市場調査レポート
商品コード
1333770

協働ロボットの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Collaborative Robots Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 190 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
協働ロボットの市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 190 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

協働ロボットの市場規模は2023年に9億5,000万米ドルと推定され、2028年には24億1,000万米ドルに達すると予測され、予測期間(2023-2028年)のCAGRは20.50%で成長します。

人工知能、自動化、モノのインターネット、コンピューティング能力、ロボット工学などの技術を組み合わせることで、新世代のスマート工場が実現します。ロボット工学と自動化は過去数年間で大きく変化しました。高度な自動化への投資の増加は、エレクトロニクス、自動車、食品、金属加工、マテリアルハンドリングなど、継続的に成長する幅広い産業でコボットの十分な機会を生み出しています。

主なハイライト

  • ロボットが人間とより密接に働くようになると、ロボットはユーザーに反応し、行動を適応させなければならないです。今後数年間で、研究者は人間の基本的な行動を認識し、それに対応するようにロボットの行動を適応させることができるようになると予想されます。今後数年で、これは複雑なタスクのニーズに適応できる、より高度なプログラムへと発展すると思われます。
  • エッジ・コンピューティングは、従来のクラウドベースのネットワークの限界を超えるための、ネットワーク・アーキテクチャに対する興味深い新しいアプローチです。自律型ロボットや医療用センサーのような革新的なマシンが一般的になるにつれ、エッジコンピューティングは社会に大きな影響を与えると思われます。人工知能(AI)の急速な進歩により、絶えず変化する環境でも正確にタスクを実行できるようになります。AIが統合されたコボットは、業務を効率的、円滑、かつ生産的に進める様々な用途でメーカーを支援します。AIによって制御されるコボットは、材料がどちらの方向を向いているか、またそこに材料があるかどうかを判別することができます。また、材料の試験や検査、ピッキングや配置などの作業をその場で行い、検査結果を読み取り、その結果に基づいて意思決定を行うこともできます。
  • 自動車産業で使用される産業用ロボットは、スピード、正確さ、精密さ、柔軟性、敏捷性のレベルが向上しているため、より効率的でコスト効率よく利用できます。乗用車の製造は過去10年間で複雑さを増しています。その結果、製造工程のかなりの部分で自動化ソリューションのロボットが使用されるようになっています。
  • 先進技術と統合されたロボットは、従来のロボットよりもコストがかかります。ロボットシステムのコストは、堅牢なハードウェアと効率的なソフトウェアに関連しています。自動化装置には、高度な自動化技術を使用する必要があり、そのためには高額な設備投資が必要となります。例えば、自動化システムの設計、製作、設置に数百万米ドルかかる場合もあります。
  • ヘルスケア業界は、パンデミック(世界的大流行)の際に、医療サービス提供者の不足を目の当たりにし、自動化とロボットの重要性に大きく気づいた。さらに、医薬品やワクチンの需要が急増したことで、医薬品や製造工程の自動化が重視されるようになっています。ほとんどの病院では、血液サンプルの開梱と選別は、手作業で行われる退屈で時間のかかる作業です。
  • COVID-19後のシナリオでは、協働ロボットはその能力とコスト削減により、あらゆる産業で大きな需要を獲得しました。例えば、一部のファストフード・チェーンや病院では、温度検査や消毒剤の配布にこれらのロボットを使用しています。食料品店、外食産業、レストランでは、食品の調理や持ち帰りの配達にロボットを使用するようになっています。さらに、倉庫・物流業界も、仕分け、梱包、出荷の効率を向上させるために協働ロボットにシフトしています。これらすべての業界の企業は、パンデミック対策に準拠し、感染リスクを低減し、スタッフの健康を守るために、職場での自動化の導入をますます検討するようになっています。

協働ロボットの市場動向

様々な産業プロセスにおける自動化需要の増加が市場を牽引

  • COVID-19の流行により、組織は自動化とデジタル化にシフトし、これが様々な産業における協働ロボットの需要を促進すると予想されます。自動化ソリューションは、配送コストを劇的に下げることができます。これを支えているのがロボットの技術革新であり、これによって様々な業界の企業が人間の能力と能力を拡張して自律的に稼働できるようになっています。
  • トレーニングや新入社員の受け入れ期間の長期化、福利厚生や報酬の増加、労働力不足は、配備を推進する重要な要因となっています。自動化ソリューションに投資する倉庫、配送、フルフィルメント施設はますます増えています。技術が向上し、アプリケーションがより広範で柔軟なものになるにつれて、ロボット工学は地域を問わず多くの製造業務で採用されるようになっています。
  • 例えば、2022年1月、ABBと中国の自動車部品サプライヤーであるHASCOは、中国の自動車産業におけるスマート・マニュファクチャリングを加速させるために合弁会社を設立することで提携しました。この提携により、両社は自動車業界におけるAIとスマートテクノロジーの普及を目指します。
  • 同様に、協働ロボットのサプライヤーであるファナックは2022年1月、自動化の需要に対応するため、ミシガン・キャンパスの稼働スペースを約2倍に拡張しました。ロボットは産業オートメーションにおいて重要な役割を担っており、産業界の多くの中核業務はロボットによって管理されています。ロボットは、危険な環境下でも、複雑な反復作業を正確にこなすことができます。このような理由から、ロボットはほとんどの産業の製造装置で採用されています。UiPath社の調査によると、88%以上の組織が、自動化は人間の達成を加速させ、人間を補完することで効果を発揮すると考えています。
  • 自動車産業で使用される産業用ロボットは、スピード、正確さ、精密さ、柔軟性、敏捷性といった新たなレベルにより、より効率的でコスト効率よく活用されています。乗用車の製造は過去10年間で複雑さを増しています。その結果、製造工程のかなりの部分でロボットが自動化ソリューションに使用されるようになっています。
Collaborative Robots Market-IMG1

アジア太平洋地域が急成長市場になる見込み

  • アジア太平洋地域の協働ロボット市場は、同地域の産業数の増加と、ROIを高めるためのオートメーションとの統合により、大きく拡大しています。中国で製造、販売、取引される協働ロボットの数が増加していることから、中国がアジア太平洋協働ロボット市場で最大のプレーヤーになることが予想されます。
  • 例えば、北京の工業情報化部(MIIT)は、ロボット産業開拓のための「第14次5カ年計画」を発表し、今後5年間、8つの重要産業にロボット技術を含めることで、中国をロボット技術と産業発展の世界的リーダーにするための技術革新を促進することに焦点を当てています。その結果、2022年4月23日、国家重点研究開発計画の下で、4,350万米ドルの資金を投じて、重要で唯一無二のプログラム「インテリジェント・ロボット」が開始されました。
  • インドの協働ロボット市場は着実に成長しています。インド市場の多くのプロセスは明確に標準化されておらず、多くの企業が他の先進国市場よりもデジタル化レベルが低い非構造的な方法で仕事を続けているからです。インドはロボットや協働ロボット技術の導入が遅れているとはいえ、IFRは、インドがこれらの技術にとって最も有望な市場のひとつであると述べています。
  • 製造業の拡大、組織小売業の成長、飲食品製造の拡大、軟包装と無菌包装の動向の増加により、日本の包装セクターは十分な態勢を整えています。例えば、日本はプラスチック新経済構想に従ってプラスチック生産を拡大しています。その結果、成長する包装産業は協働ロボット市場に大きな成長機会をもたらすと期待されています。協働ロボットは人の手を借りずに包装やパレタイジングのすべての作業を行うことができるからです。
  • その他アジア太平洋地域には、韓国、オーストラリア、東南アジア諸国など、複数の産業の重要な製造拠点として発展している国が含まれます。例えば、IFRによると、韓国は自動車、電子機器、半導体、機械、化学など、すべての一次製造分野で「トップ5」の製造大国であり、この強固な製造基盤からの需要により、韓国はロボット工学でも主要なプレーヤーとなり、ロボット密度で常にトップ2にランクインし、世界のロボット企業にとって非常に魅力的な国となっています。
Collaborative Robots Market-IMG2

協働ロボット産業の概要

協働ロボット市場は、Universal Robots AS、Fanuc Corp.、TechMan Robotics Inc.、Rethink Robotics GmbH、AUBO Robotics USAといった大手企業が存在するにもかかわらず、非常に断片化されています。同市場のプレーヤーは、パートナーシップ、合併、技術革新、投資、買収などを駆使して製品を改良し、競争力を持続的に高めています。

2023年2月、Rapid RoboticsはUniversal Robots(UR)との新たな提携を発表し、URはRapid Roboticsが北米全域に展開するコボットワークセルに協働ロボットアームを供給することになっています。この契約により、同社はメーカーがロボットで埋められないポジションを埋めることで、自動化への障壁をさらに取り除くことができます。

テックマンロボット社は2022年11月、パワフルで精密なロボットアームとネイティブAI推論エンジン、スマートビジョンシステムを組み合わせた協働ロボットTM AI Cobotシリーズを発表しました。これは、TM AI+Training Server、TM AI+AOI Edge、TM Image Manager、TM 3DVisionTMなどのAIソフトウェア一式が付属したインテリジェントなロボットアームシリーズで、企業がアプリケーションに完璧に対応できるよう、システムのトレーニングやカスタマイズを支援します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響
  • 価格分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 容易な実装につながるエッジコンピューティングとAIの進歩
    • 様々な産業プロセスにおける自動化需要の増加
  • 市場抑制要因
    • 高額な初期投資と熟練労働力の必要性

第6章 市場セグメンテーション

  • ペイロード
    • 5Kg未満
    • 5~9Kg
    • 10~20Kg
    • 20Kg以上
  • エンドユーザー産業
    • エレクトロニクス
    • 自動車
    • 製造業
    • 飲食品
    • 化学・製薬
    • その他エンドユーザー産業
  • 用途
    • マテリアルハンドリング
    • ピック&プレース
    • 組立
    • パレタイジングとデパレタイジング
    • その他の用途
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Universal Robots AS
    • Fanuc Corp.
    • TechMan Robot Inc.
    • Rethink Robotics GmbH
    • AUBO Robotics USA
    • ABB Ltd.
    • Kawasaki Heavy Industries Ltd.
    • Precise Automation Inc.
    • Siasun Robot & Automation co. Ltd.
    • Staubli International AG
    • Omron Corporation
    • Festo Group
    • Epson Robots(Seiko Epson)
    • KUKA AG

第8章 投資分析

第9章 今後の市場

目次
Product Code: 68824

The Collaborative Robot Market size is estimated at USD 0.95 billion in 2023, and is expected to reach USD 2.41 billion by 2028, growing at a CAGR of 20.50% during the forecast period (2023-2028).

Combining technologies such as artificial intelligence, automation, the Internet of Things, computing power, and robotics enables a new generation of smart factories. Robotics and automation have changed significantly over the past few years. Increasing investment in advanced automation creates ample opportunities for cobots in a continuously growing range of industries such as electronics, automotive, food and metalworking, and material handling.

Key Highlights

  • As robots work even more closely with humans, they must respond to the users and adapt their behaviors. Over the next few years, researchers are expected to recognize basic human behaviors and adapt these robots' actions to respond to them. Over the next few years, this would develop into much more advanced programs that could adapt to the needs of complex tasks.
  • Edge computing is an interesting new approach to network architecture that helps businesses break beyond the limitations of traditional cloud-based networks. As innovative machines like autonomous robots and medical sensors become more common, edge computing will significantly impact society. Rapid advancements in artificial intelligence (AI) enable them to execute tasks accurately in a continuously changing environment. AI-integrated cobots help manufacturers in various applications that make operations run efficiently, smoothly, and productively. Cobots that are controlled by AI can tell which way materials are facing and if they are there. They can also test and inspect materials, pick and place tasks on the fly, read inspection results, and make decisions based on what they find.
  • Industrial robots used in the automotive industry are more efficient and utilized cost-effectively owing to their increased speed, accuracy, precision, flexibility, and agility levels. The complexity of manufacturing passenger cars has increased over the past ten years. This has resulted in the use of robots in automation solutions for a significant portion of the manufacturing processes.
  • The robots integrated with advanced technologies cost more than traditional robots. The costs of robotic systems are associated with robust hardware and efficient software. Automation equipment involves using advanced automation technologies that require a high capital investment. For instance, an automated system may cost millions of dollars for design, fabrication, and installation.
  • The healthcare industry significantly realized the importance of automation and robots during the pandemic as the world witnessed a shortage in healthcare service providers. Moreover, the sudden surge in demand for medicines and vaccines also emphasized automation in pharmaceutical and manufacturing processes. In most hospitals, unpacking and sorting blood samples is a boring and time-consuming task that is done by hand.
  • In the post-COVID-19 scenario, collaborative robots gained significant demand across all industries due to their capabilities and reduced cost. For instance, some fast-food chains and hospitals use these robots to conduct temperature tests and distribute sanitizers; groceries, food services, and restaurants have shifted to robots for food preparation and takeaway deliveries. Further, the warehousing and logistics industry is also shifting to collaborative robots to improve sorting, packaging, and shipping efficacy. Companies across all of these industries are increasingly looking into introducing automation at the workplace to comply with pandemic measures, reduce the risk of infection, and safeguard staff health.

Collaborative Robots Market Trends

Increasing Demand for Automation in Various Industrial Processes Drives the Market

  • Due to the COVID-19 outbreak, organizations shifted towards automation and digitalization, which was expected to drive the demand for collaborative robots across various industries. Automation solutions can drive down the cost of deliveries dramatically. Supported by this are the robot innovations that are taking place, allowing enterprises in multiple industries to operate autonomously with augmented human capability and capacity.
  • Longer training and onboarding, increasing benefits and compensation rates, and labor shortages are significant factors driving the deployment. More and more warehousing, distribution, and fulfillment facilities are investing in automated solutions. As technology improves and the applications become broader and more flexible, robotics is being adopted by many manufacturing operations across regions.
  • For instance, in January 2022, ABB and a China-based automotive parts supplier, HASCO, partnered to build a joint venture to accelerate smart manufacturing in China's automotive industry. Through this partnership, the companies want to make AI and smart technologies more common in the automotive industry.
  • Similarly, in January 2022, Fanuc, a collaborative robot supplier, expanded the operational space by almost double at the Michigan Campus to accommodate the demand for automation. Robots play a crucial role in industrial automation, with many core operations in industries being managed by them. Robots can take on complicated, repetitive tasks with accuracy, even in hazardous environments. For this very reason, they have been employed in manufacturing units across most industries. According to a study by UiPath, over 88% of organizations believe that automation will accelerate human achievement and be effective when it complements humans.
  • Industrial robots used in the automotive industry are more efficient and utilized cost-effectively owing to their new levels of speed, accuracy, precision, flexibility, and agility. The complexity of manufacturing passenger cars has increased over the past ten years. As a result, robots are now used in automation solutions for a significant portion of manufacturing processes.
Collaborative Robots Market - IMG1

Asia Pacific is Expected to be the Fastest Growing Market

  • The market for collaborative robots in Asia Pacific is expanding significantly due to the growing number of industries in the region and their integration with automation to increase ROI. With the number of cobots being made, sold, and traded in China going up, it is expected that China will be the biggest player in the Asia-Pacific collaborative robot market.
  • As long as China keeps putting a high priority on industrial automation, its market for collaborative robots is bigger than those in EMEA and the Americas.For instance, the Ministry of Industry and Information Technology (MIIT) in Beijing released the "14th Five-Year Plan" for Robot Industry Development, focusing on promoting innovations to make China a global leader in robot technology and industrial advancement by including it in 8 critical industries for the next five years. As a result, on April 23, 2022, the vital, one-of-a-kind program "Intelligent Robots" was launched under the National Key R&D Plan with a funding of USD 43.5 million.
  • India's collaborative robot market is growing steadily because many processes in the Indian market are not clearly standardized and a large number of businesses continue to work in an unstructured way with lower levels of digitization than in other developed markets.Even though India is slow to adopt robots and collaborative robot technology, the IFR has said that it is one of the most promising markets for these technologies.
  • With the expanding manufacturing sector, growing organized retail, expanding food and beverage production, and increasing trends in flexible and aseptic packaging, the packaging sector in Japan is well poised. For instance, Japan is expanding its plastic production in accordance with the New Plastics Economy Initiative. As a result, the growing packing industry is expected to create great growth opportunities for the collaborative robot market. This is because collaborative robots can do all the work of packaging and palletizing without any human help.
  • The rest of the Asia-Pacific region includes nations such as South Korea, Australia, and all the Southeast Asian countries that are evolving as significant manufacturing hubs for multiple industries. For instance, considering South Korea is a "Top 5" manufacturing powerhouse in all primary manufacturing sectors, including automotive, electronics, semiconductors, machinery, and chemicals, as per IFR, demand from this solid manufacturing foundation has led the country to become a leading player in robotics as well, consistently ranking among the top 2 in robot density and making it very attractive to global robotics companies.
Collaborative Robots Market - IMG2

Collaborative Robots Industry Overview

The collaborative robot market is highly fragmented, despite the presence of major players like Universal Robots AS, Fanuc Corp., TechMan Robotics Inc., Rethink Robotics GmbH, and AUBO Robotics USA. Players in the market use partnerships, mergers, innovations, investments, and acquisitions to improve their products and gain a competitive edge that will last.

In February 2023, Rapid Robotics announced a new collaboration with Universal Robots (UR), in which UR would supply collaborative robot arms for Rapid Robotics' deployment of cobot work cells across North America. Through this agreement, the company would be able to remove more barriers to automation by filling positions that manufacturers can't fill with robots.

In November 2022, TechMan Robot Inc. introduced its TM AI Cobot series of collaborative robots, which combines a powerful and precise robot arm with a native AI inferencing engine and smart vision system. It is a series of intelligent robotic arms that come with a full set of AI software, such as TM AI+ Training Server, TM AI+ AOI Edge, TM Image Manager, and TM 3DVisionTM, which helps companies train and customize their systems to work perfectly with their applications.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.5 Pricing Analysis

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Advancements in Edge Computing & AI Leading to Easier Implementation
    • 5.1.2 Increasing Demand for Automation in Various Industrial Processes
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Initial Investment and the Requirement of Skilled Workforce

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Payload
    • 6.1.1 Less Than 5Kg
    • 6.1.2 5-9 Kg
    • 6.1.3 10-20 Kg
    • 6.1.4 More Than 20 KG
  • 6.2 End-user Industry
    • 6.2.1 Electronics
    • 6.2.2 Automotive
    • 6.2.3 Manufacturing
    • 6.2.4 Food and Beverage
    • 6.2.5 Chemicals and Pharmaceutical
    • 6.2.6 Other End-user Industries
  • 6.3 Application
    • 6.3.1 Material Handling
    • 6.3.2 Pick and Place
    • 6.3.3 Assembly
    • 6.3.4 Palletizing and De-palletizing
    • 6.3.5 Other Applications
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 India
      • 6.4.3.3 Japan
      • 6.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Universal Robots AS
    • 7.1.2 Fanuc Corp.
    • 7.1.3 TechMan Robot Inc.
    • 7.1.4 Rethink Robotics GmbH
    • 7.1.5 AUBO Robotics USA
    • 7.1.6 ABB Ltd.
    • 7.1.7 Kawasaki Heavy Industries Ltd.
    • 7.1.8 Precise Automation Inc.
    • 7.1.9 Siasun Robot & Automation co. Ltd.
    • 7.1.10 Staubli International AG
    • 7.1.11 Omron Corporation
    • 7.1.12 Festo Group
    • 7.1.13 Epson Robots(Seiko Epson)
    • 7.1.14 KUKA AG

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET