デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1195538

3D腹腔鏡イメージング市場-成長、動向、予測(2023年~2028年)

3D Laparoscopy Imaging Market- Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
3D腹腔鏡イメージング市場-成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月23日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

3D腹腔鏡イメージング市場は、予測期間(2022~2027年)に4.5%近いCAGRで推移すると予想されています。

COVID-19の発生により、肥満手術を受けた患者は病院や集中治療室(ICU)への入院リスクが低いことが研究で示されたため、3D腹腔鏡手術が再び注目されるようになっています。2021年1月に「Surgery for Obesity and Related Diseases」に掲載された「Association of prior metabolic and bariatric surgery with the severity of coronavirus disease(COVID-19)in patients with obesity」という研究によると、クリーブランドクリニックの研究者が調査を依頼したところ、代謝手術歴のある重度の肥満患者は、SARS-CoV-2感染が重症ではなく、入院やICUの入場リスクがより低いことから上記の観察結果に至ったとのことだそうです。このことは、肥満手術の需要を高め、ひいては3D腹腔鏡装置の需要にもプラスに働くと考えられます。さらに、「Laparoscopic Gastrointestinal Surgery During COVID-19 Pandemic」と題された研究によると、Bhavid-19による「Single-Center Experience」。2021年4月のBhavin Patelによる「Single-Center Experience」では、COVID-19時代の結果、腹腔鏡手術が減少し、ウイルス感染のリスクがあるため、リスクの高い手術になっています。そのため、腹腔鏡手術の減少は、腹腔鏡イメージング市場を阻害する可能性があります。その結果、COVID-19の時代に市場は大きな影響を受けました。

市場成長の要因は、3Dイメージング技術への嗜好の高まりと進歩、肥満の増加と肥満手術の需要増加、低侵襲手術の需要増加などです。

腹腔鏡手術初心者の効率的なトレーニングのために、クリニックは2Dから3D環境へ置き換えなければならないのか?A Critical Analysis of the Learning Curve for Basic Skills」(2022年1月、Frontier in Surgery誌に掲載)によると、わかりやすい標準化テストで、腹腔鏡初心者は2Dと3D技術の間でパフォーマンス時間やエラー率に大きな差が出たといいます。したがって、外科医は今後も両方の手法のトレーニングを受ける可能性があります。このように、外科医による3D技術の採用が進んでいることが、市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、肥満の有病率の上昇と肥満手術の需要の結果として、市場は成長しています。2021年6月の世界保健機関によると、2020年に体重過多または肥満であった5歳未満の子供は3900万人でした。かつて高所得国だけの問題と考えられていた体重過多と肥満は、現在、低・中所得国でも、特に都市部においてより一般的になってきています。さらに、世界肥満連合が発表した「World Obesity Atlas March 2022」では、2030年までに世界で女性の5人に1人、男性の7人に1人を含む10億人が肥満を抱えることになると予測しています。その結果、肥満の有病率の上昇と処置の必要性の増加により、3D腹腔鏡イメージング市場は予測期間中に成長すると予想されます。

また、従来の腹腔鏡カメラは2次元(2D)システムのみで構成されており、高解像度(HD)システムによるグラフィックの向上はあるもの、奥行き感や空間認識力に欠ける部分があります。3Dシステムは、立体視の喪失を克服することで、腹腔鏡トレーニングの向上につながる可能性があり、市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。例えば、2020年1月に、Karl Storz SE &Co.KGは、モジュラーカメラプラットフォームを搭載した新しい3D外科手術用イメージングシステムを発売しました。この新システムは、異なる外科領域におけるマイクロサージェリーおよびオープンインターベンションのより良い視覚化を可能にします。

したがって、すべての前述の要因は、予測期間にわたって市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、製品に関連する高コストは、市場の成長を抑制します。

3D腹腔鏡イメージング市場動向

肥満手術は、予測期間中にアプリケーション別の重要な市場シェアを占めると予想される

肥満手術の実施件数が増加しているため、今後も市場の成長が見込まれます。外科医は、手術前に正確な解剖を行うために解剖の立体視を必要とするため、3D腹腔鏡イメージングシステムの適用範囲は肥満手術において拡大すると思われます。

2021年6月に発表された世界保健機関の報告書によると、世界の子どもや青少年の5人に1人が太り過ぎであるとされています。肥満の発生率は過去数十年の間に猛烈に増加しており、特に不安やストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣病が蔓延している先進国では、世界の風土病と言われることがあります。さらに、「Bariatric and Metabolic Surgery in India:2022年1月にIndian Journal of Surgeryに掲載された「Where Do We Stand?」では、2020年に世界中で合計833,687件の肥満手術が行われました。さらに同じ資料では、世界で19億人以上の成人が体重過多、6億5000万人が肥満であるとされています。したがって、肥満の高い負担と世界中で実行される肥満手術の数の増加は、3D腹腔鏡画像の需要を駆動し、それによってセグメントの成長を後押しすると予想されます。

肥満はまた、早期死亡率の大幅な増加、生活の質の低下、ヘルスケアの大幅なコストと関連しています。主な併存疾患としては、高血圧、2型糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞、特定のがん、脳卒中、睡眠時無呼吸症候群、変形性関節症などが挙げられます。併存疾患の多くは、死亡原因の上位を占めるものでもあります。

したがって、市場のセグメントの成長を駆動する、肥満手術技術の安全性を高める。

北米は、市場を独占し、予測期間にわたってそう続けることが期待されます。

北米は、予測期間中、3D腹腔鏡イメージング市場を独占しています。これは、開腹手術よりも腹腔鏡手術が好まれるようになったこと、低侵襲手術の利点に対する認識が高まったことに起因しています。さらに、主要プレイヤー間の製品イノベーション競争も市場に影響を与えるでしょう。

さらに、低侵襲な3D腹腔鏡機器の需要の高まりが、市場を後押ししています。外傷が少ないため、低侵襲な手術方法が普及しています。例えば、2020年12月、オリンパスは、低侵襲手術用の手術用画像処理プラットフォーム「VISERA ELITE II」に、3Dと赤外線の機能を追加すると発表しました。このようなプラットフォームが加わることで、病院やオペレーションセンターの効率化、コスト削減を支援することができます。婦人科、一般外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科など、さまざまな分野で活用されています。さらに、一部の国では健康保険会社が低侵襲性腹腔鏡手術の費用を負担しています。Medicare Benefits Schedule march 2022によると、腹腔鏡手術の75%までがMedicare(MBS)によってカバーされるようになりました。こうしたことから、低侵襲手術に対する患者さんの嗜好は高まっています。

さらに、同地域における肥満の蔓延が市場を押し上げると予想されます。2020年9月、米国疾病対策センター(CDC)2022年5月、米国における肥満の有病率は30.5%から41.9%に増加しました。重度の肥満の有病率は、4.7%から9.2%に上昇しました。さらに、2021年6月に発表された米国国民健康統計報告書によると、20歳以上の成人では、肥満の有病率は41.9%、重度の肥満は9.2%、糖尿病は14.8%となっています。人口の間で肥満の有病率の増加は、米国で肥満手術市場を牽引することが期待されます。したがって、肥満の有病率の増加とその治療の支出の上昇は、市場の成長を後押しすることが予想されます。

技術的な高度productbyの起動は、予測期間にわたって市場を成長させることが期待される主要な市場プレーヤー。2020年12月、オリンパス株式会社は、外科医が従来の3D腹腔鏡よりも大きな制御を可能にする剛性3D ENDOEYEビデオ腹腔鏡のアップグレードバージョンをリリースしました。このアップグレードは、外科医に真の水平方向性を提供します。

したがって、肥満手術や泌尿器科手術のための3D腹腔鏡イメージングに対する需要の高まりは、この地域の市場成長を推進すると予想されます。

その他の特典。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 3Dイメージング技術への嗜好の高まりと進歩
    • 肥満の増加と肥満外科手術の需要増
    • 低侵襲手術の需要の高まり
  • 市場抑制要因
    • 製品に関連する高コスト
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース市場規模-USD Million)

  • アプリケーション別
    • 婦人科手術
    • 肥満手術
    • 泌尿器科手術
    • その他のアプリケーション
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • 外来手術センター
    • その他のエンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東地域
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他の中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Olympus Corporation
    • Sometech Inc.
    • Karl Storz SE & Co. KG
    • B. Braun Melsungen AG
    • Conmed Corporation
    • Medtronic Plc
    • Siemens Healthineers
    • Stryker Corporation
    • Johnson & Johnson Medical Devices
    • Richard Wolf GmbH
    • Xion Medical
    • Pentax Medical
    • Fujifilm Healthcare

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 67242

The 3D laparoscopy imaging market is expected to register a CAGR of nearly 4.5% over the forecast period (2022-2027).

With the outbreak of COVID-19, 3D laparoscopy procedures have seen renewed focus as studies have shown that patients who had undergone bariatric surgeries had a lower risk of hospital and intensive care unit (ICU) admissions. According to the study titled "Association of prior metabolic and bariatric surgery with the severity of coronavirus disease (COVID-19) in patients with obesity" published in the Surgery for Obesity and Related Diseases in January 2021, researchers at the Cleveland Clinic commissioned a study and they came up with the above observation that patients with severe obesity who have histories of metabolic surgery have SARS-CoV-2 infections that are less severe, as shown by lower risks of hospital and ICU admission. This is likely to increase the demand for bariatric procedures, which will eventually positively affect the demand for 3D laparoscopy devices. Moreover, according to the study titled "Laparoscopic Gastrointestinal Surgery During COVID-19 Pandemic: Single-Center Experience" by Bhavin Patel in April 2021, laparoscopic procedures have decreased as a result of the COVID-19 era, making it a risky procedure due to a potential risk of viral transmission. Therefore, a decline in laparoscopic surgery could hinder the laparoscopy imaging market. Consequently, the market was significantly impacted during COVID-19.

The factors driving market growth include increasing preference for and advancements in 3D imaging technology, increase in obesity and rising demand for bariatric surgeries, and rising demand for minimally invasive procedures.

According to the study titled "Must Clinics Replace 2D by 3D Environments for an Efficient Training of Laparoscopic Novices? A Critical Analysis of the Learning Curve for Basic Skills" published in the Frontier in Surgery in January 2022, in a straightforward standardized test, laparoscopic novices showed a significant difference between 2D and 3D technology in performance time and error rate. Thus, surgeons may continue to receive training in both methods in the future. Thus, the growing adoption of 3D technology by the surgeon is anticipated to drive the growth of the market.

In addition, the market is growing as a result of the rising prevalence of obesity and the demand for bariatric surgery. According to the World Health Organization in June 2021, there were 39 million under-five years old kids who were overweight or obese in 2020.Overweight and obesity, once thought to be a problem only in high-income nations are now becoming more prevalent in low- and middle-income nations as well, especially in urban areas. Moreover, World Obesity Atlas March 2022 published by the World Obesity Federation, predicts that by 2030, one billion people worldwide, including one in five women and one in seven men, will have obesity. As a result, the market for 3D laparoscopy imaging market is anticipated to grow over the projection period due to the rising prevalence of obesity and the increased need for the procedure.

In addition, a conventional laparoscopic camera consists of only a 2-Dimensional (2D) system and although there is an improvement in graphics from a high definition (HD) system, there is still a lack of depth and spatial perception. 3-Dimensional (3D) systems can potentially improve laparoscopic training by eliminating the need to overcome the loss of stereoscopic vision likely to affect market growth positively. For instance, in January 2020, Karl Storz SE & Co. KG launched a new 3D surgical imaging system with a modular camera platform. The new system allows for better visualization of microsurgical and open interventions in different surgical fields.

Thus, all aforementioned factors are anticipated to boost the market growth over the forecast period. However, the high costs associated with the products restrain the market growth.

3D Laparoscopy Imaging Market Trends

Bariatric Surgery is Expected to Hold Significant Market Share by Application Over the Forecast Period

Due to the increasing number of bariatric surgeries performed, the market will continue to grow. The application scope of 3D laparoscopy imaging systems is likely to expand in bariatric surgeries, as surgeons require a stereoscopic vision of anatomy for an accurate dissection prior to surgery.

According to the World Health Organization's report published in June 2021, One in five children and adolescents globally are overweight. Incidences of obesity have been increasing fiercely over the past decades, and it is often described as a global endemic, especially in developed countries where lifestyle-related disorders, such as anxiety, stress, smoking, and drinking, are more prevalent. Furthermore, as per the study titled "Bariatric and Metabolic Surgery in India: Where Do We Stand?" published in the Indian Journal of Surgery in January 2022, a total of 833,687 bariatric procedures were performed around the world in 2020. in addition as per the same source, Over 1.9 billion adults worldwide are overweight, with 650 million being obese. Thus, the high burden of obesity and rising in the number of bariatric surgery performed across globe anticipated to drive the demand of 3D laparoscopy imaging thereby boost the segment growth.

Obesity is also associated with substantial increases in premature mortality, impaired quality of life, and substantial costs of healthcare. The major comorbidities include hypertension, Type-2 diabetes, dyslipidaemia, myocardial infarction, certain cancers, stroke, sleep apnea, and osteoarthritis. Most of the comorbidities are the leading causes of death too.

Thus, increase the safety of the bariatric surgical techniques, driving the growth of the segment in the market.

North America Dominates the Market and is expected to continue so Over the Forecast Period

North America dominates the 3D laparoscopic imaging market over the forecast period. This can be attributed to a growing preference for laparoscopic surgery over open surgery, as well as increased awareness of the advantages of minimally invasive procedures. Furthermore, product innovation competition among major players will have an impact on the market.

Furthermore, the market is being propelled forward by a growing demand for minimally invasive 3D laparoscopic equipment. Because of the less trauma they cause, minimally invasive surgical methods are becoming more popular. For example, in December 2020, Olympus reported that their VISERA ELITE II surgical imaging platform for minimally invasive surgery will now include 3D and infrared capabilities. The addition of a platform like this could aid hospitals and operation centers in increasing efficiency and lowering costs. Gynecology, general surgery, orthopedic surgery, endourology, and ENT are just a few of the applications for the product. Furthermore, health insurance companies in some countries pay for minimally invasive laparoscopic surgeries. According to the Medicare Benefits Schedule march 2022, up to 75% of laparoscopic procedures are now covered by Medicare (MBS). As a result of these considerations, patients' preferences for minimally invasive surgeries have increased.

Moreover, increasing prevalence of obesity in the region anticipated to boost the market. In September 2020, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) May 2022, the prevalence of obesity in the United States increased from 30.5 to 41.9%. The prevalence of severe obesity rose from 4.7 percent to 9.2%. Moreover, As per United States National Health Statistics Reports published in June 2021, among adults aged 20 and over, the prevalence of obesity was 41.9%, severe obesity was 9.2%, and diabetes was 14.8%. The increase in the prevalence of obesity among the population is expected to drive the bariatric surgery market in the United States.Thus, increasing prevalence of the obesity and rising in spending of its treatment anticipated to boost the market growth.

Launch of technological advanced productby the key market players expected to grow the market over the forecast period. In December 2020, Olympus Corporation released an upgraded version of its rigid 3D ENDOEYE video laparoscope, which allows surgeons greater control than conventional 3D laparoscopes. The upgrade provides true horizon orientation for surgeons.

Hence, the rising demand for 3D laparoscopic imaging for bariatric and urologic surgeries is expected to propel the market growth in the region.

3D Laparoscopy Imaging Market Competitor Analysis

The global 3D laparoscopy imaging market is moderately competitive and consists of a few major players. Companies like Olympus Corporation, Sometech, Inc., Karl Storz SE & Co. KG, B. Braun Melsungen AG, Fujifilm Healthcare, Medtronic, and Siemens Healthineers, among others, hold the substantial market share in the 3D laparoscopy imaging market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Preference for and Advancements of 3D Imaging Technology
    • 4.2.2 Rise in Obesity and Increase in Demand for Bariatric Surgeries
    • 4.2.3 Rising Demand for Minimally Invasive Procedures
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost Associated with the Products
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Application
    • 5.1.1 Gynecological Surgery
    • 5.1.2 Bariatric Surgery
    • 5.1.3 Urological Surgery
    • 5.1.4 Other Applications
  • 5.2 By End User
    • 5.2.1 Hospitals
    • 5.2.2 Ambulatory Surgical Centers
    • 5.2.3 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Olympus Corporation
    • 6.1.2 Sometech Inc.
    • 6.1.3 Karl Storz SE & Co. KG
    • 6.1.4 B. Braun Melsungen AG
    • 6.1.5 Conmed Corporation
    • 6.1.6 Medtronic Plc
    • 6.1.7 Siemens Healthineers
    • 6.1.8 Stryker Corporation
    • 6.1.9 Johnson & Johnson Medical Devices
    • 6.1.10 Richard Wolf GmbH
    • 6.1.11 Xion Medical
    • 6.1.12 Pentax Medical
    • 6.1.13 Fujifilm Healthcare

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS