デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1456868

5G OSS BSS市場 - 2024年~2029年までの予測

5G OSS BSS Market - Forecasts from 2024 to 2029

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.74円
5G OSS BSS市場 - 2024年~2029年までの予測
出版日: 2024年02月13日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5G OSS BSS市場は、2022年の米国535億6,600万米ドルから2029年には1,387億3,100万米ドルへとCAGR 14.56%で成長すると予測されています。

5G OSS/BSSとは、5Gネットワーク向けに特別に設計された運用支援システム(OSS)とビジネス支援システム(BSS)を指します。OSS/BSSは通信業界において重要なコンポーネントであり、通信サービスの運用面とビジネス面の管理とサポートを担っています。5G技術の出現により、ネットワーク運用とビジネス管理の複雑さと要件は大幅に増加しています。5G OSS/BSSは、5Gサービスの円滑な展開、運用、収益化を確保する上で極めて重要な役割を果たします。運用側(OSS)では、これらのシステムはサービス保証、ネットワーク・プロビジョニング、障害管理、パフォーマンス・モニタリングなど、さまざまなネットワーク機能を管理します。これらのシステムは、5Gネットワークに伴うネットワークの複雑化、仮想化、自動化に対応するように設計されています。ビジネス側(BSS)では、5G OSS/BSSシステムは、課金、カスタマーケア、注文管理、収益保証などの顧客向け機能を担当します。これらのシステムは、革新的なビジネスモデルの実現、サブスクリプションの管理、5G時代のシームレスな顧客体験の確保に不可欠です。

5G導入の増加が市場を後押し

5Gネットワーク展開の急速な進展に伴い、タワーインフラの重要性が高まっています。2025年までに米国では無線接続の74%が5Gネットワークになると予想されています。一方、中国における5Gの普及率は64%と著しく低いです。5G技術の進化は、インフラ・プロバイダーが4Gから5Gネットワークとサービスに移行する中で、新たな機会を創出し、革新的な通信アプリケーションの需要を高めています。この移行は、5Gの高速性にも起因しています。Speedtest Intelligence(R)のデータによると、インド全土でダウンロード速度の中央値が大幅に上昇し、5Gのプレローンチ以降115%も急増しました。2022年9月には13.87Mbpsだったダウンロード速度の中央値は、2023年1月には29.85Mbpsまで上昇しました。その結果、Speedtest Global Indexにおけるインドの順位は顕著に向上し、2022年9月の118位から2023年1月には69位へと49位上昇しました。これは、メキシコ、ロシア、アルゼンチンなどのG20諸国や、インドネシア、バングラデシュ、スリランカ、パキスタンなどの近隣諸国を上回るものです。堅牢で自動化され、完全に統合されたビジネス・サポート・システムと運用サポート・システム(BSS/OSS)を確立することは、5Gに関連するビジネス・メリットを実現する上で極めて重要です。

北米市場は着実に成長すると予測されています。

米国の5G OSS BSS市場は、さまざまな産業・商業分野でM2M通信、IoT(モノのインターネット)、クラウドサービス、モバイルサービスなどの先端技術の採用が増加していることから、予想される期間に大幅な成長が見込まれます。このような採用の急増は、市場の拡大を後押しするものと思われます。さらに、スマートインフラの普及や、住宅・商業エリアにおける高度なセキュリティ・ソリューションの導入が進むことで、国内の高速インターネット接続需要が高まり、OSS BSS市場の成長にさらに寄与すると予測されています。特に、世界銀行の報告によると、2022年の携帯電話加入率は人口100人当たり110人であり、同国における携帯電話とインターネットサービスの大幅な普及を示しており、市場成長にプラスの影響を与えると予想されます。

通信会社は、ネットワーク計画、障害管理、ネットワーク在庫管理、サービス・プロビジョニング、サービス保証、設定など、さまざまな目的で運用サポート・システム(OSS)を活用しています。OSSとBSSの幅広い用途が市場成長の主な促進要因であり、予測される期間には複数の産業で利用が増加すると予想されます。セントルイス連邦準備銀行が提供したデータによると、米国ではインターネットユーザーが大幅に増加しています。2017年には人口の87.24%がインターネットを利用していたが、2021年にはこの割合は91.75%に上昇しました。このインターネット利用者の大幅な増加は、今後数年間、5G OSS BSS市場に顕著な影響を与えると予想されます。高速ネットワークに対する需要の高まりは、インターネット利用動向と一致しており、インターネット利用者の増加と市場情勢の進化との間に相関関係があることを示唆しています。この動向は、拡大するインターネットユーザーの需要に対応するため、堅牢で効率的な運用支援システム(OSS)と業務支援システム(BSS)の重要性を強調しています。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 政府の規制/政策

第6章 5G OSS BSS市場:展開モード別

  • イントロダクション
  • オンプレミス
  • クラウド

第7章 5G OSS BSS市場:提供ソリューション別

  • イントロダクション
  • BSSSについて
    • 顧客管理
    • 収益管理
    • 製品管理
  • OSS
    • サービス管理/オーケストレーション
    • インフラストラクチャ管理

第8章 5G OSS BSS市場:用途別

  • イントロダクション
  • IoT
  • MVNE/MVNO

第9章 5G OSS BSS市場:業界別

  • イントロダクション
  • ITとテレコム
  • BFSI
  • メディアとエンターテイメント
  • 小売とeコマース
  • その他

第10章 5G OSS BSS市場:地域別

  • イントロダクション
  • 南北アメリカ
    • 米国
    • その他
  • 欧州、中東・アフリカ
    • ドイツ
    • 英国
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • 韓国
    • その他

第11章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 市場シェア分析
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション

第12章 企業プロファイル

  • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  • Teliolabs Communication Private Limited
  • Nokia
  • Oracle
  • Netcracker
  • FPT
  • NEC Corporation
  • Stl. tech
目次
Product Code: KSI061615483

The 5G OSS BSS market is expected to grow at a CAGR of 14.56% from US$53.566 billion in 2022 to US$138.731 billion by 2029.

5G OSS/BSS refers to the Operations Support System (OSS) and Business Support System (BSS) specifically designed for 5G networks. OSS/BSS are crucial components in the telecommunications industry, responsible for managing and supporting the operational and business aspects of telecommunication services. With the advent of 5G technology, the complexity and requirements of network operations and business management have significantly increased. 5G OSS/BSS plays a pivotal role in ensuring the smooth deployment, operation, and monetization of 5G services. On the operational side (OSS), these systems manage various network functions such as service assurance, network provisioning, fault management, and performance monitoring. They are designed to handle the increased network complexity, virtualization, and automation that come with 5G networks. On the business side (BSS), 5G OSS/BSS systems are responsible for customer-facing functions such as billing, customer care, order management, and revenue assurance. These systems are essential for enabling innovative business models, managing subscriptions, and ensuring a seamless customer experience in the 5G era.

Increasing adoption of 5G propels the market.

The significance of tower infrastructure is on the rise with the rapid progression of 5G network deployment. By 2025, 74% of wireless connections in the United States are expected to be on the 5G network. In contrast, the penetration of 5G in China will be notably lower, standing at 64%. The evolution of 5G technology is creating new opportunities and increasing the demand for innovative telecommunications applications as infrastructure providers transition from 4G to 5G networks and services. This shift is also due to the high speed of 5G. Speedtest Intelligence(R) data indicates a substantial increase in median download speeds throughout India, surging by 115% since the pre-launch of 5G. The median download speed, which was 13.87 Mbps in September 2022, escalated to 29.85 Mbps by January 2023. Consequently, India's standing on the Speedtest Global Index witnessed a notable improvement, advancing by 49 places, from 118th in September 2022 to 69th in January 2023. This positions India ahead of several G20 nations, including Mexico, Russia, and Argentina, as well as its neighboring countries such as Indonesia, Bangladesh, Sri Lanka, and Pakistan. Establishing a robust, automated, and fully integrated Business Support System and Operations Support System (BSS/OSS) is crucial for realizing the business benefits associated with 5G.

It is projected that the market in North America will grow steadily.

The anticipated period is expected to witness substantial growth in the United States 5G OSS BSS market, driven by the increasing adoption of advanced technologies such as M2M communication, IoT (Internet of Things), cloud services, and mobile services across various industrial and commercial sectors. This surge in adoption is poised to fuel market expansion. Additionally, the growing prevalence of smart infrastructure and the uptake of sophisticated security solutions in residential and commercial areas are projected to boost the demand for high-speed internet connectivity in the country, further contributing to the growth of OSS BSS in the market. Notably, the World Bank reported a mobile cellular subscription rate of 110 per 100 people in 2022, indicating a significant penetration of mobile phones and internet services in the country, which is expected to positively impact market growth.

Telecommunication companies leverage Operation Support Systems (OSS) for various purposes, including network planning, fault management, network inventory management, service provisioning, service assurance, and configuration. The broad spectrum of applications for OSS and BSS is a key driver for their market growth, with increasing utilization across multiple industries anticipated in the projected period. As per the data provided by the Federal Reserve Bank of St. Louis, there has been a substantial increase in internet users in the United States. In 2017, 87.24% of the population was using the internet, and by 2021, this percentage had risen to 91.75%. This significant growth in internet users is expected to have a notable impact on the 5G OSS BSS market in the coming years. The escalating demand for high-speed networks aligns with the trends in internet usage, suggesting a correlation between the increasing number of internet users and the evolving landscape of the 5G OSS BSS market. This trend underscores the importance of robust and efficient operation support systems (OSS) and business support systems (BSS) to meet the growing demands of an expanding internet user base.

Market Key Developments

  • May 2021, Ericsson and Amazon Web Services (AWS) joined forces in a strategic partnership aimed at assisting Communication Service Providers (CSPs) in transitioning to cloud Business Support Systems. This collaboration signifies a concerted effort to provide CSPs with comprehensive support as they navigate the challenges and opportunities presented by the adoption of cloud-based BSS solutions. By leveraging the expertise and resources of both Ericsson and AWS, the partnership aims to enhance the capabilities of CSPs, enabling them to optimize their operations, improve efficiency, and capitalize on the benefits offered by cloud-native BSS technologies.
  • December 2023, Nokia joined forces with Innova to provide programmable network applications tailored for enterprises through Nokia's network as a coding platform. Nokia, recognized for its digital innovations, combined its strengths with Innova, which specializes in OSS/BSS infrastructure. The primary objective of this partnership is to introduce novel and advanced products to the market by leveraging the capabilities of the network as a coding platform. This strategic move reflects the industry trend of key players aligning their expertise to drive innovation and enhance their position in the dynamic 5G OSS BSS market.

Segmentation:

By Deployment Type:

  • On-premise
  • Cloud

By Solutions Offered:

  • BSS
  • Customer Management
  • Revenue Management
  • Product Manangement
  • OSS
  • Service Management/Orchestration
  • Infrastructure Management

By Application:

  • IoT
  • MVNE/MVNO

By Industry Vertical:

  • IT and Telecom
  • BFSI
  • Media and Entertainment
  • Retail and E-Commerce
  • Others

By Geography

  • Americas
  • United States
  • Others
  • Europe, Middle East and Africa
  • Germany
  • United Kingdom
  • Others
  • Asia Pacific
  • China
  • Japan
  • South Korea
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. GOVERNMENT REGULATIONS/POLICIES

6. 5G OSS BSS MARKET BY DEPLOYMENT MODE

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. On-premise
  • 6.3. Cloud

7. 5G OSS BSS MARKET BY SOLUTION OFFERED

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. BSS
    • 7.2.1. Customer Management
    • 7.2.2. Revenue Management
    • 7.2.3. Product Manangement
  • 7.3. OSS
    • 7.3.1. Service Management/Orchestration
    • 7.3.2. Infrastructure Management

8. 5G OSS BSS MARKET BY APPLICATION

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. IoT
  • 8.3. MVNE/MVNO

9. 5G OSS BSS MARKET BY INDUSTRY VERTICAL

  • 9.1. Introduction
  • 9.2. IT and Telecom
  • 9.3. BFSI
  • 9.4. Media and Entertainment
  • 9.5. Retail and E-Commerce
  • 9.6. Others

10. 5G OSS BSS MARKET BY GEOGRAPHY

  • 10.1. Introduction
  • 10.2. Americas
    • 10.2.1. United States
    • 10.2.2. Others
  • 10.3. Europe, Middle East and Africa
    • 10.3.1. Germany
    • 10.3.2. United Kingdom
    • 10.3.3. Others
  • 10.4. Asia Pacific
    • 10.4.1. China
    • 10.4.2. Japan
    • 10.4.3. South Korea
    • 10.4.4. Others

11. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 11.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 11.2. Market Share Analysis
  • 11.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations

12. COMPANY PROFILES

  • 12.1. Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  • 12.2. Teliolabs Communication Private Limited
  • 12.3. Nokia
  • 12.4. Oracle
  • 12.5. Netcracker
  • 12.6. FPT
  • 12.7. NEC Corporation
  • 12.8. Stl. tech