デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1332469

5Gコネクション市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

5G Connections Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
5Gコネクション市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5Gコネクション市場規模は2023年に1,066億4,000万米ドルと推定され、2028年には9,903億3,000万米ドルに達し、予測期間中(2023~2028年)のCAGRは56.16%で成長すると予測されています。

エリクソンのデータによると、2022年最終四半期に1億3,600万人の5G加入者が加わり、世界の5G加入者は10億のマイルストーンに達しました。5Gは、モバイル世代における先行世代よりも急速に拡大しています。エリクソンはさらに、2027年までに世界人口の約4分の3が5Gにアクセスできるようになると主張しています。

主なハイライト

  • タワーのファイバー化などの堅牢なインフラストラクチャは、世界中での5Gの拡大を加速します。ファイバーが豊富なネットワーク インフラストラクチャは、より低い減衰による高速化、電磁干渉に対する耐性、小型サイズ、実質的に無制限の帯域幅の可能性などの機能をサポートできます。 光ファイバーがなければ 5G のパフォーマンスは限られているため、通信会社はさらなる拡張のためにこれらのファイバーの敷設に投資しています。AT&T は未公開株会社 BlackRock Alternatives と提携して、米国全土に卸売ファイバー ネットワークを提供するGigapowerと呼ばれるプロジェクトに取り組んでいます。当初、ファイバー ネットワークは150万の顧客の場所に設置される予定です。
  • 様々なビジネスにおけるIoTの採用が5Gを推進すると思われます。新興のスマートシティプロジェクトや高度道路交通システム(ITS)は、IoTと5Gの融合を必要とするケースです。5Gは、鉱業における自律走行車とともに、作業員に安全対策を提供するために利用されています。5Gの低遅延は、迅速なリアルタイムの意思決定に役立ちます。つまり、カメラやセンサーを車両に搭載し、鉱山で作業中の作業員に衝突や事故の可能性を知らせることができます。
  • クラウドデータや、大量のデータを使用して実用的な洞察を提供するアプリケーションに対する需要の増加も、5Gを必要とします。5Gの高速かつ低遅延は、中央のクラウドサーバーにデータの無限の波をストリーミングすることができ、ネットワークエッジのIoTデバイスは効率的な意思決定を行うことができます。例えば、移動中の救急車から病院へ患者の健康データをストリーミングすることは、5Gサービスを使えば簡単にできます。
  • COVID-19パンデミックは、革命的技術としての5Gにとって最も重要な時期だっています。他のデジタル技術と組み合わせた5Gの統合に基づき、多くのアプリケーションがテストされました。COVID-19の間、5Gは医療診断と治療をサポートする最も効果的なツールであり、その動向は現在も続いています。例えば、5Gの大容量と低遅延は、処理と分析のための高解像度映像の伝送を可能にするため、ヘルスケア・セクターは5Gの利用から最も恩恵を受けました。このツールは、いつもと違う行動をしたり、転倒などの事故を経験したり、自分自身や他人にとって危険な状態になりつつある患者を特定するのに役立ちます。
  • 5G技術の導入には高いコストがかかります。ミリ波周波数の利用、大規模な光ファイバーケーブルの敷設、熟練した労働力の不足は、高いコストを伴う。ほとんどの通信サービス・プロバイダー(CSP)にとって、5G技術導入の各ステップは困難です。

5Gコネクションの市場動向

著しい成長が期待されるM2Mコネクティビティ

  • M2Mは多くの場合、ハードウェア・コンポーネント間のポイント・ツー・ポイントの通信パターンを指します。有線または無線の通信ネットワークを使用し、人の介入を必要としないです。主な目的は、データを収集し、ネットワーク経由で送信し、トリガーされたイベントに応じてアクションを起こすことです。スマートメーターは、全国的な無線通信ネットワークを使用して電力会社に情報を送信する事例のひとつです。5Gは、安全に送信される中断のないデータストリームにより、スマートメーターの機能に運用効率の向上をもたらします。
  • 5Gは接続性に革命をもたらし、IoTアプリケーションとのM2M通信を可能にします。e-Simは、産業用IoTデバイスやあらゆる種類の機械に簡単なモバイル接続を提供するM2Mのそのようなアプリケーションの1つです。5Gはネットワーク能力を高めるため、1平方キロメートルあたり数百万のセンサーやデバイスと接続できます。欧州連合(EU)では、すべての新車に緊急通報機能を搭載することが義務付けられており、e-Simは自動化された工程で製造中にハンダ付けされています。自動車メーカーはまた、インフォテインメント・システムにインターネットを提供し、車載ソフトウェアのアップデートを可能にするコネクティビティ・プランを販売しています。
  • 2022年2月、BMWグループはデュアルe-Sim機能を搭載した車を発表しました。一方のSIMはeコール、ナビゲーション、交通情報サービスに使用され、もう一方のSIMは 促進要因の個人情報やエンターテイメントサービスに使用されます。
  • 2022年10月、バーラティ・テレコムはAlways On IoTコネクティビティ・ソリューションを発表しました。この接続性は、車両追跡や、遠隔地で作業する機器に汎用的な接続性が求められる場合に役立ちます。
5G Connections Market-IMG1

北米が大きな市場シェアを占める

  • GSMAの報告書によると、米国は2025年までに世界で2番目に高い5G導入率を達成すると予想されています。5Gコネクションは北米の全モバイル接続の64%に寄与し、2025年には2億8,000万に達します。米国とカナダは、通信事業者がミッドバンド周波数帯の配備を強化しているため、5Gの普及率で好調に推移し、2025年までに全人口カバー率はカナダで92%、米国で100%に達すると予想されます。
  • さらにGSMAは、T-モバイルが5Gの最大のプロバイダーであり、2022年第1四半期までに90万人のFWA加入者を獲得し、2025年までに約700万人の加入者を達成する計画であることを強調しました。5GのFWA市場は、カナダの通信事業者も特に地方で調査しています。
  • すべての帯域で周波数帯が利用可能であることは、通信事業者がより多くの地域をカバーしながら、より高速な通信を提供することをサポートするため、この地域における5Gの成長を加速させています。通信事業者は、北米で費用対効果の高い投資を行い、ネットワーク品質を向上させることができます。
  • 2022年2月、AT&Tはマイクロソフトと提携し、Azureのプライベート・モバイル・エッジ・コンピューティングを5Gネットワークに接続するAT&T Private 5G Edgeを開発しました。これにより、企業はプライベート・エッジ・ネットワークを立ち上げて稼働させることができるようになります。顧客のニーズを満たすため、AT&T Private 5G Edgeは、CBRSまたはAT&Tの周波数を利用しながら、単一のプラットフォームを通じて接続性と組み込みアプリケーションを提供する統合プラットフォームとなることを意図しています。
5G Connections Market-IMG2

5Gコネクション業界の概要

5Gコネクティビティ市場は、多くのプレーヤーが存在するため競争が激しいです。AT&T、Verizon、Vodafone、T-Mobileなどの市場競争リーダーは、常に技術革新に取り組んでおり、これが他の中小企業に対する競争優位性をもたらしています。

2023年2月、AT&Tはフロンティアの光ファイバー網と契約を結び、自社が光ファイバー接続を持たない地域に進出しました。フロンティアの光ファイバーインフラは、AT&Tの無線サービスを強化します。これらの光ケーブルは、より高い帯域幅を提供し、データ伝送の安全性が非常に高いです。光ファイバーのこれらの特徴は、通信事業者が5Gサービスに多くのユーザーを誘致するのに役立つと思われます。

2023年1月、ベライゾンはデロイトと協力し、世界有数の20社が参加するウィチタのエコシステムにおけるスマート・ファクトリー向けに、スマート・マニュファクチャリングを推進しました。このスマート・ファクトリーはウィチタ州立大学のイノベーション・キャンパス内にあり、完全に稼動する生産ラインと、スマート製造技術と戦略を創造・研究するための体験型ラボを含みます。

2022年10月、ボッシュとクレイドルポイントは、Tモバイルの5GワイヤレスWAN技術を利用し、全米初のスマートシティの1つであるピーチツリーコーナーズで、リアルタイムの駐車場と安全監視を促進するソリューションを開発しました。これにより、都市計画担当者は、駐車場のキャパシティ、インフラ計画、交通管理、セキュリティ保護について、街中で起きている出来事に関するデータに基づいて、リアルタイムで情報に基づいた決定を下すことができるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • より高速で大容量のネットワークを必要とするワイヤレスブロードバンドサービスの需要増加
  • 市場抑制要因
    • 初期展開段階でのインフラ構築コストの高さと、カバー範囲の相対的狭さ
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場セグメンテーション

  • 接続タイプ
    • モバイルブロードバンド
    • 固定無線アクセス
    • M2MとIoT
    • ミッションクリティカル
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AT&T Inc.
    • Verizon Communications Inc.
    • Vodafone Group Plc
    • T-Mobile US Inc.(Sprint Corporation)
    • Telstra Corporation Ltd
    • Telefonica SA
    • China Telecommunications Corporation
    • Deutsche Telekom
    • IDEMIA
    • Nippon Telegraph and Telephone

第7章 投資分析

第8章 今後の市場

目次
Product Code: 66983

The 5G Connections Market size is estimated at USD 106.64 billion in 2023, and is expected to reach USD 990.33 billion by 2028, growing at a CAGR of 56.16% during the forecast period (2023-2028).

According to Ericsson data, with the addition of 136 million 5G subscribers in the last quarter of 2022, Global 5G subscriptions reached the one billion milestone. 5G is expanding faster than its predecessors in the mobile generation. Ericsson further claims, by 2027, about three-quarters of the world's population will be able to access 5G.

Key Highlights

  • Robust infrastructure like fiberizing the towers will accelerate the 5G expansion across the world. Fiber-rich network infrastructure can support features like increased speeds with lower attenuation, immunity to electromagnetic interference, small size, and virtually unlimited bandwidth potential. Without fiber optics, 5G will have limited performance, so Telcos are investing in laying these fibers for further expansion.AT&T partnered with the private equity company BlackRock Alternatives for a project called Gigapower to provide a wholesale fiber network across the U.S. Initially, the fiber network will be installed in 1.5 million customer locations.
  • The adoption of IoT in various businesses will drive 5G. Emerging smart city projects or Intelligent Transport Systems (ITS) are cases that require the amalgamation of IoT and 5G. 5G is being used with autonomous vehicles in mining to provide safety measures for workers. The low latency of 5G helps in making quick real-time decisions. This means cameras or sensors can be mounted on vehicles to notify workers of potential collisions and accidents while they work in mines.
  • Increasing demand for cloud data or applications that use massive amounts of data to provide actionable insights will also require 5G. The high speeds and low latency of 5G can stream endless waves of data to a central cloud server, where IoT devices on the network edge can make efficient decisions. For instance, streaming patient health data from a moving ambulance to a hospital will be easy with 5G services.
  • The Covid-19 pandemic was the most important time for 5G as a revolutionary technology. Many applications were tested based on the integration of 5G in combination with other digital technologies. During COVID-19, 5G was the most effective tool for supporting medical diagnosis and treatment; the trend is still present today. For instance, The healthcare sector most benefited from using 5G since the network's high capacity and low latency enable the transmission of high-definition footage for processing and analytics. This tool will assist in identifying patients who are acting differently than usual, have experienced an incident like a fall, or are becoming a danger to themselves or others.
  • Implementation of 5G technology involves high costs. Utilizing mm-Wave frequencies, rolling out large-scale fiber optic cables, and lacking skilled labor involves high cost. Every 5G technology implementation step are challenging for most Communication Service Providers (CSPs).

5G Connections Market Trends

M2M Connectivity Expected to Witness Significant Growth

  • M2M often refers to a point-to-point communication pattern between hardware components. It may use wired or wireless communication networks without human intervention. The primary objective is to gather data, send it across the network, and take action in response to the events that are triggered. Smart Meters are one case that uses a national wireless communication network to send information to the utility company. 5G will bring operational efficiency improvements in smart meter functioning with an uninterrupted data stream that transmits safely.
  • 5G revolutionizes connectivity and enables M2M communication with IoT applications. e-Sim is one such application of M2M that provides easy mobile connectivity to industrial IoT devices and all types of machines. Since 5G boosts network capability, it will connect with millions of sensors and devices per square kilometer. In the European Union, it is mandatory to have emergency call functionality in all new cars, and e-Sim is being soldered while manufacturing in an automated process. Car manufacturers are also selling connectivity plans which provide internet to the infotainment system and allow the cars to receive over-the-air software updates.
  • In February 2022, BMW Group introduced cars embedded with dual e-Sim functionality. While one sim will be used for eCalls, navigation, or traffic information services, the other will be for a driver's private information and entertainment services.
  • In October 2022, Bharati Telecom launched the Always On IoT connectivity solution, which allows an IoT device to remain connected to a mobile network from different Mobile Network Operators in the eSIM. The connectivity will be helpful in vehicle tracking or in cases where universal connectivity is required for equipment working in remote locations.
5G Connections Market - IMG1

North America Accounts for Significant Market Share

  • According to GSMA's report, the United States is expected to have the world's second-highest 5G adoption rate by 2025. The 5G connections will contribute 64% of all mobile connections in North America and will reach 280 million by 2025. The United States and Canada are expected to perform well in terms of 5G penetration as operators step up deployments of mid-band spectrum, taking overall population coverage to 92% in Canada and 100% in the US by 2025.
  • Furthermore, GSMA highlighted that T-Mobile is the biggest provider of 5G, with 0.9 million FWA subscribers by the first quarter of 2022 and plans to achieve around 7 million subscribers by 2025. The 5G FWA market is also being investigated by Canadian operators, particularly in rural areas.
  • Strong spectrum availability across all the bands is accelerating the growth of 5G in the region as it supports operators to deliver enhanced speed with more geographical coverage. Telcos can make cost-effective investments and improve network quality in North America.
  • In February 2022, AT&T, in partnership with Microsoft, developed AT&T Private 5G Edge to connect Azure private mobile edge computing with the 5G network. This will encourage businesses to launch their private edge networks up and running. To fulfill client needs, AT&T Private 5G Edge is intended to be an integrated platform offering connectivity and embedded applications through a single platform while utilizing CBRS or AT&T spectrum.
5G Connections Market - IMG2

5G Connections Industry Overview

The 5G Connectivity Market is highly competitive because of many players. Market leaders like AT&T, Verizon, Vodafone, T-Mobile, and more work constantly towards innovation which give with a competitive advantage over other smaller players.

In February 2023, AT&T signed an agreement with Frontier's fiber network to expand into areas where it doesn't have fiber connectivity. Frontier's fiber infrastructure will strengthen the wireless services for AT&T. These optical cables provide higher bandwidth and are very secure for transmitting data. These features of fiber optics will help the telecom operator to entice more users for its 5G services.

In January 2023, Verizon collaborated with Deloitte to promote smart manufacturing for the Smart Factory at the Wichita ecosystem of 20 leading global companies. This smart factory is located on the Innovation Campus at Wichita State University and includes a fully operational production line and experiential labs for creating and researching smart manufacturing technology and strategy.

In October 2022, Bosch and Cradlepoint developed a solution that will use T-mobile's 5G Wireless WAN technology to facilitate real-time parking and safety monitoring at Peachtree Corners, one of the nation's first smart cities. This will further help city planners to make real-time informed decisions on parking capacity, infrastructure planning, traffic management, and security safeguards based on data about events happening throughout the city.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increase in Demand for Wireless Broadband Services Needing Faster, Higher-Capacity Networks
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Infrastructure Setup Cost During the Initial Rollout Phase and Relatively Less Range of Coverage
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Connection Type
    • 5.1.1 Mobile Broadband
    • 5.1.2 Fixed Wireless Access
    • 5.1.3 M2M and IoT
    • 5.1.4 Mission-critical
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia Pacific
    • 5.2.4 Latin America
    • 5.2.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 AT&T Inc.
    • 6.1.2 Verizon Communications Inc.
    • 6.1.3 Vodafone Group Plc
    • 6.1.4 T-Mobile US Inc. (Sprint Corporation)
    • 6.1.5 Telstra Corporation Ltd
    • 6.1.6 Telefonica SA
    • 6.1.7 China Telecommunications Corporation
    • 6.1.8 Deutsche Telekom
    • 6.1.9 IDEMIA
    • 6.1.10 Nippon Telegraph and Telephone

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET