デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198571

全身性エリテマトーデス市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Systemic Lupus Erythematosus Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
全身性エリテマトーデス市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

全身性エリテマトーデス市場は、予測期間中にCAGR7.1%で成長する見込みです。

COVID-19のパンデミックの出現は、世界経済とヘルスケアシステムに悪影響を及ぼしました。世界中が封鎖されたことで、医薬品、医療機器、バイオテクノロジー製品のサプライチェーンに影響が出ました。SARS-CoV-2ウイルスが既存の自己免疫疾患を持つ人々に与えた深刻な影響は、対象となる人々のリスクをさらに高めました。2021年10月に「Clinical Immunology」誌に掲載された研究「Impact of the COVID-19 Pandemic in Patients with Systemic Lupus Erythematosus throughout One Year」によると、SLE患者への影響は大きく、一般人のウイルスに対する反応に影響されるとの結果が出ているそうです。本研究では、一般集団と同様に、高齢とCOVID-19感染者との家族との接触が主要な感染リスク因子となりました。しかし,家族に感染者がいるにもかかわらず,COVID-19を発症しない患者も多数いた.SLE患者では、特に副腎皮質ステロイドによる治療の拡大もCOVID-19に関連するリスクの一つです。

研究「COVID-19と全身性エリテマトーデス」の通りです。2020年10月に発表された「Focus on Immune Response and Therapeutics」によると、ループスなどの自己免疫疾患の患者さんは、病気の免疫反応の異常だけでなく、ステロイドやその他の免疫抑制剤、免疫調整剤による治療を頻繁に受けているため、感染症を発症しやすくなっています。これらの要因によって、免疫系が弱まり、感染症のリスクが高まります。ループスとCOVID-19の多くの特徴は、患者の人口統計学や異常な免疫反応など類似していますが、性別の偏りなど他の特徴は、ループスは主に女性に影響を与え、COVID-19は男性に悪い結果をもたらすなど、著しく異なっています。リンパ球減少症、炎症性サイトカイン、B細胞およびT細胞の異常反応など、細胞性、液性、サイトカインの免疫学的反応が、ヒトにおけるCOVID-19の重症度と臨床結果に影響を与えると思われます。その結果、自己免疫性関節リウマチの患者は、COVID-19の重症化リスクを抱える脆弱なグループであることが確認されています。したがって、これらの要因は、与えられた時間枠の中でターゲット市場の成長に影響を与えることが予想されます。

過去数十年間、副腎皮質ホルモンや従来の免疫抑制剤の使用に成長が見られました。しかし、より優れた有効性と安全性プロファイルを持つ薬剤に対するアンメットニーズが依然として存在しています。この市場の主な牽引役は、現在臨床試験中の薬剤に大手バイオ製薬企業が継続的に関与していることで、この市場の成長を後押ししています。2021年に発表された研究「全身性エリテマトーデスの臨床試験に関する最新情報」によると、全身性エリテマトーデス(SLE)の複雑さのために、研究者はこの症状を治療するための新しい治療分子を探しながらさまざまなアプローチを利用しています。最近の臨床試験では、B細胞やI型インターフェロンに主に焦点が当てられています。現在、JAK、Tyk、Btkの低分子阻害剤が、SLEの治療における潜在的な意味を研究されています。低用量IL-2やCD40リガンドブロックは、SLEにおけるT細胞活性化の免疫制御を調べるために使用されています。T細胞やB細胞の活性化に関連する2つの異なる標的分子、あるいはB細胞の活性化の異なる要素に結合する特異性を持つ二重特異性抗体の臨床試験が行われています。また、併用療法も研究されています。新しいSLE治療薬が臨床試験でテストされています。このように、可能性のある治療法は、調査期間中の世界の全身性エリテマトーデス市場の成長にとって有利な機会を生み出しています。

しかし、新薬のコスト抑制と厳しい規制ガイドラインが主な障害になると予想されます。

全身性エリテマトーデスの市場動向

生物学的製剤は予測期間中、より良い成長を遂げると予想される

副腎皮質ステロイドや従来の免疫抑制剤の使用など、ここ数十年の治療の進歩により、SLE患者の寿命は延びています。しかし、SLEの効果的な治療には、薬物による毒性が伴うことが多く、特に難治性の疾患やループス腎炎を持つ患者では、臓器機能の低下や感染性合併症の発生が懸念されています。そのため、有効性と安全性を向上させた薬剤が求められています。

現在の治療法では病状をコントロールできない患者さんに焦点を当て、様々な生物学的製剤が開発され、臨床試験が行われてきました。残念ながら、これらの試験の多くは否定的な結果であり、今のところSLEの治療薬として認められている唯一の標的治療薬はbelimumabのみとなっています。しかし、B細胞、T細胞、サイトカインなどを標的とした様々な革新的な生物学的製剤の臨床試験が進行中です。既存の治療薬と併用することで、治療効果を高めることができると考えられています。このような取り組みから、難治性SLEの患者さんに対する革新的な薬剤が近いうちに登場することが予想されます。2022年3月に発表された研究「全身性エリテマトーデス(SLE)における生物学的製剤」によると、SLEの治療に初めて承認された生物学的製剤はベリムマブ(抗BlyS)だそうです。より最近の研究では、ループス腎炎の標準治療にベリムマブを追加することで、腎の奏効率が改善することが示されています。SLEの無作為プラセボ対照臨床試験において、B細胞(新世代の抗CD20であるオビヌツズマブなど)やI型インターフェロン経路(アニフロルマブなど)を標的とする他の生物学的治療も有望であることが示されています。その結果、生物学的製剤は今後数年間、SLEの治療においてますます重要な役割を果たすことになるでしょう。

その結果、前述の理由により、予測期間中、このセグメントの力強い成長に貢献するものと思われます。

北米が市場で重要なシェアを占める見込み

北米は、疾患に対する認知度の向上、医療インフラの充実、バイオ医薬品メーカーを支援する財団や独立系ベンチャーグループの増加により、世界の全身性エリテマトーデス市場において大きなシェアを占めると予想されます。いくつかの企業は、北米地域において、この疾患の診断、誤解、治療に関する慢性疾患自己管理プログラムなどの一般的な啓発プログラムを発表しています。これは主に、この活動を支援する多くの非営利団体や資金提供コミュニティによって後押しされています。例えば、2020年12月、保険未加入のアメリカ人に経済的支援を提供する独立非営利団体であるThe HealthWell Foundationは、全身性エリテマトーデス(SLE)に苦しむ人のための基金を再開したと発表しました。したがって、予測期間中に市場全体の成長を促進することが期待されます。

さらに、自己免疫疾患の増加による負担も、全身性エリテマトーデス市場の成長を後押ししています。調査「Prevalence of Systemic Lupus Erythematosus in the United States(米国における全身性エリテマトーデスの有病率)。2021年4月に発表された「Estimates From a Meta-Analysis of the Centers for Disease Control and Prevention National Lupus Registries」では、米国の全身性エリテマトーデス患者数は10万人年あたり72.8人となっています。したがって、人々の間で全身性エリテマトーデスの有病率が増加していることから、効果的な治療に対する需要が高まり、予測期間中の対象市場の成長を促進すると考えられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 全身性エリテマトーデスの有病率の上昇とリスク要因の増加
    • バイオ製薬企業によるSLEに関する医学的進歩
  • 市場抑制要因
    • 高い治療費
    • 誤解と社会的スティグマ
  • ファイブフォース分析分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模- 百万米ドル)

  • 治療薬タイプ別
    • 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)
    • 抗マラリア薬
    • コルチコステロイド
    • 生物学的製剤
    • その他
  • 投与経路別
    • 経口
    • 静脈内投与
    • その他
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • GlaxoSmithKline
    • F. Hoffmann-La Roche AG
    • Pfizer Limited
    • Sanofi SA
    • Eli Lilly & Company
    • Viatris Inc.
    • Novartis AG
    • ImmuPharma PLC
    • Bristl Myers Squibb Company
    • AstraZeneca
    • Merck & Co., Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 68183

The systemic lupus erythematosus market is poised to grow at a CAGR of 7.1% during the forecast period.

The emergence of the COVID-19 pandemic had an adverse effect on the world economy and the healthcare system. The lockdown all over the globe has affected the supply chain of pharmaceuticals, medical devices, and biotechnological products. The severe impact of the SARS-CoV-2 virus on people with existing autoimmune diseases further increased the risk for the target population. According to the study "Impact of the COVID-19 Pandemic in Patients with Systemic Lupus Erythematosus throughout One Year," published in the Jornal of "Clinical Immunology" in October 2021, according to the findings, the impact of the COVID-19 pandemic on patients with SLE is significant and is influenced by the general population's response to the virus. In the study, older age and family contact with COVID-19 cases were key risk factors for infection, similar to the general population. However, a large number of patients did not develop COVID-19 despite having infected family members. In patients with SLE, treatment escalation, particularly with corticosteroids, is another risk linked to COVID-19.

As per the study "COVID-19 and Systemic Lupus Erythematosus: Focus on Immune Response and Therapeutics" published in October 2020, patients with autoimmune disorders, such as lupus, are prone to infections not only because of the disease's abnormal immunological responses, but also because they are frequently treated with steroids, other immune-suppressants, and immune-modulator medicines. These factors add to a weakened immune system and an increased risk of infection. Many characteristics of lupus and COVID-19 are similar, such as patient demographics and abnormal immune responses, while others, such as gender bias, are starkly different, with lupus mostly affecting women and COVID-19 having worse outcomes in men. Lymphopenia, proinflammatory cytokines, and abnormal B and T cell responses, among other cellular, humoral, and cytokine immunological responses, may likely influence the severity and clinical consequences of COVID-19 in humans. As a result, patients with autoimmune rheumatoid arthritis have been identified as a vulnerable group at risk of severe COVID-19 infection. Hence, these factors are expected to impact the target market growth in the given timeframe.

In the past decades, growth was observed in the use of corticosteroids and conventional immunosuppressive drugs; however, the unmet need for drugs with better efficacy and safety profile is still there. The major traction to this market is the continuous involvement of big biopharmaceutical companies in drugs presently in clinical trials, which boosts the growth of this market. As per the study "Updates on Clinical Trials in Systemic Lupus Erythematosus," published in 2021, due to the complexity of systemic lupus erythematosus (SLE), researchers utilize a variety of approaches while looking for new therapeutic molecules to treat the condition. In recent clinical trials, the main focus has been on B cells and type I interferons. Small molecule inhibitors of JAK, Tyk, and Btk are presently being studied for their potential therapeutic implications in treating SLE. Low-dose IL-2 and CD40 ligand blockade are used to investigate the immunoregulation of T cell activation in SLE. Bispecific antibodies having binding specificities for two different target molecules associated with T- and B-cell activation or with different elements of B-cell activation are being studied in clinical trials. A combination therapy method is also being investigated. New SLE therapy chemicals are being tested in clinical trials. Thus, possible treatments have created lucrative opportunities for the global systemic lupus erythematosus market growth in the studied period.

However, the cost restraint and stringent regulatory guidelines for new drugs are expected to be the primary hindrances.

Systemic Lupus Erythematosus Market Trends

Biologics is Expected to Witness Better Growth Over the Forecast Period

Treatment advancements in recent decades, such as the use of corticosteroids and traditional immunosuppressive drugs, have increased the life expectancy of SLE patients. Unfortunately, effective SLE management is still frequently associated with substantial drug-induced toxicity, which adds to organ function degradation and infectious complications, especially in patients with refractory disease and/or lupus nephritis. As a result, there is a gap in the market for drugs with improved efficacy and safety profiles.

Various biologic agents have been developed and tested in clinical trials, focusing on this subset of individuals whose condition is uncontrollable by current treatment regimens. Unfortunately, the majority of these studies have yielded negative results, leaving belimumab as the solely targeted therapy recognized for the treatment of SLE so far. Despite these limitations, clinical trials for various innovative biologic medicines targeting B cells, T cells, or cytokines are ongoing. When paired with established medicines, they appear to improve therapeutic efficacy. These efforts indicate that innovative drugs for people with refractory SLE will be introduced soon. According to the study "Biologics in Systemic Lupus Erythematosus (SLE)," published in March 2022, The first biological medication approved for the treatment of SLE is belimumab (anti-BlyS). More recent research shows that adding belimumab to the standard of therapy in lupus nephritis improves the renal response rate. In randomized placebo-controlled clinical studies in SLE, other biological treatments targeting B cells (such as obinutuzumab, a newer generation anti-CD20) and the type I interferon pathway (such as anifrolumab) have also shown promise. As a result, biologics will play an increasingly important role in treating SLE in the coming years.

As a result, the aforementioned reasons will likely contribute to this segment's strong growth over the forecast period.

North America is Expected to Hold a Significant Share in the Market

North America is expected to hold a major market share in the global systemic lupus erythematosus market owing to increased awareness about the disease, better healthcare infrastructure, and a growing number of foundations and independent venture groups supporting the biopharmaceutical manufacturers. Several companies have released general awareness programs such as the Chronic Disease Self-Management Program regarding the diagnosis, misconceptions, and treatment of the disease across the North American region. This is primarily boosted by the many non-profit organizations and funding communities supporting the cause. For instance, in December 2020, The HealthWell Foundation, an independent non-profit that provides financial assistance to underinsured Americans, announced that its fund for those suffering from Systemic Lupus Erythematosus had been reopened (SLE). Thus, it is expected to fuel the overall market growth during the forecast period.

In addition, the burden of growing autoimmune diseases also fuels the growth of the systemic lupus erythematosus market. As per the study "Prevalence of Systemic Lupus Erythematosus in the United States: Estimates From a Meta-Analysis of the Centers for Disease Control and Prevention National Lupus Registries," published in April 2021, the number of systemic lupus erythematosus cases in the United States was 72.8 per 100,000 person-years. Therefore, the growing prevalence rate of systemic lupus erythematosus among people is expected to increase the demand for effective treatment, fueling the target market growth during the forecast period.

Systemic Lupus Erythematosus Market Competitor Analysis

With a wide range of corticosteroids and immunosuppressants already in the market, there is a growing focus on collaborative drug development programs among the global players and new players in the particular geographic region. Many drugs in clinical trials also attract several funding partners and manufacturers to head for market approval during the forecast period. Some major companies in this segment include GlaxoSmithKline, F. Hoffmann-La Roche AG, Pfizer Limited, Sanofi SA, Eli Lilly & Company, Viatris Inc., Novartis AG, ImmuPharma PLC, AstraZeneca, Merck & Co., Inc., and Bristl Myers Squibb Company.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Prevalence of Systemic Lupus Erythematosus and Growing Risk Factors
    • 4.2.2 Medical Advancements by Biopharmaceutical Companies in SLE
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Treatment
    • 4.3.2 Several Misconceptions and Social Stigmas
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Treatment Type
    • 5.1.1 Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs (NSAIDS)
    • 5.1.2 Antimalarials
    • 5.1.3 Corticosteroids
    • 5.1.4 Biologics
    • 5.1.5 Others
  • 5.2 By Route of Administration
    • 5.2.1 Oral
    • 5.2.2 Intravenous
    • 5.2.3 Others
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 GlaxoSmithKline
    • 6.1.2 F. Hoffmann-La Roche AG
    • 6.1.3 Pfizer Limited
    • 6.1.4 Sanofi SA
    • 6.1.5 Eli Lilly & Company
    • 6.1.6 Viatris Inc.
    • 6.1.7 Novartis AG
    • 6.1.8 ImmuPharma PLC
    • 6.1.9 Bristl Myers Squibb Company
    • 6.1.10 AstraZeneca
    • 6.1.11 Merck & Co., Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS