デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1326335

スマートラベル市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)

Smart Label Market Size & Share Analysis - Growth Trends & Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 137 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円
スマートラベル市場規模・シェア分析- 成長動向と予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年08月08日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 137 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートラベル市場規模は2023年に134億7,000万米ドルと推計され、2028年には287億1,000万米ドルに達し、市場推計・予測期間(2023-2028年)のCAGRは16.34%で成長すると予測されます。

スマートラベルは、小売、ヘルスケア、ロジスティクスの各分野で最も普及している技術の1つになりつつあり、サプライチェーン全体を通じて倉庫から配送センターまで品目の真正性とそのトレーサビリティを提供しながら、より高い効率性と収益性を達成する理想的な手段とみなされています。

主なハイライト

  • COVID-19によって生じた行動の変化は、eコマース・プラットフォームにおける安全でトレーサビリティのある食品への高い関心をもたらし、一般的に健康と安全に対する人々の意識を高めました。IBMの調査によると、消費者の71%は、完全な透明性とトレーサビリティを提供する企業に対して、平均37%の追加プレミアムを支払う用意があります。食品サプライチェーンは、最も複雑で断片化されたサプライチェーンのひとつである一方、70%の企業が、最初のサプライヤーと社内顧客のシステムとの間に「可視性のギャップ」を抱えています。
  • これらのラベルは、スマート・サプライ・チェーンを可能にするツールとして使用され、消費者製品のマーケティングや広告においても重要な役割を果たしています。これは、製品情報の提供や、これらのラベルが収集したデータからアクセスできる消費者の購買パターンの分析を通じて実現できます。製造業者によるサプライ・チェーン上のコスト削減は、最も効率的なレベルに近づくため、需要を増大させ、個々のエンド・ユーザー業界で先行者利益を得るために、これらのソリューションの積極的な採用を促す重要な要因となっています。
  • さらに、顧客の消費パターンの増加とインターネットの急速な普及は、eコマースの拡大に直接影響を与えています。従って、スマートラベルの一貫した需要は、製品の追跡と追跡のためのeコマースによって生み出される可能性が高いです。このシナリオから最大の利益を得るために、主要なスマートラベル・メーカーは、特にeコマース・セクター向けに高度なラベル・ソリューションを発表しています。
  • スマートラベルは、印刷時に使用される溶剤が溶解する性質があるため、輸送中の過酷な気候条件や日光への暴露に耐える能力が重要な役割を果たします。多くのラベルは、日光、化学物質、汚れ、濡れた環境にさらされると損傷を受けるため、ラベルは、輸送中、保管中、またはポイント・オブ・ユース中の厳しい条件に直面する能力を持つ必要があります。

スマートラベル市場の動向

小売エンドユーザー産業が大きな市場シェアを占める

  • 小売業界では、商品を追跡・識別するためのスマートラベルの人気が高まっています。RFID(無線自動識別)またはその他の技術がこれらのラベルに使用され、サプライチェーン全体および店舗内で商品を追跡します。スマート・ラベルは、在庫レベルやロケーションに関するリアルタイムの情報を提供することで、加盟店の在庫管理をより効率的に支援する可能性を秘めています。加盟店はラベル上の商品情報を簡単に更新でき、より正確な価格設定やマーケティングも可能になります。
  • さらに、RFID技術をeコマースに取り入れることで、企業は、販売可能な在庫と実際の在庫が一致せず、売上や顧客の信頼を失う、顧客の出荷に問題がある、オンラインショッピングと実際の店舗や倉庫が統合されていない在庫に問題があり、管理がより複雑になる、といったミスを避けることができます。
  • NFC(近距離無線通信)ラベルは、顧客の買い物体験を向上させ効率を高めるために、小売業において様々な方法で活用することができます。NFCラベルの1つの応用例として、電子棚ラベリングシステム(ESL)があります。小売業者はこれらのデジタル値札に埋め込まれたNFC技術を搭載した携帯端末やPCを用いて、リアルタイムで商品の価格や情報を変更することができます。これにより時間と資源が節約され、同時に価格誤りの可能性も低くなります。
  • 市場のプレーヤーは顧客に対応するために新たなソリューションを開発しています。例えば、2022年8月、Oli-Tec社は温度や時間に敏感な製品のための新しいスマートラベル技術を開発しました。このスマート・ラベルは、賞味期限が5~15日のあらゆる製品に貼ることができます。このラベルには、温度と時間に敏感な視覚インジケーターが内蔵されています。黄色から赤色に徐々に変化し、低温ではゆっくり、高温では速く変化します。Oli-Tec社によれば、「このシンプルな色変化インジケータは、小売業者と消費者の双方が一目で理解できる、明確で視認性の高い行動喚起を提供する」。
  • 全体として、スマートラベル市場の将来は有望であり、リアルタイムの在庫追跡、顧客エンゲージメントの向上、持続可能性の促進により、小売セクターに革命をもたらす可能性があります。小売業者が先進技術を採用し、業務効率を改善する革新的なソリューションを求め続けているため、スマートラベル製品の需要は今後数年で拡大する可能性があります。
Smart Label Market-IMG1

北米が市場の主要シェアを占める

  • 北米はスマートラベルの世界最大市場の一つであり、米国が大きなシェアを占めています。同国の巨大な需要は、大小さまざまな小売店が存在することに起因しています。米国では、ウォルマートやその他の企業のような小売の巨人が主導権を握っており、活動の上昇を促し、スマートラベル市場における同国の成長を大きく後押ししています。ウォルマートはジーンズなどの紳士服に電子識別タグを付け、在庫の管理を強化しようとしています。
  • 食品会社はスマートラベルを利用して、栄養成分や原材料の追加情報を提供することで消費者とつながり、国内の食品廃棄物の削減に貢献しています。また、米農務省(USDA)とFDA(食品医薬品局)は最近、細胞由来の食肉やその他の食品にラベルを付ける枠組み合意を発表しました。これにより、同国の市場規模は拡大すると予想されます。さらに、同国のベンダーは、サプライチェーン全体のトレーサビリティを高める技術に投資しており、スマートラベルとともにブロックチェーンの利用が進んでいます。
  • また米国では、組織的な小売犯罪を含め、従業員の窃盗や万引きが増加しています。憂慮すべき小売犯罪の増加に対処するため、利害関係者は繊維製品や衣料品を追跡するためのRFIDをベースとしたスマートラベルを開発しています。
  • デジタル技術の新たな進歩の影響は、カナダの印刷業界に影響を与え、競争力を高め、この分野への投資を促しています。デジタル印刷、統合システム、カスタマー・インターフェイス・ソフトウェア、後工程の自動化などの新技術の採用により、業務効率が向上し、エンドユーザーに提供される製品の品質が大幅に改善されました。
  • カナダ食品・消費者製品省(FCPC)は、製品ラベルに印刷できない情報に消費者が即座に簡単にアクセスできる革新的なスマートラベルを発売しました。これは、FCPC加盟企業が消費者に提供する製品の透明性を高めることで、健康的な食生活を実現する戦略の一環です。カナダの多くの大手企業も、透明性の文化を高めるためにスマートラベルの活用に取り組んでいます。
Smart Label Market-IMG2

スマートラベル業界の概要

スマートラベル市場は断片化されており、Avery Dennison Corporation、CCL Industries Inc.、William Frick &Company、Honeywell International Inc.、Invengo Information Technologyなどの大手企業が存在します。市場のプレーヤーは、製品提供を強化し、持続可能な競争優位性を獲得するために、提携、契約、買収などの戦略を採用しています。

2023年4月、CCL Industries Inc.は、ラベルに組み込まれたRFIDインレイとAlert Systems ApSの知的財産とともに、ヘルスケア分野向けのハードウェアとソフトウェアのソリューションを提供するeAgile Inc.を買収したと報告しました。新会社は、RFIDの専門知識を組織全体に提供し、CCLラベルのヘルスケア&スペシャリティ部門の重要な構成要素となります。さらに、デンマークの非公開企業であるアラート社は、チェックポイント社のマーチャンダイズ・アベイラビリティ・ソリューション(MAS)製品ラインとともに、独自の盗難防止製品を欧州の加盟店に提供しています。

2023年1月、エイブリー・デニソンは、スポーツ、ワークウェア、ホスピタリティ業界向けのラベリング、装飾、工業洗濯、転写のスペシャリストであるサーモパッチを買収する契約を締結しました。Thermopatch社は、2023年第1四半期に予定されている買収完了後、同社のRBIS(Retail Branding and Information Solutions)アパレル・ソリューション事業の一部となる予定でした。この合併により、同社は業界に関する総合的な知識を活用し、ノウハウ、品質、サービスを活用して外部装飾品の成長を促進することができると期待されています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • 産業バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • セキュリティと追跡ソリューションに対する需要の増加
  • 市場抑制要因
    • ユビキタス規格の欠如、安全性への懸念、過酷な気候条件に耐えられないこと

第6章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • 電子物品監視(EAS)
    • RFID
    • センシング・ラベル
    • NFC
    • 電子棚ラベル(ESL)
  • エンドユーザー産業別
    • 小売
    • ヘルスケアと医薬品
    • 物流
    • 製造業
    • その他エンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Avery Dennison Corporation
    • CCL Industries Inc.
    • William Frick & Company
    • Honeywell International Inc.
    • Invengo Information Technology Co. Ltd.
    • Scanbuy Inc.
    • Sato Holdings Corp.
    • Alien Technology
    • Zebra Technologies Corp.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 49954

The Smart Label Market size is estimated at USD 13.47 billion in 2023, and is expected to reach USD 28.71 billion by 2028, growing at a CAGR of 16.34% during the forecast period (2023-2028).

Smart labels are becoming one of the most popular technologies across the retail, healthcare, and logistics sectors, and are viewed as an ideal means to achieve greater efficiencies and profitability while providing the authenticity of an item and its traceability from the warehouse to the distribution center throughout the supply chain.

Key Highlights

  • The behavioral changes that have arisen due to COVID-19 have brought a higher interest for safe and traceable food on e-commerce platforms and raised public consciousness of health and safety in general. According to an IBM study, 71% of consumers are ready to pay an additional average premium of 37% for companies providing full transparency and traceability. While the food supply chain is one of the most complex and fragmented supply chains, 70% of firms have "visibility gaps" between the initial supplier and internal clients' systems.
  • These labels are used as a tool to enable smart supply chains and are also playing a vital role in the marketing and advertising of consumer products. This can be achieved through the provision of product information, as well as the analysis of consumer buying patterns that can be accessed from the data collected by these labels. Cost-cutting over the supply chain, to be closer to the nearest level of efficiency, by manufacturers, has been a critical factor that has augmented the demand and prompted the proactive adoption of these solutions to gain the first-mover advantage in the individual end-user industry.
  • Moreover, increasing customer spending patterns and rapid internet penetration are directly influencing the expansion of e-commerce. Thus, consistent demand for smart labels is likely to be generated by e-commerce for product tracking and tracing. To benefit the most out of this scenario, leading smart label manufacturers are launching advanced label solutions, particularly for the e-commerce sector.
  • The ability of a smart label to withstand harsh climatic conditions during shipping and exposure to sunlight plays an important role, due to the dissolving nature of solvents used during printing. The labels should have the ability to face tough conditions during shipping, storage, or point-of-use, as many labels are subject to damage when exposed to sunlight, chemicals, dirty, or wet environments.

Smart Label Market Trends

Retail End User Industry to Hold Significant Market Share

  • In the retail industry, smart labels are becoming increasingly popular for tracking and identifying merchandise. RFID (radio-frequency identification) or other technologies are used in these labels to track products throughout the supply chain and in-store. Smart labels have the potential to assist merchants in managing inventories more efficiently by delivering real-time information on stock levels and locations. Merchants can easily update product information on labels and also enable more accurate pricing and marketing.
  • Furthermore, by incorporating RFID technology into e-commerce, firms can avoid mistakes like the available stock not matching the actual one, which results in a loss of sales and customer confidence, problems with customer shipments, and issues with a stock that does not integrate online shopping with the actual store or warehouse, which results in more complex management.
  • NFC (near field communication) labels can be utilized in a variety of ways in the retail business to improve the customer shopping experience and increase efficiency. One application for NFC labels is electronic shelf labeling systems (ESL). Retailers can change product pricing and information in real-time using a mobile device or PC with NFC technology embedded into these digital price tags. This saves time and resources while also lowering the chance of price errors.
  • The players in the market are developing new solutions to cater to customers. For instance, in August 2022, Oli-Tec created a new smart label technology for temperature and time-sensitive products. The smart labels can be put on any product with a five to fifteen-day shelf life. They have an integrated visual indicator that is temperature and time-sensitive. It progressively changes from yellow to red, more slowly in cool and faster in hotter temperatures, both at known, repeatable rates. This simple color-changing indicator provides a clear, highly visible call to action that both retailers and consumers can understand at a glance," according to Oli-Tec.
  • Overall, the future of the smart label market looks promising, with the potential to revolutionize the retail sector by offering real-time inventory tracking, improving customer engagement, and promoting sustainability. As retailers continue to adopt advanced technologies and seek innovative solutions to improve operational efficiency, the demand for smart label products may grow in the coming years.
Smart Label Market - IMG1

North America to Hold Major Share in the Market

  • North America is one of the largest markets for smart labels across the world, with the United States accounting for a significant share of the region. The country's huge demand can be attributed to the vast presence of retail stores, both small and large. Retail goliaths like Walmart and other businesses are in charge in the United States, driving the uptick in activity and significantly boosting the country's growth in the smart label market. Walmart has been putting electronic identification tags on men's clothing, like jeans, as the retailer tries to gain more control over its inventory.
  • Food companies are using smart labels to connect with consumers by offering additional nutritional and ingredient information and helping to reduce food waste in the country. Also, the USDA and FDA (Food and Drug Administration) recently announced a framework agreement to label cell-based meats and potentially other food products. This is expected to augment the size of the market in the country. Moreover, vendors in the country invest in technologies that drive greater traceability throughout their supply chains, with blockchain being increasingly used along with smart labels.
  • The United States is also witnessing increasing employee theft and shoplifting, including organized retail crime. To address the alarming rise in retail crimes, stakeholders are developing smart labels based on RFID to track textiles and garments.
  • The effects of new advancements in digital technologies have influenced the Canadian printing industry, making it more competitive and encouraging firms to invest in this domain. The adoption of new technologies, such as digital printing, integrated systems, customer interface software, and post-process automation, has enhanced operating efficiency and significantly improved the quality of products delivered to end users.
  • Food and Consumer Products of Canada (FCPC) launched an innovative smart label that gives consumers instant and easy access to information that cannot be printed on product labels. This is a part of the Healthy Eating Strategy that the members of FCPC have undertaken by ushering in higher levels of transparency in the products that they offer to consumers. Many major companies in Canada have also committed to using smart labels to enhance the culture of transparency.
Smart Label Market - IMG2

Smart Label Industry Overview

The smart label market is fragmented, with the presence of major players like Avery Dennison Corporation, CCL Industries Inc., William Frick & Company, Honeywell International Inc., and Invengo Information Technology Co. Ltd. Players in the market are adopting strategies such as partnerships, agreements, and acquisitions to enhance their product offerings and gain a sustainable competitive advantage.

In April 2023, CCL Industries Inc. reported that the business had acquired eAgile Inc., a provider of hardware and software solutions for the healthcare sector, along with RFID inlays integrated into labels and the intellectual property of Alert Systems ApS. The new firm will provide RFID expertise to the whole organization and become a crucial component of CCL Label's Healthcare & Specialty division. Furthermore, privately held Alert in Denmark offers proprietary anti-theft products to European merchants alongside Checkpoint's merchandise availability solutions (MAS) product lines.

In January 2023, Avery Dennison signed an agreement to buy Thermopatch, a labeling, embellishment, industrial laundry, and transfer specialist for the sports, workwear, and hospitality industries. Thermopatch was expected to become part of the company's Retail Branding and Information Solutions (RBIS) Apparel Solutions business after the transaction was complete, which was expected in the first quarter of 2023. The merger is expected to allow the company to capitalize on its aggregate industry knowledge, utilizing its know-how, quality, and service to drive growth in external embellishments.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Demand for Security and Tracking Solutions
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Ubiquitous Standards, Safety Concerns, and Inability to withstand Harsh Climatic Conditions

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Technology
    • 6.1.1 Electronic Article Surveillance (EAS)
    • 6.1.2 RFID
    • 6.1.3 Sensing Label
    • 6.1.4 NFC
    • 6.1.5 Electronic Shelf Label (ESL)
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Retail
    • 6.2.2 Healthcare and Pharmaceutical
    • 6.2.3 Logistics
    • 6.2.4 Manufacturing
    • 6.2.5 Other End-user Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 India
      • 6.3.3.3 Japan
      • 6.3.3.4 South Korea
      • 6.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Avery Dennison Corporation
    • 7.1.2 CCL Industries Inc.
    • 7.1.3 William Frick & Company
    • 7.1.4 Honeywell International Inc.
    • 7.1.5 Invengo Information Technology Co. Ltd.
    • 7.1.6 Scanbuy Inc.
    • 7.1.7 Sato Holdings Corp.
    • 7.1.8 Alien Technology
    • 7.1.9 Zebra Technologies Corp.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET