デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1137472

分散型制御システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)

Distributed Control Systems Market - Growth, Trends, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.55円
分散型制御システム市場- 成長、動向、予測(2022年-2027年)
出版日: 2022年10月13日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

分散型制御システム市場は、予測期間中にCAGR6.1%を記録して成長すると予想されます。

分散型制御システム市場は、現在の競争環境において競争力を得るために、プロセス産業のメーカーが最高の自動化技術を導入する傾向にあることが、今後の原動力になると思われます。

主なハイライト

  • スマートアプリケーションとIoT技術の採用が拡大していることが、市場の促進要因となっています。スマートデバイスの普及に伴い、時間遅延の低減と性能向上を実現する多機能マイクロエレクトロニクスへの需要が高まっています。
  • プロセス産業は現在、非常に複雑な環境で操業しており、その制御技術に対する要求もそれに比例して厳しくなっています。制御技術は、プロセス産業において競争力を獲得するための重要な手段であり、現在と将来の大きな課題に対応できるものであれば、なおさらです。DCSシステムの最新版は、セキュリティ、最新技術との互換性、オペレーターの効率性に関して、従来のものより著しく向上しており、これが分散型制御システム市場を牽引しています。
  • 最新のDCSは、セキュリティ、最新技術との互換性、オペレータの効率性に関して、従来のものより著しく向上しており、これが分散型制御システムの市場を促進要因となっています。最新のDCSには、資産診断、性能監視、車両管理、障害時のアラーム処理、メッセージの優先順位付け、障害発生時に取るべき行動の簡素化などの新機能が搭載されています。新型DCSの目的は、発電所の全寿命期間にわたってサービスを提供することです。DCSはオンラインで更新やセキュリティパッチのインストールが可能で、発電所を停止させることなく新機能を追加することができます。
  • さらに、DCSは、石油精製、発電、有機化合物製造、工芸、食品・飲料製造、医薬品製造、セメントなど、バッチ式または連続方式のオペレーションに多く採用されています。DCSは、可変速ドライブ、品質管理システム、モーターコントロールセンター(MCC)、キルン、製造装置、採掘装置など、さまざまな種類の機器を制御することができます。
  • DCSシステムの大きな利点の一つは、分散したコントローラー、ワークステーション、その他のコンピューティング要素間のデジタル通信がピアツーピアのアクセス原則に則っていることです。石油化学、原子力、石油・ガスなどのプロセス産業では、より高い精度と制御を実現するために、設定したポイントに対して所定のプロセス公差を持つコントローラーが求められています。
  • このような要求から、DCSの採用が進みました。DCSは、操作の複雑さやプロジェクトリスクを軽減し、要求の厳しいアプリケーションでも俊敏に製造できる柔軟性などの機能性を備えています。DCSは、PLC、ターボ機械制御、安全システム、サードパーティ制御、熱交換器、給水加熱器、水質など、さまざまなプラントプロセス制御を統合できるため、エネルギー分野でのDCSの採用がさらに進んでいます。
  • Wind Europeによると、COVID-19の影響で、多くの新規風力発電プロジェクトで遅延が予想され、開発者はオークションシステムでの展開期限に間に合わず、金銭的なペナルティーを受けることになりました。国際再生可能エネルギー機関は、パンデミックによって電力セクターの世界サプライチェーンが脅かされたにもかかわらず、CO2純排出量ゼロへの移行を止めることはないだろうと述べています。パンデミックはまた、製造業の自動化が現代の産業機能にとっていかに不可欠であるかを示し、あるものは社会的距離を置くことによって、またあるものはサイバー脅威によって煽られました。社会的距離を置くための措置は、メーカーがロボティクスにより依存するようオペレーションを再構築することにつながり、より大きな影響を及ぼしました。

主な市場動向

サービスが大きなシェアを占める

  • DCS業界のサービス市場は、本レポートの調査範囲に含まれる他の構成要素の中で、収益に関わるすべての関係者の中で最も興味をそそられる市場です。
  • さらに、市場上位のサプライヤーは、継続的な市場拡大のために、プロジェクトサービスと運用・保守サービスの両方の能力を拡大することに重点を置き続けています。本レポートで調査したサービス範囲には、プロジェクト管理サービス、非契約メンテナンス、改修、アップグレードなどのさまざまなコンポーネントが含まれています。
  • 分散型アンテナシステムのサービスプロバイダーが業界で非常に増えているため、現在DCS市場の大部分を占めているサービス市場は、予測期間中に最も速い速度で発展すると予想されます。
  • 意識の高まりとともに、業界プレイヤーはDCSネットワークサービスを強化するために、IIoT戦略の展開と実行に注力しています。現在、センサーやその他のエッジデバイスは、PCと同様の処理能力や通信能力を持つなど、はるかに高い能力を備えているため、その関係は変化しています。各デバイスは、受動的なリスニング&レスポンスの役割を果たす代わりに、ピアとしての役割を果たすことができるようになりました。
  • さらに、プロジェクトサービスでは、サプライヤーがプロジェクトのすべてのオートメーション関連システムに責任を持つ、メインオートメーションコントラクタ(MAC)のコンセプトがますます重要になってきています。
  • この傾向は、大規模なDCSプロジェクトの大部分において強まっています。サービス市場には、スペアパーツや修理など、ピラミッドの底辺に位置する事業体が含まれています。これらの事業体は、システムの生産性、コストの削減、生産ユニットの稼働時間の短縮による製品ライフサイクルとシステムの延長に役立つことが証明されており、その結果、効率的に優れた運用を実現することが可能になります。

北米が大きな市場シェアを占める

  • 北米で急成長しているシェールガス産業は、同地域の分散型制御システム市場の主要な促進要因になると予想されます。
  • シェールガスの割合は2035年までに45%近くに達すると予想されており、リスクの高い環境下で冗長制御によりプロセスの持続性を実現する、緊密統合型DCS市場も並行して成長するものと思われます。
  • また、この市場は現在、世界の原油価格の下落という課題を抱えていますが、将来的には規模の大きな産業として頼もしい存在となることでしょう。シェールガスの採掘には大量の水が必要なため、水処理施設にDCSの市場が生まれ、市場全体が大きく成長しています。
  • また、北米の化学分野では、信頼性の向上、遠隔監視の簡素化、設置コストの低減などのメリットがあります。さらに、化学業界では、生産性、効率性、安全性の向上、ヒューマンエラーの減少を目的として、旧式のDCSシステムからより高度なシステムへの切り替えを進めている企業も複数あります。
  • 北米の石油・ガス産業はプロセス駆動型であり、継続的な操業と複雑な監視方法を必要とします。このセクターで使用される機械の稼働を監視し、規制することは、オペレーターにとって困難なことです。北米の多くの企業では、HMIとコントローラー(DCS)を導入し、オペレーターがオペレーションを管理できるようにしています。これらのシステムは、アラーム管理システムを含む安全手順の自動化、機器のメンテナンスと修理のタスクを実行します。
  • 分散型制御システムは、原子力発電所の管理に不可欠であることが証明されており、米国での市場をさらに後押しし、原子力発電所の容量と数を継続的に増加させています。

競合情勢

競争の激しい分散型制御システム市場には、いくつかの重要な競合他社が存在します。現在、市場シェアの面で市場の大半を支配している大手競合はほとんどありません。かなりの市場シェアを持つ大手企業は、消費者基盤を国際的に拡大することに注力しています。市場シェアと収益性を向上させるために、多くの企業が戦略的なコラボレーションプロジェクトに頼っています。

  • 2022年7月- エマソンは、DeltaVTM分散制御システム(DCS)内でDragos Platformを検証し、組織に大幅に強化されたICS/OTサイバーセキュリティを提供することを発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • バリューチェーン分析
  • 市場促進要因
    • 主要新興国でのエネルギー需要の拡大
    • スマートアプリケーションとIot技術の採用が進む
    • 既存のDCSソリューションのモダナイゼーションがサービス分野の成長に貢献
  • 市場抑制要因
    • プロセスオートメーション分野での代替技術の利用拡大
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 業界別内訳
    • 発電所
    • 石油・ガス
    • 化学
    • 石油精製
    • 鉱業・金属
    • 紙・パルプ
    • その他業界別
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • UAE
      • 南アフリカ
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • ABB Ltd.
    • Honeywell International Corporation
    • Siemens AG
    • Schneider Electric
    • Mitsubishi Motors Corporation
    • Rockwell Automation
    • Emerson Electric Company
    • Metso(Valmet Oyj)
    • Omron Corporation
    • Novatech Llc(Weir Group)
    • Azbil Corporation
    • Toshiba International
    • Yokogawa Electric Co.

第7章 投資分析

第8章 今後の動向

目次
Product Code: 52779

The distributed control systems market is expected to grow by registering a CAGR of 6.1% during the forecast period. The distributed control system market will be driven in the future by the tendency for manufacturers in the process industry to implement the best automation technologies in order to obtain a competitive edge in the current competitive environment.

Key Highlights

  • The growing adoption of smart applications and IoT technologies are the key drivers for the market. With the increased adoption of smart devices, there is an increase in the demand for multifunctional microelectronics with reduced time delays and improved performance.
  • The process industry currently operates in a very complex environment, and the requirements for its control technology are correspondingly demanding. Control technology is a key lever for gaining a competitive edge in the process industry, all the more so if it can meet the tremendous challenges of both today and tomorrow. The latest iterations of DCS systems provide marked improvements over their predecessors regarding security, compatibility with the latest technology, and operator effectiveness, which drives the distributed control systems market.
  • The latest iterations of DCS systems provide marked improvements over their predecessors regarding security, compatibility with the newest technology, and operator effectiveness, which is a market driver for distributed control systems. Modern DCSs include new capabilities, such as asset diagnostics, performance monitoring, fleet management, alarm handling during the fault, prioritizing messages, and simplifying actions to be taken in the event of a failure. The purpose of the newer DCSs is to serve the entire lifetime of the power plant. The DCSs can be updated online, where updates and security patches are installed, and new features can be added without shutting down the plant.​
  • Moreover, DCS is often employed in batch-oriented or continuous method operations, such as oil purification, power generation, organic compound manufacturing, craft, food and drink manufacturing, pharmaceutical production, and cement. DCSs can control various instrumentality types, including variable speed drives, quality control systems, motor control centers (MCC), kilns, manufacturing equipment, and mining equipment.
  • One of the significant benefits of DCS systems is that the digital communication between distributed controllers, workstations, and other computing elements follows the peer-to-peer access principle. To achieve greater precision and control in process industries, like the petrochemical, nuclear, and oil and gas industries, there is an increasing demand for controllers which offer specified process tolerance around an identified set point.
  • These requirements have driven the adoption of DCS, as these systems provide lower operational complexity, project risk, and functionalities, like flexibility for agile manufacturing in highly demanding applications. The ability of DCS to integrate PLCs, turbomachinery controls, safety systems, third-party controls, and various other plant process controls for heat exchangers, feedwater heaters, and water quality, among others, further drives the adoption of DCS in the energy sector.
  • According to Wind Europe, due to COVID-19, delays were expected in many new wind farm projects, causing developers to miss the deployment deadlines in the auction systems and face financial penalties. The International Renewable Energy Agency stated that despite the pandemic threatening global supply chains in the power sector, it would not stop the industry from transitioning to net-zero CO2 emissions. The pandemic also showed how essential manufacturing automation is to modern industry functioning, with some fueled by social distancing and some by cyber threats. Social distancing measures have had a greater impact as they led the manufacturers to restructure their operations to rely more on robotics.

Key Market Trends

Services Constitute a Considerable Market Share

  • The services market in the DCS industry is the most intriguing of all the revenue stakeholders among the other components included in the report's scope.
  • Moreover, the top market suppliers continue to emphasize expanding capabilities for both project services and operations and maintenance services for continuous market expansion. The different components in the scope of services covered in the market report include project management services, non-contract maintenance, retrofits, and upgrades.
  • Due to an enormous increase in the number of distributed antenna systems service providers in the industry, the services market, which currently holds a significant part of the DCS market, is anticipated to develop at the fastest rate over the projection period.
  • With the rising awareness, industry players are focusing on deploying and executing IIoT strategies to enhance the DCS network services. Currently, the relationship has changed because sensors and other edge devices are far more capable, with some processing and communications abilities similar to a PC. Instead of acting in a passive listen-and-respond role, each device can perform more as a peer.
  • In addition, the main automation contractor (MAC) concept is increasingly becoming important in project services, where the supplier is responsible for all automation-related systems of the project.
  • The trend is growing in the majority of the large DCS projects. The services market encapsulates entities from the bottom of the pyramid, i.e., the spare parts and repairs, which prove to be helpful in system productivity, cost curtailment, and extension of the product life cycle and systems by reducing the uptime of production units, thus, efficiently delivering operational excellence.

North America Holds Significant Market Share

  • The rapidly growing shale gas industry in North America is expected to be a major driver of the Distributed Control Systems market in the region.
  • The shale gas percentage is expected to reach nearly 45% by 2035, which is likely to result in a parallel growth of the tightly integrated DCS market, which provides sustainability of the process through redundant controls in high-risk environments.
  • In addition, this market is currently challenged by reducing oil prices globally but can be relied upon to be a sizeable industry in the future. The requirement of a large amount of water in Shale gas extraction has created a market for DCS systems in water treatment facilities, resulting in a significant rise in the overall market.
  • Moreover, the chemicals sector in North America is benefiting from improved dependability, simplified remote monitoring, and lower installation costs. Additionally, several businesses in the chemicals sector are switching from outdated DCS systems to more advanced ones to improve production, efficiency, and safety and decrease human error.
  • The oil and gas industry in North America is process-driven, with ongoing operations and intricate monitoring methods. It is challenging for operators to keep an eye on and regulate the operation of the machinery used in the sector. Many North American businesses are implementing the usage of an HMI and a controller, or DCS, which enables operators to manage operations. These systems automate safety procedures, including alarm management systems, and perform equipment maintenance and repair tasks.
  • Distributed control systems have proven vital in managing nuclear power plants, further helping their market in the United States and continuously increasing its nuclear power plant capacity and numbers.

Competitive Landscape

There are several significant competitors in the competitive distributed control system market. Few of the big competitors now control the majority of the market in terms of market share. Major firms with a sizable market share are concentrating on growing their consumer base internationally. To improve their market share and profitability, many businesses are relying on strategic collaboration projects.

  • July 2022 - Emerson announced validating the Dragos Platform within its DeltaVTM distributed control system (DCS), providing organizations with greatly enhanced ICS/OT cybersecurity.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Value Chain Analysis
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Growing Energy Demand from Major Emerging Economies
    • 4.3.2 Growing Adoption for Smart Applications and Iot Technologies
    • 4.3.3 Modernization of Existing DCS Solutions will Contribute to the Growth Of Service Sector
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Growing Availability of Alternative Technologies in the Field of Process Automation
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Component
    • 5.1.1 Hardware
    • 5.1.2 Software
    • 5.1.3 Services
  • 5.2 By End-User Vertical
    • 5.2.1 Power Generation
    • 5.2.2 Oil & Gas
    • 5.2.3 Chemicals
    • 5.2.4 Refining
    • 5.2.5 Mining and Metals
    • 5.2.6 Paper and Pulp
    • 5.2.7 Other End-User Verticals
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 UK
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Mexico
      • 5.3.4.3 Rest of Latin America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 UAE
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 ABB Ltd.
    • 6.1.2 Honeywell International Corporation
    • 6.1.3 Siemens AG
    • 6.1.4 Schneider Electric
    • 6.1.5 Mitsubishi Motors Corporation
    • 6.1.6 Rockwell Automation
    • 6.1.7 Emerson Electric Company
    • 6.1.8 Metso (Valmet Oyj)
    • 6.1.9 Omron Corporation
    • 6.1.10 Novatech Llc (Weir Group)
    • 6.1.11 Azbil Corporation
    • 6.1.12 Toshiba International
    • 6.1.13 Yokogawa Electric Co.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE TRENDS