デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1198308

サーバー用マイクロプロセッサ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Server Microprocessor Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
サーバー用マイクロプロセッサ市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

サーバー用マイクロプロセッサの市場規模は、2020年に151億9000万米ドルとなり、2026年には178億9000万米ドルに達する見通しで、予測期間2021年~2026年のCAGRは2%と予測されています。

データセンターの設置面積の増加やクラウドサービスプロバイダーからの需要が、サーバー用マイクロプロセッサー市場の成長を促しています。インテルとAMDの2社独占により支配されているサーバー用マイクロプロセッサー市場は、製品イノベーションが進行中です。企業は、データ分析、機械学習、人工知能などの最新のワークロードに対する性能ニーズを認識し、それに応じて設計を改善しています。

主なハイライト

  • モバイルブロードバンドの拡大、ビッグデータ解析やクラウドコンピューティングの成長が、新しいデータセンターインフラへの需要を促進しています。CNNICによると、2017年現在、米国は世界のクラウドおよびインターネットデータセンターの約45%を保有しています。北米(米国とカナダ)だけでも2017年時点で約2854のデータセンターがあり、サーバー用マイクロプロセッサの有力な市場となっています。
  • 世界のクラウドの普及に伴い、Googleなどのクラウドサービスプロバイダーは、高性能コンピューティングの需要に対応するため、各地域でデータセンターの拠点を拡大しています。こうした動向は、サーバー用マイクロプロセッサーを牽引しています。

サーバー用マイクロプロセッサの市場動向

米中貿易戦争の影響でオープン命令セットアーキテクチャ(ISA)が普及へ

  • 米国企業(Intel)やARMが、HuaweiのSoCやCPUなどの重要な半導体部品へのアクセスを遮断すると宣言していることから、中国と米国の貿易戦争は市場に一定の影響を与える可能性があります。これは、MIPS、RISC-Vなどのオープンソースの命令セットアーキテクチャ(ISA)への依存度を高める引き金になるかもしれないです。例えば、2019年7月、Alibaba Groupは初の自社設計マイクロプロセッサを発表し、これはチップの自給自足を推進する中国の取り組みにおける重要な一歩となっています。この発表は、中国のテクノロジー大手が米国との(技術へのアクセスをめぐる)貿易衝突に対処するための取り組みを促すものです。アリババのチップ(自社生産ではなく、Semiconductor Manufacturing International Corp.などの中国のファウンドリ)は、スマートスピーカー、自動運転車、高性能コンピューティングを必要とするその他のインターネット接続機器などの消費者向けデバイスを動かすために設計されています。
  • Huaweiはまた、自社のプロセッサの米国での独立性を求めています。同社はARMv8アーキテクチャのライセンスを取得したもの、米国政府の規制が続くようであれば、将来的にRISC-Vの利用を検討すると表明しています。
  • 一方、ARMやMarvellなどの企業は、x86コンピューティング市場に代わる製品を投入するため、技術提携を拡大しています。

マイクロプロセッサーの主戦場として発展する欧州

  • 欧州では、演算量の多いアプリケーションやクラウドの導入が進んでいるため、マイクロプロセッサーを搭載したサーバーに大きな可能性があると推定されます。クラウドコンピューティングは、企業の生産性向上とサービス向上のために欧州連合が推進している戦略的デジタル技術の1つです。これらの取り組みにより、同地域ではデータセンターに対する大きな需要が生まれ、市場を牽引しています。
  • 北米はサーバーマイクロプロセッサのより大きな供給源となっていますが、European Processor Initiative(EPI)などの地域のイニシアティブが市場に影響を与える可能性があります。
  • 欧州委員会は2018年12月、コンソーシアム「EPI(European Processor Initiative)」の選定を宣言しました。このイニシアチブの目的は、「低消費電力マイクロプロセッサを開発し、共同設計し、欧州市場に導入する」ことで、その技術のかなりの部分を欧州で保持することができるようになることです。
  • EPIコンソーシアムは、以下の市場向けにプロセッサ・ファミリーを提供することで、長期的な経済モデルを構築することを提案しています。ハイパフォーマンス・コンピューティング、データセンターとサーバー、そして自律走行車。

サーバー用マイクロプロセッサー市場の競合他社分析

サーバー用マイクロプロセッサー市場は、過去数年間Intelが独占しており、AMDが競合として、IBMやOracleなどの少量生産プレーヤーが参入しています。この市場では、サーバーやデータセンターのニーズに対応するために、研究開発や技術提携への強力な投資が求められています。AMDは、新製品の投入と競争力のある価格設定により、サーバー用マイクロプロセッサー市場においてインテルのシェアをわずかに上回ると予想されます。市場のベンダーは、次世代データセンター向けの新しいマイクロプロセッサの投入に取り組んでいます。以下は、同市場の最近の動向です。

  • 2018年5月-Caviumは、次世代データセンター、クラウド、高性能計算アプリケーション向けの第2世代Armv8-A SoCプロセッサ、ThunderX2の一般提供を発表しました。最近Maxwellに買収された同社は、ThunderX2ベースのプラットフォームの展開を可能にするために60以上の異なるパートナー(OEM、ODM、独立系ソフトウェアおよびハードウェアベンダーを含む)と協力し、ついに商業化の段階に到達しました。
  • 2019年6月-Marvell(Caviumの親会社)は、次世代Marvell ThunderXサーバープロセッサ技術の設計と開発を加速するため、Armとのより広範な戦略的パートナーシップを発表しました。この新しい契約により、Armは少なくともあと3年間(2022年まで)、サーバープロセッサ技術分野におけるMarvellの研究開発を支援することになります。今回の提携により、Marvellは、Armベースのサーバロードマップを拡大し、次世代のクラウドおよびデータセンターインフラを実現することを目指します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と抑制要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アーキテクチャ別
    • x86
    • ARM
    • その他(SPARC, MIPS, POWER)
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東

第6章 競合情勢

  • ベンダーマーケットシェア(単体サーバー用マイクロプロセッサのベンダーを対象)
  • 企業プロファイル
    • Advanced Micro Devices, Inc.
    • Intel Corporation
    • Marvell Technology Group(Cavium, Inc.)
    • IBM Corporation
    • Oracle Corporation
    • M/A-COM Technologies Solutions Holdings, Inc

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66982

The server microprocessor market was valued at USD 15.19 billion in 2020 and is expected to reach USD 17.89 billion by 2026, at a CAGR of 2% over the forecast period 2021 - 2026. Increasing data center footprint and demand from cloud service providers prompts the growth of the server microprocessor market. Dominated by the duopoly of Intel and AMD, the market for server microprocessors is undergoing product innovations. Companies are realizing the performance needs for modern workloads such as data analytics, Machine Learning, Artificial Intelligence and are improving their designs accordingly.

Key Highlights

  • The expansion of mobile broadband, growth in big data analytics and cloud computing are driving the demand for new data center infrastructures. As of 2017 US holds almost 45% of the global cloud and internet data centers according to CNNIC. North America alone( US and Canada) house around 2854 data centers as of 2017, making it a prominent market for the server microprocessors.
  • In line with global cloud penetration, cloud service providers such as Google, are expanding their data center footprint across regions to keep up with the demand for high-performance computing. Such trends drive the server microprocessors.

Server Microprocessor Market Trends

Open Instruction Set Architecture(ISA) to Gain Traction Amid US-China Trade War

  • The trade war between China and the United States may have certain impact on the market. this is considering US companies(Intel), as well as ARM, that have pledged to cut off Huawei's access to critical semiconductor components, such as SoCs and CPUs. This might trigger increased dependency on open-source Instruction Set Architecture(ISA) such as MIPS, RISC-V, etc. For instance, in July 2019, Alibaba Group unveiled its first self-designed microprocessor, which marks a key step in China's efforts to promote chip self-sufficiency. The launch prompts the efforts of the Chinese technology giants to address the trade clashes with the U.S. (over access to technology). Alibaba's (not produced by itself, but some other Chinese foundry such as Semiconductor Manufacturing International Corp.) has been designed to power consumer devices such as smart speakers, self-driving cars or other internet-connected equipment requiring high-performance computing.
  • Huawei is also seeking US Independence for their processors. The company although obtained license for ARMv8 architecture, expressed that it would consider using RISC-V in the future if the US government restrictions persist.
  • On the other hand, companies such as ARM, Marvell, among others, have been extending technology partnerships to launch an alternative to the x86 computing market.

Europe Making Efforts to Develop Key Competence in Microprocessors

  • Europe is estimated to provide significant scope for servers powered by microprocessors as the compute-intensive applications and cloud adoption is increasing. Cloud computing is one of the strategic digital technologies that has been promoted by the European Union for enhancing productivity and better services by enterprises. These initiatives provide significant demand for data centers in the region, thus driving the market.
  • Although North America has been a larger source for Server Microprocessors, regional initiatives such as the European Processor Initiative(EPI) is likely to have an impact on the market.
  • The European Commission, in December 2018, declared the selection of the Consortium European Processor Initiative (EPI). The aim of the initiative is to "develop, co-design, and introduce a low-power microprocessor to the European market", thus being able to retain a significant part of that technology is Europe.
  • The EPI consortium proposes to create a long-term economic model by delivering a family of processors for the following markets: High-Performance Computing, Data centres and servers, and Autonomous vehicles.

Server Microprocessor Market Competitor Analysis

Server Microprocessor Market has been dominated by Intel since the past few years, with AMD as the close competitor and other low-volume players like IBM, Oracle among others. The market demands strong investments in R&D and technology partnerships to address the needs of the servers and data centers. AMD is likely to cut through a slight share of Intel in the server microprocessor market, considering the new product rollouts and competitive pricing strategy. Vendors in the market have been involving in the launch of new microprocessors for next-generation data centers. Following are the recent developments in the market:

  • May 2018 - Cavium announced the general availability of ThunderX2, their second generation of Armv8-A SoC processors for next-generation data center, cloud and high-performance compute applications. The company, recently acquired by Maxwell, worked with over 60 different partners (including OEMs, ODMs, and independent software and hardware vendors) to enable the deployment of ThunderX2 based platforms and finally reached the commercialization phase.
  • June 2019 - Marvell (parent company of Cavium) announced a broader strategic partnership with Arm, to accelerate the design and development of next-generation Marvell ThunderX server processor technology. With this new agreement Arm will support Marvell's R&D in the server processor technology area for at least three more years(until 2022). With this partnership, Marvell aims to expand its Arm-based server roadmap to enable the next generation of cloud and data center infrastructure.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
  • 4.4 Market Restraints
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Architecture
    • 5.1.1 x86
    • 5.1.2 ARM
    • 5.1.3 Others(SPARC, MIPS, POWER)
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
    • 5.2.5 Middle East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share(for standalone server microprocessor vendors)
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Advanced Micro Devices, Inc.
    • 6.2.2 Intel Corporation
    • 6.2.3 Marvell Technology Group(Cavium, Inc.)
    • 6.2.4 IBM Corporation
    • 6.2.5 Oracle Corporation
    • 6.2.6 M/A-COM Technologies Solutions Holdings, Inc

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS