表紙:手首全置換術市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273543

手首全置換術市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Total Wrist Replacement Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 112 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
手首全置換術市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 112 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

手首全置換術市場は、予測期間中に3.5%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の発生は、手首全置換術市場に大きな影響を与えました。これは、パンデミックの初期段階において、選択的手術および非緊急手術に厳しい規制が課されたためです。例えば、2022年1月にBone and Joint Open誌に掲載された論文では、手と外傷のサービスが32%削減され、手外傷に関する外科手術は2021年と比較して41%削減されたことが言及されています。このようなパンデミック時の手術量や患者流入の減少は、市場に顕著な影響を及ぼしました。しかし、厳格な封鎖手順の緩和後、パンデミック後の期間に手首の手術が再開されたことは、市場の成長に寄与すると予想されます。

手首全置換術市場の成長を促進する主な要因は、高齢化人口の増加、リウマチや変形性関節症の有病率の増加、骨折や事故例の増加です。例えば、2022年9月に発表されたNCBIの記事によると、北欧と北アメリカにおける関節リウマチの発症率は、10万人あたりそれぞれ24件と36件でした。同様に、2021年に発表された別のNCBIの論文では、2021年に世界的に、変形性関節症の有病率が8.5%~9.3%増加したと言及されています。また、この論文では、2021年の変形性関節症の地域別有病率は、北米で22.5%、西欧で7.2%、中央アジアで8.4%、北中東・アフリカで12.8%であったと述べています。このような変形性関節症や関節リウマチの有病率は、手首の交換の可能性を高めるため、手首全置換術の需要を促進し、予測期間中の市場の成長に寄与すると期待されます。

一方、製品開発や承認の高まりは、予測期間中の調査対象市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2021年5月、Orthopaedic Implant Companyは、手首骨折のプレーティング技術であるDRPxシステムの米国食品医薬品局の承認と商業的発売を発表しました。さらに、2021年5月、Hospital for Special Surgeryの外科医は、手首インプラント、KninematX、手首関節全置換術システムを開発しました。同外科医は、このインプラントを用いた手首の置換手術も行っています。

しかし、手首の再建手術にかかる費用が高額であることから、予測期間中の市場成長の妨げになると予想されます。

手首全置換術の市場動向

手首関節全置換術は予測期間中に健全な成長を遂げると予想される

手首関節全置換術は、手首全置換術(TWF)とも呼ばれ、前腕骨と手首の小骨を融合させることで手首関節を安定化または固定化する外科的処置です。この手術は、手首に重度の外傷を負った後の痛みを和らげます。安静、薬物療法、注射、理学療法などの保存的治療で痛みが緩和されない場合、医師は手首関節全置換術を勧めることがあります。

関節炎を発症しやすい老年人口の増加や腕の外傷の増加に伴い、手首全置換術の使用は予測期間を通じて健全な需要と供給を観察することが期待されます。例えば、世界保健機関の2021年10月の報告書によると、60歳以上の人口は2020年の10億人から2050年には21億人に増加すると予想されており、高齢者層は関節炎や骨粗鬆症などの筋骨格系疾患にかかりやすいため、手首全固定術の需要は予測期間を通じて増加すると予想されます。さらに、変形性関節症は、65歳以上の人口に最も多く見られる関節疾患の1つと考えられています。したがって、老年人口の増加は手首の全固定術の需要を促進し、調査対象セグメントの成長に貢献すると予想されます。

さらに、主要プレイヤーは、新規の製品や技術の開発に取り組んでいます。例えば、2021年10月、Tyber Medical LLCは、手首固定プレートを含む解剖学的プレーティングシステムの拡張ラインについて、米国食品医薬品局の認可を取得したと発表しました。さらに、2021年9月には、世界の関節保存企業であるAnika Therapeutics, Inc.が、WristMotionTotal Wrist Arthroplasty(TWA)Systemをサンフランシスコで開催されたASSH(American Society for Surgery of the Hand)2021 annual meetingで発売したと発表しています。

Total Wrist Replacement Market-IMG1

予測期間中、北米が市場で大きなシェアを占めると予想される

北米は手首全置換術市場で大きなシェアを占めており、予測期間中も同様の動向を示すと予想されます。この地域では、腕の怪我の増加とともに関節炎の症例が増加しており、また主要な市場プレイヤーの存在も、この地域の市場成長に寄与すると予想されます。

例えば、2022年7月にNCBIで発表された論文では、米国では約7人に1人が手首関節炎を患っており、2022年には同国の人口の13.6%に達していると言及されています。同様に、オハイオ州立大学が2021年に発表した論文では、米国では毎年600万人が骨折していると報告されています。また、同記事では、米国における年間の筋骨格系損傷のうち、骨折が16%を占めていることにも触れています。骨折の40%以上は家庭で発生しています。同様に、2021年1月に発表されたNCBIの記事では、2021年にカナダ人の16.5%以上、約480万人が医療専門家から様々な形態の関節炎と診断されたと言及されています。したがって、関節炎や骨折の発生率の増加は、北米における手首全置換術の需要を促進し、市場の成長を促進すると予想されます。

また、この地域での手首の全置換手術の増加は、この地域に有利な機会を提供し、それによって市場の成長を促進することが期待されます。例えば、2021年4月、Extremity Medical社は、手首全置換装置KinematXを使用した初の手術事例を発表しました。KinematXは、手首関節炎患者などの自然な可動域を模倣するために設計された中手根インプラントです。

このように、人口の間で手首の全置換手術の採用が進むとともに、関節炎の患者が増加していることが、この地域の市場成長に寄与すると期待されています。

Total Wrist Replacement Market-IMG2

手首全置換術の産業概要

市場競争は激しく、市場参入企業も多いため細分化されています。この市場の主要企業には、Zimmer Biomet、Integra Lifesciences Holdings Corporation、Johnson and Johnson、Stryker Corporation、Acumed LLCなどがあります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 関節炎と骨粗鬆症の発生率は年齢とともに増加します
    • 手首の損傷に対する治療法に関する意識の高まりと可処分所得の増加
  • 市場抑制要因
    • 手首の再建手術にかかる費用の高さ
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術別
    • 手首全置換術(TWR)
    • 手首関節固定術(TWF)
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Small Bone Innovations
    • Zimmer Biomet
    • Integra Lifesciences Holdings Corporation
    • Johnson and Johnson
    • Acumed LLC
    • Medartis
    • Stryker Corporation
    • DJO Global
    • Anika Therapeutics Inc.
    • Skeletal Dynamics
    • CONMED Corporation
    • Extremity Inc

第7章 市場機会および将来動向

目次
Product Code: 57278

The total wrist replacement market is expected to register a CAGR of 3.5% over the forecast period.

The outbreak of COVID-19 has significantly impacted the total wrist replacement market. This was due to the strict regulations imposed on elective and non-urgent surgeries during the initial stages of the pandemic. For instance, the article published in Bone and Joint Open journal in January 2022 mentioned a 32% reduction in hand and trauma services, and the surgical procedures on hand trauma were reduced by 41% compared to 2021. Such reduction in the surgical volume and patient inflow during the pandemic had a notable impact on the market. However, the resumption of wrist surgeries during the post-pandemic period after the relaxation of strict lockdown procedures is expected to contribute to the market's growth.

The key factors propelling the growth of the total wrist replacement market are the increasing aging population, the increasing prevalence of rheumatoid and osteoarthritis, and the increase in fracture and accident cases. For instance, according to the NCBI article published in September 2022, the incidence of rheumatoid arthritis in Northern Europe and Northern America was 24 and 36 cases per 100,000 people, respectively. Similarly, another NCBI article published in 2021 mentioned that globally, osteoarthritis prevalence increased by 8.5%-9.3% in 2021. The article also mentioned that the regional prevalence of osteoarthritis was 22.5% in North America, 7.2% in Western Europe, 8.4% in Central Asia, and 12.8% in North Africa and the Middle East in 2021. Such prevalence of osteoarthritis and rheumatoid arthritis, which increase the possibility of wrist replacement, is expected to drive the demand for total wrist replacement, thereby contributing to the market's growth over the forecast period.

On the other hand, rising product developments and approvals are expected to drive the growth of the studied market over the forecast period. For instance, in May 2021, the Orthopaedic Implant Company announced the United States Food and Drug Administration clearance and commercial launch of its wrist fracture plating technology, the DRPx System. Additionally, in May 2021, Hospital for Special Surgery surgeon developed a wrist implant, KninematX, total wrist arthroplasty system. The surgeon also performed wrist-replacement surgery using this implant.

However, the high costs involved in wrist reconstruction surgeries are expected to hinder market growth during the forecast period.

Total Wrist Replacement Market Trends

Total Wrist Fusion Surgery is Expected to Witness a Healthy Growth Over the Forecast Period

Total wrist arthrodesis, also known as total wrist fusion (TWF), is a surgical procedure in which the wrist joint is stabilized or immobilized by fusing the forearm bone with the small bones of the wrist. This procedure relieves the pain after severe trauma to the wrist. The doctor may recommend total wrist arthrodesis when conservative treatments such as rest, medications, injections, and physical therapy do not relieve the pain.

With the growing geriatric population prone to develop arthritis and increasing arm injury, the use of total wrist fusion is expected to observe healthy demand and supply throughout the forecast period. For instance, as per the October 2021 report of the World Health Organization, the population of people of age 60 years or more is expected to increase from 1 billion in 2020 to 2.1 billion by 2050, and as the older population is more prone to musculoskeletal disorders, such as arthritis and osteoporosis, the demand for total wrist fusion is expected to increase over the forecast period. Moreover, osteoarthritis is considered one of the most prevalent articular diseases among the population above the age of 65 years. Thus, the rising geriatric population is expected to drive the demand for total wrist fusion, thereby contributing to the growth of the studied segment.

Additionally, major players are engaged in the development of novel products and technologies. For instance, in October 2021, Tyber Medical LLC announced it had received the United States Food and Drug Administration clearance for its expanded line of anatomical plating systems, including wrist fusion plates. Moreover, in September 2021, Anika Therapeutics, Inc., a global joint preservation company, announced its WristMotionTotal Wrist Arthroplasty (TWA) System was launched at the American Society for Surgery of the Hand (ASSH) 2021 annual meeting in San Francisco.

Total Wrist Replacement Market - IMG1

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market Over the Forecast Period

North America is expected to hold a major share of the total wrist replacement market and is expected to show the same trend over the forecast period. The rising arthritis cases along with increasing arm injuries in this region along with the presence of major market players are expected to contribute to the growth of the market in this region.

For instance, the article published in NCBI in July 2022, mentioned that about one in seven people had wrist arthritis in the United States which was 13.6% of the country's population in 2022. Similarly, an article published by the Ohio State University, in 2021, reported that 6 million people in the United States broke a bone each year. The article also mentioned that fractures account for 16% of all musculoskeletal injuries in the United States annually. More than 40% of fractures occur at home. Likewise, the NCBI article published in January 2021, mentioned that over 16.5% of Canadians, around 4.8 million people had been diagnosed with various forms of arthritis by health professionals in 2021. Therefore, the increasing incidence of arthritis and bone fractures is expected to drive the demand for total wrist replacement in North America, thereby fueling the growth of the market.

Also, the rising total wrist replacement surgeries in this region is expected to provide lucrative opportunities in this region, thereby driving the growth of the market. For instance, in April 2021, Extremity Medical announced the first surgical case using KinematX total wrist device. KinematX is a mid carpal implant designed to mimic the natural range of motion in patients with wrist arthritis and others.

Thus, the rising arthritis cases along with the increasing adoption of total wrist replacement surgeries among the population is expected to contribute to the growth of the market in this region.

Total Wrist Replacement Market - IMG2

Total Wrist Replacement Industry Overview

The market studied is moderately competitive and fragmented due to many market players. Some major players in this market include Zimmer Biomet, Integra Lifesciences Holdings Corporation, Johnson and Johnson, Stryker Corporation, and Acumed LLC, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Incidences of Arthritis and Osteoporosis Increase With the Age
    • 4.2.2 Increasing Awareness about the Available Treatments for Wrist Injuries and Increase in Disposable Income
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Costs Involved in Wrist Reconstruction Surgeries
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Total Wrist Replacement (TWR)
    • 5.1.2 Total Wrist Fusion (TWF)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
      • 5.2.1.3 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Middle East and Africa
      • 5.2.4.1 GCC
      • 5.2.4.2 South Africa
      • 5.2.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.2.5 South America
      • 5.2.5.1 Brazil
      • 5.2.5.2 Argentina
      • 5.2.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Small Bone Innovations
    • 6.1.2 Zimmer Biomet
    • 6.1.3 Integra Lifesciences Holdings Corporation
    • 6.1.4 Johnson and Johnson
    • 6.1.5 Acumed LLC
    • 6.1.6 Medartis
    • 6.1.7 Stryker Corporation
    • 6.1.8 DJO Global
    • 6.1.9 Anika Therapeutics Inc.
    • 6.1.10 Skeletal Dynamics
    • 6.1.11 CONMED Corporation
    • 6.1.12 Extremity Inc

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS