市場調査レポート
商品コード
1200911

日本の太陽エネルギー市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Japan Solar Energy Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 95 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
日本の太陽エネルギー市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 95 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の太陽エネルギー市場は、2022年から2027年の間に9.2%以上のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の大流行も大きな悪影響はなく、2020年には約540万kWの太陽光発電プロジェクトが完了しました。しかし、サプライチェーンや労働力に関連するいくつかの懸念は、2020年の市場成長にとって大きな課題とはならなかっています。パイプラインや計画段階で建設中の太陽光発電プロジェクトなどの要因が、予測期間中の太陽エネルギーの累積設備容量を押し上げると予想されます。しかし、風力などの代替再生可能エネルギーの採用が増加していることが、予測期間中の市場成長の妨げとなる可能性が高いです。

主なハイライト

  • 今後5年間は、地上設置型が太陽光発電の年間設備容量増加の最大要因になると予測しています。また、太陽光発電の新規容量の大部分は、日本の本州での新規設置によるものと予想されます。
  • 2030年までにGHG排出量を削減するという目標を掲げているこの地域では、今後数年間、太陽エネルギー企業が太陽光発電所を設置する機会が増えると予想されます。さらに、この地域は原油などの外国産化石燃料への依存を減らす計画を立てており、輸入原油に関連する地域経費を削減するために太陽光などの再生可能エネルギーを選択することになるでしょう。
  • この市場は、政府の支援政策、特に再生可能エネルギーによる発電を奨励するために策定された計画によって推進されています。

日本の太陽エネルギー市場動向

地上設置型が市場を席巻

  • 日本は、三菱や東芝といった大企業を通じて、地上設置型太陽光発電の開発で最先端を走ってきました。技術コストの継続的な削減や、FiTなどの政策変更、さまざまな容量目標の達成に向けた関心の高まりにより、国内での成長が高まっており、予測期間中の太陽光発電市場の成長拡大に貢献すると期待されます。
  • また、同国の企業は他の世界企業との提携を模索しており、知識の交換による価格のさらなる低下や、同国における同分野の成長を助けると期待されています。例えば、伊藤忠商事は2020年3月、VPPジャパン株式会社と2020年度末までに10万kWの分散型太陽光発電を開発する契約を締結しました。伊藤忠商事は、VPPのグループ企業や既存顧客と協業し、事業拡大を加速させました。今回の協業では、特に太陽光発電パネルの大規模な地上設置型展開に焦点を当てます。
  • 2020年の地上設置型太陽光発電(PV)システムの1Wあたりの価格は196円前後となり、2019年の204円から低下しました。スケールメリットの拡大や新たなイノベーションにより、この傾向は今後も続くと考えられます。
  • また、企業による大規模な投資も、地上設置型太陽光発電の成長を後押しするものと思われます。2020年6月、ソーラースチールは94MWの太陽エネルギープロジェクトを開始しました。この3つの太陽光発電所は、日本の47,600世帯の電力に相当するクリーンエネルギーを生成することが期待されています。
  • したがって、このような市場開拓と政府の有利な制度や取り組みが、日本の地上設置型太陽エネルギー市場を牽引することが期待されます。

市場を牽引する政府の支援政策

  • 日本における再生可能エネルギーの最も効果的な推進力は、2012年に経済産業省が「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づいて導入した固定価格買取制度(FIT:Feed-In Tariff)です。
  • 新しいFIT制度は、風力、水力、太陽光、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーによる発電電力を、国が定めた固定価格で電力会社が買い取ることを義務付け、安定した収益で再生可能エネルギー発電への投資を促進するものでした。
  • 日本の固定価格買取制度は、福島第一原子力発電所の事故以降、太陽光発電市場の成長を刺激するようになり、数年にわたり引き上げられました。しかし、日本は太陽光発電の補助金依存度を下げ、太陽光発電開発のための競争入札を促進することを目的として、太陽光発電のFiTを引き下げました。日本では、2020年度から容量500kW以上の非住宅用太陽光発電プロジェクトの入札を開始しました。
  • 2020年の時点で、同国の設備容量は67GWに達しています。日本の太陽エネルギー市場は、政府のクリーンエネルギー対策政策、太陽エネルギーのコスト低下、蓄電池の価格低下などを背景に、今後数年間で成長することが見込まれています。
  • FIT制度は、再生可能エネルギーへの移行を促すための一時的な制度であり、多くの専門家の間では、2022年以降に改定が導入されることが予想されています。
  • したがって、政府の支持的な政策が今後数年間、市場を牽引すると予想されます。

日本の太陽エネルギー市場の競合他社分析

日本の太陽エネルギー市場は断片的です。この市場の主要参入企業には、 Canadian Solar Inc., First Solar Inc.、Mitsubishi Electric Corporation、SunPower Corporation、Trina Solar が含まれる

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査対象範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模・需要予測(単位:GW
  • 日本の再生可能エネルギーミックス、2020年
  • 最近の動向と開発状況
  • 政府の規制と政策
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • PESTLE分析

第5章 市場セグメンテーション

  • デプロイメント
    • 屋上設置型
    • 地上設置型
  • アプリケーション
    • 住宅用
    • 商業・工業用
    • ユーティリティスケール

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、コラボレーション、合意書
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Canadian Solar Inc.
    • First Solar Inc.
    • SunPower Corporation
    • Trina Solar Co. Ltd
    • Sharp Corporation
    • Hanwha Corporation
    • LG Electronics Inc.
    • JinkoSolar Holding Co. Ltd
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • Toshiba Corp.

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 48172

The Japanese solar energy market is expected to witness more than a 9.2% CAGR during 2022-2027. The COVID-19 pandemic had no significant negative impact on the country, with around 5.4 GW of solar projects completed in 2020. However, some concerns related to the supply chain and workforce did not pose a significant challenge for the market to grow in 2020. Factors such as solar PV projects under construction in the pipeline and planning stages are expected to boost the cumulative installed capacity of solar energy during the forecast period. However, increasing adoption of alternate renewable energy such as wind is likely to hinder the market growth during the forecast period.

Key Highlights

  • Ground-mounted type of deployment is expected to account for solar's largest annual capacity additions for the next five years. A significant amount of new capacity in solar is also expected to come from new installations on Honshu island, Japan.
  • With a target of reducing GHG emissions by 2030, the region is expected to increase the opportunity for solar energy companies to install solar PV plants in the region during the upcoming years. Moreover, the region has plans to reduce dependency upon foreign fossil fuels like crude oil and would opt for renewable energy like solar to reduce region expenses related to imported oil.
  • The market is being propelled by supportive government policies, particularly the plans formulated to encourage renewables-based power generation.

Japan Solar Energy Market Trends

Ground-mounted to Dominate the Market

  • Japan has been at the forefront of ground-mounted solar PV development through large corporations like Mitsubishi and Toshiba. The continuous reductions in technology costs and the increasing growth in the country, owing to policy changes like FiT and the growing focus on achieving various capacity targets, are expected to contribute to the increase in the growth of the solar PV market during the forecast period.
  • Companies in the country are also looking to collaborate with other global giants, which is expected to further decrease the prices due to the exchange of knowledge and aid the growth of the segment in the country. For instance, in March 2020, ITOCHU went into an agreement with VPP Japan Inc. for the development of 100,000 kW of distributed solar power by the end of fiscal 2020. ITOCHU collaborated with the VPP group of companies and existing customers to accelerate the expansion of its business. ​The collaborations specifically focus on the large-scale ground-mounted deployment of solar PV Panels.
  • In 2020, the price of a ground-mounted photovoltaic (PV) system per watt was around JPY 196, which decreased from JPY 204 in 2019. This trend is likely to continue in the coming years due to increasing economy of scale and new innovations.
  • Also, large-scale investments by corporations are expected to aid the growth of ground-mounted solar PV. In June 2020, Solar Steel started the 94 MW of solar energy projects. The three solar PV plants are expected to generate enough clean energy to power 47,600 homes in Japan.
  • Hence, such developments and favorable government schemes and initiatives are expected to drive the ground-mounted solar energy market in Japan.

Supportive Government Policies to Drive the Market

  • One of Japan's most effective drivers for renewable energy has been the Feed-In Tariff (FIT) scheme, which was introduced in 2012 by the Ministry of Economy, Trade, and Industry under the Special Measures Concerning the Procurement of Renewable Energy by Operators of Electric Utilities Act.
  • The new FIT scheme made it compulsory for power companies to buy electricity generated by the power generating renewable sources, including wind, hydro, solar, geothermal, and biomass, at fixed prices set by the government so that stable revenue would facilitate investment in renewable power generation.
  • Japan's feed-in tariff (FiT) rates have increased in the subsequent years in the wake of the Fukushima nuclear accident, stimulating the solar energy market growth. However, Japan reduced its solar power FiT as the country aims to reduce the dependency of solar power on subsidies and promote competitive bidding for solar power development. The country launched tenders for non-residential solar power projects with a capacity above 500 kW from the financial year 2020.​
  • As of 2020, the country had an installed capacity of 67 GW. The solar energy market in Japan is poised for growth in the coming years on account of the government's policy to implement clean energy measures in the country, the declining cost of solar energy generation, and reduced energy storage prices.​
  • The FIT scheme was intended as a temporary system to encourage the transition to renewable energy, and a revision is expected by many experts to be introduced later in 2022.
  • Hence, supportive government policies are expected to drive the market in the coming years.

Japan Solar Energy Market Competitor Analysis

The Japanese solar energy market is fragmented. Some of the key players in this market include Canadian Solar Inc., First Solar Inc., Mitsubishi Electric Corporation, SunPower Corporation, and Trina Solar Co. Ltd.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast, in GW, till 2027
  • 4.3 Japan Renewable Energy Mix, 2020
  • 4.4 Recent Trends and Developments
  • 4.5 Government Policies and Regulations
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
    • 4.6.2 Restraints
  • 4.7 Supply Chain Analysis
  • 4.8 PESTLE Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Deployment
    • 5.1.1 Rooftop
    • 5.1.2 Ground-mounted
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Residential
    • 5.2.2 Commercial and Industrial
    • 5.2.3 Utility-scale

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Canadian Solar Inc.
    • 6.3.2 First Solar Inc.
    • 6.3.3 SunPower Corporation
    • 6.3.4 Trina Solar Co. Ltd
    • 6.3.5 Sharp Corporation
    • 6.3.6 Hanwha Corporation
    • 6.3.7 LG Electronics Inc.
    • 6.3.8 JinkoSolar Holding Co. Ltd
    • 6.3.9 Mitsubishi Electric Corporation
    • 6.3.10 Toshiba Corp.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS