市場調査レポート
商品コード
1237837

ライフサイエンスおよび化学装置市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)

Life Science And Chemical Instrumentation Market - Growth, Trends, And Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
ライフサイエンスおよび化学装置市場- 成長、動向、および予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年03月03日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ライフサイエンスおよび化学装置市場は、予測期間中に7.1%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19のパンデミックは、診断薬の急速な開拓、規制当局の迅速な承認、ウイルスの拡散を抑制するための多くの国での流通の増加など、世界的に市場の成長に好影響を与えました。COVID-19の検出には、いくつかの診断手順が重要な役割を果たしました。診断薬企業は、先進国だけでなく発展途上国でも新しい発売を継続的に行っていました。例えば、2020年7月、ロシュはインドの国立コレラ・腸疾患研究所にCobas 8800を、インドの国立生殖医療研究所にCobas 6800を導入し、SARS CoV-2の診断検査を支援しました。ロシュのCobas 6800/8800システムは、3時間半で検査結果が得られ、柔軟性、業務効率の向上、最速のタイムトゥタイム結果を提供します。このように、COVID-19のパンデミック時には、ライフサイエンス装置と化学機器の需要が増加し、市場はプラスの影響を受けました。現在、市場は機器の需要という点ではパンデミック前の状態に達しており、今後数年間は健全な成長が見込まれます。

ライフサイエンスおよび化学装置市場は、主に研究開発活動の活発化と世界の疾病負担の増加によって牽引されています。また、製薬業界による創薬開発への投資の拡大が、医薬品バリデーションのためのライフサイエンス装置の需要を押し上げると思われます。

ライフサイエンス研究への官民投資の増加や分析機器の技術進歩が、ライフサイエンス装置・化学品の市場を牽引しています。例えば、2022年10月に英国議会が発表した記事によると、2022年中の研究開発への総支出は英国で371億ユーロでした。さらに、OECDのデータによれば、2021年のGDPに占める医薬品支出の割合はブルガリアが最も高く、約32.4%が医薬品に費やされています。このように、研究開発活動への医薬品支出の増加は、予測期間中の市場成長を後押しすると期待されます。

さらに、感染症の高い有病率とライフサイエンスおよびバイオテクノロジーの分野における技術的進歩が、市場の成長を支えています。2021年6月にHIV.govが発表した統計によると、米国では約120万人がHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染しており、発症率は12.6(人口10万人あたり)でした。このことから、HIVの罹患率の高さがこれらの機器の需要増につながり、市場成長を後押しすると考えられます。さらに、市場プレイヤーによる様々な機器の発売が市場成長を支えています。例えば、2021年6月、Thermo Fisher Scientific社は、音響集束フローサイトメトリー技術と高速カメラを組み合わせたイメージング強化型フローサイトメーターであるInvitrogen Attune CytPix Flow Cytometerを発売しました。

このように、上記のすべての要因が、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。しかし、熟練した専門家の不足と、ライフサイエンスおよび化学装置の高コストが、市場の成長をさらに妨げています。

主な市場動向

ライフサイエンスおよび化学装置市場でクロマトグラフィーが主要シェアを占める

クロマトグラフィーは、与えられたサンプル中の様々な分析物の含有量を測定し、多くの場合、分析物の定量化に役立つ分析機器です。クロマトグラフィーは、主に液体状態の化合物を分析するために行われ、ガスクロマトグラフィー(GC)の場合は、分析対象物を分解せずに気化させることができます。

物質の純度を調べたり、混合物を基本的な成分に分離したりするのに広く使われています。クロマトグラフィー法は、医薬品に含まれる化学物質の数を特定するなど、多くの医薬品用途で使用されています。2022年4月に発表されたMDPIジャーナルのデータでは、あらゆる医薬品のクロマトグラフィー分析の目的は、医薬品の検証と同定、定量データの提供、そして疾患治療の経過をモニターすることであると述べています。クロマトグラフィーは、咳、喘息、リューマチ、発熱、セファロ、眼病など、さまざまな疾患の治療に使用されるさまざまな医薬品化合物に存在する写真成分を決定するために使用されています。また、医薬品承認におけるクロマトグラフィー検査の利用が増加していることが、予測期間中の市場成長に寄与すると考えられています。

さらに、市場の各社は、先進的な液体クロマトグラフィーシステムやコンポーネントの発売に力を入れています。2021年6月、Waters Corporationは、新しい高速液体クロマトグラフィー(HPLC)-Waters Arc Premier Systemを発表しました。同社は、この新しい液体クロマトグラフィーシステムは、製薬業界や学術・材料市場のような様々なエンドユーザー分野でのルーティングテストに使用できると宣言しました。さらに、2022年7月には、島津製作所が従来型から超高速液体クロマトグラフィー分析をカバーする統合型クロマトグラフィーシステム「i-Series Plus」を発売しました。したがって、上記のすべての要因が、予測期間中のセグメント成長を促進すると考えられます。

Life Science And Chemical Instrumentation Market-IMG1

北米が最大の市場シェアを占め、予測期間中もその状態を維持すると予想される

北米では、ライフサイエンスと化学計測技術は、製薬・バイオテクノロジー産業の多くの用途で使用されています。化学計測技術は、最終生産試験、医薬品用途、環境モニタリング、食品検査などに有効な技術であることが証明されています。

北米のライフサイエンスおよび化学装置市場の成長を促進するその他の要因としては、創薬ニーズの高まり、慢性疾患の有病率の上昇、食品の安全性に対する懸念の高まりによる需要の増大が挙げられます。米国がん協会の2022年版レポートによると、2022年に新たに診断されるがん患者は190万人、がんによる死亡者は609,360人と推定されます。CDCによる2022年7月の最新情報によると、アメリカ人の約10人に6人が少なくとも1つの慢性疾患を抱えて生活しており、成人の10人に4人が2つ以上の慢性疾患を抱えています。したがって、慢性疾患の負担の増加は、業界における研究開発活動を推進し、調査した市場の成長に寄与する可能性があると予想されます。

さらに、研究開発活動の増加は、市場の成長に寄与しています。例えば、ノースダコタ大学の2021年の更新によると、UND Center of Biomedical Research Excellence(CoBRE)in Host-Pathogen interactions(HPI)は、国立衛生研究所(NIH)がフェーズIIまで引き続き資金提供すると述べています。今回の1,070万米ドルの更新は、急性および慢性炎症性疾患の原因となるウイルス、細菌、寄生虫感染に対する宿主の反応についての理解を深めることを目的としています。したがって、様々なライフサイエンス関連研究のための研究開発費の増加は、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。

さらに、主要な市場参入企業による製品の発売は、市場の成長を促進します。例えば、2021年10月、ノヴァセップは、ペプチド、オリゴヌクレオチド、インスリン、その他の合成分子などの医薬分子の精製用に設計されたHPLCクロマトグラフィーシステム「Hipersep Process M」の発売を発表しました。このシステムは、臨床研究所のワークフローを改善するために設計されています。このように、上記のすべての要因が、予測期間中に市場を押し上げると予想されます。

Life Science And Chemical Instrumentation Market-IMG2

競合情勢

ライフサイエンスおよび化学装置市場の市場関係者は、買収、合併、パートナーシップなどの無機的な成長戦略を採用し、製品ポートフォリオの拡充に注力しています。調査対象の主要な市場プレイヤーには、Agilent Technologies Inc.、Becton, Dickinson &Company、Bio-Rad Laboratories Inc.、Bruker Corporation、Danaher Corporation、F. Hoffmann-La Roche Ltd.などがあります。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 医薬品の研究開発費の増加
    • 分析機器の技術的進歩
    • ライフサイエンス研究への官民投資を拡大させる
  • 市場抑制要因
    • 高価な楽器
    • 熟練したプロフェッショナルの不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション(金額別市場規模)

  • テクノロジー別
    • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)
    • DNAシークエンサー・アンプリファイア
    • フローサイトメトリー
    • スペクトロスコピー
    • 電気泳動
    • クロマトグラフィー
    • 遠心分離機
    • その他の技術
  • エンドユーザー別
    • 病院・診断センター編
    • 製薬会社・バイオテクノロジー企業
    • 受託研究機関(CRO)
    • 調査研究機関
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Agilent Technologies Inc.
    • Becton, Dickinson & Company
    • Bio-Rad Laboratories Inc.
    • Bruker Corporation
    • Danaher Corporation
    • F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • Illumina Inc.
    • PerkinElmer Inc.
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Waters Corporation

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 47419

The Life Science and Chemical Instrumentation Market is expected to witness a CAGR of 7.1% during the forecast period.

The COVID-19 pandemic had a favorable impact on market growth globally, with the rapid development of diagnostics, expedited regulatory clearances, and increased distribution in many nations to help control the virus's spread. Several diagnostic procedures played a crucial role in detecting COVID-19. Diagnostic companies were continuously coming up with new launches in developing as well as developed countries. For instance, in July 2020, Roche introduced the Cobas 8800 instrument to the National Institute of Cholera and Enteric Diseases in India, and the Cobas 6800 at the National Institute for Research in Reproductive Health in India, to aid with SARS CoV-2 diagnostic testing. Roche's Cobas 6800/8800 systems produce test findings in three and a half hours and offer flexibility, greater operational efficiency, and the fastest time-to-time results. Thus, during the COVID-19 pandemic, the market for life science and the chemical instrument was positively impacted as the demand for these instruments increased during the pandemic. Currently, the market has reached its pre-pandemic nature in terms of demand for instruments and is expected to witness healthy growth in the coming years.

The life science and chemical instrumentation market is primarily driven by the growing R&D activities and the growing burden of diseases worldwide. In addition, the growing investment from the pharmaceutical industry in drug discovery and development is likely to boost the demand for life science instruments for drug validation.

The growing increasing public-private investments in life science research and technological advancements in analytical instruments are driving the market for life science instruments and chemicals. For instance, as per the article published by United Kingdom Parliament in October 2022, the total expenditure on R&D during 2022 was EUR 37.1 billion in the United Kingdom. Moreover, as per the OECD data, pharmaceutical spending as a percentage of GDP in 2021 was highest in Bulgaria, with around 32.4% spent on pharmaceuticals. Thus, growing pharmaceutical spending on research and development activity is expected to boost market growth over the forecast period.

Additionally, the high prevalence of infectious diseases and technological advancements in the field of life sciences and biotechnology support market growth. According to Statistics published by HIV.gov in June 2021, approximately 1.2 million people in the United States had HIV (Human Immunodeficiency Virus), with an incidence rate was 12.6 (per 100,000 population). This suggests that a high incidence of HIV will lead to increased demand for these instruments, thereby boosting market growth. Moreover, the launch of various instruments by the market players supports market growth. For instance, in June 2021, Thermo Fisher Scientific launched Invitrogen Attune CytPix Flow Cytometer, an imaging-enhanced flow cytometer that combines acoustic focusing flow cytometry technology with a high-speed camera.

Thus, all the above-mentioned factors are expected to boost market growth over the forecast period. However, the lack of skilled professionals and the high cost of life science and chemical instrumentation are further impeding the growth of the market.

Key Market Trends

Chromatography Holds the Major Share in Life Science and Chemical Instrumentation Market

Chromatography is an analytical instrument that measures the content of various analytes in a given sample and, in many cases, helps to quantify the analyte. Chromatography is mostly done to analyze compounds that can are in a liquid state, and in the case of gas chromatography (GC), the analytes can be vaporized without decomposition.

It is widely used to test the purity of substances or to separate a mixture into its basic components. The chromatography method is used in many pharmaceutical applications, such as identifying the number of chemicals in drugs. Data from MDPI Journal published in April 2022 stated that the goal of chromatography analysis of any drug is to validate and identify the drug and provide quantitative data, as well as to monitor the course of disease therapy. Chromatography is used to determine the photo components present in various pharmaceutical compounds that are used to treat a variety of diseases, such as cough, asthma, rheumatism, fever, cephalalgia, and ophthalmia. In addition, the increased use of chromatography tests in drug approvals is considered to contribute to the market growth over the forecast period.

Additionally, companies in the market are focusing on launching advanced liquid chromatography systems and components. In June 2021, Waters Corporation launched its new high-performance liquid chromatography (HPLC) - Waters Arc Premier System. The company declared that the new liquid chromatography system could be used for routing testing in various end-use areas, like the pharmaceuticals industry and the academic and materials markets. Moreover, in July 2022, Shimadzu launched its i-Series Plus integrated chromatography system that covers conventional to ultra-fast liquid chromatography analysis. Thus, all the above mentioned factors are likely to drive segment growth over the forecast period.

Life Science And Chemical Instrumentation Market - IMG1

North America Holds the Largest Market Share and is Expected to Maintain the Same during the Forecast Period

In North America, life science and chemical instrumentation technology are used in many applications in the pharmaceutical and biotechnology industry. Chemical instrumentation has proven to be an effective technology for final production testing, pharmaceutical applications, environmental monitoring, and food testing, among others.

Other factors propelling the growth of the North American life science and chemical instrumentation market include the increasing need for drug discovery, the rising prevalence of chronic diseases, and augmented demand for rising food safety concerns. According to the American Cancer Society's 2022 report, there will be an estimated 1.9 million new cancer cases diagnosed and 609,360 cancer deaths in 2022. As per a July 2022 update by the CDC, around 6 in 10 Americans live with at least one chronic disease, and 4 in 10 adults have two or more chronic diseases. Hence, the increasing burden of chronic diseases is expected to propel the R&D activities in the industry and may contribute to the growth of the market studied.

Moreover, the increasing number of R&D activities is contributing to market growth. For instance, as per a 2021 update by the University of North Dakota, the UND Center of Biomedical Research Excellence (CoBRE) in Host-Pathogen interactions (HPI) stated that the National Institutes of Health (NIH) will continue to fund the project through Phase II. The renewal of USD 10.7 million is intended to improve understanding of host responses to viral, bacterial, and parasite infections that cause acute and chronic inflammatory diseases. Hence, growing R&D funding for various life sciences-related research is expected to boost market growth over the forecast period.

Furthermore, product launches by the key market players propel the growth of the market. For instance, in October 2021, Novasep announced the launch of the Hipersep Process M, an HPLC chromatography system designed for the purification of pharmaceutical molecules such as peptides, oligonucleotides, insulin, and other synthetic molecules. This system is designed to improve the workflows in clinical labs. Thus, all the above-mentioned factors are expected to boost the market over the forecast period.

Life Science And Chemical Instrumentation Market - IMG2

Competitive Landscape

Market players in the life science and chemical instrumentation market are focusing on the expansion of their product portfolios by adopting inorganic growth strategies such as acquisitions, mergers, and partnerships. Some of the key market players in the market studied include Agilent Technologies Inc., Becton, Dickinson & Company, Bio-Rad Laboratories Inc., Bruker Corporation, Danaher Corporation, and F. Hoffmann-La Roche Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Spending on Pharmaceutical R&D
    • 4.2.2 Technological Advancements in Analytical Instruments
    • 4.2.3 Increasing Public-Private Investments in Life Science Research
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of the Instruments
    • 4.3.2 Lack of Skilled Professionals
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Technology
    • 5.1.1 Polymerase Chain Reaction (PCR)
    • 5.1.2 DNA Sequencers & Amplifiers
    • 5.1.3 Flow Cytometry
    • 5.1.4 Spectroscopy
    • 5.1.5 Electrophoresis
    • 5.1.6 Chromatography
    • 5.1.7 Centrifuges
    • 5.1.8 Other Technologies
  • 5.2 By End Users
    • 5.2.1 Hospitals and Diagnostic Centers
    • 5.2.2 Pharmaceutical and Biotechnology Companies
    • 5.2.3 Contract Research Organization (CRO)
    • 5.2.4 Academia and Research Institutes
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Agilent Technologies Inc.
    • 6.1.2 Becton, Dickinson & Company
    • 6.1.3 Bio-Rad Laboratories Inc.
    • 6.1.4 Bruker Corporation
    • 6.1.5 Danaher Corporation
    • 6.1.6 F. Hoffmann-La Roche Ltd
    • 6.1.7 Illumina Inc.
    • 6.1.8 PerkinElmer Inc.
    • 6.1.9 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.10 Waters Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS