市場調査レポート
商品コード
1200914

WtE(廃棄物発電)の日本市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Japan Waste To Energy Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 95 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
WtE(廃棄物発電)の日本市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 95 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本のWtE(廃棄物発電)市場は、予測期間(2022-2027年)に12.6%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の発生は、日本のWtE(廃棄物発電)市場にマイナスの影響を及ぼしました。市営固形廃棄物(MSW)が大流行中に増加しているにもかかわらず、商業・産業(C&I)廃棄物は急激に減少し、全体的な量の減少を招いたのです。国内での減少とは別に、処理のための輸入量も減少しました。経済発展、工業化、非化石燃料エネルギー源への注目の高まりなどの要因が、同国のWtE(廃棄物発電)市場を牽引しています。しかし、有害ガスの排出量の増加や、焼却炉が高価であること、特にエネルギー価格が低下し、いくつかのプラントが運営コストをカバーできないことが、市場の抑制要因となっています。

主なハイライト

  • 廃棄物焼却・ガス化技術の市場開拓が進んでいること、廃棄物発生量が増加していることから、WtE(廃棄物発電)市場は熱技術が主流になると予想されます。
  • 環境影響の信頼性を確保するための好気性・嫌気性消化関連の研究開発活動への投資の増加が、今後の市場成長に有利な機会をもたらすと予想されます。
  • 日本は、廃棄物のエネルギー転換による有害な排出を減らすため、焼却技術の向上に注力しており、これが予測期間中の市場を牽引すると予想されます。

日本の廃棄物エネルギー化市場の動向

熱利用技術が市場を席巻

  • 日本は、毎年数百万トンの廃棄物を処理できる最も近代的なタイプの熱処理工場を持つ先進国です。2020年時点で、日本はWtE(廃棄物発電)(WTE)施設で利用される廃棄物の割合で世界有数の国であり、MSWの80%以上をエネルギー回収システムで燃焼させています。
  • 日本では1960年代から、熱を利用したWTE技術に力を入れてきました。日本では埋立地が少なく、廃棄物を燃やすことがより良い解決策と考えられてきたため、WTE産業は繁栄してきました。
  • 2020年時点で、産業廃棄物の発電量(18522GWh)は、一般廃棄物の発電量(1824GWh)よりも比較的多く、産業廃棄物はエネルギー生産に大いに役立つとされています。
  • さらに、2020年12月には、三菱重工環境・化学エンジニアリングが鹿島広域行政組合から、茨城県神栖市に建設予定の熱利用型廃棄物処理施設の設計・施工を受注しました。契約金額は135億9000万円で、完成は2024年3月末の予定です。
  • 日本のごみ焼却発電市場は、工業化・経済発展の影響もあり、今後も拡大が予想されます。

有害排出物削減のための新しい焼却技術が市場需要を促進

  • 廃棄物焼却施設では、ダイオキシン、二酸化炭素、硫黄酸化物、窒素酸化物などの有害な排出物が発生します。この有害排出物を削減するために、自動焼却装置や自動クレーンなど、高効率発電や安全運転に関する技術が開発されています。
  • 日本のストッカー炉技術は、高効率発電、有害排出物の削減、酸性ガスの除去、焼却灰の再利用を目指した低空気式焼却方式です。ダイオキシンの発生を抑える技術として、排気冷却、バグフィルター、ダイオキシンを吸着・除去する活性炭などが適用されています。
  • また、従来のストーカー炉の高効率化技術により、廃熱の回収による発電が可能となり、温室効果ガス対策としても有効です。
  • 日本では、新しい焼却技術の増加により、CO2排出量は減少しています。しかし、日本全体の二酸化炭素排出量は、2018年の1158.4百万トンから2020年には1027.0百万トンに減少しています。
  • したがって、日本全体で新しい焼却技術への投資と進歩が増加しており、予測期間中に廃棄物エネルギー市場を牽引することが期待されます。

日本の廃棄物エネルギー市場の競合他社分析

日本のWtE(廃棄物発電)市場は適度に細分化されています。主要なプレーヤーとしては、日立造船株式会社、三菱重工業株式会社、JFEエンジニアリング株式会社、TAKUMA、川崎重工業株式会社などが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:億米ドル)
  • 最近の動向と展開
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • PESTLE分析

第5章 市場セグメンテーション

  • テクノロジー
    • 物理的
    • サーマル
    • バイオ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、共同研究、契約書
  • 主要なプレーヤーが採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Hitachi Zosen Corporation
    • Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • JFE Engineering Corporation
    • Kawasaki Heavy Industries Ltd
    • Doosan Lentjes GmbH
    • TAKUMA Co. Ltd
    • CR-POWER LLC

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 50990

The Japanese waste-to-energy market is expected to register a CAGR of more than 12.6% during the forecast period (2022-2027). The COVID-19 outbreak negatively impacted Japan's waste-to-energy market. Even though municipal solid waste (MSW) is rising during the pandemic, commercial and industrial (C&I) waste declined sharply, resulting in the overall decline in quantity. Apart from the domestic reduction, the amount imported for processing also decreased. Factors such as economic development, industrialization, and increasing focus on non-fossil fuel energy sources have been driving the country's waste-to-energy market. However, the market has been restrained by the rising emissions of harmful gases and the expensive nature of incinerators, particularly as energy prices declined and several plants could not cover operating costs.

Key Highlights

  • Thermal technology is expected to dominate the waste-to-energy market, owing to the increasing development in incineration, gasification technologies, and the growing amount of waste generated.
  • Increasing investments in aerobic and anaerobic digestion-related R&D activities to ensure reliability in terms of environmental effects are expected to provide lucrative opportunities for the market's growth in the future.
  • Japan is focusing on improving its incineration technologies to reduce harmful emissions from waste to energy conversion, which is expected to drive the market during the forecast period.

Japan Waste to Energy Market Trends

Thermal Technology to Dominate the Market

  • Japan is a leading country with the most modern types of thermal treatment plants capable of processing millions of tons of waste every year. As of 2020, Japan was one of the leading countries worldwide in terms of the percentage of waste utilized in waste-to-energy (WTE) facilities, burning more than 80% of its MSW in energy recovery systems.
  • The country has focused on thermal-based WTE technology since the 1960s. The WTE industry has thrived in Japan because there is little room for landfills, and burning waste has been considered a better solution.
  • As of 2020, the electricity generated from industrial waste (18522 GWh) was comparatively higher than that of electricity generated from municipal waste (1824 GWh), thus making industrial waste much more useful to produce energy.
  • Moreover, in December 2020, Mitsubishi Heavy Industries Environmental & Chemical Engineering Co. Ltd (MHIEC) won a contract with the Kashima Regional Administration Association to design and build a thermal-based waste-to-heat management facility planned for construction in Kamisu city in Ibaraki Prefecture. The contract is valued at JPY 13.59 billion, with completion scheduled for the end of March 2024.
  • Factors such as industrialization and economic development also contribute toward MSW generation, which is further expected to influence the growth of the thermal-based waste to energy market in Japan.

New Incineration Technologies for Reduction of Harmful Emissions Driving the Market Demand

  • The incineration plants for solid waste generate harmful emissions, like dioxins, carbon dioxide, sulfur oxide, and nitrogen oxide. Technologies related to high-efficiency power generation and safe operation, such as automatic incineration devices and automatic cranes, have been developed to reduce the harmful emissions in this process.
  • The Japanese stocker furnace technology is a low-air incineration method that aims for high-efficiency power generation, reduced harmful emissions, removed acidic gas, and recycled incinerated ash. The technologies applied to reduce dioxin generation are exhaust cooling, bag filters, and activated coal that absorbs and eliminates dioxin.
  • The conventional stoker furnace's highly efficient technology enables electrical generation from recovered heat waste and makes it an effective measure against greenhouse emissions.
  • An increase in the new incineration technologies in Japan has reduced CO2 emissions. However, Japan's overall carbon dioxide emissions decreased from 1158.4 million metric ton in 2018 to 1027.0 million metric ton in 2020.
  • Hence, increasing investments and advancements in the new incineration technologies across Japan are expected to drive the waste to energy market during the forecast period.

Japan Waste to Energy Market Competitor Analysis

The Japanese waste to energy market is moderately fragmented. Some key players include Hitachi Zosen Corp., Mitsubishi Heavy Industries Ltd, JFE Engineering Corporation, TAKUMA Co. Ltd, and Kawasaki Heavy Industries Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 PESTLE Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Physical
    • 5.1.2 Thermal
    • 5.1.3 Biological

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Hitachi Zosen Corporation
    • 6.3.2 Mitsubishi Heavy Industries Ltd
    • 6.3.3 JFE Engineering Corporation
    • 6.3.4 Kawasaki Heavy Industries Ltd
    • 6.3.5 Doosan Lentjes GmbH
    • 6.3.6 TAKUMA Co. Ltd
    • 6.3.7 CR-POWER LLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS