デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198739

獣医診断市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Veterinary Diagnostics Market - Growth, Trends and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 117 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
獣医診断市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 117 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

獣医診断市場は、予測期間中に約12.46%のCAGRで登録されました。

COVID-19の発生は、政府の規制により獣医診断サービスを含む様々なヘルスケアサービスの停止につながったため、獣医診断市場に大きな影響を及ぼしました。例えば、2022年2月にJAAWSが発表した論文では、COVID-19により2020年にカナダと米国で70%の動物病院が閉鎖されたことが報告されています。このように、当初はCOVID-19の感染を最小限に抑えるために動物用診断サービスが停止したため、調査対象市場の成長が阻害されました。しかし、現在のシナリオでは、動物用診断サービスの再開につながるCOVID-19症例の減少や、監禁後に報告されたペットの飼育数の大幅な増加が、予測期間中の調査市場の安定成長につながると予想されます。

調査済み市場の成長を促進する要因は、ペットの導入と動物ヘルスケア支出の増加、人獣共通感染症の発生率の上昇、新興国における獣医開業医の増加と可処分所得の増加です。例えば、2022年5月、カナダの2021年農業センサス報告によると、カナダの農場は、前年(2020年)から豚と豚の数が3.4%増加したと報告されています。2021年、カナダにおける豚と豚の数は1460万頭でした。同様に、APPAが実施した「全国ペット飼育者調査2021-2022」では、定期訪問にかかる年間支出は、米国では猫が178米ドルであるのに対し、犬は242米ドルを占めると報告されています。その結果、ペットや家畜の飼育数の増加と、動物ヘルスケア支出の増加が、調査対象市場の成長を促進しています。

近年、動物の人獣共通感染症の患者数は著しく増加しています。症例数の増加に伴い、障害を治療する必要性も広範囲に高まっており、これが獣医診断市場の成長を促進すると予想されます。例えば、2022年7月にWHOが発表した論文によると、アフリカでは動物に由来するサル痘ウイルスが種を変えて人間に感染するなど、人獣共通感染症の病原体が引き起こすアウトブレイクのリスクが高まっているとのことです。同地域では、10年間で人獣共通感染症の発生件数が63%増加しているとのことです。また、同資料では、2022年1月1日から2022年7月8日までの累積サル痘患者数は2087人で、そのうち確定したのは203人に過ぎないと報告しています。このように、動物の人獣共通感染症の増加は、獣医診断の需要を増加させ、それによって調査対象市場の成長を促進しています。

さらに、市場参入企業による事業拡大も、市場の成長を後押ししています。例えば、2021年11月、Aviagen IndiaはTamil Naduにある獣医診断研究所を拡張しました。この研究所は、Aviagenの繁殖株の健康状態を定期的に監視しています。したがって、このような拡張は、獣医診断に利用できる施設を増加させ、市場の成長に寄与します。

このように、ペットの飼育や動物医療費の増加、人獣共通感染症の発生率の上昇が、市場の成長を牽引しています。しかし、ペットケアや画像診断機器の高コスト、獣医師の不足が、動物用診断機器市場の成長を阻害しています。

獣医診断市場の動向

分子診断薬セグメントは予測期間中に大幅な成長を遂げると推定・予測されています。

家畜やペットの飼い主が迅速な検査結果を好み、費用対効果に優れていることから、分子診断分野は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。ネコ白血病、イヌパルボウイルス、心臓病、伝染性腹膜炎など、動物の一般的な病気を特定するための検査が増加していることが、このセグメントの拡大を牽引すると予想されます。さらに、ペットや家畜の飼い主が増え、動物の健康に対する関心が高まっていること、コンパニオンアニマルや家畜の病気の流行が増加していること、家庭で頻繁に検査できる手頃な価格の免疫測定検査が入手しやすいことも、この分野の成長に寄与しています。

畜産動物における鳥インフルエンザの発生件数の増加により、分子診断検査に対する需要が高まっており、本セグメントの成長を牽引しています。例えば、2022年4月にカナダ政府が発表した報告書によると、2022年3月に様々な鳥類、トルコ、アヒル/ニワトリ、ガチョウ、クジャクが鳥インフルエンザに感染していることが判明しています。この病気はすべての家畜種の間で急速に広がるため、その検出のための分子診断検査が増加し、それによってこのセグメントの成長に寄与しています。

同様に、2021年7月、欧州ペットフード連盟は、2020年3月から2021年3月の間に、英国で家族が約320万匹のペットを採用したと推定されることを報告しました。このように、欧州の家庭でペットの養子縁組が多いことから、ペットオーナーの間でペット動物の健康に対する意識が高まり、獣医診断の需要が高まっており、それによってこのセグメントの成長に寄与しています。

市場プレイヤーの機器やその他の製品の発売は、市場の成長を増強しています。例えば、2021年8月、HORIBA UK Limitedは、POCKIT Central向けに複数の新しい病原体PCRテストを発売しました。これは、あらゆる動物実験室で迅速かつ正確なPCR検査ができる可能性を秘めた動物用内製PCR分析器です。このような発売も、市場セグメントの成長を促進しています。

さらに、2022年1月、リングバイオは、Flexy Pet Rapid Testを販売するために、専門的なウェブサイトの名前petrapidtest.comを立ち上げました。これらのキットは、ペットの所有者や獣医クリニックに役立つことができるコンパニオンアニマルの病気を検出するためのラテラルフロー免疫測定、ELISA、およびリアルタイムPCRに基づいています。このうち、リアルタイムPCRは小規模な動物病院向けに特別に設計されており、ウイルス、マイコプラズマ、寄生虫の感染を確認することができます。また、各社が行っているマーケティング活動も、この分野の成長を後押ししています。

このように、畜産動物における鳥インフルエンザの事例の増加、ペット飼育の増加、新製品の発売など、上記の要因により、予測期間中に同セグメントは大きな成長を示すと予想されます。

北米は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

北米地域は、米国、カナダ、メキシコの3ヵ国から構成されています。この地域では、ペットや畜産動物の飼育の増加、より優れた診断施設の利用可能性、主要な市場プレイヤーの存在による技術的発展により、研究対象市場は著しい成長を遂げると予想されます。

また、畜産物の採用動向の高まりも、同地域の市場成長を後押ししています。例えば、2022年3月、USDAは、2021年にメキシコの牛の輸入がかなり増加したことを報告しました。また、同ソースは、2021年にメキシコの畜産部門が5.4%成長したことを報告しています。したがって、メキシコの家畜数の増加は、同国の獣医学的診断の需要を増加させている獣医学的疾患のリスクを増加させており、それによって調査市場の成長を推進しています。

さらに、獣医の開業医の増加も調査した市場の成長を促進しています。例えば、2022年9月、米国労働統計局は、獣医師の雇用は2021年から2031年にかけて19%成長すると予測され、全職業の平均よりもはるかに速いスピードで成長していると報告しています。また、同資料では、10年間平均で毎年約4,800人の獣医師の募集が予測されていると報告されています。このように、獣医師の増加は、獣医学的診断サービスの増加につながり、それによって調査市場の成長を促進しています。

また、予防診断ツールの開発も、動物病院への通院や予防診療の増加に寄与しています。例えば、2021年4月、Mars Veterinary Healthの一部であるAntech Diagnosticsは、73万件の動物病院訪問のレトロスペクティブレビューから、すべての猫がRenalTechの陽性または陰性を受けて予防ケアを改善したという新しいデータを発表しました。レナルテックは、猫のCKDを発症の2年前に予測します。データによると、この予測診断ツールによって、動物病院への訪問回数が31%も増加したとのことです。このような研究や予測診断ツールの新興諸国も、国内での市場成長を後押ししています。

また、市場関係者による診断テストの発売が増加していることも、市場の成長を後押ししています。例えば、2021年7月、Vidium Animal Health社はSpotLight repairを発売しました。これは、犬のリンパ腫の高精度かつ迅速な分子診断検査です。ヴィディオは、シティ・オブ・ホープの関連会社であるトランスレーショナルゲノミクス研究所(TGen)およびイーソス・ディスカバリーと共同で開発しました。

このように、ペットや畜産動物の導入が進んでいること、より優れた診断施設の利用が可能であること、技術開発が進んでいることから、北米は予測期間中に大きな成長を遂げると予想されます。

獣医診断市場の競合他社分析

獣医診断市場は競争が激しく、断片化されています。主要な市場参加者は、動物のケア、特に気象条件の変化による病気から動物を守るための診断技術の向上に注力しています。動物用診断サービスを提供する企業には、BioMerieux SA、Heska Corporation、Idexx Laboratories、IDVet、Randox Laboratories Ltd、Thermo Fisher Scientific Inc、Virbac Corporation、Zoetis Inc、BIOCHEK BV、INDICAL Bioscience GmbH , Neogen Corporation, and Bio-Rad Inc.などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • ペット飼育の普及と動物医療費の増加
    • 動物性ゾンデ症の負担増
    • 製薬会社によるペット保険とアニマルヘルスへの投資の増加
  • 市場抑制要因
    • 獣医師の不足
    • ペットケアと画像処理機器の高コスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模:百万米ドル)

  • 製品タイプ別
    • 器具
    • キット・試薬
    • ソフトウェアおよびサービス
  • 技術別
    • 免疫診断装置
    • 臨床生化学
    • 分子生物学的診断法
    • 血液学
    • その他の技術
  • 動物種別
    • コンパニオンアニマル
      • その他コンパニオンアニマル
    • 家畜
      • 家禽類
      • その他の畜産物
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • BioMerieux SA
    • Heska Corporation
    • Idexx Laboratories
    • IDVet
    • Randox Laboratories Ltd.
    • Thermo Fisher Scientific Inc.
    • Virbac Corporation
    • Zoetis Inc.
    • BIOCHEK BV
    • INDICAL Bioscience GmbH​
    • Neogen Corporation
    • Bio-Rad Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 56273

The veterinary diagnostics market registered at a CAGR of nearly 12.46% during the forecast period.

The outbreak of COVID-19 has had a substantial impact on the veterinary diagnostics market because government regulations led to the suspension of various healthcare services, including veterinary diagnostics services. For instance, an article published by the JAAWS, in February 2022 reported that COVID-19 led to the shutting down of 70% of veterinary clinics in Canada and the US in 2020. Thus, initially, the studied market's growth was hampered due to the suspension of veterinary diagnostic services to minimize the COVID-19 infection. However, in the current scenario, it is anticipated that the decreasing COVID-19 cases leading to the resumption of veterinary diagnostic services and a significant increase in pet adoption reported after the lockdown will lead to the stable growth of the studied market over the forecast period.

The factors driving the growth of the studied market are the increased pet adoption and animal healthcare expenditure, rising incidence of zoonotic diseases, and the growing number of veterinary practitioners and disposable income in developing regions. For instance, in May 2022, Canada's 2021 Census of Agriculture report stated that farms in Canada reported a 3.4% increase in the number of hogs and pigs from the previous year (2020). In 2021, there were 14.6 million hogs and pigs in Canada. Similarly, the National Pet Owners Survey 2021-2022, conducted by the APPA, reported that the annual expenditure on routine visits for dogs accounts for USD 242 compared to USD 178 for cats in the United States. As a result, the increased pet and livestock adoption coupled with increasing animal healthcare expenditure are driving the growth of the studied market.

The number of zoonotic disease cases in animals has risen significantly in recent years. With the rise in the number of cases, the necessity to treat the disorders has also risen extensively, which is expected to propel the growth of the veterinary diagnostic market. For instance, an article published by WHO in July 2022, reported that Africa is facing a growing risk of outbreaks caused by zoonotic pathogens, such as the monkeypox virus which originated in animals and then switched species and infected humans. There has been a 63% increase in the number of zoonotic outbreaks in the region in the decade. The same source also reported that from 1 January 2022 to 8 July 2022 there have been 2,087 cumulative monkeypox cases, of which only 203 were confirmed. Thus, the increase in zoonotic diseases in animals is increasing the demand for veterinary diagnostics, thereby driving the growth of the studied market.

Furthermore, the expansion by the market players is also boosting the market's growth. For instance, in November 2021, Aviagen India expanded its veterinary diagnostic laboratory in Tamil Nadu. The laboratory monitors the health of the Aviagen breeding stock regularly. Thus, such expansion increases the facility available for veterinary diagnosis and contributes to the market's growth.

Thus, due to the increased pet adoption and animal healthcare expenditure, rising incidence of zoonotic diseases, are driving the growth of the market. However, the high cost of pet care and imaging devices and the lack of veterinarians are impeding the veterinary diagnostics market growth.

Veterinary Diagnostics Market Trends

The Molecular Diagnostics Segment is Estimated to Witness Significant Growth Over the Forecast Period.

The molecular diagnostics segment is expected to witness significant growth over the forecast period due to livestock and pet owners growing preference for quick test results and their cost-effectiveness. The segmental expansion is anticipated to be driven by the rising number of tests designed to identify prevalent animal diseases such as feline leukemia, canine parvovirus, heartworm, and infectious peritonitis. Furthermore, the increasing number of pet and livestock owners and the growing concern for their animal health, the rise in the prevalence of companion animal and livestock animal diseases, and the accessibility of affordable immunoassay tests that allow for frequent testing at home are also contributing to the growth of this segment.

The increasing cases of avian influenza in livestock animals are increasing the demand for molecular diagnostic tests, thereby driving the growth of this segment. For instance, in April 2022, as per the report published by the Government of Canada in April 2022, various avian species, turkeys, ducks/chickens, geese, and peafowls were infected by avian influenza in March 2022. The disease spreads rapidly among all livestock species, thus increasing molecular diagnostic tests for its detection, thereby contributing to the segment's growth.

Similarly, in July 2021, European Pet Food Federation reported that between March 2020 and March 2021, it was estimated families adopted around 3.2 million pets in Britain. Thus, the high number of pet adoption in European families is increasing awareness among pet owners about the health of pet animals, which is increasing the demand for veterinary diagnostics, thereby contributing to the growth of this segment.

The market players' launch of instruments and other products is augmenting the market's growth. For instance, in August 2021, HORIBA UK Limited launched several new pathogen PCR tests for its POCKIT Central. It is an in-house veterinary PCR analyzer with the potential for fast, accurate PCR testing in every veterinary lab. Such launches are also propelling the growth of the market segment.

Furthermore, in January 2022, Ringbio launched a professional website names petrapidtest.com to market Flexy Pet Rapid Test. These kits are based on lateral flow immunoassay, ELISA, and real-time PCR to detect companion animal diseases, which can be helpful for pet owners and vet clinics. Among these products, real-time PCR is specially designed for small vet clinics and can confirm infection of viruses, mycoplasma, and parasite. Such marketing initiatives taken by the players also augment the segment's growth.

Thus, with the increasing cases of avian influenza in livestock animals, increased pet adoption, and new product launches, the segment is expected to show significant growth over the forecast period due to the abovementioned factors.

North America is Expected to Witness a Significant Growth Over the Forecast Period.

The North American region comprises of following three countries United States, Canada, and Mexico. The studied market is expected to witness significant growth in the region due to the increasing adoption of pet and livestock animals, availability of better diagnostics facilities, and technological developments due to the presence of key market players.

The increasing trend for livestock adoption also propels the market's growth in the region. For instance, in March 2022, USDA reported that in the year 2021, Mexico's cattle imports considerably increased. The source also reported that 5.4% growth in Mexico's livestock farming sector in 2021. Thus, the increasing livestock number in Mexico is increasing the risk of veterinary diseases which is increasing the demand for veterinary diagnostics in the country, thereby driving the growth of the studied market.

Moreover, the growing number of veterinary practitioners is also driving the growth of the studied market. For instance, in September 2022, the US Bureau of Labor Statistics reported that employment of veterinarians is projected to grow 19% from 2021 to 2031, much faster than the average for all occupations. Also, the same source reported that about 4,800 openings for veterinarians are projected each year, on average, over the decade. Thus, the increasing number of veterinary practitioners is leading to increasing veterinary diagnostic services, thereby driving the growth of the studied market.

The development of preventive diagnostic tools also contributes to the increasing number of veterinary visits and preventive care. For instance, in April 2021, Antech Diagnostics, a part of Mars Veterinary Health, released new data that shows that all cats from a retrospective review of 730,000 veterinary visits received improved preventive care following a positive or negative RenalTech. RenalTech predicts CKD in cats two years before it occurs. The data shows that the predictive diagnostic tool increased veterinary visits by as much as 31%. Such studies and the development of predictive diagnostics tools are also driving the market growth in the country.

The increasing number of launches of diagnostic tests by the market players is also propelling the market's growth. For instance, in July 2021, Vidium Animal Health launched SpotLight repair. It is a highly accurate and rapid molecular diagnostic test for canine lymphoma. Vidio developed it in collaboration with the Translational Genomics Research Institute (TGen), an affiliate of the City of Hope, and Ethos Discovery.

Thus, due to the increasing adoption of pet and livestock animals, availability of better diagnostics facilities, and technological developments, North America is expected to project significant growth over the forecast period.

Veterinary Diagnostics Market Competitor Analysis

The veterinary diagnostics market is competitive and fragmented. The major market players are focusing on improved diagnostics techniques for animal care, especially protecting animals from diseases due to changing weather conditions. Some companies that provide veterinary diagnostic services are BioMerieux SA, Heska Corporation, Idexx Laboratories, IDVet, Randox Laboratories Ltd., Thermo Fisher Scientific Inc., Virbac Corporation, Zoetis Inc., BIOCHEK BV, INDICAL Bioscience GmbH​, Neogen Corporation, and Bio-Rad Inc.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Adoption of Pet Ownership and Animal Health Expenditure
    • 4.2.2 Increased Burden of Animal Zonotic Diseases
    • 4.2.3 Growing Pet Insurance and Animal Health Investments by Pharmaceutical Companies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Veterinarians
    • 4.3.2 High Cost of Pet Care and Imaging Devices
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Instruments
    • 5.1.2 Kits and Reagents
    • 5.1.3 Software and Services
  • 5.2 By Technology
    • 5.2.1 Immunodiagnostics
    • 5.2.2 Clinical Biochemistry
    • 5.2.3 Molecular Diagnostics
    • 5.2.4 Hematology
    • 5.2.5 Other Technologies
  • 5.3 By Animal Type
    • 5.3.1 Companion Animals
      • 5.3.1.1 Dogs
      • 5.3.1.2 Cats
      • 5.3.1.3 Other Companion Animals
    • 5.3.2 Livestock Animals
      • 5.3.2.1 Cattle
      • 5.3.2.2 Swine
      • 5.3.2.3 Poultry
      • 5.3.2.4 Other Livestock Animals
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 BioMerieux SA
    • 6.1.2 Heska Corporation
    • 6.1.3 Idexx Laboratories
    • 6.1.4 IDVet
    • 6.1.5 Randox Laboratories Ltd.
    • 6.1.6 Thermo Fisher Scientific Inc.
    • 6.1.7 Virbac Corporation
    • 6.1.8 Zoetis Inc.
    • 6.1.9 BIOCHEK BV
    • 6.1.10 INDICAL Bioscience GmbH​
    • 6.1.11 Neogen Corporation
    • 6.1.12 Bio-Rad Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS