デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1200891

日本の電気自動車充電ステーション市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Japan Electric Vehicle Charging Station Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 90 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.79円
日本の電気自動車充電ステーション市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 90 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

日本の電気自動車充電ステーション市場は、2021年に2億米ドルの規模で大きく成長し、2027年には17億9000万米ドルの規模で、予測期間2022-2027年に金額ベースで44.92%のCAGRで成長すると予測されます。

市場は、パンデミックCOVID-19の発生によりマイナスの影響を受けています。同国の電気自動車の販売に支障をきたし、電気自動車の市場シェアは非常に低くなっています。年間を通じて経済活動が長期間停止したため、厳しい封鎖措置がとられたことが販売低迷の主な要因です。

同国ではプラグインハイブリッド車の台数が多く、バッテリー式電気自動車の需要とその利用が拡大しているため、電気自動車充電ステーションの需要が大幅に高まり、業界の市場機会が増加しました。

2050年までにカーボンニュートラルになるための取り組みとして、電気自動車の使用を促進するために同国政府が提供する主な補助金は、同国の充電ステーションへの補助金支給につながりました。これは、予測期間中の市場成長を促進するものと思われます。

国中の政府がグリーン燃料車の販売を後押ししており、2035年までに販売される新車はすべて電気自動車とハイブリッド電気自動車で駆動させるという野心的な計画を持っています。このため、予測期間中に電気自動車用充電ステーションの需要が高まると考えられます。

日本の電気自動車充電ステーションの市場動向

政府のインセンティブと規制が電気自動車販売を促進

運輸部門からの二酸化炭素排出量の急増により、日本では環境への関心が高まっており、日本政府は電気自動車(HEV、PHEV、BEV)の導入を奨励することでこれを精査しています。これに伴い、道路を走る電気自動車の数は絶えず増加しており、関連する充電インフラの需要を促進するものと思われます。

乗用車の5大市場は、中国、米国、ドイツ、インド、日本です。日本は、世界の他の数カ国とともに、ゼロ・エミッションの乗用車の販売に取り組んでいます。

  • 2020年12月、日本政府は、電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、ハイブリッド車を普及させ、2050年までに日本をカーボンニュートラルにするグリーン成長戦略を導入しました。

これにより、パリ協定に基づくGHG(温室効果ガス)削減目標を達成するため、運輸部門からの排出負荷を低減することを目指しています。

日本における充電ステーションの集積度は、他の先進国に比べて非常に低く、今後数年間で大きな成長の可能性を示しています。例えば、2021年、日本は道路100kmあたりわずか1.7基の充電ステーションしかないのに対し、韓国は約75.2基もあります。2020年、日本の充電ステーションは合計29,855基(浅層充電器21,916基、急速充電器7,939基)でした。しかし、充電技術の特許出願件数は1,310件以上で、日本は世界第2位となっています。

東京都は、2025年末までに自動車からのCO2排出量をゼロにする「ゼロ・エミッション東京戦略」を策定しています。日本は、中国、米国、インド、ロシアに次ぐ第5位で、世界のCO2排出量の3.4%を占めています。東京都の場合、日本の公害は単独で5.3%を占めています。CO2排出量の増加は、世界および日本で電気自動車を普及させる大きな原動力となっており、日本全国の充電ステーションに影響を及ぼすと考えられます。

家庭用充電器が市場の主役に

電気自動車ユーザーは、公共の充電ステーションへの依存度を下げるため、自宅に充電器を設置する傾向にあり、ここ数年、自家用充電ステーションが徐々に増えてきています。

また、様々な自動車メーカーが、電気自動車と一緒に家庭用充電ソリューションを顧客に提供しています。

2021年11月、株式会社SUBARUは初のオール電化車(EV)「ソルテラ」を発表したが、家庭用充電器ではゼロから100%までのフル充電に約13時間かかります。しかし、ソルテラはレベル3のDC急速充電器を使えば1時間以内に80%の充電ができ、航続距離は320km以上と推定されます。

2021年10月、トヨタ自動車は新型BEV(電池式電気自動車)「bZ4X」の詳細を発表しました。bZ4Xは、トヨタbZシリーズの第1弾となるミディアムセグメントSUVタイプのBEVです。スバル株式会社と共同開発したBEV専用プラットフォームを採用しています。付属の家庭用壁掛け充電器を使用すれば、10時間で満充電にすることが可能です。

このような傾向は、すでにいくつかの主要な不動産プロジェクトで確認されており、今後数年間で、不動産会社が顧客に充電ソリューションを提供する可能性があります。例えば、次のようなことです。

2021年12月、野村不動産ホールディングス株式会社は、神奈川県相模原市に高層高級住宅タワーを建設中で、この建物の地下3階の駐車場にはすべて電気自動車の充電ポイントが設置され、ガレージには来客用の予備の充電器も設置されると発表しています。

これらのことから、家庭用充電スタンドの市場は予測期間中に急成長することが予想されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場のセグメンテーション

  • 充電タイプ
    • ACチャージング
    • DCチャージング
  • エンドユーザー
    • 家庭用充電器
    • 公共充電

第6章 競争情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • チャージングポイントオペレーター
      • Toyota Connected Corporation(Toyota Motor Corporation)
      • Tesla Motors Inc.
      • Porsche AG(Volkswagen Ag)
      • EDION Corporation
      • Hitachi Ltd
      • Delta Electronics Inc.
      • Enechange Ltd
      • Tritium DCFC Limited
      • Kaluza
      • WeCharge(Ubiden Co. Ltd)
      • ABB Ltd
      • TE Connectivity Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 90825

Japan Electric Vehicle Charging Station Market is witnessing major growth at the value of USD 0.2 billion in 2021 and is projected to grow at the value of USD 1.79 billion in 2027 at a CAGR of 44.92% in terms of value during the forecast period 2022-2027.

The market has been negatively impacted by the outbreak of the pandemic COVID-19. The sales of electric vehicles in the country were hampered, and the market share of electric vehicles is very low. The major reason for the low sales during the year was the strict lockdown measures, as economic activities were stopped for a long time during the year.

The high number of plug-in hybrids and the growing demand for battery electric vehicles and their usage in the country significantly boosted the demand for electric vehicle charging stations and increased the market opportunities for the industry.

Major subsidies offered by the country's government to promote the use of electric vehicles as an effort to become carbon neutral by 2050 led to subsidizing the charging stations in the country. This is likely to drive the market's growth during the forecast period.

The government across the country is boosting the sales of green fuel vehicles and has an ambitious plan that all the new vehicles sold by 2035 would be powered by electricity, both electric and hybrid electric vehicles. This will enhance the demand for electric vehicle charging stations during the forecast period.

Japan Electric Vehicle Charging Station Market Trends

Government Incentive and Regulation boost electric vehicle sale

Surging carbon emission by the transportation sector has propelled the environmental concern across Japan, which is scrutinized by Japan government by encouraging the adoption of electric vehicles, i.e., HEVs, PHEVs, and BEVs. With this, the number of electric vehicles on the road is constantly increasing, which is likely to drive the demand for associated charging infrastructure.

The five largest passenger car market includes China, the United States, Germany, India, and Japan. Along with several other countries across the world, Japan has committed to net zero-emission passenger car sales.

  • In December 2020, Japan government introduced a green growth strategy to make Japan carbon neutral by 2050 by promoting electric vehicles, fuel cell electric vehicles, plug-in hybrid vehicles, and hybrid vehicles.

With these implementations, Japan seeks to reduce the emission impact from the transportation sector to achieve the GHG (Green House Gas) reduction goals under the Paris agreement.

The concentration of charging stations in Japan is quite less in comparison to other developed countries, which indicates massive growth potential in coming years. For instance, in 2021, Japan had only 1.7 charging stations per 100 km of roadways, whereas South Korea had around 75.2. In 2020, Japan had a total of 29,855 charging stations (21,916 sallow chargers and 7,939 fast chargers). Although, Japan accounts for the second position in charging technology patents across the world, with more than 1,310 patent filings.

Tokyo Metropolitan Government has formulated the initiative zero-emission Tokyo strategy with a vision to achieve net-zero CO2 emission through vehicles by the end of 2025. Japan is positioned at fifth rank behind China, the United States, India, and Russia accounting for 3.4% of global CO2 emissions. In Tokyo, standalone contributes 5.3% of total Japan Pollution. Increasing CO2 emission is the prominent driving factor for electric vehicles across the globe and in Japan, which would have a subsequent impact on charging stations across the country.

Home charging witnessing major growth for the market

Private charging stations are gradually increased in the past few years as EV owners are inclining toward installing their personnel chargers at home to decrease their dependence on public charging stations.

Various automakers are also providing home charging solutions to their customers, along with electric vehicles, for instance.

In November 2021, Subaru Corp unveiled its first all-electric vehicle (EV), the Solterra, which takes almost 13 hours to fully charge from zero to 100 percent with the residential charger. However, Solterra also gets an 80% charge in under an hour from a Level 3 DC fast charger giving out an estimated range to be greater than 320 km.

In October 2021, Toyota Motor Corporation announced the details of bZ4X, its all-new model BEV (Battery Electric Vehicle). The bZ4X, a medium-segment SUV-type BEV, is the first model in the Toyota bZ series. The model adopts a BEV-dedicated platform jointly developed with Subaru Corporation. With provided home wall mount charger, the car can reach full recharge in 10 hours.

It is a possibility that in the coming years, real estate companies will provide their properties with charging solutions to their customers, as this trend has already been witnessed in some major real estate projects. For instance,

In December 2021, Nomura Real Estate Holdings Inc said that it is constructing a high-rise luxury residential tower in Sagamihara, Kanagawa Prefecture, where every parking spot in the building's three-level basement will have its own electric-car charging point, and the garage will also feature spare chargers for visitors.

Based on the all-aforementioned factors, it is anticipated that the market for home charging stations is likely to grow rapidly during the forecast period.

Japan Electric Vehicle Charging Station Market Competitor Analysis

Japan's EV Charging Station Market is fairly consolidated, with a major market share being covered by a few companies. Some of the major players in the market are ABB, Delta Electronics Inc., Toyota, and others. The major players in the country are entering into joint ventures with other players to develop the latest technology.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Charging Type
    • 5.1.1 AC Charging
    • 5.1.2 DC Charging
  • 5.2 End Use
    • 5.2.1 Home Charging
    • 5.2.2 Public Charging

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles*
    • 6.2.1 Charge Point Operators
      • 6.2.1.1 Toyota Connected Corporation (Toyota Motor Corporation)
      • 6.2.1.2 Tesla Motors Inc.
      • 6.2.1.3 Porsche AG (Volkswagen Ag)
      • 6.2.1.4 EDION Corporation
      • 6.2.1.5 Hitachi Ltd
      • 6.2.1.6 Delta Electronics Inc.
      • 6.2.1.7 Enechange Ltd
      • 6.2.1.8 Tritium DCFC Limited
      • 6.2.1.9 Kaluza
      • 6.2.1.10 WeCharge (Ubiden Co. Ltd)
      • 6.2.1.11 ABB Ltd
      • 6.2.1.12 TE Connectivity Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS