市場調査レポート
商品コード
1198406

塩化ナトリウム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Sodium Chloride Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
塩化ナトリウム市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

塩化ナトリウム市場は、2021年に25万キロトン以上となり、予測期間(2022~2027年)のCAGRは5%強で推移すると予測されます。

2020年にCOVID-19が発生し、建設活動や化学品製造装置が一時的に停止したため、市場はマイナスの影響を受けました。それでも、予測期間中に市場は安定的に成長すると予想されます。

主なハイライト

  • 短期的には、化学業界からの化学薬品としての塩化ナトリウムの需要の増加と、北米および欧州における医薬品グレードの塩化ナトリウムの需要の増加が、市場の成長を牽引すると予測されます。
  • 化学産業が大きなシェアを占めています。この分野は、クロールアルカリ製品の生産が増加しているため、大きな需要が見込まれます。
  • アジア太平洋地域が市場を独占し、予測期間中は北米が最も速い成長率を示すと予想されています。

塩化ナトリウムの市場動向

化学品生産部門が市場を独占

  • 化学工業における塩化ナトリウムの用途は、2021年の市場シェアの半分以上を占めています。
  • 塩化ナトリウムは、有機、無機、塩素アルカリ製品(塩素、ソーダ灰、苛性ソーダなど)を含むさまざまな化学製品の製造に使用されています。これらの製品はさらに、ポリ塩化ビニル(PVC)、洗剤、ガラス、染料、石鹸など、さまざまな製品の製造に使用されています。
  • 世界の建設産業は、2021年に約12.9兆米ドルと評価され、前年比約3%の成長率となりました。そのため、PVC製品や硬質発泡断熱パネルなどのポリウレタン系建設産業資材の需要が高まっています。
  • OICAによると、2021年1~9月の世界の全自動車生産台数は2020年同期と比較して約10%の成長率があり、これにより発泡シート、サスペンションブッシュ、シール、ガスケットなどの自動車部品に使用されるポリウレタンの需要が高まっています。
  • さらに、苛性ソーダは、紙の生産で現在も主流となっている木材を木材パルプに変換する工程であるクラフトプロセスにも用途を見出しています。2021年、苛性ソーダ市場は7854万トンでした。さらに、2027年には8,846万トンに達し、2022年~2027年のCAGRは1.9%と予測されています。
  • したがって、前述の要因から、今後数年間は化学品生産部門が市場を独占すると予想されます。

市場を独占するアジア太平洋地域

  • アジア太平洋地域は、化学工業の需要増に伴い、世界市場のシェアを独占しました。中国は化学処理の拠点であり、世界で生産される化学物質の大半を占めています。
  • 中国は世界最大の建設市場です。中国の建設部門は、2020年に1兆490億米ドルと評価されました。建設業界は今後数年間、年率5%で成長すると予想されています。
  • インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)によると、インドの医薬品市場は2020年7月の13.7%から2021年8月には年率17.7%の成長を遂げました。
  • India Ratings &Researchによると、インドの医薬品市場の収益は22年度に12%以上増加すると推定されます。
  • 21年度のインドの医薬品・医薬品の輸出額は244.4億米ドルと推定されます。
  • したがって、前述の要因は、今後数年間、市場に大きな影響を示すと予想されます。

塩化ナトリウム市場の競合他社分析

塩化ナトリウム市場は、トップ企業の間で部分的に統合されています。主要プレイヤー(順不同)には、Nouryon、Cargill Incorporated、Wacker Chemie AG、INEOS、Tata Chemicals Europeが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 化学薬品としての塩化ナトリウムの需要増加
    • 北米、欧州における医薬品グレードの塩化ナトリウムの需要増加
  • 阻害要因
    • 厳しい政府規制
    • その他の抑制要因
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • グレード
    • 岩塩
    • ソーラーソルト
    • 真空塩
  • 用途
    • 化学品製造
    • 解氷
    • 水質調整
    • 農業用
    • 食品加工
    • 製薬
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Cargill Incorporated.
    • CK Life Sciences Int'l.(Holdings)Inc.
    • Compass Minerals
    • INEOS
    • K+S Aktiengesellschaft
    • Nouryon
    • Pon Pure Chemicals Group
    • Rio Tinto
    • Sudwestdeutsche Salzwerke AG
    • Swiss Saltworks AG
    • Tata Chemicals Europe
    • Wacker Chemie AG

第7章 市場機会と今後の動向

  • ナトリウム電池の利用拡大
目次
Product Code: 54963

The sodium chloride market was estimated at over 250,000 kilotons in 2021, and the market is projected to register a CAGR of over 5% during the forecast period (2022-2027).

The market was negatively impacted by the COVID-19 outbreak in 2020 due to a temporary halt in construction activities and chemical manufacturing units. Nonetheless, the market is expected to grow steadily during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the short term, the increasing demand for sodium chloride as a chemical agent from the chemical industry and the increasing demand for pharmaceutical-grade sodium chloride in North America and Europe are expected to drive the market's growth.
  • The chemical industry dominated the market with a significant share. This segment is expected to have a significant demand due to the increasing production of Chlor-alkali products.
  • Asia-Pacific dominated the market, and North America is expected to witness the fastest growth rate during the forecast period.

Sodium Chloride Market Trends

Chemical Production Segment to Dominate the Market

  • The application of sodium chloride in the chemical industry accounted for over half of the market share in 2021.
  • Sodium chloride is used in the manufacturing of various chemical products, including organic, inorganic, and Chlor-alkali products, such as chlorine, soda ash, and caustic soda. These products are further used for producing a wide range of products, such as polyvinyl chloride (PVC), detergents, glass, dyes, and soaps.
  • The global construction industry was valued at about USD 12.9 trillion in 2021, with a growth rate of about 3%, compared to the previous year. Thus, this enhanced the demand for PVC products and polyurethane-based construction industry materials, such as rigid foam insulation panels.
  • According to the OICA, there was a growth rate of about 10% in the first nine months of 2021 as compared to the same period in 2020 in the global production of all vehicles, thereby increasing the demand for polyurethane used in the automobile parts, such as foam seating, suspension bushings, seals, and gaskets.
  • Moreover, caustic soda also finds application in the Kraft process, a process for conversion of wood into wood pulp, which is still the dominating method in paper production. In 2021, the caustic soda market was worth 78.54 million metric tons. Furthermore, by 2027, the market is estimated to reach 88.46 million metric tons, with a CAGR of 1.9% during 2022-2027.
  • Therefore, based on the aforementioned factors, the chemical production segment is expected to dominate the market in the coming years.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific dominated the global market share, with rising demand from the chemical industry. China is a hub for chemical processing, accounting for the majority of chemicals produced globally.
  • China is the world's largest construction market. China's construction sector was valued at USD 1,049 billion in 2020. The construction industry is expected to grow at a rate of 5% per year for the next few years.
  • According to the India Brand Equity Foundation (IBEF), the Indian pharmaceutical market grew 17.7% annually in August 2021, up from 13.7% in July 2020.
  • According to India Ratings & Research, revenue in the Indian pharmaceutical market is estimated to increase by more than 12% in FY22.
  • In FY21, India's medicine and pharmaceutical exports were estimated at USD 24.44 billion.
  • Therefore, the aforementioned factors are expected to show a significant impact on the market in the coming years.

Sodium Chloride Market Competitor Analysis

The sodium chloride market is partially consolidated among the top players. The key players (in no particular order) include Nouryon, Cargill Incorporated, Wacker Chemie AG, INEOS, and Tata Chemicals Europe.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Sodiun Chloride as a Chemical Agent
    • 4.1.2 Increasing Demand for Pharmaceutical-grade Sodium Chloride in North America and Europe
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Stringent Government Regulations
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Grade
    • 5.1.1 Rock Salt
    • 5.1.2 Solar Salt
    • 5.1.3 Vacuum Salt
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Chemical Production
    • 5.2.2 Deicing
    • 5.2.3 Water Conditioning
    • 5.2.4 Agriculture
    • 5.2.5 Food Processing
    • 5.2.6 Pharmaceutical
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Cargill Incorporated.
    • 6.4.2 CK Life Sciences Int'l. (Holdings) Inc.
    • 6.4.3 Compass Minerals
    • 6.4.4 INEOS
    • 6.4.5 K+S Aktiengesellschaft
    • 6.4.6 Nouryon
    • 6.4.7 Pon Pure Chemicals Group
    • 6.4.8 Rio Tinto
    • 6.4.9 Sudwestdeutsche Salzwerke AG
    • 6.4.10 Swiss Saltworks AG
    • 6.4.11 Tata Chemicals Europe
    • 6.4.12 Wacker Chemie AG

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing use of Sodium-based Batteries