デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1403857

無人航空機-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測

Unmanned Aerial Vehicles - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 176 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.87円
無人航空機-市場シェア分析、産業動向・統計、2024~2029年成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 176 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

無人航空機市場規模は2024年に173億1,000万米ドルと推定され、2029年には329億5,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024~2029年)のCAGRは13.74%で成長する見込みです。

Unmanned Aerial Vehicles-Market-IMG1

無人航空機は主に、人間が操縦するのが困難な領域に到達し、横断するために誕生しました。数年間、無人航空機市場は商業分野での導入が進まず、黎明期にあった。当初、無人航空機は軍事用デバイスと見なされていたが、過去5年間で商業の世界でも大きな存在感を確立しました。

米国連邦航空局(FAA)や欧州連合航空安全局(EASA)のような管理機関から何百もの適用除外を受け、無人航空機の需要は、インフラ、農業、輸送、娯楽、セキュリティ、保険など、さまざまな業界から生まれています。したがって、企業向け無人航空機は消費者向け無人航空機に比べて予測期間中に高い成長を記録すると予想されます。

無人航空機技術の進歩により、メーカー各社はさまざまなセンサーペイロードを搭載できるサイズ、重量、形態の幅広いモデルを製造できるようになり、幅広い用途で有利なものとなっています。しかし、世界のいくつかの国では無人航空機の目視外飛行に関する規制や制限がないため、市場の潜在的な成長が抑制されています。セキュリティや安全性への懸念、訓練を受けたパイロットの不足といったその他の要因も、無人航空機市場の成長に一定の課題を課すと予想されます。

無人航空機市場の動向

小型無人航空機セグメントが市場で上位を占める

小型無人航空機は、長さ2メートルまでの無人航空機です。これらの無人航空機は通常、回転翼または固定翼のいずれかのスタイルを特徴としています。小型のため、ほとんどの小型無人航空機は高度125メートル付近で秒速50メートル以下で飛行します。数カ国が軍事監視能力の強化に注力する中、小型無人機の開発に巨額の投資が行われています。世界中の軍隊がさまざまな軍事任務のためにナノドローンを調達しています。空撮、3Dマッピング、測量、石油・ガスパイプライン監視など、小型無人航空機の用途が拡大していることが、小型無人航空機市場の成長を後押ししています。このように、様々な防衛や用途における小型無人機の需要の高まりが、予測期間中の同セグメントの成長を牽引しています。

また、情報・監視・偵察(ISR)や戦闘任務への小型無人航空機の採用拡大、防衛分野への支出増加が予測期間中の市場成長を後押ししています。また、様々な商業・軍事用途向けの小型無人航空機を設計・開発する新興企業の増加や、政府や投資家からの資金調達も市場成長を後押ししています。

例えば、2023年10月、Teledyne FLIR LLCは、センサーをアップグレードしたBlack Hornetナノドローンの最新版を発売しました。新しく発売されたBlack Hornet 4は、全長1フィート以下、重さ1ポンドのわずかなサイズです。30分以上の飛行が可能で、航続距離は2kmを超えます。ビデオや画像を撮影できる高感度昼間カメラと赤外線イメージャーを搭載し、ソフトウェア定義のデータシステムも備えています。このような開発が、今後数年間の同分野の成長を牽引すると思われます。

Unmanned Aerial Vehicles-Market-IMG2

北米が予測期間中に最も高い成長を示すと予測される

北米は無人航空機市場で最も高いシェアを占めており、予測期間中もその支配が続く。成長の背景には、商用と軍事用途の無人航空機需要の高まりと自律型ドローンの調達に対する支出の増加があります。米連邦航空局(FAA)によると、米国では2023年7月時点で約90万台のドローンが登録されています。登録されたドローンのうち、51万6,000機がレクリエーション用で、34万8,000機が商業用として登録されています。また、FAAは33万1573件の遠隔操縦証明書を授与しています。

さらに、米国国防総省は、その能力を強化し、ロシアや中国などの敵対国からの脅威に対抗するために、革新的で低コストのソリューションを常に模索しています。例えば、2023年4月、米国防総省は、米国が中国の膨大な軍事力増強に対抗するため、無人航空機を含む何千もの自律型システムの構築に焦点を当てた新しいプログラムを発表しました。2023年3月、米国陸軍は5社に将来の戦術無人航空機契約を発注しました。選ばれたのは、AeroVironment、Griffon Aerospace、Northrop Grumman、Sierra Nevada Corporation、Textron Systemsです。

また、カナダ国防軍は、防衛能力の強化と無人航空機の調達に高い投資を行っています。カナダ空軍のMALE(中高度低耐久)無人航空機プロジェクトは、運用分析の段階に入った。このプロジェクトは、遠隔操縦航空機システム(RPAS)プロジェクトと改名されました。カナダが発表した国家防衛戦略は、軍事作戦を実施するための主要な開発として、RPASを現代の軍に組み込むことにつながった。このようなプログラムは、この地域の市場成長を後押しすると思われます。

無人航空機産業概要

無人航空機市場は半固有の性質を持っており、いくつかの国内と世界の参入企業が市場で大きなシェアを占めています。市場の主要企業には、Northrop Grumman Corporation、THALES、Leonardo S.p.A.、General Atomics、BAYKAR TECHなどがあります。防衛・国土安全保障分野では、厳しい安全・規制政策が新規参入を制限すると見られています。しかし、商業・民生分野は、規模の経済に支配されないため、多くの企業が参入し、急成長が見込まれます。

優れた技術力を持つ企業は、無人航空機の推進システムやペイロード特性の技術的進歩に大きく貢献し、その結果、開発サイクルタイムが短縮され、ミニ無人航空機の運用能力が大幅に増強されると予想されます。無人航空機プラットフォームのペイロード、耐久性、飛行距離はOEMやオペレーターの最大の関心事であるため、代替燃料を動力源とする無人航空機の出現は競合シナリオに大きな変化をもたらすと予想されます。無人航空機の重要なコンポーネントや部品の建設に複合ベースの材料を使用することで、無人航空機プラットフォームの能力が向上し、さまざまな産業で広く採用される可能性があります。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 無人航空機サイズ別
    • 小型無人航空機
    • 中型無人航空機
    • 大型無人航空機
  • タイプ別
    • 固定翼(MALE、HALE、T無人航空機)
    • VTOL(シングルローター、マルチローター)
  • 飛行距離別
    • 目視範囲(VLOS)
    • 展望外範囲(BVLOS)
  • 用途別
    • 軍事
      • 戦闘機
      • 非戦闘(貨物輸送、ISR、戦闘被害管理)
    • 民間・商業
      • 農業
      • 建設・鉱業
      • 検査・監視
      • 配送
      • 法執行機関と第一応答者
      • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • ウクライナ
      • その他の欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • マレーシア
      • フィリピン
      • インドネシア
      • その他のアジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • コロンビア
      • その他のラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • トルコ
      • イスラエル
      • エジプト
      • その他の中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • SZ DJI Technology Co. Ltd
    • Parrot SAS
    • Delair SAS
    • AeroVironment Inc.
    • Northrop Grumman Corporation
    • Elbit Systems Ltd
    • General Atomics
    • Israel Aerospace Industries Ltd
    • THALES
    • The Boeing Company
    • Microdrones GmbH(mdGroup Germany GmbH)
    • BAYKAR TECH
    • Leonardo SpA
    • Textron Inc.

第7章 市場機会

目次
Product Code: 52182
Unmanned Aerial Vehicles - Market - IMG1

The Unmanned Aerial Vehicles Market size is estimated at USD 17.31 billion in 2024, and is expected to reach USD 32.95 billion by 2029, growing at a CAGR of 13.74% during the forecast period (2024-2029).

UAVs have come into existence mainly to reach and traverse areas that are arduous for humans to maneuver. For several years, the UAV market was in a nascent phase with a lack of adoption in the commercial sector. Initially viewed as a military device, UAVs have established a significant presence in the commercial world over the past five years.

Over the years, with hundreds of exemptions from governing bodies like the US Federal Aviation Administration (FAA) and the European Union Aviation Safety Agency (EASA), the demand for UAVs has emerged from various industries, like infrastructure, agriculture, transport, entertainment, security, insurance, and many more. Hence, enterprise UAVs are expected to register higher growth during the forecast period compared to consumer UAVs.

Advancements in UAV technologies have allowed manufacturers to produce a wide range of models in different sizes, weights, and shapes that can carry different sensor payloads, making them favorable across a broad application base. However, the lack of regulations and restrictions on the flying of UAVs beyond the visual line of sight in several countries across the world has restrained the market's growth to its full potential. Other factors like security and safety concerns and scarcity of trained pilots are also anticipated to challenge the growth of the UAV market to a certain extent.

Unmanned Aerial Vehicles Market Trends

Small UAV Segment Held Highest Shares in the Market

Small UAVs are unmanned aerial vehicles that can span up to 2 meters long. These UAVs typically feature either a rotary-wing or fixed-wing style. Because of their small size, most small UAVs are flown at altitudes near 125 meters at speeds less than 50 meters per second. As several countries focus on enhancing their military surveillance capability, huge investments are being made in the development of small drones. Militaries across the world have been procuring nano drones for different military missions. Growing applications of small UAVs in aerial photography, 3D mapping, surveying, and oil and gas pipeline monitoring, among others, have been propelling the growth of the small UAV market. Thus, the growing demand for small drones for various defense and applications drives the growth of the segment during the forecast period.

Also, the growing adoption of small UAVs for intelligence, surveillance, and reconnaissance (ISR) and combat missions and rising spending on the defense sector drive the market growth during the forecast period. An increase in the number of start-ups and fundraising from governments and investors to design and develop small UAVs for various commercial and military applications has also boosted the market growth.

For instance, in October 2023, Teledyne FLIR LLC launched latest edition of Black Hornet nano-drone with upgraded sensors. The newly launched Black Hornet 4 is less than a foot long and weighs a fraction of a pound. It can fly for more than 30 minutes and has a range of more than 2 kilometers (1.24 miles). It has sensitive daytime camera and a thermal imager that can capture videos and images, as well as a software-defined data system. Such developments will drive the segment growth in coming years.

Unmanned Aerial Vehicles - Market - IMG2

North America is Projected to Show Highest Growth During the Forecast Period

North America held the highest shares in the UAV market and continued its domination during the forecast period. The growth is due to growing demand for UAVs for commercial and military applications and rising spending on procurement of autonomous drones. According to the Federal Aviation Administration (FAA), there are almost 900,000 drones registered in the US as of July 2023. Out of the total registered drones, 516 thousand were for recreational purposes and 348 thousand were registered for commercial operations. Also, the FAA awarded 331,573 remote pilot certificates.

Additionally, the US DoD is constantly seeking innovative and low-cost solutions to enhance its capabilities and counter threats from adversaries, such as Russia and China. For instance, in April 2023, the Pentagon announced a new program focused on building out thousands of autonomous systems, including UAVs, as the US seeks to better counter China's vast military buildup. In March 2023 US Army awarded five companies future tactical UAV contracts. The companies selected were AeroVironment, Griffon Aerospace, Northrop Grumman, Sierra Nevada Corporation, and Textron Systems.

Also, the Canadian Defense Forces are highly investing in enhancing its defense capabilities and procurement of UAVs. The MALE (medium-altitude low-endurance) UAV project of the Royal Canadian Air Force has entered the phase of operation analyses. The project has been renamed as the Remotely Piloted Aircraft Systems (RPAS) Project. The national defense strategy released by Canada has led to the inclusion of RPAS into the modern military, as a major development for conducting military operations. Such programs will boost market growth across the region.

Unmanned Aerial Vehicles Industry Overview

The UAV market is semi-consolidated in nature with the presence of several local and global players holding significant shares in the market. Some of the key players in the market are Northrop Grumman Corporation, THALES, Leonardo S.p.A., General Atomics, and BAYKAR TECH. The stringent safety and regulatory policies in the defense and homeland security segment are expected to restrict the entry of new players. However, the commercial and civil segment is expected to witness rapid growth due to the entry of many players, as the segment is not governed by economies of scale.

Companies with superior technical capabilities are expected to contribute significantly toward technological advances in the propulsion systems and payload characteristics of UAVs, resulting in a shorter development cycle time and significantly augmenting the operational capabilities of mini-UAVs. Since the payload, endurance, and flight range of a UAV platform are the primary concerns of OEMs and operators, the emergence of alternative fuel-powered UAVs is expected to cause significant changes in the competitive scenario. The use of composite-based materials for the construction of critical components and parts of UAVs may increase the capabilities of the UAV platforms and fuel their widespread adoption across different industries.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By UAV Size
    • 5.1.1 Small UAV
    • 5.1.2 Medium UAV
    • 5.1.3 Large UAV
  • 5.2 By Type
    • 5.2.1 Fixed-wing (MALE, HALE, and TUAV)
    • 5.2.2 VTOL (Single Rotor and Multi Rotor)
  • 5.3 By Range
    • 5.3.1 Visual Range of Sight (VLOS)
    • 5.3.2 Beyond Visual Line of Sight (BVLOS)
  • 5.4 By Application
    • 5.4.1 Military
      • 5.4.1.1 Combat
      • 5.4.1.2 Non-combat (Cargo Delivery, ISR, and Battle Damage Management)
    • 5.4.2 Civil and Commercial
      • 5.4.2.1 Agriculture
      • 5.4.2.2 Construction and Mining
      • 5.4.2.3 Inspection and Monitoring
      • 5.4.2.4 Delivery
      • 5.4.2.5 Law Enforcement and First Responders
      • 5.4.2.6 Other Applications
  • 5.5 By Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 United Kingdom
      • 5.5.2.2 Germany
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Ukraine
      • 5.5.2.5 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 India
      • 5.5.3.3 Japan
      • 5.5.3.4 South Korea
      • 5.5.3.5 Malaysia
      • 5.5.3.6 Philippines
      • 5.5.3.7 Indonesia
      • 5.5.3.8 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Latin America
      • 5.5.4.1 Mexico
      • 5.5.4.2 Brazil
      • 5.5.4.3 Argentina
      • 5.5.4.4 Colombia
      • 5.5.4.5 Rest of Latin America
    • 5.5.5 Middle East and Africa
      • 5.5.5.1 Saudi Arabia
      • 5.5.5.2 United Arab Emirates
      • 5.5.5.3 Turkey
      • 5.5.5.4 Israel
      • 5.5.5.5 Egypt
      • 5.5.5.6 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 SZ DJI Technology Co. Ltd
    • 6.2.2 Parrot SAS
    • 6.2.3 Delair SAS
    • 6.2.4 AeroVironment Inc.
    • 6.2.5 Northrop Grumman Corporation
    • 6.2.6 Elbit Systems Ltd
    • 6.2.7 General Atomics
    • 6.2.8 Israel Aerospace Industries Ltd
    • 6.2.9 THALES
    • 6.2.10 The Boeing Company
    • 6.2.11 Microdrones GmbH (mdGroup Germany GmbH)
    • 6.2.12 BAYKAR TECH
    • 6.2.13 Leonardo SpA
    • 6.2.14 Textron Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES