デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190986

機能性飲料市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)

Functional Beverage Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
機能性飲料市場- 成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

機能性飲料の世界市場は、今後5年間でCAGR7.5%を記録すると予測されています。

COVID-19以降、市場は、免疫の健康などの機能的な利点を提供する製品への需要の急増を示しており、これは市場にプラスの影響を与えると思われます。消費者は、身体の防御を助けるかもしれないと考え、機能性飲料製品を求めるようになってきています。英国のような国は、すでに「より良い健康」のようなキャンペーンで国の上昇肥満に対抗するための証明計画を発表しています。このような取り組みが機能的な利点を持つ機能性飲料を選ぶに回って消費者を獲得、市場の潜在的な考えられています。植物由来やラクトースフリーの飲料製品のような革新的な製品への需要の増加が市場の成長を促進しており、CBD入りの機能性飲料の含有が今後の市場の機会になると予想されています。

多くの機能性飲料は、水分補給、体液維持、栄養補給など、数多くの健康効果をもたらします。高齢化が進むベビーブーム世代は、生活を豊かにする革新的な製品への投資に前向きであり、機能性飲料業界は、食事と健康の関連性を消費者が認識することでますます活性化しています。そのため、市場開拓者は定期的に新製品を開発し、調査対象市場をさらに発展させようとする動きが活発化しています。

より多くの消費者がオンラインとDTCの流通モデルに対する認識と経験を深めるにつれ、今後数年間、市場は機能性飲料メーカーによるオンラインチャネルへの移行を示すことになると予想されます。また、エナジードリンクはコーヒーの代用品として大学生や会社員の間で人気が高まっています。さらに、これらのエナジードリンクはアルコール飲料のミキサーとしても人気が出てきています。

主な市場動向

健康的な水分補給製品への需要の高まり

消費者の健康志向の高まりにより、プロバイオティクス食品は必須アイテムとなっています。また、「すぐに飲める」「外出先でも飲める」といったキャッチフレーズの販売促進や、飲料が提供する好ましいパッケージングなどの利便性要因が、コンブチャを含むプロバイオティクス飲料の需要をさらに高めています。消費者は、フルーツジュースや炭酸飲料よりも機能性飲料を好むようになりました。

現在、消費者は清涼飲料水のカテゴリーに関連する健康への影響をますます認識するようになっており、心配性の飲用者は炭酸飲料やジュースなどの悪評高いカテゴリーを敬遠し、豆乳、プロバイオティクス、その他の機能性飲料など「より健康的な選択肢」を選ぶことが多くなっています。健康的な水分補給飲料の需要が高まっている背景には、消費者教育が大きな要因となっています。健康的な水分補給の動向は、天然成分を含む発酵飲料に対する認知度の高まりと、プロバイオティクスの摂取に対する受け入れの拡大が成功の要因となっています。

アジア太平洋地域は最も急速に成長している地域です。

心血管疾患、骨粗しょう症、関節炎の発症率の高さに加え、利便性の高い飲料への需要の高まりとアジアの消費者のライフスタイルの変化が、市場における機能性エネルギー飲料、栄養強化/機能性植物性飲料、麦芽ベースのホットドリンクの売上増加の主な要因になっています。さらに、インドや中国などの国では糖尿病の有病率が高いため、消費者は健康的な食生活とアクティブなライフスタイルの重要性をより認識するようになり、ステビア飲料などの天然甘味料を好むようになりました。国際糖尿病連合によると、2022年、インドは東南アジア地域を構成する7カ国のうちの1つとなっています。東南アジア地域では、9000万人が糖尿病を患っており、2045年には、この数は1億5150万人に増加すると予想されています。そのため、PepsiCo Inc.やCoca-Colaなどの企業は、製品に含まれる人工成分の除去や糖分の低減に取り組んでいます。

さらに、オーストラリアはアジア太平洋地域における機能性飲料の主要市場の1つです。健康志向の強いオーストラリアの人々は、より健康的な食品、特に健康に役立つ機能性を持つ製品をわざわざ選んで摂取しています。その結果、機能性飲料製品はここ数年、大きな伸びを見せています。オーストラリアの機能性飲料分野における動向の機能性飲料の例としては、Kombuchaなどの発酵飲料やnootropicドリンクなどが挙げられます。その結果、同国の機能性飲料業界はここ数年、いくつかの変化を遂げました。企業は、消費者の需要の変化に対応するため、製品イノベーション戦略を調整してきました。例えば、2021年4月、MOJOは腸の健康という異なる側面をサポートする新しいMOJO Kambucha Sodaを発売しました。新しく発売されたこの商品は、低糖質でステビアを使用しておらず、1杯あたり2.5gの食物繊維が含まれています。味は3種類あります。Tropical Twirl、Cola Kiss、Berry Blitzの3種類です。

競合情勢

機能性飲料市場は競争が激しく、地域や国によって数多くの競合が存在します。また、各企業は、各製品に機能的な利点を盛り込みながら、消費者に革新的な製品を提供することに幅広く注力しています。さらに、イノベーションと拡大戦略で消費者を取り込みながら、主要プレイヤーは市場収益を活用しています。市場で活動する多くの企業は、統合を達成し、それらの提供を最適化するために彼らの主要な戦略として、製品の革新、合併、買収に乗り出しています。調査対象市場の主要企業には、PepsiCo、Red Bull GmbH、Coco-Cola、Monster Beverage Corporationなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果 および調査前提条件
  • 本調査の対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 種類
    • エナジードリンク
    • スポーツドリンク
    • 強化ジュース
    • 乳製品・乳製品代替飲料
    • その他のタイプ
  • 流通経路
    • スーパーマーケット/ハイパーマーケット
    • 薬局・健康食品店
    • コンビニエンスストア
    • ネットショップ
    • その他の流通チャネル
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ロシア
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • 南アフリカ
      • サウジアラビア
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • PepsiCo Inc.
    • Red Bull GmbH
    • National Beverage Corp
    • Danone SA
    • Monster Beverage Corporation
    • JAB Holdings Company
    • General Nutrition Centers Inc.
    • The Hain Celestial Group Inc.
    • Fonterra Co-operative Group
    • Koios Beverage Corp.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 47103

The Global Functional Beverage Market is projected to register a CAGR of 7.5% over the upcoming five years.

Post-Covid-19, the market has witnessed a surge in demand for products that provide functional benefits, such as immune health, which is likely to impact the market positively. Consumers are increasingly seeking functional beverage products as they believe might aid in the body's defenses. Countries like United Kingdom have already announced a proof plan to counter rising obesity in the country with campaigns like '' better health''. Such initiatives are being considered a potential for the market that earns consumers turning to opt for a functional beverage with functional benefits. Increasing demand for innovative products, like plant-based and lactose-free beverage products, is driving market growth, while the inclusion of CBD-infused functional beverages is expected to be an opportunity for the future market.

Many functional drinks offer numerous health benefits, including hydration, fluid maintenance, and nutritional benefits. With the aging baby boom generation willing to invest in innovative products that will enhance their lives, the functional beverage industry is increasingly driven by consumers' recognition of the link between diet and health. Market players are therefore increasingly developing new products regularly to further develop the studied market.

As more consumers gain awareness and experience with the online and DTC distribution models, the market is expected to witness a transition of online channels by functional beverage manufacturers in the coming years. Additionally, energy drinks are becoming increasingly popular among college students and corporate workers as a substitute for coffee. Furthermore, these energy drinks are becoming more popular as mixers for alcoholic beverages.

Key Market Trends

The Growing Demand for Healthy Hydration Products

The progressive inclination of consumers toward health-oriented beverages has involved probiotic food products as a requisite in the list. In addition, the sale promoting tag lines, such as "ready to drink," "on the go," and other convenience factors, such as favorable packaging altogether served by beverages, further augments the demand for probiotic drinks, including kombucha. Consumers have started to prefer functional drinks over fruit juices and carbonated drinks.

With consumers now increasingly aware of the health implications associated with soft drinks categories, concerned drinkers are frequently shunning vilified categories, like carbonates and juices, in favor of 'healthier choices, such as soymilk, probiotics, and other functional drinks. Consumer education has been the key factor behind the rising demand for healthy hydration drinks. The trend of healthy hydration owes its success to the growing awareness of fermented drinks with natural ingredients and the increasing acceptance of consuming probiotics.

Asia-Pacific is the Fastest Growing Region

The high incidence of cardiovascular disease, osteoporosis, and arthritis, coupled with the growing demand for convenience beverages and the changing lifestyle among Asian consumers, is the primary driver for the growth of functional energy drinks, fortified/functional plant-based, and malt-based hot drink sales in the market. Furthermore, due to the high prevalence of diabetes in countries like India and China, consumers are becoming more aware of the importance of a healthy diet and active lifestyle, encouraging consumers to prefer natural sweeteners, such as stevia beverages. According to the International Diabetes Federation, In 2022, India is one of the 7 countries that make up the South East Asia region. In the South East Asia Region, 90 million people have diabetes; by 2045, this number will rise to 151.5 million. Thus, companies like PepsiCo Inc. and Coca-Cola are committed to removing artificial ingredients and reducing the sugar content in their products.

Additionally, Australia is one of the major markets for the functional beverage in the Asia-Pacific region. Health-conscious Australians are going out of their way to consume healthier food products, particularly products that have a functional benefit to their health. As a result, functional beverage products have seen tremendous growth in recent years. A few examples of trending functional beverages in the functional beverage sector of Australia include fermented drinks such as Kombucha and nootropic drinks. Consequently, the functional beverage industry in the country has undergone some changes over the last few years. Companies have adjusted their product innovation strategies to meet the changing demands of consumers. For instance, in April 2021, MOJO launched its new MOJO Kambucha Soda which supports a different aspect of gut health. The newly launched product is low in sugar and is stevia free with 2.5 grams of dietary fiber per serving. It is available in three distinct flavors: Tropical Twirl, Cola Kiss, and Berry Blitz.

Competitive Landscape

The functional beverage market is competitive and comprises numerous regional and international competitors. Players are also extensively focusing on providing consumers with innovative offerings while including functional benefits in each of their products. Furthermore, while engaging the consumers with innovation and expansion strategies, key players are capitalizing on the market revenue. Many companies operating in the market are embarking on product innovation, mergers, and acquisitions as their key strategies to achieve consolidation and optimize their offerings. Some of the major players in the market studied are PepsiCo, Red Bull GmbH, Coco-Cola, and Monster Beverage Corporation, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables and Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Energy Drinks
    • 5.1.2 Sports Drinks
    • 5.1.3 Fortified Juice
    • 5.1.4 Dairy and Dairy Alternative Beverage
    • 5.1.5 Other Types
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 Supermarket/Hypermarket
    • 5.2.2 Pharmacies/Health Stores
    • 5.2.3 Convenience Stores
    • 5.2.4 Online Retail Stores
    • 5.2.5 Other Distribution Channels
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
      • 5.3.1.4 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 United Kingdom
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Russia
      • 5.3.2.5 Italy
      • 5.3.2.6 Spain
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 India
      • 5.3.3.2 China
      • 5.3.3.3 Japan
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 South Africa
      • 5.3.5.2 Saudi Arabia
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 PepsiCo Inc.
    • 6.3.2 Red Bull GmbH
    • 6.3.3 National Beverage Corp
    • 6.3.4 Danone SA
    • 6.3.5 Monster Beverage Corporation
    • 6.3.6 JAB Holdings Company
    • 6.3.7 General Nutrition Centers Inc.
    • 6.3.8 The Hain Celestial Group Inc.
    • 6.3.9 Fonterra Co-operative Group
    • 6.3.10 Koios Beverage Corp.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS