市場調査レポート
商品コード
1137673

UAVフライトトレーニングおよびシミュレーション市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)

UAV Flight Training and Simulation Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.09円
UAVフライトトレーニングおよびシミュレーション市場- 成長、動向、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

UAVフライトトレーニングおよびシミュレーション市場は、軍事および商業セグメントにおけるUAVの用途の拡大により、予測期間(2022-2027年)中に6.5%以上のCAGRで推移すると予想されます。

短期的には、COVID-19の大流行により、ほとんどの国が物品の輸出入の停止を課していました。しかし、状況が正常化するにつれて、すべての国が通常の状態に戻っています。パンデミックの影響で国防費が増加したため、各国政府はドローンやUAVの技術開発に投資しています。その結果、世界中の防衛機関や法執行機関でUAVやシミュレーターの使用が目に見えて増えています。これは予測期間中も同様の傾向が続き、COVID-19の大流行が市場に与える影響は無視できないものになると予想されます。

無人航空機の使用に関する既存の規制が変更されたことで、今後数年間は無人システムのユーザー数が増加することが予想されます。例えば、インドでは、政府がUAVを規制しています。25kg以下の機体は操作ライセンスが不要で、目視できる範囲での最大フライト高度は120mです。260kgまでの機体は登録が必要で、操縦許可が必要で、航空管制の許可があれば120m以上でもフライトが可能です。

市場の成長を支えるため、計算能力を高め、高度な学習のための高臨場感トレーニングプラットフォームを提供するために、技術的進歩や研究開発に投資が行われました。例えば、2022年7月、無人航空技術スタートアップのEndureAir Systemsは、Asian Paintsの共同プロモーターであるJalaj Daniが、ロボット・オートメーション企業Addverb Technologiesの創業者とともに主導するシード資金ラウンドで13.5カロールインドルピーを調達したと発表しています。

UASパイロットの訓練のための具体的かつ正式な仕組みがないことが、UAVフライトトレーニングおよびシミュレーション市場の成長を妨げると予想されます。

主な市場動向

軍事・法執行部門が市場シェアを独占

2021年のUAVフライトトレーニングおよびシミュレーション市場では、軍事・法執行部門が最も高いシェアを占めています。これは主に、経済的に発展している国々によって、UAVの軍事的役割がかつてない速度で拡大したためです。32カ国以上が、300以上のモデルのUAVの開発と製造に従事しており、そのうちこれらの国々は、約80~100のUAVを軍事・防衛目的で使用しています。例えば

  • 2022年7月、国防研究開発機構(DRDOインド)は、カルナタカ州チトラドゥルガにある航空試験場から、自律フライト翼技術実証機である新しい無人航空機(UAV)の初フライトに成功しました。

高度な軍事能力を持つ新機種の開発により、高度なUAVの訓練やシミュレーションの需要が見込まれます。しかし、予測期間中は、民間・商業セグメントが最も高いCAGRで推移すると予想されます。これは主に、小包や医薬品の配達など、UAVの用途が拡大していることに加え、都市や州でUAVやドローンを飛ばすための厳しい規則があり、より訓練されたリモートパイロットが求められているためです。このような訓練を受けたパイロットのニーズが、UAVフライトトレーニングおよびシミュレーション装置の成長を促進しています。

予測期間中、北米が市場をリードすると予想される

北米は、世界のすべての大陸を考慮すると、最大の防衛費です。北米では、米国の軍事費は2021年に8,010億米ドルに達し、2020年から1.4%減少しました。米国の軍事負担は、2020年のGDP比3.7%から2021年には3.5%にわずかに減少しました。

現在、北米セグメントが市場を独占しており、予測期間中も市場の支配が続くと予想されます。この成長は主に、米国による諜報・監視・偵察(ISR)任務や戦闘などの軍事作戦でのUAVの利用が増加していることに起因します。また、医療機器や荷物の配送にドローンを使用するための米国企業による継続的なテストや試験も、予測期間中の北米の成長を促進すると予想されます。例えば

  • 2022年9月、キャサリン・ヒックス国防副長官は、その無人航空機システム(UAS)の調達と運用のための更新ガイダンスに署名し、発効させました。国家防衛戦略を支援するために、この更新された政策は、サイズ、重量、または能力に関係なく、すべてのUASの使用に関する部門全体のガイダンスを拡張して提供します。

競合情勢

UAVフライトトレーニングおよびシミュレーションの市場は、2019年には多くの企業が大きな市場シェアを占めており、非常に断片的な市場となっています。市場の著名なプレーヤーとしては、CAE Inc.、L3Harris Technologies Inc.、Israel Aerospace Industries(IAI)Ltd、Textron Inc.、およびNorthrop Grumman Corporationが挙げられます。世界な存在感と、地域のすべてのオペレーターにシミュレーションとトレーニングのソリューションを提供できることが、市場での地位を強化するために各社の成長を支えているようです。

  • 2022年5月、CAEは2022 European Business Aviation Convention and Exhibition(EBACE2022)において、大手ビジネス航空プロバイダーのTAG Aviationとパイロットトレーニング契約の3年延長を締結したと発表しました。
  • 2022年5月、イスラエル航空宇宙産業(IAI)と2Excel Aviationは、IAIのMaritime Heron UASの一連のライフ、Beyond Visual Line of Sight海上捜索およびISRシナリオでのデモンストレーションを完了しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • アプリケーション
    • 軍事・法執行
    • 民生・商業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • CAE Inc.
    • Israel Aerospace Industries(IAI)Ltd
    • L3Harris Technologies Inc.
    • Simlat UAS Simulation
    • General Atomics
    • Northrop Grumman Corporation
    • Textron Inc.
    • Zen Technologies Limited
    • Quantum3D
    • H-SIM
    • Presagis USA Inc.

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 53422

The UAV flight training and simulation market is anticipated to register a CAGR of over 6.5% during the forecast period (2022-2027), due to the growing applications of UAVs in military and commercial segments.

Over the short term, due to the COVID-19 pandemic, most countries had imposed a stay on the import and export of goods. But as the situation gets normalized all the countries have come back to normal conditions. With defense expenditure across the world increasing during the pandemic, governments have made investments in developing drone and UAV technologies. As a result, there has been a visibly increased use of UAVs and simulators in defense and law enforcement agencies across the world. This is expected to last on a similar trend during the forecast period, rendering the COVID-19 pandemic having negligible effects on the market.

Modifications to existing regulations on the use of UAVs will increase the number of users of these unmanned systems in the coming years. For instance, in India, the government regulated UAVs. Machines under 25 kg do not require any operating license and have a maximum flight altitude of 120 meters within a visual line of sight. Machines up to 260 kg must be registered, require an operator permit, and may have above 120 meters with permission from air traffic control.

Investments were made in technological advancements and R&D to increase computational capabilities and provide a highly-realistic training platform for advanced learning to support the growth of the market. For instance, in July 2022, EndureAir Systems, an unmanned aviation technology start-up, announced it has raised INR 13.5 crores in a seed funding round led by Jalaj Dani, co-promoter of Asian Paints, along with the founders of robotics and automation company Addverb Technologies.

The absence of a concrete and formal structure for the training of UAS pilots is expected to hamper the growth of the UAV training and simulator market.

Key Market Trends

Military and Law Enforcement Segment Dominates Market Share

The military and law enforcement segment of the UAV flight training and simulation market had the highest share in 2021. It was mainly due to the growth of the military role of UAVs at unprecedented rates by economically developing countries. There are more than 32 countries, engaged in the development and manufacturing of more than 300 models of UAVs, of which, these nations use around 80-100 UAVs for military and defense purposes. For instance,

  • In July 2022, The Defense Research and Development Organization (DRDO India) successfully carried out the maiden test flight of a new Unmanned Aerial Vehicle (UAV), an autonomous Flying Wing Technology Demonstrator, from the Aeronautical Test Range, Chitradurga, Karnataka.

The development of new models with advanced military capabilities is expected to generate demand for advanced UAV training and simulation. However, the civil and commercial segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period. This is majorly due to the growing applications of UAVs, like the delivery of parcels, medicines, and other commercial applications, along with the stringent rules for flying a UAV or drone in the city or states, demanding better-trained remote pilots. This need for trained pilots is fueling the growth of UAV flight training and simulation devices.

North America Expected to Lead the Market During the Forecast Period

North America is the largest defense expenditure considering all continents across the globe. In North America, US military spending amounted to $801 billion in 2021, a drop of 1.4 percent from 2020. The US military burden decreased slightly from 3.7 percent of GDP in 2020 to 3.5 percent in 2021.

The North American segment is currently dominating the market and is expected to continue to dominate the market during the forecast period. This growth is primarily due to the increasing use of UAVs for military operations like intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) mission, combat, and other missions by the United States. Also, ongoing tests and trials by US companies for the use of drones for deliveries of medical equipment and packages are expected to drive growth in North America during the forecast period. For instance

  • In Sept 2022, Deputy Secretary of Defense Kathleen Hicks signed into effect updated guidance for the procurement and operation of its Unmanned Aircraft Systems (UAS). In support of the National Defense Strategy, this updated policy provides expanded department-wide guidance on the use of all UAS, regardless of size, weight, or capability.

Competitive Landscape

The market for UAV flight training and simulation is a highly fragmented market with many companies accounting for a significant market share in 2019. Some of the prominent players in the market are CAE Inc., L3Harris Technologies Inc., Israel Aerospace Industries (IAI) Ltd, Textron Inc., and Northrop Grumman Corporation. The global presence and the ability of the companies to provide simulation and training solutions to all the operators in the region are likely to support the growth of the companies to strengthen their position in the market.

  • In May 2022, CAE announced at the 2022 European Business Aviation Convention and Exhibition (EBACE2022) that it has signed a three-year extension to its pilot training agreement with TAG Aviation, a leading business aviation provider.
  • In May 2022, Israel Aerospace Industries (IAI) and 2Excel Aviation completed a demonstration of IAI's Maritime Heron UAS in a series of life, Beyond Visual Line of Sight maritime search and ISR scenarios.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Military and Law Enforcement
    • 5.1.2 Civil and Commercial
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
    • 5.2.2 Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 CAE Inc.
    • 6.2.2 Israel Aerospace Industries (IAI) Ltd
    • 6.2.3 L3Harris Technologies Inc.
    • 6.2.4 Simlat UAS Simulation
    • 6.2.5 General Atomics
    • 6.2.6 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.7 Textron Inc.
    • 6.2.8 Zen Technologies Limited
    • 6.2.9 Quantum3D
    • 6.2.10 H-SIM
    • 6.2.11 Presagis USA Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS