デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1404490

関節置換術:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

Joint Replacement - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 135 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
関節置換術:市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 135 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

関節置換術の世界市場規模は、2024年の191億米ドルから2029年には237億米ドルに成長し、予測期間(2024~2029年)のCAGRは4.6%を記録すると予測されています。

Joint Replacement-Market-IMG1

COVID-19の発生は、当初は人工関節市場に悪影響を与えました。例えば、2021年4月に発表されたNCBIの調査研究によると、人工関節置換術が延期されたため、最初の国の戸締まりで数量が減少しました。同じ情報源はまた、COVID-19がさらに手術へのアクセスを妨げ、人工関節置換術の待機者数の増加と変形性関節症の有病率の上昇により、手術の待ち時間が長くなったと述べています。しかし、手術の制限や再開が容易になったことで、市場は牽引力を持ち始め、予測期間中も上昇傾向が続くと予想されます。

市場成長を促進する主要要因としては、変形性関節症の有病率の増加、整形外科的損傷の症例の増加、高齢者人口の増加などが挙げられます。例えば、2022年1月にSingleCareチームが発表した関節炎統計2022によると、2021年には世界全体で3億5,000万人以上が関節炎を患っています。変形性関節症の増加に伴い、人工関節置換術の需要は増加し、市場の成長をさらに後押しすると予想されます。さらに、高齢者人口の増加や整形外科的損傷の増加も、予測期間中の人工関節置換術市場を牽引すると予想されています。例えば、2022年10月に発表されたWHOの報告書によると、2030年には世界の6人に1人が60歳以上になるといわれています。また、60歳以上の人口比率は2020年の10億人から14億人に増加するとしています。さらに、2050年までに世界の60歳以上の人口は2倍になるといわれています。高齢者人口は整形外科疾患にかかりやすいため、高齢者人口の増加が市場を牽引すると予想されます。

さらに、主要市場参入企業による提携、合併、買収、製品発売など、さまざまな戦略を採用することも、市場成長の原動力になると予想されます。例えば、2023年3月、Stryker社は、ラスベガスで開催されたAAOS 2023 Annual Meetingにおいて、Mako SmartRoboticsの次章であるMako Total Knee 2.0を発表しました。Mako Total Knee 2.0は、新しい直感的なデザイン、カスタマイズ可能なワークフロー、と外科医が追加の器具なしで人工膝関節全置換術(TKA)手術中の膝の安定性を評価できる革新的なデジタルテンショナーを含むその他の主要機能で構成されています。同様に、2022年1月、シンビオスはORIGIN CR Total Knee Systemを発売しました。これは、腰部支持用のモノブロックとモジュラーバージョンの両方を備えたORIGIN製品ラインを完成させるものです。この製品により、外科医はカスタムメイドの後十字靭帯(PCL)温存の人工膝関節置換術を実施できるようになります。このような要因から、予測期間中はかなりの市場成長が見込まれます。

しかし、代替品の入手可能性や手術費用の高さが、予測期間中の市場成長を抑制する可能性が高いです。

関節置換術市場の動向

予測期間中、膝関節置換術セグメントが大きなシェアを占める見込み

人工膝関節置換術は、傷ついたりすり減ったりした膝関節の一部を置き換える手術です。手術は痛みを和らげ、膝の機能を改善するのに役立ちます。手術では、損傷した骨や軟骨が金属やプラスチックの部品と交換されます。高齢者人口の増加、変形性膝関節症の有病率の増加、骨粗鬆症や糖尿病のような慢性疾患の増加により、人工膝関節置換術分野は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されています。

人工膝関節全置換術(TKA)は、最も頻繁に行われる整形外科手術のひとつです。加えて、いくつかの研究により、肥満の人たちの人工膝関節置換術後の機能性の向上が明らかにされています。Personalize Orthopaedics of the Palm Beachesによると、2021年11月、米国では年間80万件近くの人工膝関節置換術が行われました。推定によると、人工膝関節置換術は米国だけで年間約80万回行われており、これは増加の一途をたどっています。したがって、人工膝関節置換術の増加は、このセグメントの成長を促進すると予想されます。

さらに、主要市場参入企業による製品の発売や技術の進歩も、市場の成長をサポートすると予想されます。例えば、2021年11月、米国を拠点とする非上場の医療機器・技術会社であるOrthAlign, Inc.は、膝関節全置換術と部分置換術のための最新のスマート手術技術であるLanternを発売しました。同様に、2022年7月、エノヴィスは、拡大現実(AR)視覚化と整形外科ナビゲーション情報システムを搭載したウェアラブル機器「Arvis」を発売しました。この製品は、股関節と膝関節の置換手術に特有のニーズに対応するものです。したがって、このような要因が予測期間中のセグメント成長を後押しすると予想されます。

Joint Replacement-Market-IMG2

北米は予測期間中にかなりの成長が見込まれる

北米の人工関節置換術市場の成長の主要原動力は、同国における変形性関節症の負担の増加、傷害事例の増加、肥満の有病率の増加、製品認可の増加、投資の増加、主要市場参入企業による主要な取り組みです。例えば、2021年10月に発表されたCDCの報告書によると、米国の成人の約4人に1人(23.7%)、約5,850万人が医師から関節炎と診断されています。さらに、2021年10月に更新された米国疾病予防管理センター(CDC)の報告によると、米国成人の約4人に1人(23.7%)、または約5,850万人が医師の診断を受けた関節炎を持っています。また、カナダ統計局(Statistics Canada)が2022年9月に発表した報告書によると、カナダ人の約1.0%が年間関節炎を患っており、成人カナダ人の約100人に1人が関節リウマチを患っているといいます。このように、整形外科疾患の負担が大きいことは、北米市場にプラスの影響を与えると予想されます。

市場参入企業による製品投入の増加は、米国の市場成長を促進する主要因の一つです。例えば、2022年1月、Smith+Nephewは、股関節全置換術(THA)におけるハンドヘルド型ロボットソリューションであるCORI Surgical Systemの適応を拡大しました。Smith+NephewのRI.HIP NAVIGATIONは、THAにおいて患者に特化したコンポーネントのアライメントを行うことで、精度と再現性の最大化を支援するよう設計されています。同様に、2021年8月、Zimmer Biomet Holdings, Inc.は、ロボット支援下直接前方股関節全置換術用ROSA Hip Systemの米国食品医薬品局(FDA)510(k)認可を取得しました。このように、上記の要因により、市場は予測期間中に米国で高い成長率を示すと予想されます。

関節置換術産業概要

関節置換術市場は競争が激しく、複数の大手企業が参入しています。Stryker Corporation、Zimmer Biomet Holdings, Inc.、Depuy Synthes(Johnson & Johnson)、Smith & Nephew、Wright Medical Groupなどの企業が、関節置換術市場で大きなシェアを占めています。市場参入企業は、市場シェア拡大のため、新製品の発売、開発、提携に積極的に参加しています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 変形性関節症の有病率の増加
    • 整形外科的損傷の症例数の増加
    • 高齢者人口の増加
  • 市場抑制要因
    • 代替手段の利用可能性
    • 施術のコスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(金額別市場規模-米ドル)

  • 手術手技別
    • 股関節置換術
    • 膝関節置換術
    • 肩関節置換術
    • その他の手技
  • 製品別
    • インプラント
      • 金属製
      • セラミック
      • 高分子生体材料
    • 骨移植片
      • 同種移植片
      • 合成
    • その他の製品
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 中東・アフリカ
      • GCC諸国
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • B. Braun Melsungen AG
    • Corin Group
    • DJO Global, Inc.(Enovis)
    • Depuy Synthes(Johnson & Johnson)
    • Smith & Nephew
    • Stryker Corporation
    • Uteshiya Medicare
    • Wright Medical Group
    • Zimmer Biomet Holdings, Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66096
Joint Replacement - Market - IMG1

The Global Joint Replacement Market size is expected to grow from USD 19.1 billion in 2024 to USD 23.7 billion by 2029, registering a CAGR of 4.6% during the forecast period (2024-2029).

The outbreak of COVID-19 adversely impacted the joint replacement market initially. For Instance, according to the NCBI research study published in April 2021, the first national lockdown on volume declined due to postponed joint replacement surgeries. The same source also stated that COVID-19 further hampered access to surgery and lengthened wait times for operations due to the rising waiting lists for joint replacement surgeries and the rising prevalence of osteoarthritis. However, with the ease of restriction and resumption of surgeries, the market started to gain traction and is expected to continue the upward trend over the forecast period.

The key factors driving the market growth include the increasing prevalence of osteoarthritis, the rising cases of orthopedic injury, and an increasing geriatric population. For Instance, according to arthritis statistics 2022 published by the SingleCare team in January 2022, 2021 more than 350 million people have arthritis globally. With the growing incidences of osteoarthritis, the demand for joint replacement is expected to increase, further boosting market growth. Furthermore, the increasing geriatric population and several orthopedic injuries are also expected to drive the joint replacement market over the forecast period. For Instance, according to the WHO report published in October 2022, in 2030, 1 in 6 people in the world will be over 60 years old. The same source also stated that the proportion of the population aged 60 and over will increase from 1 billion in 2020 to 1.4 billion. Furthermore, by 2050, the world's population of people aged 60 and over will be doubled. Since the geriatric population is more prone to orthopedic disorders, an increasing number of the geriatric population is expected to drive the market.

Furthermore, adopting various strategies, including partnerships, mergers, and acquisitions by key market players and product launches, is also expected to drive market growth. For Instance, in March 2023, Stryker launched Mako Total Knee 2.0, the next chapter in Mako SmartRobotics, at the AAOS 2023 Annual Meeting in Las Vegas. The Mako Total Knee 2.0 consists of a new intuitive design, customizable workflow, and other key features, including an innovative digital tensioner that allows surgeons to assess knee stability during total knee arthroplasty (TKA) surgery without additional instruments. Similarly, in January 2022, Symbios launched the ORIGIN CR Total Knee System, which completes the ORIGIN product line with both monoblock and modular versions for lower back support. The product will allow surgeons to perform a custom posterior cruciate ligament (PCL)--preserving knee replacement. Thus, considerable market growth is expected over the forecast period due to such factors.

However, the availability of alternatives and the high cost of the procedure are likely to restrain the market growth over the forecast period.

Joint Replacement Market Trends

Knee Replacement Segment is Expected to Hold a Significant Share Over the Forecast Period

Knee replacement surgery replaces parts of injured or worn-out knee joints. Surgery can help relieve pain and improve knee function. During surgery, damaged bones and cartilage are replaced with metal and plastic parts. The knee replacement segment is expected to witness major growth over the forecast period, owing to the rising burden of the geriatric population, the growing prevalence of osteoarthritis, and other chronic diseases like osteoporosis and diabetes.

Total knee arthroplasty (TKA), or total knee replacement, is one of the most frequently performed orthopedic procedures. Additionally, several studies have revealed an improvement in functionality after knee arthroplasty in the obese population. According to the Personalize Orthopaedics of the Palm Beaches, in November 2021, nearly 800,000 knee replacements were performed annually in the United States. According to estimates, knee replacement surgery is carried out about 800,000 times yearly in the United States alone, which keeps rising. Thus, increasing total knee replacement surgeries is expected to propel the segment growth.

Furthermore, product launches by the key market players and technological advancements are also expected to support the market growth. For Instance, in November 2021, OrthAlign, Inc., a privately held United States-based medical device and technology company, launched Lantern: the latest in smart, surgical technology for total and partial knee replacement surgery. Similarly, in July 2022, Enovis launched the Arvis wearable device with augmented reality visualization and an orthopedic navigation information system. The product is intended for the specific needs of hip and knee joint replacement surgery. Thus, such factors are expected to boost segment growth over the forecast period.

Joint Replacement - Market - IMG2

North America is Expected to Witness Considerable Growth Over the Forecast Period

The primary driving factors for the growth of the North American joint replacement market are the growing burden of osteoarthritis in the country, increasing injury cases, increasing prevalence of obesity, increasing product approvals, increasing investments, and key initiatives taken by the key market players. For instance, according to the CDC report published in October 2021, about 1 in 4 United States adults (23.7%) or about 58.5 million people have doctor-diagnosed arthritis. Moreover, according to the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) updated in October 2021, about 1 in 4 United States adults (23.7%) or about 58.5 million people have doctor-diagnosed arthritis. Furthermore, according to the report published by Statistics Canada in September 2022, around 1.0% of Canadians had arthritis yearly, and around one out of every 100 adult Canadians had rheumatoid arthritis. Thus, such a high burden of orthopedic diseases is expected to positively impact the market in North America.

The growing product launches by the market players are one of the key factors propelling the market growth in the United States. For Instance, in January 2022, Smith+Nephew expanded the indications on its CORI Surgical System, a handheld robotic solution in total hip arthroplasty (THA). Smith+Nephew's RI. HIP NAVIGATION is designed to help maximize accuracy and reproducibility by delivering patient-specific component alignment for THA. Similarly, in August 2021, Zimmer Biomet Holdings, Inc. received United States Food and Drug Administration (FDA) 510(k) clearance of the ROSA Hip System for robotically-assisted direct anterior total hip replacement. Thus, owing to the factors above, the market is expected to witness a high growth rate in the United States over the forecast period.

Joint Replacement Industry Overview

The Joint Replacement market is highly competitive and consists of several major players. Companies like Stryker Corporation, Zimmer Biomet Holdings, Inc., Depuy Synthes (Johnson & Johnson), Smith & Nephew, and Wright Medical Group, among others, hold a substantial market share in the Joint Replacement market. Various developments have recently occurred in the market; market players are actively participating in new product launches, developments, and collaborations to expand their market share.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Osteoarthritis
    • 4.2.2 Rising Number of Cases of Orthopedic Injury
    • 4.2.3 Increasing Geriatric Population
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Availability of Alternatives
    • 4.3.2 Cost of the Procedure
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD)

  • 5.1 By Procedure
    • 5.1.1 Hip Replacement
    • 5.1.2 Knee Replacement
    • 5.1.3 Shoulder
    • 5.1.4 Other Procedures
  • 5.2 By Products
    • 5.2.1 Implants
      • 5.2.1.1 Metallic
      • 5.2.1.2 Ceramic
      • 5.2.1.3 Polymeric Biomaterials
    • 5.2.2 Bone Grafts
      • 5.2.2.1 Allograft
      • 5.2.2.2 Synthetic
    • 5.2.3 Other Products
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 Unite States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East & Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East & Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.2 Corin Group
    • 6.1.3 DJO Global, Inc. (Enovis)
    • 6.1.4 Depuy Synthes (Johnson & Johnson)
    • 6.1.5 Smith & Nephew
    • 6.1.6 Stryker Corporation
    • 6.1.7 Uteshiya Medicare
    • 6.1.8 Wright Medical Group
    • 6.1.9 Zimmer Biomet Holdings, Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS