デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198789

水処理薬品の市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Water Treatment Chemicals Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 210 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.79円
水処理薬品の市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 210 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

水処理薬品の世界市場は、2022年には339億3,028万米ドルと推定され、2022年から2027年の間に6.53%のCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の発生により、化学部門は世界的にマイナスの影響を受けています。資源の不足、労働力の不足、その他の制約により、業界の拡大が著しく阻害されました。予測期間中に、市場はパンデミック前の水準に達すると予想されます。

主なハイライト

  • 地下水および地表水汚染の増加と廃水処理に関する厳しい規制が、水処理薬品市場の成長を促進すると思われます。
  • また、廃水処理に関する厳しい規制も、予測期間中の市場成長を後押しすると予想されます。
  • 反面、ヒドラジンの危険な性質が市場成長の妨げになると予想されます。
  • 新興汚染物質の処理にますます注力することで、研究対象の市場に新たな機会がもたらされると予想されます。
  • アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国々からの高い需要により、予測期間中に市場を独占すると予想されます。

水処理薬品の市場動向

自治体向けエンドユーザー産業が市場を独占

  • 家庭への純水供給は、すべての政府にとって主要な要件の1つです。人口増加や水需要の増加に伴い、飲料水の不足が深刻化していることが、水処理薬品市場の需要を牽引する主な要因となっています。
  • 都市廃水とは、トイレ、シャワー、洗面台、浴室、洗濯機、食器洗い機、液体産業廃棄物などから排出される水のことです。都市廃水は、環境を破壊したり有害な病気を蔓延させたりしないよう、環境に放出する前に処理する必要があります。
  • 水処理産業は、メキシコで健全な成長率を記録すると予想されています。メキシコには数多くの廃水処理施設があります。自治体の廃水処理施設が2,477カ所、廃水処理施設が2,639カ所、飲料水処理施設が874カ所、海水淡水化施設が435カ所あります。同国では現在も研究が進められており、政府は都市部を中心とした自治体の廃水処理施設の整備に力を入れていることから、水処理薬品の需要も促進されるものと思われます。
  • ドイツでは、主に北部地域での水処理事業が増加しており、水処理薬品の需要を押し上げています。ドイツでは、環境保護と人々の健康が非常に重要視されています。この重要性から、効率的な水・排水処理方法が採用され、ドイツではほぼ100%の排水が欧州連合の定める最高基準を満たすように処理されています。
  • そのため、廃水処理に対する需要は、今後の予測期間において大幅に増加することが予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • 水処理薬品市場は、中国や日本といった国々からの高い需要により、アジア太平洋地域が支配的な市場となっています。
  • 中国の急速な経済成長と都市化は、自治体、化学、飲食品、石油・ガス、発電などの産業の成長を促進し、水処理薬品の需要を押し上げると思われます。
  • また、中国の人口の大半は地下水を飲料水として利用していますが、地下水は未処理のままか、自治体の水道事業者が十分に処理していないのが現状です。そのため、水処理薬品のニーズが高まっているのです。
  • 国際貿易局によると、中国は2021年から2025年にかけて、8万kmの下水収集パイプライン網を建設または改修し、下水処理能力を2000万立方メートル/日増加させる計画です。
  • インドでは、化学品製造工場が増加しています。さらに、インドの発電部門は常に進化を続けています。
  • 2021年3月、政府は、今後5年間で年率約9%の需要増によって機会がもたらされ、2025年までに同分野に8億ルピーの投資が見込まれ、約168の投資見込みと約29の開発中プロジェクトがあると通知しました。
  • インド電力省によると、2021-22年の火力、水力、原子力、ブータン輸入の発電目標は1兆3,560億ユニットに設定されており、前年の発電実績と比較して9.83%の増加となっています。
  • したがって、予測期間中はアジア太平洋地域が市場を独占することになりそうです。

水処理薬品市場の競合他社分析

水処理薬品の世界市場は、その性質上、断片的です。市場の主要なプレーヤーには、(順不同)エコラボ、ソレニス、スエズ、ヴェオリア、およびSNFなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 地下水・地表水汚染の増加
    • 廃水処理に関わる厳しい規制
  • 抑制要因
    • ヒドラジンの危険な性質
    • その他の制約
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • 凝集剤と凝集剤
    • 消泡剤・脱泡剤(消泡剤)
    • 酸素捕捉剤
    • 腐食防止剤
    • 殺生物剤・殺菌剤
    • 酸化剤
    • pHコンディショナー・アジャスター
    • スラッジコンディショナー
    • スケール防止剤
    • 有機薬品・臭気除去(活性炭)
    • その他製品タイプ
  • エンドユーザー産業
    • 電力
    • 石油・ガス
    • 化学製造
    • 鉱業・鉱物処理
    • 自治体
    • 飲食品製造業
    • パルプ・製紙
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • オーストラリア・ニュージーランド
      • インドネシア
      • マレーシア
      • シンガポール
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • ロシア
      • ベネルクス
      • トルコ
      • スイス
      • スカンジナビア諸国
      • ポーランド
      • ポルトガル
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • カタール
      • ナイジェリア
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Aditya Birla Chemicals(India)Ltd.
    • Albemarle Corporation
    • BASF SE
    • Buckman Laboratories Inc.
    • Chemtrade
    • ChemTreat Inc.
    • Dow
    • Ecolab
    • Kemira
    • Kurita Water Industries Ltd
    • Nouryon
    • SNF
    • Solenis
    • Solvay
    • Suez
    • USALCO
    • Veolia

第7章 市場機会と今後の動向

  • 新たな汚染物質の処理への注目度上昇
目次
Product Code: 53725

The global water treatment chemicals market is estimated to be valued at USD 33,930.28 million in 2022 and is expected to register a CAGR of 6.53% between 2022 and 2027.

Due to the COVID-19 outbreak, the chemical sector has been affected negatively worldwide. The scarcity of resources, workforce shortages, and other constraints significantly hampered the industry's expansion. The market is expected to reach the pre-pandemic level in the forecast period.

Key Highlights

  • The rising ground and surface water pollution and stringent regulations about wastewater treatment are likely to drive the growth of the water treatment chemicals market.
  • The stringent regulations pertaining to wastewater treatment are also expected to boost the market growth during the forecast period.
  • On the flip side, the hazardous nature of hydrazine is expected to hinder the market's growth.
  • Increasing focus on treating emerging contaminates is expected to unveil new opportunities for the market studied.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the market during the forecast period due to high demand from countries like China and India.

Water Treatment Chemicals Market Trends

Municipal End-user Industry to Dominate the Market

  • The supply of pure water to households is one of the chief requirements for all governments. The rising scarcity of potable water, coupled with the growing population and increasing water demand, is the primary concern driving the demand for the water treatment chemicals market.​
  • Municipal wastewater is the water drains from toilets, showers, sinks, bathrooms, washing machines, dishwashers, and liquid industrial waste. Municipal wastewater should be treated before releasing it into the environment to avoid damaging the environment and spreading harmful diseases. ​
  • The water treatment industry is expected to register a healthy growth rate in Mexico. The country housed a large number of wastewater treatment plants. It has almost 2,477 municipal wastewater treatment plants, 2,639 wastewater treatment plants, 874 potable water treatment plants, and 435 desalination plants. Ongoing research in the country indicates the government to majorly focus on developing municipal wastewater treatment plants, mainly in the urban areas, which is likely to promote the demand for water treatment chemicals.
  • In Germany, the increasing water treatment activities, primarily in the northern region, boost the demand for water treatment chemicals. Environmental protection and human health are considered extremely important in Germany. This importance has led to efficient water and wastewater treatment methods, and nearly 100% of the wastewater in Germany is treated to meet the highest standards set by the European Union.
  • Therefore, the demand for wastewater treatment is expected to increase significantly in the upcoming forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific dominated the water treatment chemicals market, owing to the high demand from countries like China and Japan.
  • The rapid economic growth and urbanization in China are likely to drive the growth of several industries, like municipal, chemical, food and beverages, oil and gas, and power generation, which, in turn, is likely to boost the demand for water treatment chemicals.
  • Moreover, most of China's population relies on groundwater sources for drinking water, which are either untreated or not adequately treated by municipal water suppliers. Therefore, the need for water treatment chemicals increases.
  • According to International Trade Administration, China plans to build or renovate 80,000 km of sewage collection pipeline networks and increase sewage treatment capacity by 20 million cubic meters/day between 2021 and 2025.
  • In India, there has been an increase in chemical manufacturing plants. Additionally, the power generation sector in India is constantly evolving.
  • In March 2021, the government informed that an investment of INR8 lakh crore is anticipated in the sector by 2025, with opportunities offered by the increase in demand by about 9% per annum over the next five years, with about 168 investment prospects and about 29 projects under development.
  • According to the Indian Ministry of Power, for the year 2021-22, the energy generation target for thermal, hydro, nuclear, and Bhutan imports has been set at 1356 billion units, with an increase of 9.83 % as compared to the previous year's actual generation.
  • Hence, Asia-Pacific will likely dominate the market studied during the forecast period.

Water Treatment Chemicals Market Competitor Analysis

The global market for water treatment chemicals is fragmented in nature. Some of the major players in the market include (in no particular order) Ecolab, Solenis, Suez, and Veolia, and SNF among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Rising Ground and Surface Water Pollution
    • 4.1.2 Stringent Regulations Pertaining to Wastewater Treatment
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Hazardous Nature of Hydrazine
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Coagulants and Flocculants
    • 5.1.2 Defoamer and Defoaming Agent (Antifoams)
    • 5.1.3 Oxygen Scavengers
    • 5.1.4 Corrosion Inhibitors
    • 5.1.5 Biocide and Disinfectants
    • 5.1.6 Oxidants
    • 5.1.7 pH Conditioners/Adjuster
    • 5.1.8 Sludge Conditioners
    • 5.1.9 Scale Inhibitors
    • 5.1.10 Organic Chemicals/Odor Removal (Activated Carbon)
    • 5.1.11 Other Product Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Power
    • 5.2.2 Oil and Gas
    • 5.2.3 Chemical Manufacturing
    • 5.2.4 Mining and Mineral Processing
    • 5.2.5 Municipal
    • 5.2.6 Food and Beverage
    • 5.2.7 Pulp and Paper
    • 5.2.8 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Australia and New Zealand
      • 5.3.1.6 Indonesia
      • 5.3.1.7 Malaysia
      • 5.3.1.8 Singapore
      • 5.3.1.9 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Russia
      • 5.3.3.6 BENELUX
      • 5.3.3.7 Turkey
      • 5.3.3.8 Switzerland
      • 5.3.3.9 Scandinavian Countries
      • 5.3.3.10 Poland
      • 5.3.3.11 Portugal
      • 5.3.3.12 Spain
      • 5.3.3.13 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 United Arab Emirates
      • 5.3.5.3 Qatar
      • 5.3.5.4 Nigeria
      • 5.3.5.5 South Africa
      • 5.3.5.6 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/ Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Aditya Birla Chemicals (India) Ltd.
    • 6.4.2 Albemarle Corporation
    • 6.4.3 BASF SE
    • 6.4.4 Buckman Laboratories Inc.
    • 6.4.5 Chemtrade
    • 6.4.6 ChemTreat Inc.
    • 6.4.7 Dow
    • 6.4.8 Ecolab
    • 6.4.9 Kemira
    • 6.4.10 Kurita Water Industries Ltd
    • 6.4.11 Nouryon
    • 6.4.12 SNF
    • 6.4.13 Solenis
    • 6.4.14 Solvay
    • 6.4.15 Suez
    • 6.4.16 USALCO
    • 6.4.17 Veolia

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Focus on Treating Emerging Contaminates