市場調査レポート
商品コード
1138569

自動車用インサイド・バック・ミラー(IRVM)市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

Automotive Inside Rearview Mirrors (IRVM) Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 80 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
自動車用インサイド・バック・ミラー(IRVM)市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 80 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車用インサイド・バック・ミラー(IRVM)市場は、2021年に29億8,832万米ドル、2027年には41億6,946万米ドルに達し、予測期間(2022~2027年)のCAGRは約5.4%を記録すると予測されています。

自動車用インサイド・バック・ミラーは、パンデミックの影響を受け、OEMや自動車部品サプライヤーの大半が政府の封鎖措置により生産拠点の閉鎖を余儀なくされました。このため、自動車メーカーからのIRVMに対する需要は低く、メーカーの生産量も減少しました。2021年以降、世界の自動車販売台数の増加やサプライチェーン網の整備により、IRVMの需要は安定的に推移しています。

また、中期的には、乗客の快適性と安全性に対する意識の高まりや、安全機能を義務付ける政府規制を背景に、ADAS機能を統合した自動車の生産が増加し、市場の需要を牽引することが期待されます。例えば、米国道路安全保険協会(Insurance Institute for Highway Safety)によると、年間15,000人が背中の事故で負傷しており、子供や高齢者が最も多く犠牲になっていると言われています。また、米国道路交通安全局のレポートによると、米国では毎年84万件近くの死角事故が発生しているとのことです。そのため、促進要因の快適性と安全性を維持するために、車両用IRVMは非常に重要な役割を担っています。

カメラとセンサーは、さまざまな目的を果たすため、新車には欠かせない部品です。OEMは、より安全で、より快適な運転ができ、より燃費の良い車を製造するのに役立っています。バックカメラやその他の自動車用カメラシステムは、一般的に道路を走る車の安全性を向上させる有用なツールと見なされてきました。しかし、促進要因の視認性を向上させるはずの複雑なカメラやモニターシステムが、かえって混乱を招き、注意力を散漫にさせてしまうケースもあるようです。

アジア太平洋地域は、インド、日本、中国の自動車生産の上昇のために自動車リアビューミラー市場の世界を支配する可能性があります。また、これは欧州では、例えば、ポルシェ、AUDI、フォルクスワーゲン、BMWのための地域の著名な選手の存在に起因する二番目に大きな市場を登録する可能性がありますです。これらの地域での技術開発は、予測期間にわたって自動車用ミラー市場に大きな機会を作成することが期待されます。

主な市場動向

乗用車セグメントが市場で大きなシェアを占める見込み

乗用車セグメントは、自動車生産台数の増加や、世界の主要地域における自動車販売台数の増加に伴い、幅広い消費者を惹きつける革新的な製品の投入にOEMメーカーが注力していることから、予測期間中、市場の成長ペースが速まることが予想されます。例えば、2021年の世界自動車販売台数は約6670万台、2020年は約6380万台でした。世界の大流行により、自動車販売を含む世界中の経済活動が影響を受け、いくつかの国ではウイルスの蔓延を抑えるために厳しい閉鎖が実施されました。そのため、2020年の自動車販売台数は、2019年と比較して14.8%減少しました。しかし、生活が正常に戻ったことで、世界的に自動車の販売台数は増加しており、これが自動車用IRVM市場の予測期間での成長を助けることになります。

乗用車の需要の増加と電動モビリティの意識の高まりにより、主要プレイヤーは現在のフリートの電動化に期待しています。例えば、以下の通りです。

  • 2022年3月、Ford Motorsは、2024年末までに欧州で3台のオール電化乗用車を投入すると発表し、2026年までに欧州地域で年間60万台以上の電気自動車を販売する目標を設定しました。
  • 2022年1月、General Motorsは電気自動車の生産能力を高めるため、ミシガン州の2工場に40億米ドル以上の投資を検討していることを発表しました。GMとLGエナジーソリューションは、ランシングに25億米ドルのバッテリー施設の建設を提案しています。

乗用車の販売台数の増加に伴い、IRVMの需要も大きく伸びています。現在、すべての高級乗用車に先進的なIRVMが搭載され、市場を技術的に支配しています。例えば、以下の通りです。

  • 2022年8月、アウディインドは、見ていくつかの新しい技術を採用している新しいQ3を導入しています。アウディは、フレームレス自動調光IRVMとリアビューカメラとパーキングエイドプラスを追加しました、これは完全なQ3で他の追加機能とは別に、促進要因の安全性と快適性を向上させるものとします。
  • 2022年8月、Tata Punchの印象的な販売を目撃した後、Tata Groupは、追加機能を包含しなければならないBlackbirdと名付けられたCretaセグメントのミドルサイズSUVを来年発売することを発表しています。この車には、先進的なデジタル計器コンソール、自動調光式IRVM、自動空調、電動式ORVMなどが装備される予定です。

自動車用バックミラー市場は、新しいカメラ技術との厳しい競争に直面しており、乗用車のセグメントで登場しています。主要な自動車メーカーやバックミラーメーカーは、促進要因の視界を確保するために、従来のミラーにカメラを統合しています。特定の状況下では、ミラーを通した車両の後方視界が遮られ、促進要因の視界に支障をきたします。

そのため、自動車業界ではこれまで、バックミラーシステムにカメラを組み込むことが最良の解決策となってきました。このような背景から、IRVMの需要は予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。

アジア太平洋地域は予測期間中に大きな成長を遂げると予測される

アジア太平洋地域は、低コストの原材料、安価な労働力の入手が可能であること、また、現地生産に向けた政府の取り組みが増加していることから、同市場で最大のシェアを占めています。この地域では、中国が電気自動車の最大生産国および消費国であり、インド、日本、韓国などの国々で乗用車の販売需要が増加していることが、自動車産業におけるバックミラーの需要を後押ししているようです。

世界最大の電気自動車市場である中国は、政府からの手厚い支援によって支えられています。中国は、新エネルギー車(NEV)の購入に関連するインセンティブを2022年まで延長しています。アジア太平洋地域は、電気自動車の導入を積極的に支援しています。例えば、以下の通りです。

  • 2020年1月、テスラモーターズは上海に20億米ドルの施設を落成させ、2020年3月には、電気自動車大手の他のすべての世界施設がCOVID-19の流行により停止している中、週あたり約3000台の車を組み立てていました。
  • 21年度末、現代自動車は3月に世界で313、926台の車を販売しました。販売統計は、例年に比べ17%減に立っています。販売台数は2021年第1四半期よりさらに少なかっています。さらに、現代自動車は、自動車部門が急増し、全電気自動車の販売台数がほぼ倍増したことを確認しました。その結果、BEVの販売台数は11,447台となり、105%増となっています。また、プラグイン電気自動車は14,693台となり、前年同期比58%増となりました。

新興国市場や未開拓市場の政府・行政は、その財産の大部分を交通機関の整備や安全性の向上に費やしています。その結果、自動車の販売台数は増加し、自動車の安全性のニーズに合った機能の追加も求められています。IRVMは自動車の販売に大きく依存しており、アジア太平洋地域は世界的に自動車販売をリードしているため、IRVM導入の中心地となっています。このような背景から、IRVMの需要は予測期間中に高い成長率を示すと予想されます。

競合情勢

自動車市場は、Gentex Corporation、Magna International Inc.、Samvardhana Motherson Reflectecなど、多くのローカルおよび世界プレーヤーが存在するため、適度に断片化されています。市場は変化していますが、新技術は現在、主に高級車や一部の市場で利用されており、近い将来、従来のミラーに取って代わることはないでしょう。法律ではまだ従来のミラーを使うことになっているからです。

しかし、企業は、従来のミラーを置き換えることなく、車の所有者に、より便利で安全な経験を提供するために、研究開発プロジェクトに投資を増やしています。技術的優位性の高まりとIRVM機能の改善により、市場は大きな成長を示しています。例えば、次のようなものです。

  • 2022年8月、Mahindra and Mahindraは、上昇中のユーザーの安全性と快適性を向上させるために、自動調光IRVMを搭載した新しいScorpio Nガソリンバリアントを発表しました。
  • 2022年7月、SemiDriveは、CheryのSUV「OMODA 5」にSemiDriveの車載用SoC(システムオンチップ)「X9シリーズ」が採用されたと発表しました。X9シリーズは、インストルメントパネル、コンソールコントロール、バックミラー、後列乗員のエンターテインメントなど、最大10個のHDスクリーンを1つのチップで出力することができます。マルチスクリーンの共有とインタラクションをサポートします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション(金額ベース、単位:100万米ドル)

  • 車種別
    • 乗用車
    • 商用車
  • パワートレイン別
    • ICE
    • 電気自動車
  • 機能タイプ別
    • オートディミング
    • プリズム
    • ブラインドスポットインジケーター
  • 販売チャネル別
    • OEM
    • アフターマーケット
  • 地域別情報
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • その他北米地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域
      • ブラジル
      • アラブ首長国連邦
      • その他の国

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Gentex Corporation
    • Samvardhana Motherson Reflectec
    • Magna International, Inc.
    • Ficosa International SA
    • Continental AG
    • Murakami Corporation
    • Tokai Rika Co., Ltd.
    • Mitsuba Corporation
    • SL Corporation
    • Flabeg Automotive Holding GmbH

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 69733

The Automotive Inside Rearview Mirror (IRVM) market was valued at USD 2,988.32 million in 2021 and is expected to reach USD 4,169.46 million by 2027, registering a CAGR of around 5.4%during the forecast period (2022 - 2027).

The Automotive inside rearview mirrors was negatively affected by the pandemic, as majority of OEM and auto component suppliers had to close down their production sites with ongoing government lockdown measures. This held the market with low demand from OEMs for IRVM and reduces production volumes from manufacturers. After 2021, market started witnessing a steady demand for the IRVM with rising auto sales across the globe coupled with an improved supply chain network worldwide.

Moreover, over the medium term, growing production of vehicles with integrated ADAS features in wake of rising awareness toward comfort and safety of passengers and government regulations mandating safety features expected to drive demand in the market. For instance, According to Insurance Institute for Highway Safety says 15,000 people are injured annually in back over accidents, with children and elders having been the most victims. Additionally, the National Highway Traffic Safety Administration report says that nearly 840,000 blind-spot accidents occur every year in the United States. This makes its prime utilization for vehicle IRVM to maintain driver comfort and safety.

Cameras and sensors are a vital part of any new vehicle, as they serve many different purposes. They help OEMs to manufacture cars that are safer, more comfortable to drive, and more fuel-efficient. Rear-view cameras and other camera systems for vehicles have generally been seen as useful tools for improving the safety of vehicles on the road. But in some cases, the complex camera and monitor systems that are supposed to increase the driver's visibility become confusing and distracting.

Asia-Pacific region is likely to dominate global automotive rear view mirror market owing to rising production of vehicle in the India, Japan and China. In addition, this is Europe are likely to register second largest market due to the presence of prominent players in the region for instance, Porsche, AUDI, Volkswagen, and BMW. The technological development in these regions is expected to create significant opportunities in automotive mirror market over the forecast period.

Key Market Trends

Passenger Car Segment Likely to Hold Significant Share in the Market

The Passenger car segment of the market during the forecast period to grow at faster pace owing to rising vehicle production and growing focus of jey OEMs on launching innovative products to attract wide range of consumers in wake of rising vehicle sales across major regions in the world. For instance, In 2021, the global car sales were around 66.7 Million, which in 2020 were 63.8 Million. The global pandemic impacted economic activities all around the world including car sales the globe, and strict lockdowns were enforced in several countries to contain the spread of the virus. Owing to this the number of cars sold in 2020 was 14.8% lower than compared in 2019. But with life returning to normalcy, the number of cars sold globally has increased which will aid the automotive IRVM market to grow in the forecast period.

Owing to the increase in the demand for passenger cars and the growing awareness of electric mobility, major players are looking forward to electrifying their present fleet. For instance,

  • In March 2022, Ford Motors announced to include three all-electric passenger vehicles in Europe by the end of 2024 and set a target to sell more than 600,000 electric vehicles annually by 2026 in the Europe region.
  • In January 2022, General Motors announced considering investing more than USD 4 billion in two Michigan factories to increase its electric car manufacturing capacity. GM and LG Energy Solution have proposed constructing a USD 2.5 billion battery facility in Lansing.

With rising sales of the passenger car segment, demand for IRVM is witnessing promising growth. Nowadays, all the id-segment and luxury passenger cars are equipped with advanced IRVM which has posed technological dominance over the market. For instance,

  • In August 2022, Audi India has introduced its new Q3 which has adopted several new technologies to look at. Audi has added frameless auto dimming IRVM and parking aid plus with rear view camera, which shall improve the driver safety and comfort apart from other added features in complete Q3.
  • In August 2022, after witnessing impressive sales on Tata Punch, Tata Group is announced that ist going to launch a Creta segment mid-size SUV named Blackbird next year which shall encompass added features. The car shall be equipped with advance digital instrument console, auto-dimming IRVM, automatic climate control, electrically operated ORVMs and may more other features.

The automotive inside rear-view mirror market is facing tough competition from new camera technologies with are coming in the passenger car segment. Leading automotive OEMs and interior rear-view manufacturers are integrating cameras with conventional mirrors to provide a better view of the drivers. In certain situations, the rear view of the vehicle through a mirror is blocked and causes hindrance to the driver's view.

Thus, camera integration with the rear-view mirror system has been the best solution so far in the automotive industry. Considering these developments and factors with rising passenger car sales, demand for IRVM is expected to witness a high growth rate in the forecast period.

Asia-Pacific Region Anticipated to Grow at Significant Level During the Forecast Period

The Asia-Pacific region accounts for the largest share in the market owing to the availability of low-cost raw materials, cheap labour, and increasing government initiatives toward local manufacturing. In the region, China is one of the largest producers and consumers of electric vehicles as well as increasing demand for passenger car sales in the countries like India, Japan, South Korea, etc., are likely to boost the demand for inside rear-view mirrors in the automotive industry.

China, which is the largest electric vehicle market in the world, has been backed up by generous support from the government. China has extended the incentives related to the purchase of new energy vehicles (NEVs) till 2022. Asia-Pacific region is aggressively supporting the electrical vehicle adoption. For instance,

  • In January 2020, Tesla Motors inaugurated a USD 2 billion facility in Shanghai that was assembling nearly 3000 cars per week in March 2020, when all the other global facilities of the electric vehicle giant were shut down due to the COVID-19 pandemic.
  • During the end of FY21, Hyundai sold 313, 926 cars globally in March. The sales statistics stood at a drop of 17% compared to previous years. The sales were even less than Q1 2021. Moreover, Hyundai observed that its automotive segment witnessed a sharp rise with almost doubled sales figures for its all-electric cars. This in turn makes the sales figure for its BEV to stood at 11,447 units with a rise of 105%. In addition, the plug-in electric cars increased to 14,693 units to 58% year and year growth.

Governments and administrations in developing and untapped markets are spending a major portion of their wealth on improving transportation and its safety. This will result in the sales growth of vehicles and also calls for additional features to suit the needs of vehicle safety. With IRVM being highly dependent of sales of the vehicles, Asia-pacific has been leading the vehicles sales across the globe making its epicentre for IRVM adoption. Considering these aspects demand for IRVM is expected to witness high growth rate during the forecast period.

Competitive Landscape

The automotive market is moderately fragmented due to the presence of many local and global players such as Gentex Corporation, Magna International Inc., and Samvardhana Motherson Reflectec amongst others. The market is transforming but the new technologies are right now available mostly in luxury vehicles and in a selected market and near future, it will not replace the conventional mirrors. As the laws are still with conventional mirrors.

Although companies are increasing investment in R&D projects to provide more convenient and safer experience to the car owner without replacing the conventional mirrors. With rising technological dominance and improved IRVM features market has witnessed immense growth. For instance,

  • In August 2022, the Mahindra and Mahindra introduced the new Scorpio N petrol variant with the auto dimming IRVM in order to improve user safety and comfort during the rises.
  • In July 2022, SemiDrive announced that Chery's OMODA 5 SUV has adopted SemiDrive's X9 series automotive SoC (system-on-a-chip). The X9 series can provide outputs of up to 10 HD screens, such as instrument panels, console control, rearview mirrors, and entertainment for back row passengers, through a single chip. It supports multi-screen sharing and interaction.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Threat of New Entrants
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value in USD Million)

  • 5.1 By Vehicle Type
    • 5.1.1 Passenger Car
    • 5.1.2 Commercial Vehicle
  • 5.2 By Powertrain Type
    • 5.2.1 ICE
    • 5.2.2 Electric
  • 5.3 By Feature Type
    • 5.3.1 Auto-Dimming
    • 5.3.2 Prismatic
    • 5.3.3 Blind spot indicator
  • 5.4 By Sales Channel Type
    • 5.4.1 OEM
    • 5.4.2 Aftermarket
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Rest of North America
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 Germany
      • 5.5.2.2 United Kingdom
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
      • 5.5.3.1 India
      • 5.5.3.2 China
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 South Korea
      • 5.5.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Rest of the World
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 United Arab Emirates
      • 5.5.4.3 Other Countries

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Gentex Corporation
    • 6.2.2 Samvardhana Motherson Reflectec
    • 6.2.3 Magna International, Inc.
    • 6.2.4 Ficosa International SA
    • 6.2.5 Continental AG
    • 6.2.6 Murakami Corporation
    • 6.2.7 Tokai Rika Co., Ltd.
    • 6.2.8 Mitsuba Corporation
    • 6.2.9 SL Corporation
    • 6.2.10 Flabeg Automotive Holding GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS