デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440233

太陽エネルギー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Solar Energy - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
太陽エネルギー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

太陽エネルギー市場規模は設置ベースの観点から、予測期間(2024年から2029年)中に28.82%のCAGRで、2024年の1,840ギガワットから2029年までに5,080ギガワットに成長すると予想されています。

太陽エネルギー- 市場

主なハイライト

  • 中期的には、政府の有利な政策と太陽光パネルの価格と設置コストの低下に伴う太陽光発電システムの導入の増加が、予測期間中の世界の太陽光エネルギー市場の成長を支える可能性が高い
  • 一方、ガス火力発電所、陸上および洋上風力プロジェクトなどの代替クリーン電源の採用増加などの要因が、調査期間中の市場の成長を妨げる可能性があります。
  • それにもかかわらず、太陽光発電装置のコスト低下とエネルギー貯蔵システムとの統合によるオフグリッド太陽光利用の増加により、将来的に市場にいくつかの機会が生まれると予想されます。
  • アジア太平洋地域は、予測期間中に太陽エネルギー市場で最大かつ最も急速に成長する地域になると予想されます。太陽光発電の設置が増えているためです。

太陽エネルギー市場の動向

太陽光発電(PV)が市場を独占すると予想される

  • 太陽光発電システムは、半導体材料、通常はシリコンで構成されるソーラーパネルを使用して太陽光を直接電気に変換します。太陽光が太陽電池に当たると電子が励起され、直流(DC)電気の流れが生成されます。このDC電気は、家庭、企業、送電網でインバーターを使用して交流(AC)に変換されます。
  • 太陽光発電システムのコストは、過去10年間で急速に低下しました。このコスト削減は、技術の進歩、規模の経済、製造プロセスの改善によって推進されています。その結果、太陽光発電は従来のエネルギー源とのコスト競争力が高まり、普及にとってより魅力的なものとなっています。
  • さらに、人口増加、都市化、交通機関を含むさまざまな部門の電化により、世界の電力需要は増加し続けています。太陽光発電システムは、特に送電網インフラが限られているか信頼性が低い地域において、この増大するエネルギー需要を満たすためのスケーラブルな分散型ソリューションを提供します。
  • 国際再生可能エネルギー機関によると、世界の太陽光発電の設置容量は、2022年から2021年の間に22%以上増加したのに対し、集中型太陽光発電システムの増加は2%でした。これは、集中型太陽光発電システムよりも太陽光発電の適応が増加していることを示しています。
  • さらに、世界中の政府は太陽光発電の設置を促進するための支援政策や財政的インセンティブを導入しています。これらの措置には、固定価格買取制度、税額控除、補助金、および純計量プログラムが含まれます。このような政策は、初期費用を削減し、投資収益率を向上させ、送電網の統合を促進することにより、太陽光発電システムの導入を促進します。
  • 例えば、オーストラリアは、2030年までに電力の82%を太陽光発電や風力などの再生可能エネルギーで発電するという目標を設定しており、太陽光発電はこの目標達成に大きく貢献すると予想されています。
  • たとえば、X-Elioは2022年 11月に、ニューサウスウェールズ州ワガワガ近郊に容量300 MWの太陽光発電所を建設する意向を発表しました。さらに、X-Elioは、ニューサウスウェールズ州にある120 MWの容量を持つフォレストグレンソーラーファームと、ビクトリア州にある80 MWの容量を持つWunghnuSolarファームという、他の2つの太陽光発電施設の開発を開始しました。これらのプロジェクトは、オーストラリアで現在開発中の500 MW以上の再生可能エネルギープロジェクトで構成されるX-Elioの広範なポートフォリオの一部を形成しています。
  • したがって、上記の要因に基づいて、予測期間中に公益部門が太陽エネルギー市場を独占すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占すると予想される

  • 中国、インド、日本などのアジア太平洋地域の多くの国は、太陽エネルギーの導入を促進するために、野心的な再生可能エネルギー目標と支援政策を実施しています。これらの政策には、固定価格買取制度、再生可能エネルギーポートフォリオ基準、太陽光発電設備に対する補助金が含まれます。政府の強力な支援と安定した政策枠組みにより、この地域の太陽エネルギー市場の成長に適した環境が生まれています。
  • たとえば、国際再生可能エネルギー機関によると、2021年から2022年の間に設置された太陽エネルギーの総容量は110 GW以上増加しました。 2021年の総設置容量は約485 GWでしたが、2022年には597 GWに達し、中国とインドが主要な設置容量を占めています。
  • さらに、アジア太平洋諸国では人口が急速に増加し、経済が拡大しており、電力需要も増加しています。太陽エネルギーは、この増大するエネルギー需要に対して拡張可能で持続可能なソリューションを提供します。その結果、この地域には太陽エネルギー導入の大きな市場潜在力があります。
  • さらに、アジア太平洋地域のいくつかの国は、野心的な大規模太陽エネルギープロジェクトに着手しています。例えば、中国は大規模な太陽光発電施設やソーラーパークを擁し、実用規模の太陽光発電設備のリーダーとなっています。これらの大規模プロジェクトにより、この地域の累積太陽光発電容量が増加し、世界の太陽光発電市場における支配的なプレーヤーとしての地位を確立しました。
  • 2022年3月、アリババグループの物流部門Cainiao Networkは、中国の保税倉庫に設置された屋上ソーラーパネルで発電した分散型太陽光発電を事業電力として利用し始めました。同社は倉庫の屋上10万平方メートルに太陽光発電システムを設置しており、7.862MWのエネルギーを蓄えることができ、年間発電量は毎時800万キロワット以上で、3,000世帯以上に電力を供給するのに十分です。太陽光発電システムによって生成された電力は、Cainiaoの倉庫業務に電力を供給するのに十分であり、余剰電力は送電網に転用されます。さらに、Cainiaoとそのパートナーは、2023年までに合計 500,000平方メートルにわたるCainiaoの保税倉庫に屋上太陽光発電システムを設置する予定です。
  • アジア太平洋諸国、特に中国も、太陽光発電コンポーネントおよびシステムの主要な製造拠点として浮上しています。この地域は規模の経済、効率的なサプライチェーン、競争力のある生産コストの恩恵を受けており、太陽エネルギーシステム全体のコストを大幅に削減します。このコストの優位性は、世界の太陽エネルギー市場におけるアジア太平洋地域の優位性に貢献しています。
  • したがって、上記のアジア太平洋地域は、予測期間中に太陽エネルギー市場を独占すると予想されます。

太陽エネルギー業界の概要

太陽エネルギー市場は細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、Canadian Solar Inc.、JinkoSolar Holding、Trina Solar、SunPower Corporation、LONGi Green Energy Technologyなどが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2028年までの太陽光発電の設置容量と予測
  • 世界の再生可能エネルギーミックス、2022年
  • 最近の動向と発展
  • 政府の政策と規制
  • 市場力学
    • 促進要因
      • 政府の奨励金と政策
      • エネルギー安全保障
    • 抑制要因
      • その他のエネルギー源との競合
  • サプライチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術
    • 太陽光発電(PV)
      • 概要
      • 2028年までのGWにおける太陽光発電(PV)の設置容量と予測
      • 2022年までの年間太陽光発電出荷量(GW)
      • 太陽光発電出荷量のシェア(%)、技術別、2022年
      • 2022年までの太陽光発電モジュールの平均販売価格(USD/W)
      • 主要プロジェクト情報
    • 集光型太陽光発電(CSP)
      • 概要
      • 2028年までのGWにおける集光型太陽光発電(CSP)の設置容量と予測
      • 2022年までの稼働中の太陽熱容量(GW)
      • 太陽熱設置容量シェア(%)、コレクタータイプ別、2022年
      • 主要プロジェクト情報
  • 地域地域市場分析{2028年までの市場規模と需要予測(地域のみ)}
    • 北米
      • 米国
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • スペイン
      • イタリア
      • 英国
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • チリ
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • エジプト
      • ナイジェリア
      • 南アフリカ
      • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Canadian Solar Inc.
    • JinkoSolar Holding Co. Ltd.
    • Trina Solar Co. Ltd.
    • SunPower Corporation
    • LONGi Green Energy Technology Co. Ltd.
    • First Solar Inc.
    • JA Solar Holding
    • Abengoa SA
    • Acciona SA
    • Brightsource Energy Inc.
    • Engie SA
    • NextEra Energy Inc.
    • ACWA Power
    • Sharp Corporation
    • REC Solar Holdings AS
    • Hanwha Corporation

第7章 市場機会と将来の動向

  • エネルギー貯蔵の統合
目次
Product Code: 71528

The Solar Energy Market size in terms of installed base is expected to grow from 1.84 Thousand gigawatt in 2024 to 5.08 Thousand gigawatt by 2029, at a CAGR of 28.82% during the forecast period (2024-2029).

Solar Energy - Market

Key Highlights

  • Over the medium term, favorable government policies and increasing adoption of solar PV systems, with the declining price of solar panels and installation cost, are likely to support the global solar energy market growth during the forecast period
  • On the other hand, factors such as rising adoption of alternate clean power sources, such as gas-fired power plants, onshore and offshore wind projects are likely to hinder the market growth during the study period.
  • Nevertheless, an increase in off-grid solar utilization due to the decreasing cost of solar PV equipment and integration with energy storage systems are expected to create several opportunities for the market in the future.
  • Asia-Pacific region is expected to be the largest and fastest-growing region in the solar energy market during the forecast period. Due to its increasing solar installations.

Solar Energy Market Trends

Solar Photovoltaic (PV) Expected to Dominate the Market

  • Solar PV systems convert sunlight directly into electricity using solar panels made up of semiconductor materials, typically silicon. When sunlight strikes the solar cells, it excites electrons, generating a flow of direct current (DC) electricity. This DC electricity is converted into alternating current (AC) using an inverter in homes, businesses, and the electrical grid.
  • The cost of solar PV systems has declined rapidly over the past decade. This cost reduction is driven by technological advancements, economies of scale, and improved manufacturing processes. As a result, solar PV has become increasingly cost-competitive with conventional energy sources, making it more attractive for widespread adoption.
  • Additionally, the global electricity demand is continuously increasing due to population growth, urbanization, and the electrification of various sectors, including transportation. Solar PV systems offer a scalable and decentralized solution to meet this growing energy demand, particularly in regions with limited or unreliable grid infrastructure.
  • According to International Renewable Energy Agency, the global solar photovoltaics installed capacity increased by more than 22% between 2022 and 2021 compared to 2% for concentrated solar power systems. Signifying the increased adaption of solar photovoltaics over concentrated solar power systems.
  • Moreover, governments worldwide have introduced supportive policies and financial incentives to promote solar PV installations. These measures include feed-in tariffs, tax credits, grants, and net metering programs. Such policies encourage the adoption of solar PV systems by reducing upfront costs, improving investment returns, and facilitating grid integration.
  • For instance, Australia has set a goal of generating 82% of its electricity through renewable sources like solar PV and wind by 2030, and solar PV is expected to be a significant contributor to achieving this target.
  • For instance, in November 2022, X-Elio unveiled its intention to construct a solar photovoltaics farm with a capacity of 300 MW near Wagga Wagga, New South Wales. Additionally, X-Elio has initiated the development of two other solar photovoltaics farms, namely the Forest Glen Solar Farm, with a capacity of 120 MW in New South Wales, and the WunghnuSolar Farm, with a capacity of 80 MW in Victoria. These projects form part of X-Elio's extensive portfolio, comprising more than 500 MW of renewable energy projects currently under development in Australia.
  • Therefore, based on the abovementioned factors, the utility sector is expected to dominate the solar energy market during the forecast period.

Asia-Pacific Expected to Dominate the Market

  • Many countries in the Asia-Pacific region, such as China, India, and Japan, have implemented ambitious renewable energy targets and supportive policies to encourage solar energy adoption. These policies include feed-in tariffs, renewable portfolio standards, and subsidies for solar installations. Strong government support and stable policy frameworks have created a conducive environment for the region's solar energy market growth.
  • For instance, according to the International Renewable Energy Agency, the total solar energy installed capacity between 2021 and 2022 grew by more than 110 GW. In 2021 the total installed capacity was around 485 GW, whereas in 2022, it reached 597 GW, with China and India holding major installed capacity.
  • Furthermore, the Asia-Pacific countries have a rapidly growing population and expanding economies, leading to an increasing demand for electricity. Solar energy offers a scalable and sustainable solution to this growing energy demand. As a result, there is a strong market potential for solar energy deployment in the region.
  • Moreover, several countries in the Asia-Pacific region have undertaken ambitious large-scale solar energy projects. For instance, China has been a leader in utility-scale solar installations, with extensive solar farms and solar parks. These large-scale projects have boosted the cumulative solar capacity in the region and positioned it as a dominant player in the global solar market.
  • In March 2022, Alibaba Group's logistics arm Cainiao Network started to use distributed solar power generated by rooftop solar panels installed in its bonded warehouses in China to power its operations. The company had installed the PV power generation systems on 100,000 square meters of warehouse rooftops, which can store 7.862 MW of energy, with an annual power output of over 8 million kilowatts per hour, enough to power more than 3,000 homes. The power generated by the solar power system will be sufficient to power Cainiao's warehouse operations, and excess electricity will be diverted to the grid. Further, by 2023, Cainiao and its partners expect to install rooftop PV generation systems on Cainiao's bonded warehouses spanning a combined 500,000 square meters.
  • Asia-Pacific countries, particularly China, have also emerged as major manufacturing hubs for solar PV components and systems. The region benefits from economies of scale, efficient supply chains, and competitive production costs, significantly reducing the overall cost of solar energy systems. This cost advantage has contributed to the dominance of the Asia-Pacific region in the global solar energy market.
  • Therefore, the Asia-Pacific, as mentioned above region, is expected to dominate the solar energy market during the forecasted period.

Solar Energy Industry Overview

The solar energy market is fragmented. Some of the key players in the market (in no particular order) include Canadian Solar Inc., JinkoSolar Holding Co. Ltd, Trina Solar Co. Ltd, SunPower Corporation, and LONGi Green Energy Technology Co. Ltd. among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Solar Energy Installed Capacity and Forecast, till 2028
  • 4.3 Global Renewable Energy Mix, 2022
  • 4.4 Recent Trends and Developments
  • 4.5 Government Policies and Regulations
  • 4.6 Market Dynamics
    • 4.6.1 Drivers
      • 4.6.1.1 Government Incentives and Policies
      • 4.6.1.2 Energy Security
    • 4.6.2 Restraints
      • 4.6.2.1 Competition from Other Energy Sources
  • 4.7 Supply Chain Analysis
  • 4.8 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.8.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.8.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.8.3 Threat of New Entrants
    • 4.8.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.8.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGEMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Solar Photovoltaic (PV)
      • 5.1.1.1 Overview
      • 5.1.1.2 Solar Photovoltaic (PV) Installed Capacity and Forecast, in GW, till 2028
      • 5.1.1.3 Annual Solar PV Shipments, in GW, till 2022
      • 5.1.1.4 Share of Solar PV Shipments (%), by Technology, 2022
      • 5.1.1.5 Average Selling Price of Solar PV Module, in USD/W, till 2022
      • 5.1.1.6 Key Projects Information
    • 5.1.2 Concentrated Solar Power (CSP)
      • 5.1.2.1 Overview
      • 5.1.2.2 Concentrated Solar Power (CSP) Installed Capacity and Forecast, in GW, till 2028
      • 5.1.2.3 Solar Thermal Capacity in Operation, in GW, till 2022
      • 5.1.2.4 Solar Thermal Installed Capacity Share (%), by Collector Type, 2022
      • 5.1.2.5 Key Projects Information
  • 5.2 Geography Regional Market Analysis {Market Size and Demand Forecast till 2028 (for regions only)}
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Mexico
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 Spain
      • 5.2.2.3 Italy
      • 5.2.2.4 United Kingdom
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Chile
      • 5.2.4.4 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 United Arab Emirates
      • 5.2.5.3 Egypt
      • 5.2.5.4 Nigeria
      • 5.2.5.5 South Africa
      • 5.2.5.6 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Canadian Solar Inc.
    • 6.3.2 JinkoSolar Holding Co. Ltd.
    • 6.3.3 Trina Solar Co. Ltd.
    • 6.3.4 SunPower Corporation
    • 6.3.5 LONGi Green Energy Technology Co. Ltd.
    • 6.3.6 First Solar Inc.
    • 6.3.7 JA Solar Holding
    • 6.3.8 Abengoa SA
    • 6.3.9 Acciona SA
    • 6.3.10 Brightsource Energy Inc.
    • 6.3.11 Engie SA
    • 6.3.12 NextEra Energy Inc.
    • 6.3.13 ACWA Power
    • 6.3.14 Sharp Corporation
    • 6.3.15 REC Solar Holdings AS
    • 6.3.16 Hanwha Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Energy Storage Integration