デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1406231

電動UAV(無人航空機):市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年

Electric Unmanned Aerial Vehicle - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
電動UAV(無人航空機):市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測、2024年~2029年
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

電動UAV(無人航空機)市場規模は2024年に44億2,000万米ドルと推定され、2029年には108億7,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRで15.60%の成長が予想されます。

Electric Unmanned Aerial Vehicle-Market-IMG1

主なハイライト

  • 数年来、UAV市場は発展段階にあり、商業分野でのさらなる普及が求められています。当初は軍事用デバイスと見なされていたが、ドローンは過去5年間で商業分野で大きな存在感を確立しました。連邦航空局(FAA)や欧州航空安全局(EASA)などの管理機関から新たな適用除外がいくつか設けられたことで、インフラ、農業、輸送、娯楽、警備、保険など、さまざまな業界からUAVの需要が浮上しています。
  • UAVの飛行技術の進歩により、メーカー各社はさまざまなサイズ、重量、形状のモデルを製造できるようになり、さまざまなセンサー・ペイロードを搭載できるようになった。さらに、生産コストの削減と製造効率の向上に向けた継続的な取り組みにより、電動UAVは経済的に実行可能なものとなり、幅広い消費者を惹きつけています。
  • 大きな制約としては、従来の燃料式UAVと比較して、電動UAVの耐久性が限られていることが挙げられます。バッテリー技術の進歩にもかかわらず、用途によってはより長時間の飛行が必要となり、特定のシナリオにおける電動UAVの採用には課題があります。UAVに関連する安全上の懸念は、E-UAV市場の成長をさらにある程度制限すると予想されます。

電動UAV市場の動向

予測期間中はバッテリーセグメントが市場シェアを独占

  • 電動UAV市場は、その比類ない信頼性と実績により、バッテリー技術が支配的です。バッテリーは、その適応性と汎用性により、農業からインフラ検査まで、多様なUAV用途で好まれる電源として台頭しています。充電ステーションや管理システムなど、バッテリー技術を支えるインフラが確立されていることも、普及をさらに後押ししています。ドローン産業への投資が拡大する中、各社は研究開発を強化しており、特にバッテリー技術の強化に力を入れています。
  • こうした投資は、バッテリーの寿命、重量、効率といった主要課題に対処するイノベーションを促進し、バッテリー駆動の電動UAVをより現実的で競争力のあるものにしています。UAV業界は、バッテリー管理システム(BMS)とエネルギー貯蔵ソリューションの進歩を目の当たりにしており、バッテリー駆動ドローンの採用を推進しています。電動UAVは、従来の燃料式UAVに代わる環境に優しい選択肢を提供するため、この動向は、持続可能性に対する世界の広範な焦点と一致しています。
  • 同様に、バッテリーの材料と電気化学における継続的な進歩は、効率、重量の考慮、および全体的な性能の最適なバランスを取る技術の進化を保証します。それに比べ、太陽光発電の断続的な日照や燃料電池のインフラの制限といった課題は、その普及を妨げており、UAVの動力源としてバッテリーが業界標準であることを強調しています。さらに、太陽電池や燃料電池の代替品と比較したバッテリー技術の現在の費用対効果は、その圧倒的な市場シェアに寄与しており、バッテリーはUAVに電力を供給するための業界標準となっており、さまざまなUAVモデルやメーカーでより高いレベルの受け入れと統合につながっています。
  • 例えば、2022年12月、Packet Digitalは米国海軍向けに無人航空機システム(UAS)のスマートバッテリー、充電器、電源システムを供給する850万米ドルの契約を獲得しました。この契約により、Packet Digitalは海軍の次世代海上兵站UAS向けの高性能UASバッテリーシステムの設計と製造を担当することになった。
Electric Unmanned Aerial Vehicle-Market-IMG2

予測期間中、市場を独占する北米

  • 米国のような国々の地理的国境が広大に広がっているため、パトロール部隊が到達できない地域を継続的にカバーするためにUAVの配備が必要となっています。この必要性により、米国国境警備隊の運用要件を満たすため、耐久性が強化され運用コストが低いE-UAVの需要が増加しています。さらに、軍事・防衛用途での戦術UAVの大幅な展開により、小型UAVの調達が増加しています。小型UASは何らかの電力システムで駆動するため、調達率の増加はこの地域のE-UAV市場を牽引すると思われます。
  • 米国軍とそのパートナーは、敵地や遠隔地にいる部隊への補給などのロジスティクス・ミッションを含むドローン運用の範囲を広げています。ユニークな設計機能は、UAVの代替用途に力を与えています。米国国防総省(DoD)と米航空宇宙局(NASA)は、軍用UAV向けの先進的なエンジンと関連部品の研究開発に多額の投資を行っており、これらは既存の推進システムに取って代わることになります。UAVに対する需要の高まりは、この地域におけるいくつかのビジネスチャンスの出現をもたらし、幅広い顧客層に対応するために数多くの契約が結ばれています。
  • 例えば、2023年7月、米国国防高等研究計画局(DARPA)の戦術技術局は、ANCILLARYプログラムの下、ノースロップ・グラマン社に自律型垂直離着陸(VTOL)無人航空機の開発契約を発注しました。この無人航空機は、ダクト付きファンを駆動する電気モーターと、バッテリーを備えたハイブリッド電気電源を搭載します。

電動UAV産業の概要

電動UAV市場は断片化されており、多くの活発なプレーヤーで構成されています。著名なものとしては、AeroVironment, Inc.、AgEagle Aerial Systems Inc.、SZ DJI Technology、Parrot Drones SAS、Draganfly Inc.などがあります。一般的な経済状況は、主に米国や欧州などの支配的な市場におけるUAVのような技術ベースのプラットフォームの売上に影響を与えます。したがって、景気が低迷している時期には、購入が延期されたり、キャンセルされたりする可能性があり、採用率が相対的に低下するため、市場力学に悪影響を及ぼす可能性があります。E-UAV市場では製品革新が第一の焦点であり、関連部品ベンダーは継続的に研究開発活動に投資し、製品ラインナップの充実を図っています。

市場プレーヤーは、UAVの技術的熟練度を活用し、急速に発展するE-UAV市場の商業セグメントへの浸透を強化するために、多大な資源と努力を費やす意向です。製品の提供と連動した市場の多様化は、長期的に収益性と生存を確保するための重要な基準となると思われます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ

第5章 市場セグメンテーション

  • 技術
    • バッテリー
    • ソーラー
    • 燃料電池
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • フランス
      • ドイツ
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダー市場シェア
  • 企業プロファイル
    • Aeronautics Ltd.
    • AeroVironment, Inc.
    • AgEagle Aerial Systems Inc.
    • Parrot Drones SAS
    • Draganfly Inc.
    • SZ DJI Technology Co., Ltd.
    • Bye Aerospace
    • Elbit Systems Ltd.
    • Teledyne FLIR LLC
    • VAYU Aerospace
    • Airbus SE
    • Intel Corporation
    • Lockheed Martin Corporation
    • RTX Corporation
    • Sunlight Aerospace

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 70730
Electric Unmanned Aerial Vehicle - Market - IMG1

The Electric Unmanned Aerial Vehicle Market size is estimated at USD 4.42 billion in 2024, and is expected to reach USD 10.87 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.60% during the forecast period (2024-2029).

Key Highlights

  • For several years, the umanned aerial vehicle (UAV) market has been in the developing phase, facing a need for more adoption in the commercial sector. Although they were initially viewed as military devices, drones have established a significant presence in the commercial sector over the past five years. Over the years, with several new exemptions from governing bodies like the FAA and EASA, the demand for UAVs has emerged from various industries, like infrastructure, agriculture, transport, entertainment, security, and insurance.
  • Advancements in UAV flight technologies have allowed manufacturers to produce a wide range of models in different sizes, weights, and shapes, which can carry different sensor payloads, making them favorable across a broad application base. Moreover, Ongoing efforts to reduce production costs and enhance manufacturing efficiency make electric UAVs more economically viable, attracting a broader range of consumers.
  • One significant restraint is the limited endurance of electric UAVs compared to traditional fuel-powered counterparts. Despite advancements in battery technology, some applications require longer flight durations, posing challenges for electric UAV adoption in certain scenarios. Associated safety concerns with UAVs are anticipated to further restrict the growth of the E-UAV market to a certain extent.

Electric Unmanned Aerial Vehicle Market Trends

Battery Segment to Dominate Market Share During the Forecast Period

  • The electric UAV market is dominated by battery technology, owing to its unparalleled reliability and proven track record. Batteries, with their adaptability and versatility, emerge as the preferred power source across diverse UAV applications, from agriculture to infrastructure inspection. The well-established infrastructure supporting battery technology, including charging stations and management systems, further propels its widespread adoption. With growing investment in the drone industry, companies are intensifying R&D, particularly in enhancing battery technologies.
  • These investments are fostering innovations to address key challenges such as battery life, weight, and efficiency, thereby making battery-powered electric UAVs more viable and competitive. The UAV industry is witnessing advancements in Battery Management Systems (BMS) and energy storage solutions, propelling the adoption of battery-powered drones. This trend aligns with the broader global focus on sustainability, as electric UAVs offer environmentally friendly alternatives to traditional fuel-powered counterparts.
  • Similarly, continuous advancements in battery materials and electrochemistry ensure an evolving technology that strikes an optimal balance between efficiency, weight considerations, and overall performance. In comparison, challenges like intermittent sunlight for solar power and infrastructure limitations for fuel cells hinder their widespread implementation, emphasizing the entrenched position of batteries as the industry standard for powering UAVs. Moreover, the current cost-effectiveness of battery technology compared to solar and fuel cell alternatives contributes to its dominant market share, and batteries have become the industry standard for powering UAVs, leading to a higher level of acceptance and integration across different UAV models and manufacturers.
  • For instance, in December 2022, Packet Digital was awarded a USD 8.5 million contract to supply unmanned aircraft systems (UAS) smart batteries, chargers, and power systems for the US Navy. As per the contract, Packet Digital was responsible for designing and manufacturing high-performance UAS battery systems for the next generation of Navy Maritime Logistics UAS.
Electric Unmanned Aerial Vehicle - Market - IMG2

North America to Dominate the Market During the Forecast Period

  • The vast expanse of geographic national borders of countries such as the US necessitates the deployment of UAVs to ensure continuous coverage in the regions that are unreachable by patrol forces. The need has resulted in a subsequent increase in demand for E-UAVs with enhanced endurance and lower operational costs to fulfill the operational requirements of the US border patrol forces. Furthermore, the significant deployment of tactical UAVs in military and defense applications has resulted in increased procurement of small UAVs. Since small UAS are powered by some electric power system, the augmented procurement rate would drive the E-UAV market in the region.
  • The US military and its partners are widening their scope of drone operations to include logistics missions such as resupply to forces in enemy territories or remote locations. Unique design features are empowering alternative uses for UAVs. The US Department of Defense (DoD) and the National Aeronautics and Space Administration (NASA) are investing heavily in the R&D of advanced engines and associative components for military UAVs, which will replace the existing propulsion systems. The growing demand for UAVs has resulted in the emergence of several business opportunities in the region, and numerous contracts are being handed out to cater to the broad clientele.
  • For instance, In July 2023, Under the ANCILLARY program, the US Defense Advanced Research Project Agency's (DARPA) Tactical Technology Office awarded Northrop Grumman Corporation a contract to develop an autonomous vertical takeoff and landing (VTOL) uncrewed aircraft. The UAV will have electric motors powering ducted fans and a hybrid-electric power source with batteries.

Electric Unmanned Aerial Vehicle Industry Overview

The electric unmanned aerial vehicle market is fragmented and consists of many active players. Some of the prominent ones are AeroVironment, Inc., AgEagle Aerial Systems Inc., SZ DJI Technology Co., Ltd., Parrot Drones SAS, and Draganfly Inc. The prevalent economic situations primarily influence the sales of technology-based platforms such as UAVs in dominant markets such as the United States and Europe. Hence, in periods of economic downturn, purchases may be subjected to deferral or cancellation and a relatively slower rate of adoption, which, in turn, can adversely affect the market dynamics. Product innovation is a primary focus in the E-UAV market and associative component vendors are continuously investing in R&D activities to enhance their product offering.

The market players intend to devote significant resources and efforts to capitalizing on the technological proficiency of UAVs and enhance their penetration into the rapidly evolving commercial segment of the E-UAV market. Diversification of geographical markets, in tandem with the product offerings, would be a key criterion for ensuring profitability and survival in the long run.

In September 2023, Teal Drones signed a USD 1.8 million contract with the US Customs and Border Protection to provide Teal 2 systems to US Border Patrol. Teal drones will deliver 106 Teal 2 drones plus spare parts and training. The US Border Patrol is using the Teal 2 drone to provide situational awareness for US field commanders and agents. Teal Drone has partnered with ESAero for a multi-battery charger, which will be offered as an accessory with the Teal 2 drones. ESAero's multi-battery charger will make it possible to charge backup batteries while the UAV is in operation to support persistent ISR missions.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Technology
    • 5.1.1 Battery
    • 5.1.2 Solar
    • 5.1.3 Fuel-Cell
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 France
      • 5.2.2.3 Germany
      • 5.2.2.4 Russia
      • 5.2.2.5 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 South Korea
      • 5.2.3.5 Australia
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Mexico
      • 5.2.4.3 Rest of Latin America
    • 5.2.5 Middle-East and Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 United Arab Emirates
      • 5.2.5.3 South Africa
      • 5.2.5.4 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 Aeronautics Ltd.
    • 6.2.2 AeroVironment, Inc.
    • 6.2.3 AgEagle Aerial Systems Inc.
    • 6.2.4 Parrot Drones SAS
    • 6.2.5 Draganfly Inc.
    • 6.2.6 SZ DJI Technology Co., Ltd.
    • 6.2.7 Bye Aerospace
    • 6.2.8 Elbit Systems Ltd.
    • 6.2.9 Teledyne FLIR LLC
    • 6.2.10 VAYU Aerospace
    • 6.2.11 Airbus SE
    • 6.2.12 Intel Corporation
    • 6.2.13 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.14 RTX Corporation
    • 6.2.15 Sunlight Aerospace

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS