デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1190741

エンドポイントセキュリティ市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)

Endpoint Security Market - Growth, Trends, and Forecasts (2023 - 2028)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.08円
エンドポイントセキュリティ市場の成長、動向、予測(2023年~2028年)
出版日: 2023年01月18日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エンドポイントセキュリティ市場は、今後数年間、CAGR 8.0%で成長すると予想されています。

エンドポイントセキュリティは、デスクトップ、ラップトップ、モバイルデバイスなどのエンドユーザーデバイスのエンドポイントまたはアクセスポイントを、悪意ある行為やキャンペーンから保護するものです。エンドポイントセキュリティ技術は、ネットワーク上やクラウド上のエンドポイントにサイバー脅威が到達するのを防ぎます。

人口の増加や産業プロセスのデジタル化に伴い、PC、ノートPC、スマートフォン、タブレット端末、POS端末の台数は飛躍的に増加しています。スマートデバイスの増加に伴い、ネットワーク上のエンドポイント数も世界的に増加しています。エンドポイント端末の増加に伴い、セキュリティの確保が求められています。

多くの分野でデータ侵害が増加しているため、何百万もの顧客データ記録がハッカーにさらされ、影響を受けたいくつかの企業が何百万米ドルもの損失を被る結果となり、世界中のさまざまなエンドユーザーの間でエンドポイントセキュリティソリューションに対する重要度が増しています。

また、組織におけるBYODの普及により、さまざまなノートパソコン、デスクトップ、スマートフォンが流入し、さまざまなエンドポイントが攻撃にさらされる可能性が高まっています。セキュリティ対策だけでは、これらを阻止することはできません。世界中でモバイル機器の導入が大幅に増加していることから、予測期間中に大きな機会が生まれると考えられています。Cisco Annual Internet Reportによると、来年までにネットワーク接続されたデバイスは約293億個になると言われています。スマートマニュファクチャリングとスマート産業は、5G以降の導入が進むことで成長が期待されます。

エンドポイントセキュリティ市場は飽和し、コモディティ化しています。多くの企業がベンダーとの関係を評価し、効率的で高機能なエンドポイントセキュリティソリューションに投資しようとしているため、市場の再成長がかなり進んでいます。

COVID-19が発生した際、職場における社会的距離を取りやすくし、在宅勤務を可能にすることで、組織がエンドポイントセキュリティソリューションを導入することが期待されました。そのため、クラウド基盤やサービスの導入が急速に進み、市場を牽引するデバイス数の急増につながったと考えられます。

主な市場動向

製造業エンドユーザーセグメントは予測期間中に大きく成長すると予想される

  • Industrial Internet of Things(IIoT)およびIndustry 4.0は、生産プロセスの強化、在庫管理の管理強化、より優れた自動化を実現する一方で、データの損失や漏えいにつながるデータ侵害について、製造業者に新しい脆弱性をもたらしています。
  • また、メーカーは、進行中のプロジェクト、企業が公開したくない将来の製品の設計、ハッカーがアクセスできる重要な機密情報を含む財務データなど、膨大な種類の専門的かつ機密的なデータをシステム上に保存しています。例えば、コンピュータ支援設計(CAD)には、偽造品を製造するためにハッキングされたり、あるいは攻撃者が重要なシステムにアクセスするために感染やトロイの木馬化されたりする可能性のある秘密情報が含まれています。
  • また、製造業では最近、情報漏えいを伴う攻撃が増加しています。昨年5月には、BabukグループのBabukransomwareが使用するデータ漏洩サイトに、電動工具や農業・産業機械などを製造するやまびこ(本社:東京都)が追加されました。このデータ流出には、従業員の個人識別情報(PII)、財務データ、製品の回路図など、多くの情報が含まれています。同グループは、合計0.5TBのデータを保有していると主張しています。
  • さらに、5Gに接続されたIoTセンサーの普及は、製造業者の潜在的な攻撃対象が急激に拡大することを示唆しています。5Gの登場により、機械の接続とリアルタイムのデータの流れが可能になるからです。このような変革により、エンドポイントセキュリティベンダーは今後、革新的な製品を展開する必要に迫られるかもしれません。

北米が最大の市場シェアを占めると予想される

  • 北米は、世界中のあらゆる主要な組織の主要な拠点となっています。小売業の拡大やIoTの発展により、同地域のスマートデバイスやモバイルの需要が高まっています。エンドポイントセキュリティ市場に影響を与える攻撃のリスクは、個人や企業、政府などさまざまです。そのため、同地域ではデータの保護が最優先事項となっています。
  • さらに、北米地域、特に米国におけるサイバー攻撃は急速に増加しており、過去最高レベルに達しています。これは主に、同地域で接続デバイスの数が急速に増加していることに起因しています。
  • Identity Theft Resource Center(ITRC)によると、米国における情報漏えいの平均件数は、過去数年間でわずかに増加しているとのことです。米国が直面したデータ侵害の件数は、2017年の1,506件から、昨年は1,826件に増加しました。
  • 同地域のヘルスケア業界では、健康関連データの電子記録への移行が急速に進んでいるため、多くのデータ侵害が発生しています。その結果、電子健康・医療記録が増加し、エンドポイントセキュリティソリューションが必要とされています。HIPAAによると、ヘルスケア分野では昨年、686件以上のデータ漏洩が発生し、4,499万件以上の記録の流出や盗難があったとのことです。
  • IBMが今年発表した「Cost of Data Breach Report」の統計によると、カナダはデータ侵害の平均コストが最も高い国として第3位にランクされています。同国のデータ侵害の平均コストは昨年の540万米ドルで、前年の450万米ドルを上回っています。
  • Canadian Center for Cyber Securityによると、昨年上半期にランサムウェアの攻撃は世界全体で151%増加しました。同サイバーセンターは、カナダ国内の被害者に対して235件のランサムウェアが発生したことを報告しています。さらに、カナダ不正対策センター(CAFC)は、前年度にカナダ人が詐欺によって1億7000万米ドルを失ったと推定しています。

競合情勢

エンドポイントセキュリティ市場は、小規模、地域、大規模な多国籍企業など、あらゆる規模に対応した複数のベンダーによって細分化されています。市場では激しい競争が繰り広げられているため、どの企業も自社の製品やサービスを他社と差別化するために、明確な価値と独自の提案を生み出すことに注力しています。老舗企業は、小規模ベンダーを買収してポートフォリオを充実させようとしています。

  • 2022年3月、グーグルはサイバーセキュリティ企業のマンディアントを54億米ドルで買収する計画を発表しました。この買収は、拡大する脅威から企業を守るために、大手クラウドプロバイダーが幅広い取り組みを行っていることを表しています。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の業界への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • スマートデバイスの成長
    • データ漏洩の増加
  • 市場抑制要因
    • サイバー攻撃に対する認識不足

第6章 市場セグメンテーション

  • エンドユーザー別
    • コンシューマー
    • ビジネス
      • BFSI
      • 政府機関
      • 製造業
      • ヘルスケア
      • エネルギー・電力
      • 小売
      • その他の事業
  • 地域別情報
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • VMware Inc.
    • Bitdefender LLC
    • Avast Software SRO
    • Fortinet Inc.
    • ESET LLC
    • Panda Security SL
    • Kaspersky Lab Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Sophos Group PLC
    • Cisco Systems Inc.
    • SentinelOne Inc.
    • FireEye Inc.
    • RSA Security LLC
    • Palo Alto Networks Inc.
    • Broadcom Inc.(Symantec Corporation)
    • Trend Micro Inc.
    • CrowdStrike Holdings Inc.
    • McAfee LLC
    • Blackberry Cylance

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 49357

The endpoint security market is expected to grow at a CAGR of 8.0% over the next few years. Endpoint security protects the endpoints or access points of end-user devices such as desktops, laptops, and mobile devices against malicious acts and campaigns. Endpoint security technologies prevent cyber threats from reaching endpoints on a network or in the cloud.

The number of PCs, laptops, smartphones, tablets, and point-of-sale terminals is increasing dramatically as the population grows and industrial processes become more digital. As the number of smart devices grows, so will the number of endpoints in networks worldwide. As a result of the increased number of endpoint devices, security is required.

The growing number of data breaches across many sectors has exposed millions of customer data records to hackers and resulted in the loss of millions of dollars for several impacted firms, increasing the emphasis on endpoint security solutions among various end users globally.

The increasing adoption of BYOD trends in organizations has increased the influx of different laptops, desktops, and smartphones, which has created different endpoints vulnerable to attacks. Security measures on their own are not enough to stop them. The massive growth in the adoption of mobile devices across the world is expected to create significant opportunities during the forecast period. According to the Cisco Annual Internet Report, there will be approximately 29.3 billion networked devices by next year. Smart manufacturing and the smart industry are expected to grow with the increased adoption of 5G and beyond.

The endpoint security market is saturated and commoditized. There is considerable renewed growth in the market as many companies are evaluating their vendor relationships and trying to invest in efficient and higher-functioning endpoint security solutions.

During the COVID-19 outbreak, organizations were expected to adopt endpoint security solutions by facilitating social distancing at work and allowing remote work-from-home offices. This has contributed to the rapid adoption of cloud infrastructure and services, leading to a rapid increase in the number of devices driving the market.

Key Market Trends

Manufacturing End User Segment is Expected to Grow Significantly Over the Forecast Period

  • While the Industrial Internet of Things (IIoT) and Industry 4.0 enhance production processes, provide more control over inventory management, and offer better automation, they have also created a new layer of vulnerabilities for manufacturers about data breaches, which could lead to data loss or leakage.
  • Manufacturers also store a vast range of specialized and classified data on their systems, such as ongoing projects, designs for future products that companies may not like to expose, and confidential financial data that contains critical and confidential information that hackers can access. For instance, computer-aided design (CAD) contains secretive information that can be hacked to produce counterfeit goods or even infected or trojanized to enable attackers to access critical systems.
  • In addition, the manufacturing sector has experienced an increase in attacks involving data breaches in recent times. In May last year, Yamabiko, a Tokyo-headquartered power tool and agricultural and industrial machinery manufacturer, was added to the data leak site used by the Babukgroup's Babukransomware. This data leak includes personally identifiable information (PII) on employees, financial data, product schematics, and many more. The group claimed to have a total of 0.5 TB of data.
  • Further, the proliferation of 5G-connected IoT sensors indicates a radical expansion of the potential attack surface for manufacturers. This is because the advent of 5G will enable the connection of machinery and a stream of real-time data. Such transformations may compel endpoint security vendors to roll out innovative offerings in the future.

North America is Expected to Hold the Largest Market Share

  • North America is a primary hub for all major organizations across the world. The expansion of the retail industry and the growth of IoT drive the demand for smart devices and mobiles in the region. The risks of attacks that can impact the endpoint security market vary from individuals and corporates to governments. Thus, protecting data has become a priority in the region.
  • Moreover, cyberattacks in the North American region, especially in United States, are rising rapidly and have reached an all-time high, primarily owing to the rapidly growing number of connected devices in the region.
  • According to the Identity Theft Resource Center (ITRC), the average number of breaches in United States has increased marginally over the past few years. The number of data breaches faced by United States increased from 1,506 breaches in 2017 to 1,826 violations in the last year.
  • The healthcare industry in the region is also witnessing many data breaches as health-related data is moving rapidly toward electronic records. This has resulted in an increase in electronic health and medical records, which require endpoint security solutions. According to HIPAA, the healthcare sector recorded more than 686 data breaches last year, including the exposure or theft of more than 44.99 million records.
  • According to statistics in the Cost of Data Breach Report published by IBM this year, Canada ranked third in terms of the highest average data breach cost. The country's average cost of data breaches stood at USD 5.40 million last year, up from USD 4.50 million the year before.
  • According to the Canadian Center for Cyber Security, ransomware attacks increased by 151% globally in the first half of last year. The Cyber Center reported 235 ransomware incidents against victims in Canada. Further, the Canadian Anti-Fraud Centre (CAFC) estimated that Canadians lost USD 170 million due to fraud in the previous year.

Competitive Landscape

The endpoint security market is fragmented by several vendors based on all scales, i.e., small-scale, regional, and large multi-national scales. Due to intense rivalry in the market, all players are focusing on creating clear value and unique propositions to differentiate their products and services from others. Well-established companies are trying to acquire small-scale vendors to enhance their portfolios.

  • In March 2022, Google announced its plan to acquire cybersecurity firm Mandiant for USD 5.4 billion. The deal represents a broad effort by leading cloud providers to help enterprises protect themselves from growing threats.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growth in Smart Devices
    • 5.1.2 Increasing Number of Data Breaches
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of Awareness about Cyberattacks

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By End User
    • 6.1.1 Consumer
    • 6.1.2 Business
      • 6.1.2.1 BFSI
      • 6.1.2.2 Government
      • 6.1.2.3 Manufacturing
      • 6.1.2.4 Healthcare
      • 6.1.2.5 Energy and Power
      • 6.1.2.6 Retail
      • 6.1.2.7 Other Businesses
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
    • 6.2.2 Europe
    • 6.2.3 Asia-Pacific
    • 6.2.4 Latin America
    • 6.2.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 VMware Inc.
    • 7.1.2 Bitdefender LLC
    • 7.1.3 Avast Software SRO
    • 7.1.4 Fortinet Inc.
    • 7.1.5 ESET LLC
    • 7.1.6 Panda Security SL
    • 7.1.7 Kaspersky Lab Inc.
    • 7.1.8 Microsoft Corporation
    • 7.1.9 Sophos Group PLC
    • 7.1.10 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.11 SentinelOne Inc.
    • 7.1.12 FireEye Inc.
    • 7.1.13 RSA Security LLC
    • 7.1.14 Palo Alto Networks Inc.
    • 7.1.15 Broadcom Inc. (Symantec Corporation)
    • 7.1.16 Trend Micro Inc.
    • 7.1.17 CrowdStrike Holdings Inc.
    • 7.1.18 McAfee LLC
    • 7.1.19 Blackberry Cylance

8 INVESTMENT ANALYSIS​​

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS