表紙:ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
市場調査レポート
商品コード
1273471

ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Software-Defined Wide Area Network Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=144.25円
ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年04月14日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場は、予測期間中に31.2%のCAGRで推移すると予想されています。

クラウドベースのソリューションの採用が増えたことで、組織レベルでの複雑な作業が増えています。プロセスを合理化する必要性から、SD-WANの採用が促進されています。

主なハイライト

  • スマートフォンの普及率の上昇により、モバイルデータトラフィックが増加しています。このため、サービスプロバイダーはプロセスの合理化に関連する大きな問題に直面しています。
  • また、インターネットブロードバンド接続の需要が急増し、より高価なソリューションから簡素化されたネットワークソリューションへの置き換えが進んでいます。
  • 企業は現在、運用経費の削減に重点を移しています。メーカー間の競合が激しいため、利益を上げるには、運用経費を最小限に抑えるしかないのです。
  • SD-WANネットワークのセキュリティに対する懸念が浮上し、成長と採用率を制限しています。

ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場の動向

エンタープライズ部門がSD-WAN市場の成長に貢献する

世界がデジタル化に向けて加速する中、大企業も中小企業も、安全でシームレスな接続性を確保し、ビジネスオペレーションを管理することを望んでいます。このため、企業はSD-WANアーキテクチャを選択するようになります。SD-WANは、企業内でコンテンツを消費するための高品質なストリームを維持するのにも役立っています。

  • Edgecore Networksは、SD-WANポートフォリオに2つの新シリーズを発表しました。これにより、リモートワーカーのネットワークが改善され、リモートユーザーのアプリケーションパフォーマンスの問題に対処することができるようになります。特にチェーンストアや中小企業向けに設計されており、堅牢で安全、かつ適応性の高いネットワークサービスをオンデマンドで提供することができるようになります。Edgecore Networksは、企業、データセンター、通信サービスプロバイダー向けにNOSとSDNソフトウェアを提供する、オープンネットワーキングソリューションのプロバイダーです。
  • フルマネージドSD-WANおよびSASEソリューションのリーダーであるAryakaは、フランスのパリにサービスPoint of Presence(PoP)を開設しました。Aryakaの新しい施設は、作業環境に関する将来の不確実性に関係なく、ビジネスを保護することができることを意味します。
Software-Defined Wide Area Network Market-IMG1

北米が主要な市場シェアを占めると予想される

SD-WANソリューションは、北米地域の企業やサービスプロバイダの間で人気を博しています。企業による複数のパイロットプロジェクトや本格的な導入の成功により、世界中で大きな話題となっています。SD-WANソリューションの認知度の向上と実証済みの利点に後押しされ、北米の重要な市場は大幅な成長促進を見込んでいます。

SD-WAN市場の長期的な動向は、北米市場がSD-WANベンダーにとって最も高いビジネスチャンスに寄与していることを示しています。米国では小売業が拡大しているため、組織の複雑さが増していますが、SD-WANソリューションで簡素化することが可能です。

北米地域のほとんどの国は、経済的に強固です。この優位性により、この地域は他の地域よりも優位に立ち、5G、RAN、サイバーセキュリティ、その他のIoTサービスなどの最新テクノロジーへの投資に活用されています。

Software-Defined Wide Area Network Market-IMG2

ソフトウェア定義型広域ネットワーク産業の概要

ソフトウェア定義型広域ネットワーク市場は、競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。市場シェアの面では、現在、少数の主要プレイヤーが市場を独占しています。サービスプロバイダーは、競争上の優位性を獲得し、事業拡大のきっかけとするために、M&Aに取り組んでいます。

2022年2月、シスコはMicrosoft TeamsおよびOffice 365と手を組み、一貫性のないソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)の性能に対処しました。シスコは、SD-WANソフトウェアの更新版をリリースし、SD-WAN上でMicrosoft SharePoint、OneDrive、TeamsなどのMicrosoft SaaSアプリの最適なルーティングをサポートしました。Cisco SD-WANのお客様は、CiscoのCloud OnRampを活用してMicrosoft 365のトラフィックをインテリジェントにルーティングし、最も速く、最も安全で、最も信頼できるエンドユーザー・エクスペリエンスを提供することができます。

2022年3月、ベライゾンはVMwareと協業し、ソフトウェア大手のVeloCloud SD-WANプラットフォームをベライゾンのマネージドサービスポートフォリオに展開することを支援します。このサービスには、集中型SD-WANオーケストレーター、世界に分散されたSD-WANゲートウェイのネットワーク、支店接続用の多数のエッジアプライアンスが含まれます。

2022年11月、テクノロジーサービスの販売会社であるTVIはAryakaと契約を結び、TBIの代理店がセキュアネットワークサービスプロバイダーの提供するサービスを販売できるようになります。また、統一されたセキュアアクセスサービスエッジ(SASE)を提供する予定です。Aryakaは、その高度な技術により、高度なネットワーキング機能とサイバーセキュリティ機能を、別々のサイロで実行するのではなく、同じクラウドベースのプラットフォーム上に完全に収束させています。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 TOC

第2章 イントロダクション

  • 調査想定と市場定義
  • 調査対象範囲

第3章 調査手法

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • クラウドベースソリューションの増加
    • ネットワークソリューションの簡素化
    • モビリティサービスに対する需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • データセキュリティ
    • 資格のあるトレーナーの不足
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第6章 市場セグメンテーション

  • 導入形態別
    • プレミス
    • クラウド
    • ハイブリッド
  • コンポーネントタイプ別
    • ソリューション
    • サービス
  • 組織規模別
    • 大企業
    • 中堅・中小企業
  • エンドユーザー産業別
    • ヘルスケア
    • 銀行・金融サービス
    • 小売・コンシューマーサービス
    • 製造業
    • 運輸・ロジスティクス
    • IT・テレコム
    • その他エンドユーザー向け産業
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア・ニュージーランド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ地域

第7章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • M&A(合併・買収
  • 企業プロファイル
    • Aryaka
    • Cisco
    • vmware
    • Nokia
    • Hewlett Packard Enterprise
    • Huawei
    • Tata Communications
    • MCM Telecom
    • Fortinet
    • Ericsson

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66382

The Software-defined Wide Area Network Market is expected to register a CAGR of 31.2% over the forecast period. The increased adoption of cloud-based solutions has led to a rise in the number of complexities at the organizational level. The need to streamline the processes has boosted the adoption of SD-WAN.

Key Highlights

  • The increase in smartphone penetration rates has led to an increase in mobile data traffic. This has exposed the service providers to huge problems related to the streamlining of the processes.
  • There is also an upsurge in the demand for internet broadband connections to replace more expensive solutions with simplified network solutions.
  • The enterprises have now shifted their focus to the reduction of operational expenditure. Due to huge competition among the manufacturers, the only way to increase profits is to minimize operational expenditure.
  • Certain concerns over the security of the SD-WAN network have come into the picture, which is restricting its growth and adoption rates.

Software-Defined Wide Area Network Market Trends

Enterprise Sector will Add to the SD-WAN Market Growth

As the world accelerates towards digitization, enterprises, either small or large, want to have secure and seamless connectivity to manage business operations. This directs them to opt for SD-WAN architecture. SD-WAN also helps in maintaining high-quality streams for content consumption within businesses.

  • Edgecore Networks launched two new series in the SD-WAN portfolio. This will help in better networking for remote workers and will address application performance issues for remote users. Specifically designed for chain stores and small to medium-sized enterprises, it will provide robust, secure, and adaptive network services on demand. Edgecore Networks is a provider of open networking solutions which offers NOS and SDN software for enterprises, data centers, and telecommunication service providers.
  • Aryaka, the leader in fully managed SD-WAN and SASE solutions, launched a service Point of Presence (PoP) in Paris, France. Aryaka's new facilities mean it can protect its businesses, regardless of any future uncertainty concerning the working environments.
Software-Defined Wide Area Network Market - IMG1

North America is Expected to Hold the Major Market Share

SD-WAN solutions have gained popularity amongst enterprise and service providers in the North American region. Multiple successful pilot projects and full-fledged deployments performed by enterprises are creating a significant market buzz across the world. Driven by growing awareness and proven benefits of SD-WAN solutions, critical markets of North America are expecting a massive boost in growth.

The long-term trend for the SD-WAN market indicates that the North American market has contributed the highest business opportunities for SD-WAN vendors. The growing retail business in the United States has led to more organizational complexities, which can be simplified with SD-WAN solutions.

Most of the countries in the North American region are economically robust. This advantage keeps the region ahead of other geographies and leverages them to invest in the latest technologies like 5G, RAN, cyber security, and other IoT services.

Software-Defined Wide Area Network Market - IMG2

Software-Defined Wide Area Network Industry Overview

The Software-defined Wide Area Network Market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. The service providers are engaging themselves in mergers and acquisitions in order to gain a competitive advantage and trigger expansion.

In February 2022, Cisco joined hands with Microsoft Teams and Office 365 to address inconsistent software-as-a-service (SaaS) performance. Cisco released an updated version of their SD-WAN software which supports the optimal routing of Microsoft SaaS apps, including Microsoft SharePoint, OneDrive, and Teams on their SD-WAN. Cisco SD-WAN customers can leverage Cisco's Cloud OnRamp to intelligently route Microsoft 365 traffic to provide the fastest, most secure, and most reliable end-user experience.

In March 2022, Verizon collaborated with VMware, which will help Verizon roll the software giant's VeloCloud SD-WAN platform into its managed services portfolio. The service includes a centralized SD-WAN orchestrator, a network of globally distributed SD-WAN gateways, and a bevy of edge appliances for branch connectivity.

In November 2022, TVI, the technology services distributor, signed a deal with Aryaka that will allow TBI agents to sell the secure network services provider's offering. It will also offer a unified, secure access service edge (SASE). With its advanced technology, Aryaka fully converges advanced networking and cybersecurity features onto the same cloud-based platform rather than running them in separate silos.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 TOC

2 INTRODUCTION

  • 2.1 Study Assumption and Market Definition
  • 2.2 Scope of the Study

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Overview
  • 5.2 Market Drivers
    • 5.2.1 Increased Number of Cloud-based Solution
    • 5.2.2 Simplified Network Solution
    • 5.2.3 Growing Demand for Mobility Services
  • 5.3 Market Restraints
    • 5.3.1 Data Security
    • 5.3.2 Lack of Qualified Trainers
  • 5.4 Industry Value Chain Analysis
  • 5.5 Porter's Five Forces Analysis
    • 5.5.1 Threat of New Entrants
    • 5.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 5.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 5.5.4 Threat of Substitute Products
    • 5.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment Mode
    • 6.1.1 Premise
    • 6.1.2 Cloud
    • 6.1.3 Hybrid
  • 6.2 By Component Type
    • 6.2.1 Solutions
    • 6.2.2 Services
  • 6.3 By Organisation Size
    • 6.3.1 Large Enterprises
    • 6.3.2 Small-Medium Enterprises
  • 6.4 By End-user Industry
    • 6.4.1 Healthcare
    • 6.4.2 Banking and Financial Services
    • 6.4.3 Retail and Consumer Services
    • 6.4.4 Manufacturing
    • 6.4.5 Transport and Logistics
    • 6.4.6 IT and Telecom
    • 6.4.7 Other End-user Industries
  • 6.5 Geography
    • 6.5.1 North America
      • 6.5.1.1 United States
      • 6.5.1.2 Canada
      • 6.5.1.3 Mexico
      • 6.5.1.4 Rest of North America
    • 6.5.2 Europe
      • 6.5.2.1 United Kingdom
      • 6.5.2.2 France
      • 6.5.2.3 Germany
      • 6.5.2.4 Rest of Europe
    • 6.5.3 Asia-Pacific
      • 6.5.3.1 China
      • 6.5.3.2 India
      • 6.5.3.3 Japan
      • 6.5.3.4 Australia & New Zealand
      • 6.5.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.5.4 Latin America
      • 6.5.4.1 Brazil
      • 6.5.4.2 Mexico
      • 6.5.4.3 Rest of Latin America

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Vendor Market Share
  • 7.2 Mergers and Acquisitions
  • 7.3 Company Profiles
    • 7.3.1 Aryaka
    • 7.3.2 Cisco
    • 7.3.3 vmware
    • 7.3.4 Nokia
    • 7.3.5 Hewlett Packard Enterprise
    • 7.3.6 Huawei
    • 7.3.7 Tata Communications
    • 7.3.8 MCM Telecom
    • 7.3.9 Fortinet
    • 7.3.10 Ericsson

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS