投資すると発表しました。2022年12月、マヒンドラ・アンド・マヒンドラは、プネーにあるEV製造工場に1,000億インドルピー(12億米ドル)を投資する計画を明らかにしました。この投資は、EV分野の重要性が高まっていることを強調しています。
  • 日本の電子製品産業は、日本の半導体販売需要を牽引する最も重要な要因です。日本には、さまざまな半導体チップの製造に携わる約30の半導体ファブ産業があります。日本の半導体生産は2021年には前年比13%、2022年には10%を記録し、生産額は3兆746億円(233億1,000万米ドル)に達します。2023年の成長率は1%と予測されています。
  • 日本自動車工業会(JAMA)の報告によると、2022年の日本の生産台数は乗用車が742万7,179台、トラックが128万6,414台です。これはカーボンナノチューブ市場に影響を与える可能性が高いです。
  • したがって、上記の理由により、アジア太平洋は予測期間中に市場の成長を牽引すると予想されます。

カーボンナノチューブ産業概要

世界のカーボンナノチューブ市場は部分的に統合された性質を持っており、さまざまな地域にわたって少数の国際的と国内的な参入企業が存在します。市場の主要企業には、LG Chem、Chengdu Organic Chemicals(Timesnano)、Cabot Corporation、Jiangsu Cnano Technology、Nanocyl SAなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気自動車におけるカーボンナノチューブの用途拡大
    • 多くの用途における先端材料への需要の高まり
  • 抑制要因
    • 環境への懸念と安全衛生問題
    • その他の阻害要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • 特許分析

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(金額・数量))

  • タイプ別
    • 多層カーボンナノチューブ(MWカーボンナノチューブ)
    • 単層カーボンナノチューブ(SWカーボンナノチューブ)
    • その他のタイプ(アームチェアカーボンナノチューブ、ジグザグカーボンナノチューブ)
  • エンドユーザー産業別
    • エレクトロニクス
    • 航空宇宙・防衛
    • 自動車
    • 医療
    • エネルギー
    • その他のエンドユーザー産業(繊維、プラスチック・複合材、建設)
  • 地域別
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • スペイン
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併、買収、合弁事業、提携、協定
  • 市場シェア(%)/ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • Arkema
    • Cabot Corporation
    • CHASM
    • Chengdu Organic Chemicals Co. Ltd(Timesnano)
    • Hyperion Catalysis International
    • Jiangsu Cnano Technology Co. Ltd
    • Kumho Petrochemical
    • LG Chem
    • Meijo Nano Carbon
    • Nano-C
    • Nanocyl SA
    • Ocsial
    • Raymor Industries Inc.
    • Showa Denko KK(Resonac Holdings Corporation)

第7章 市場機会と今後の動向

  • エネルギー貯蔵デバイスの需要増加
  • 製薬分野で需要の高い材料
目次
Product Code: 49816
Carbon Nanotubes - Market - IMG1

The Carbon Nanotubes Market size is estimated at USD 6.51 billion in 2024, and is expected to reach USD 16.25 billion by 2029, growing at a CAGR of 34.78% during the forecast period (2024-2029).

The COVID-19 pandemic posed various challenges in the Carbon nanotubes market but also represented opportunities for growth in specific areas. The industry has adapted to the changing landscape in the automotive sector and various other advanced applications, As the world is recovering from the pandemic, the carbon nanotubes market is gradually regaining its momentum and will continue to grow during the forecast period.

The market saw a rise in demand with the increase in applications in various industries, including energy, automotive, electronics, aerospace, and other such industrial applications.

In the medium term, the major factors driving the market studied are the growing usage of carbon nanotubes in electric vehicles and the increasing demand for advanced materials in numerous applications.

On the flip side, environmental concerns and health safety issues are anticipated to restrain the market growth.

Increasing demand for energy storage devices is expected to act as an opportunity for the market in the coming years.

Asia-Pacific accounted for the highest market share, and the region is expected to dominate the market during the forecast period.

Carbon Nanotubes Market Trends

Energy Segment to Dominate the Market

  • Carbon nanotubes (CNTs) received much attention as catalyst support for energy applications, primarily solar cells, fuel cell catalysts, and hydrogen storage, due to their high surface area and conductivity. These unique properties allow CNTs to be used as supplemental material for energy conversion and storage devices.
  • Renewable growth is propelled by more ambitious expansion policies in critical markets, partly in response to the current energy crisis. The accelerated adoption of renewable energy in the last five years' expansion rate results primarily from two factors.
  • First, high fossil fuel and electricity prices resulting from the global energy crisis made renewable power technologies much more economically attractive,
  • Second, Russia's invasion of Ukraine increasingly caused fossil fuel importers, especially in Europe, to value renewable energy's energy security benefits.
  • China plans to install almost half of new global renewable power capacity over 2022-2027, as growth accelerates in the next five years despite the phaseout of wind and solar PV subsidies. Ambitious renewable energy targets in the 14th Five-Year Plan, market reforms, and provincial solid government support provide long-term revenue certainty for renewables.
  • The European Union, the second-largest growth market after China, had stable renewable capacity expansion in the past five years compared to 2010-2015. But its pace of development is expected to more than double during 2022-2027. While several EU member countries had already introduced ambitious targets and policies to accelerate renewable energy deployment before Russia invaded Ukraine since then, the European Union proposed even more aggressive goals under the REPowerEU package to eliminate Russian fossil fuel imports by 2027.
  • In the United States, renewable energy expansion almost doubled in the last five years. The IRA passed in August 2022 extended tax credits for renewables until 2032, providing unprecedented long-term visibility for wind and solar PV projects. In India, new installations are set to double over our forecast period, led by solar PV and driven by competitive auctions implemented to achieve the government's ambitious target of 500 GW of renewable power by 2030.
  • Therefore, these factors are projected to boost the consumption of carbon nanotubes in the energy industry.
Carbon Nanotubes - Market - IMG2

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • China is the largest producer and consumer of carbon nanomaterials in Asia-Pacific. The abundance of available raw materials and the low cost of production supported the growth of the carbon nanomaterials market in the country.
  • Because of CNT's extraordinary electrical properties, CNT finds applications in electrical and electronic applications such as photovoltaics, sensors, semiconductor devices, displays, conductors, fuel cells, harvesters, and batteries.
  • China includes the world's most extensive electronics production base and offers tough competition to existing upstream producers, such as South Korea, Singapore, and Taiwan. Electronic products, such as smartphones, OLED TVs, tablets, etc., include the highest growth in the market in the consumer electronics segment. With the increase in the disposable income of the middle-class population, the demand for electronic products is estimated to grow, thereby driving the CNT market shortly.
  • The Indian government is talking with significant semiconductor companies to set up local manufacturing. The government invited new applications for setting up Semiconductor Fabs and Display Fabs in India from June 2023 under the Modified Semicon India Programme with an outlay of INR 76,000 crore (~10 billion USD).
  • The country saw large investments in the automotive sector. Recent and planned investments and developments in the automobile sector include
  • In January 2023, MG Motor India announced a USD 100 million investment to expand capacity. In December 2022, Mahindra & Mahindra revealed plans to invest INR 10,000 crore (USD 1.2 billion) in an EV manufacturing plant in Pune. This investment emphasizes the growing significance of the EV sector.
  • Japan's electronic products industry is the most significant factor driving demand for semiconductor sales in Japan. Japan includes about 30 semiconductor fab industries that are involved in the manufacturing of various semiconductor chips. Japan's semiconductor production registered a 13% y-o-y in 2021 and 10% in 2022, with production value reaching JPY 3,074.6 billion (USD 23.31 billion). The growth for the year 2023 is forecasted at 1%.
  • As per the reports by the Japan Automobile Manufacturers Association (JAMA), the country produced 7,427,179 units of passenger cars and 1,286,414 units of trucks in 2022. It is likely to impact the CNT market.
  • Hence, due to the reasons mentioned above, Asia-Pacific is anticipated to drive the market's growth during the forecast period.

Carbon Nanotubes Industry Overview

The global carbon nanotube market is partially consolidated in nature, with a few international and domestic players across different regions. Some of the major companies in the market include LG Chem, Chengdu Organic Chemicals Co. Ltd (Timesnano), Cabot Corporation, Jiangsu Cnano Technology Co. Ltd, and Nanocyl SA, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Usage of Carbon Nantotubes in Electric Vehicles
    • 4.1.2 Increasing Demand for Advance Materials in Numerous Applications
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Environmental Concerns and Health Safety Issues
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Patent Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value and Volume)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Multi-walled Carbon Nanotubes (MWCNT)
    • 5.1.2 Single-walled Carbon Nanotubes (SWCNT)
    • 5.1.3 Other Types (armchair carbon nanotubes and zigzag carbon nanotubes)
  • 5.2 By End-user Industry
    • 5.2.1 Electronics
    • 5.2.2 Aerospace and Defense
    • 5.2.3 Automotive
    • 5.2.4 Healthcare
    • 5.2.5 Energy
    • 5.2.6 Other End-user Industries (Textiles, Plastics and Composites, and Construction)
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Spain
      • 5.3.3.6 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers, Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)/Ranking Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Arkema
    • 6.4.2 Cabot Corporation
    • 6.4.3 CHASM
    • 6.4.4 Chengdu Organic Chemicals Co. Ltd (Timesnano)
    • 6.4.5 Hyperion Catalysis International
    • 6.4.6 Jiangsu Cnano Technology Co. Ltd
    • 6.4.7 Kumho Petrochemical
    • 6.4.8 LG Chem
    • 6.4.9 Meijo Nano Carbon
    • 6.4.10 Nano-C
    • 6.4.11 Nanocyl SA
    • 6.4.12 Ocsial
    • 6.4.13 Raymor Industries Inc.
    • 6.4.14 Showa Denko KK (Resonac Holdings Corporation)

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Demand for Energy Storage Devices
  • 7.2 Highly Desired Material in the Pharmaceutical Sector