デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197758

ヌクレオチド市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

Nucleotides Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
ヌクレオチド市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ヌクレオチド市場は、予測期間(2022-2027年)中に7%を超えるCAGRで推移すると予想されています。

ヌクレオチドがウイルス性疾患の治療に主要な用途を見出すため、COVID-19のパンデミックの影響は市場にプラスとなりました。

市場を牽引する主な要因は、医薬品からのヌクレオチドに対する需要の増加です。一方、水産飼料産業への浸透が限定的であることが、市場の成長を妨げています。

医薬品向けヌクレオチドは、予測期間中、市場を独占すると予想されます。

北米地域は最大の市場であり、米国やカナダなどの国での消費が増加していることから、予測期間中に最も急速に成長する市場であると予想されます。

ヌクレオチド市場の動向

食品・飼料添加物セグメントが市場を独占すると予想される

ヌクレオチドは、栄養学的および生理学的な機能において重要な役割を担っています。イノシン一リン酸(IMP)およびグアノシン一リン酸(GMP)は、食品の嗜好性向上剤として広く使用されています。このため、ヌクレオチドは飼料の嗜好性を向上させることができます。

また、ヌクレオチドは、腸管上皮細胞の回復に影響を与え、免疫力を高める効果があります。免疫に関わる組織細胞は、ヌクレオチドを自己合成することができません。そのため、ヌクレオチドを摂取することで免疫力を高めることができます。

動物の疾病の増加により、家畜の代謝率を十分に維持することが求められています。また、この分野では消費者の意識が高まり、動物用飼料の需要が高まっています。

国際飼料産業連盟によると、世界の配合飼料の生産量は年間推定10億トンに達しています。世界の商業飼料製造業の年間売上高は推定4000億米ドル以上です。

国連食糧農業機関(FAO)は、2050年までに世界の食糧生産が60%増加すると推定しており、動物性タンパク質の生産はさらに増加すると考えられている-2050年までに肉類(鶏肉、豚肉、牛肉)は2倍に、乳製品と魚類の生産はほぼ3倍になると考えられています。

したがって、前述の観点から、予測期間中は食品・動物飼料添加物セグメントが市場を独占すると予想されます。

中国がアジア太平洋市場を独占すると予想される

中国は、世界で2番目に大きな医薬品市場です。同国では中産階級の増加や高齢化の進展、所得の増加、都市化の進展により、医薬品市場が急速に立ち上がっています。

同国の医薬品売上高は、2022年末までに最大1,750億米ドルに達すると予想されています。これは、製薬業界での使用という観点から調査された市場の成長を後押しすると予想されます。

中国政府は、持続的な社会・経済発展の前提条件として健康を優先させるという継続的な意図を示す青写真である「健康中国2030」を公布しています。また、同国では医薬品の研究が盛んであることから、予測期間中にヌクレオチドに対する需要が増加すると予想されています。

さらに、COVID-19の大流行により、同国では医薬品の需要と生産が増加しています。COVID-19の流行による影響から、世界は中国からの医薬品を必要としています。

中国の畜産業は、食生活が動物性タンパク質にシフトしていることから、近年急速に拡大しています。現在、中国は世界最大の畜産物生産国であり、最大の飼料メーカーでもあります。

したがって、前述の側面から、中国は予測期間(2022-2027年)中にアジア太平洋市場を独占すると予想されます。

ヌクレオチド市場の競合他社分析

ヌクレオチド市場は高度に統合されており、トップ企業が市場で圧倒的なシェアを誇っています。トップ企業は市場全体の約80%のシェアを占めています。市場の主要プレイヤー(順不同)には、CJ CheilJedang Corp.、味の素株式会社、Thermo Fisher Scientific Inc.、DAESANG、STAR LAKE BIOSCIENCEなどが含まれます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 製薬業界からのヌクレオチドに対する需要の高まり
    • その他の促進要因
  • 抑制要因
    • 水産飼料産業への限定的な浸透
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場のセグメンテーション

  • ニトロゲン塩基
    • ピリミジン
    • プリン体
  • 用途
    • 医薬品
    • 食品・飼料添加物
    • 創薬
  • 地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、協業、契約
  • 市場シェア(%)**/ランキング分析
  • リーディングプレイヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • Ajinomoto Co. Inc.
    • CJ CHEILJEDANG CORP.
    • DAESANG
    • exoticbiosolutions.com
    • Jena Bioscience GmbH
    • MEIHUA HOLDINGS GROUP CO. LTD
    • Meridian
    • STAR LAKE BIOSCIENCE
    • Thermo Fisher Scientific Inc.

第7章 市場機会および将来動向

  • ブロイラー用鶏肉飼料におけるヌクレオチドサプリメントの用途
目次
Product Code: 71043

The nucleotides market is expected to register a CAGR of over 7% during the forecast period (2022-2027).

The impact of the COVID-19 pandemic was positive on the market, as nucleotides find major applications in treating viral diseases.

The major factor driving the market is the growing demand for nucleotides from pharmaceuticals. On the flip side, the limited penetration into the aquafeed industry is hindering the growth of the market.

Nucleotides from pharmaceutical applications are expected to dominate the market studied over the forecast period.

The North American region represents the largest market, and it is also expected to be the fastest-growing market over the forecast period, owing to the increasing consumption from countries like the United States and Canada.

Nucleotides Market Trends

The Food and Animal Feed Additives Segment is Expected to Dominate the Market

Nucleotides are vital in terms of nutritional and physiological functions. Inosine monophosphate (IMP) and guanosine monophosphate (GMP) are widely used as palatability enhancers in food. This helps nucleotides to enhance palatability for feed.

Also, nucleotides affect the recovery of intestinal epithelial cells, which helps boost immunity. Tissue cells involved in immunity cannot self synthesize nucleotides. Thus, immunity is strengthened by dietary nucleotides.

The rising incidences of animal diseases require maintaining adequate metabolism rates in livestock. Consumer awareness has also grown in this segment, which has increased the demand for animal feed.​

According to the International Feed Industry Federation, global compound feed production has reached an estimated 1 billion ton annually. Global commercial feed manufacturing generates an estimated annual turnover of over USD 400 billion. ​

The UN Food and Agricultural Organisation (FAO) estimates that the world will have to produce 60% more food by 2050, and it is believed that animal protein production will grow even more - meats (poultry/swine/beef) will double, and dairy and fish production will almost triple by 2050.

Hence, based on the aforementioned aspects, the food and animal feed additives segment is expected to dominate the market during the forecast period.

China is Expected to Dominate the Asia-Pacific Market

China is the second-largest market for pharmaceuticals globally. The market for pharmaceuticals is emerging rapidly due to the growing middle-class and aging population in the country, rising incomes, and increasing urbanization.

The pharmaceutical sales of the country are expected to reach up to USD 175 billion by the end of 2022. This is expected to boost the growth of the market studied in terms of its usage in the pharmaceutical industry.

The Chinese government promulgated Healthy China 2030, which is a blueprint outlining its ongoing intent to prioritize health as a precondition for sustained social and economic development. Additionally, the growing research in pharmaceuticals in the country is also expected to augment the demand for nucleotides during the forecast period.

Additionally, owing to the COVID-19 pandemic, the demand for and production of pharmaceuticals have increased in the country. The world is in need of pharmaceuticals from China due to the impact caused by the COVID-19 pandemic.

China's livestock industry has expanded rapidly in recent years as diets shift toward more animal proteins. At present, China is the world's largest producer of livestock products and the largest manufacturer of animal feed.

Hence, based on the aforementioned aspects, China is expected to dominate the Asia-Pacific market during the forecast period (2022-2027).

Nucleotides Market Competitor Analysis

The nucleotide market is highly consolidated, with the top players holding the lion's share in the market. The top players account for a share of around 80% of the total market. The key players in the market (in no particular order) include CJ CheilJedang Corp., Ajinomoto Co. Inc., Thermo Fisher Scientific Inc., DAESANG, and STAR LAKE BIOSCIENCE, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand for Nucleotides from the Pharmaceutical Industry
    • 4.1.2 Other Drivers
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Limited Penetration into the Aquafeed Industry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Nitrogeneous Base
    • 5.1.1 Pyrimidine
    • 5.1.2 Purine
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Pharmaceutical
    • 5.2.2 Food and Animal Feed Additives
    • 5.2.3 Drug Discovery
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share(%)**/Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Ajinomoto Co. Inc.
    • 6.4.2 CJ CHEILJEDANG CORP.
    • 6.4.3 DAESANG
    • 6.4.4 exoticbiosolutions.com
    • 6.4.5 Jena Bioscience GmbH
    • 6.4.6 MEIHUA HOLDINGS GROUP CO. LTD
    • 6.4.7 Meridian
    • 6.4.8 STAR LAKE BIOSCIENCE
    • 6.4.9 Thermo Fisher Scientific Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Application of Nucleotide Supplements in Broiler Chicken Diets