デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1197726

次世代ファイアウォール市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Next Generation Firewall Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
次世代ファイアウォール市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

次世代ファイアウォール市場は、予測期間中に12%のCAGRで推移すると予想されています。

主なハイライト

  • 次世代ファイアウォール市場の成長を促進する主な要因の1つは、モノのインターネットの世界の普及が進んでいることです。次世代ファイアウォールの採用が進み、完全性を維持しながらログを効率的に管理し、より優れたビジネス継続性を実現すること、また、コンピュータが生成する大量のログデータを扱う需要の増加が、市場拡大の原動力となっています。
  • 次世代セキュリティソリューションの採用は、企業の製品および運用効率の向上に貢献します。機械学習、人工知能(AI)、ネットワーク接続の強化は、より包括的で適応性の高い保護を提供するために次世代エンドポイントセキュリティで使用されています。次世代セキュリティシステムでは、ユーザーやシステムの挙動をリアルタイムに解析し、実行ファイルを検査します。また、既存のセキュリティ技術もコンテキストアウェアコンピューティング技術へと進化し、企業は高度な脅威を認識することができるようになりました。ITインフラのシステム障害に起因する決済障害は、世界な商取引に支障をきたし、ネットワーク接続の喪失は、法執行などの行政機能に影響を及ぼします。今後、次世代ファイアウォールベンダーの活躍の場が広がることが予想されます。
  • インターネットベースのサイバーセキュリティツールは、クラウドベースのアプリケーションを保護するために利用可能で、一般的に利用されています。インターネットの利用が増えれば、内部セキュリティシステムでは不可能なデータ漏洩や単純なデータ操作の可能性が高まります。その結果、組織はインターネットベースのセキュリティソリューションの使用を開始するか、インターネットファイアウォール管理ツールを明らかにする必要があります。プロバイダーは、許容できるレベルの保護のために、明確かつ多要素の安全ソリューションを提供します。企業は、潜在的なDoS(サービス拒否)攻撃についても計画する必要があります。しかし、適切な保護対策やソリューションがなければ、セキュリティ分析ソリューションによってこれらの攻撃を特定することは比較的困難です。そのため、堅牢で効率的なセキュリティシステムを維持するために、次世代ファイアウォールシステムに対する需要が高まっていると考えられます。
  • 各社は、顧客の要望に応えるため、自社製品に新たなアプリケーション/ソリューションを組み込んでいます。例えば、2021年7月、包括的、統合的、自動化されたサイバーセキュリティソリューションで著名なフォーティネットが、ハイブリッドデータセンターを持つ企業を増え続ける脅威の状況やランサムウェア攻撃から守るために、次世代ファイアウォール(NGFW)The FortiGate 3500Fを発表しています。FortiGate 3500Fは、TLS1.3や暗号化後の自動脅威防御機能を搭載し、業界最高水準のパフォーマンス指標を実現しています。セキュリティ主導のネットワーク戦略を採用したFortiGate 3500Fは、ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)機能も備えており、場所を問わずあらゆるユーザに一貫したセキュリティとシームレスなユーザエクスペリエンスを約束します。
  • 次世代ファイアウォール市場には、いくつかの制約があり、市場の成長を阻んでいます。次世代ファイアウォールは、効果は高いが高価であるため、中堅企業が購入するのは難しいです。次世代ファイアウォールの主要な制約の1つは、システムの高コストです。システムが高価なため、大企業しか利用することができないのです。また、中小企業は伝統的な手法や時代遅れの技術を使っており、自分たちの技術をそのまま使い続けたいと考えていることも、市場の抑制要因になります。
  • 政府機関は、ポスト・パンデミック時代のデジタル・インターフェースを強化するために戦略的な資金を割り当てています。例えば、近年の病院での情報漏えい事件を受け、2021年にフランスのエマニュエル・マクロン大統領は、フランス国内のサイバーセキュリティ強化のために10億ユーロ(12億米ドル)を投資する計画を発表し、病院向けに3億5000万ユーロ(約4億米ドル)が確保されました。

次世代ファイアウォールの市場動向

BFSIセクターが圧倒的な市場シェアを獲得する見込み

  • 銀行、金融サービス、保険(BFSI)業界は、膨大な顧客基盤と金融情報が絡むため、複数のデータ漏洩やサイバー攻撃に直面する重要なインフラ部門の1つとなっています。サイバー犯罪者は、金融業界を無力化するために、多くの極悪非道なサイバー攻撃を駆使しています。これらの攻撃の脅威は、トロイの木馬、ATM、ランサムウェア、モバイルバンキングマルウェア、データ漏洩、組織侵入、データ窃盗、会計違反など多岐にわたります。
  • ITプロセスやシステムの安全性、顧客の重要データの保護、政府規制の遵守を目的とした戦略により、公的機関や民間金融機関はサイバー攻撃を防ぐために最新技術を導入しています。さらに、顧客の期待の高まり、技術力の向上、規制の要件により、銀行機関は積極的なセキュリティアプローチを採用するよう迫られています。技術の浸透とインターネットバンキングやモバイルバンキングなどのデジタルチャネルの増加により、オンラインバンキングは銀行サービスの選択肢として顧客に好まれるようになりました。銀行が高度な認証とアクセス制御プロセスを活用する必要性は非常に高いです。
  • 今年2月、司法省(DoJ)と業界団体のフィリピン銀行協会(BAP)は、フィリピンにおけるサイバーセキュリティの意識向上とサイバー犯罪撲滅のための覚書(MoU)を締結しました。BAPは、銀行業界のサイバー耐性を強化し、司法省との協力関係を構築することで、国内でのサイバー犯罪事件の増加を受け、情報共有と協力を通じて、協調的、集団的、戦略的なサイバー対応を実現することを目的としています。
  • 次世代ファイアウォール市場の需要を牽引するのは、多くの銀行であると予想されます。例えば、インドでは、今年9月現在、34の民間および公立の銀行が認可されています。データ漏洩は、急激なコスト増と貴重な顧客情報の喪失につながります。データ漏洩は、支出の指数関数的な増加だけでなく、重要な顧客情報の喪失をもたらします。Identity Theft Resource Centerによると、米国の銀行・金融セクターにおけるデータ侵害の被害者数は、昨年第3四半期に1億6000万人に上り、第1四半期と第2四半期の合計から増加しました。サイバー攻撃者は、多くの金融サービス事業者に対して金銭的利益を得る攻撃を構築するための最も簡単な方法を探しています。
  • 今年1月、米国の連邦銀行規制当局は、情報漏えいの迅速な通知を義務付けるサイバーセキュリティ・ルールを発表しました。この規則案は、多数のコンピュータ・セキュリティ・インシデントを早期に警告するためのもので、各機関に提供される態勢が整っています。銀行企業がインシデントの発生を判断してから、できるだけ早く、36時間後までに通知することが必要になるのです。このような規制により、米国の銀行セクターにおけるサイバー攻撃を抑制することができます。

北米が市場の大半を占める

  • 北米地域は現在、世界市場を独占しています。これは、企業が使用する大量の機密・重要データのセキュリティに対する嗜好が高いことと、組織が高性能なネットワーク・セキュリティ・ソリューションを継続的に採用していることに起因しています。
  • 最近では、米国の大手企業が、データが暗号化され、暗号通貨で身代金を要求されるという致命的なWannaCryランサムウェア攻撃の被害に遭いました。この攻撃は、数百万人の顧客のデータが保護されていなかったために起こりました。それゆえ、消費者のプライバシーに関する政府の厳しい規制が課されました。この要因は、この地域における市場の成長を促進すると予想されます。
  • 米国の連邦法である「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律」は、昨年1月に発表した「ヘルスケアデータブリーチレポート」において、2020年に前年比25%増の侵害が発生し、2929万8012件の医療記録の侵害があったと報告しています。
  • また、他の分野でも同様に、国内における主要なサイバーセキュリティ問題の成長を目の当たりにしています。例えば、Shred Itのデータ保護レポート2021によると、データ侵害を経験した企業(大企業とSMB)の割合は、2020年と比較して昨年は信じられないほど増加しました。大企業では2020年の43%に対し、前年は74%に増加したのに対し、SMBでは前年比でわずか12%という低率から61%に増加しました。
  • さらに、ロシアとウクライナの紛争や、同国に対する脅威キャンペーンや脆弱性の公開がほぼ無限に続くことを踏まえ、米国国務省は今年4月、サイバー空間・デジタル政策局(CDP)という新しい機関を立ち上げ、オンライン防衛とプライバシー保護の政策や方向性の策定を担当し、米国の外交関係の中にサイバーセキュリティを統合しようとしています。

次世代ファイアウォール市場の競合他社分析

次世代ファイアウォール市場は、国内だけでなく海外市場にも多くの大小のプレーヤーが存在し、中程度の規模で集約されています。市場の集中度は中程度で、主要企業は競争に打ち勝つために製品革新とM&Aに主要な戦略を採用しています。同市場の主要プレイヤーには、ジュニパーネットワークス社、デルテクノロジー社、ファーウェイテクノロジー社などがあります。

2022年8月、革新的で利用しやすいサイバーセキュリティソリューションを提供するヒルストーン・ネットワークスは、Aシリーズ次世代ファイアウォール(NGFW)の新モデル、A7600とA6800を発表し、企業の拡大するネットワークエッジのセキュリティを支援し、コンパクトな1RUフォームファクターのソリューションで強力なネットワークセキュリティ能力を提供し持続性を促進します。

2022年10月、ミッションクリティカルなアプリケーション向けの欧州のサイバーセキュリティ企業であるClavisterは、ノキアとの長年の協力関係を継続し、5Gセキュリティに対する需要の高まりに応えるため、契約を更新したことを発表しています。ノキアは、新たな協業体制の一環として、Nokia Managed Firewall Services(MFS)およびNokia Managed Security Services(MSS)で提供するソリューションの中にNetShieldを組み入れる予定です。Nokia MFSは、Clavisterの優れた通信事業者向け機能(技術を扱う)とファイアウォールを中心とした主要サービスモデルを融合し、Nokiaの顧客向けに包括的なソリューションをサービスとして提供します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 と前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • データセンターからパブリッククラウドへの移行が進む動向
    • エンドポイントデバイスにおける内部および外部からの脅威に対する懸念の高まり
  • 市場抑制要因
    • ネットワークシステムへの高い導入コスト
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 企業規模別
    • 中小企業(SMEs)
    • 大企業
  • ソリューション別
    • クラウド型
    • ハードウェア
  • エンドユーザー別
    • BFSI
    • IT・通信
    • 政府機関
    • ヘルスケア
    • 製造業
    • 小売業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Juniper Networks Inc.
    • Palo Alto Networks Inc.
    • Dell Technologies
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Fortinet Inc.
    • Barracuda Networks Inc.
    • Forcepoint LLC
    • WatchGuard Technologies Inc.
    • Check Point Software Technologies Ltd.
    • Hillstone Networks
    • Sophos Technologies Pvt. Ltd(Cyberoam)
    • Untangle Inc.
    • Zscaler Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 62379

The next generation firewall market is expected to register a CAGR of 12% over the forecast period.

Key Highlights

  • One of the primary factors driving the growth of the next-generation firewall market is the rising global adoption of the Internet of Things. The increased adoption of next-generation firewalls for effectively managing logs while preserving the integrity and better business continuity and the increasing demand for dealing with massive amounts of computer-generated log data drive market expansion.
  • Adopting next-generation security solutions helps increase the company's product and operational efficiencies. Machine learning, artificial intelligence (AI), and tighter network connectivity are used in next-generation endpoint security to provide more comprehensive and adaptable protection. Next-generation security systems use real-time user and system behavior analysis to examine executables. Existing security technologies advancing toward context-aware computing technology enable businesses to recognize sophisticated threats. Payment problems caused by system failures in IT infrastructure can disrupt global commerce, while network connection loss affects government functions such as law enforcement. Over the projected period, this aspect is expected to generate possibilities for next-generation firewall vendors.
  • Internet-based cybersecurity tools are available and commonly utilized to defend cloud-based applications. More internet usage increases the likelihood of data breaches and simple data manipulation, which is impossible in an internal security system. As a result, organizations need to start using internet-based security solutions or revealing internet firewall management tools. Providers provide clear and multifactor safety solutions for an acceptable level of protection. Businesses must also plan for potential DoS (Denial-of-Service) attacks. However, it is relatively difficult to identify these attacks by security analytics solutions without proper protective measures and solutions. As a result, demand for next-generation firewall systems is likely to rise to maintain robust and efficient security systems.
  • The companies are incorporating new applications/Solutions in their products to meet customers' demands. For instance, in July 2021, The FortiGate 3500F next-generation firewall (NGFW) was announced by Fortinet, a prominent player of comprehensive, integrated, and automated cybersecurity solutions, to defend enterprises with hybrid data centers from the ever-growing threat landscape and ransomware attacks. The FortiGate 3500F has some of the highest performance metrics in the business, incorporating TLS1.3 and automated threat protection after encryption. With its security-driven networking strategy, the FortiGate 3500F also includes zero-trust network access (ZTNA) capabilities, ensuring consistent security and a seamless user experience for any user at any location.
  • Several constraints in the next-generation firewall market are preventing it from growing. A next-generation firewall is highly effective but expensive, making it difficult for medium-sized businesses to buy it. One of the primary constraints in the next-generation firewall is the high cost of systems. Because of the high cost of the systems, only large corporations can afford to use them. Another market limitation is that small and medium firms use traditional methods and antiquated technology and want to keep their technology the same, which constitutes a market restraint.
  • Government agencies are allotting strategic funds to strengthen their digital interface in the post-pandemic era. For instance, In 2021, following recent hospital breaches, French President Emmanuel Macron announced a plan to invest EUR 1 billion (USD 1.2 billion) to strengthen cybersecurity in France, with EUR 350 million (approx. USD 400 million USD) set aside for hospitals.

Next Generation Firewall Market Trends

BFSI Sector is Expected to Capture Prominent Market Share

  • The banking, financial services, and insurance (BFSI) industry are one of the critical infrastructure segments that face multiple data breaches and cyber-attacks, owing to the massive customer base that the sector serves and the financial information at stake. Being a highly lucrative operation model that has phenomenal returns along with the added upside of relatively low risk and detectability, cybercriminals are optimizing a plethora of diabolical cyberattacks to immobilize the financial sector. These attacks' threat landscape ranges from Trojans, ATMs, ransomware, mobile banking malware, data breaches, institutional invasion, data thefts, fiscal breaches, etc.
  • With a strategy to secure their IT processes and systems, secure customer critical data, and comply with government regulations, public and private banking institutes are implementing the latest technology to prevent cyber attacks. Besides, with greater customer expectations, rising technological capabilities, and regulatory requirements, banking institutions are pushed to adopt a proactive security approach. With the growing technological penetration and digital channels, such as internet banking, mobile banking, etc., online banking has become customers' preferred choice for banking services. There is a significant need for banks to leverage advanced authentication and access control processes.
  • In February this year, the Department of Justice (DoJ) and industry group Bankers Association of the Philippines (BAP) signed a memorandum of understanding (MoU) to raise cybersecurity awareness and combat cybercrime in the Philippines. The BAP aims to strengthen the banking industry's cyber-resilience and develop a collaborative partnership with the Justice Department to achieve a coordinated, collective, and strategic cyber response through information sharing and collaboration in the wake of rising cybercrime incidents in the country.
  • Many banks are expected to drive the demand for the next-generation firewall market. For instance, According to, in India, there were 34 licensed private and public banks as of September this year. Data breaches lead to an exponential cost increase and loss of valuable customer information. Data breaches result in an exponential increase in expenditures as well as the loss of critical client information. According to the Identity Theft Resource Center, the number of data compromise victims in the banking and financial sector of the United States climbed to 160 million in Q3 last year, up from Q1 and Q2 combined. Cyber attackers are looking for the simplest way to build a financial gain assault against many financial services businesses.
  • In January this year, the federal banking regulators of the United States issued a cybersecurity rule requiring prompt notification of a breach. The proposed rule is poised to provide the agencies with an early warning of numerous computer security incidents. It would need notification as soon as possible and by 36 hours after a banking enterprise determines that an incident has occurred. Such regulations could control cyber attacks in the banking sector of the United States.

North America Accounts for a Major Share of the Market

  • The North American region currently dominates the global market, owing to the high preference of businesses for the security of the high volume of sensitive and important data used by them and the continuous adoption of high-performing network security solutions by organizations.
  • In recent times, the major firms in the United States suffered from the fatal WannaCry ransomware attack when data was encrypted, and ransom was asked in cryptocurrency. The attack happened because the data of millions of customers was unsecured. Hence, stringent government regulations regarding consumer privacy were imposed. This factor is expected to drive the market's growth in this region.
  • The Health Insurance Portability and Accountability Act, a federal statute of the United States, reported the increase of breaches by 25% year-over-year in 2020 in the Healthcare Data Breach Report published in January last year, with 29,298,012 healthcare records breached.
  • Other sectors are also equally witnessing growth in the major cyber security issues in the country. For instance, according to the Data Protection Report 2021 from Shred It, the rate of companies (Large and SMBs) experiencing a data breach increased incredibly last year compared to 2020. The rate increased to 74% for large businesses the previous year compared to 43% in 2020, whereas the rate increased to 61% for SMBs from a low rate of just 12% on a year-on-year basis.
  • Moreover, in light of the Russia - Ukraine conflict and a virtually endless cycle of threat campaigns and vulnerability disclosures towards the country, the US State Department, in April this year, launched a new agency, the Bureau of Cyberspace and Digital Policy (CDP), responsible for developing online defense and privacy-protection policies and direction as the Biden administration seeks to integrate cybersecurity into America's foreign relations.

Next Generation Firewall Market Competitor Analysis

The next-generation firewall market is moderately consolidated, with the presence of many small and big players in the domestic as well as the international market. The market is moderately concentrated with the key strategies adopted by the major players in product innovation and mergers and acquisitions to stay ahead of the competition. Some major players in the market are Juniper Networks Inc., Dell Technologies, and Huawei Technologies Co. Ltd, among others.

In August 2022, Hillstone Networks, a provider of innovative and accessible cybersecurity solutions, introduced two new models in its A-Series next-generation firewalls (NGFWs), the A7600 and A6800, to assist enterprises in securing their expanding network edge, delivering powerful network security capabilities and driving sustainability with solutions in a compact 1RU form factor.

In October 2022, Clavister, a European cybersecurity company for mission-critical applications, announced a renewed agreement with Nokia to continue their long-standing collaboration and satisfy the growing demand for 5G security. Nokia will integrate NetShield among the solutions offered in Nokia Managed Firewall Services (MFS) and Nokia Managed Security Services (MSS) as part of the new collaboration arrangement. Nokia MFS blends Clavister's superior telco-grade capabilities (which handle the technology) with the key services model centered on the firewall to provide a comprehensive solution for Nokia's customers as a service.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables & Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Trend in the Migration from the Data Center to the Public Cloud
    • 4.2.2 Growing Concern of Internal and External Threats Across Endpoint Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Installation across the Network System
  • 4.4 Value Chain Analysis
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Size of Enterprise
    • 5.1.1 Small and Medium Enterprises (SMEs)
    • 5.1.2 Large Enterprises
  • 5.2 By Solution
    • 5.2.1 Cloud-Based
    • 5.2.2 Hardware
  • 5.3 By End-User Industry
    • 5.3.1 BFSI
    • 5.3.2 IT and Telecom
    • 5.3.3 Government
    • 5.3.4 Healthcare
    • 5.3.5 Manufacturing
    • 5.3.6 Retail
    • 5.3.7 Other End-User Industries
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 United Kingdom
      • 5.4.2.2 Germany
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
      • 5.4.4.1 Mexico
      • 5.4.4.2 Brazil
      • 5.4.4.3 Rest of Latin America
    • 5.4.5 Middle East & Africa
      • 5.4.5.1 United Arab Emirates
      • 5.4.5.2 Saudi Arabia
      • 5.4.5.3 South Africa
      • 5.4.5.4 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Juniper Networks Inc.
    • 6.1.2 Palo Alto Networks Inc.
    • 6.1.3 Dell Technologies
    • 6.1.4 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 6.1.5 Fortinet Inc.
    • 6.1.6 Barracuda Networks Inc.
    • 6.1.7 Forcepoint LLC
    • 6.1.8 WatchGuard Technologies Inc.
    • 6.1.9 Check Point Software Technologies Ltd.
    • 6.1.10 Hillstone Networks
    • 6.1.11 Sophos Technologies Pvt. Ltd (Cyberoam)
    • 6.1.12 Untangle Inc.
    • 6.1.13 Zscaler Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS