表紙:クラウドOSS BSSの世界市場:予測(2023~2028年)
市場調査レポート
商品コード
1410225

クラウドOSS BSSの世界市場:予測(2023~2028年)

Cloud OSS BSS Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 135 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
クラウドOSS BSSの世界市場:予測(2023~2028年)
出版日: 2023年12月19日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 135 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のクラウドOSS BSSの市場規模は、2021年に156億7,400万米ドルに達し、CAGR 16.94%で成長し、2028年には468億7,000万米ドルに達すると予測されています。

クラウド技術は通信分野で大きく拡大しており、企業はビッグデータ分析、データバックアップ、ファイルストレージ、通信など様々な用途でクラウドを過剰に活用しています。クラウドOSS BSSは、ユーザーに必要な俊敏性を提供するマイクロアプリケーションを内蔵しており、パーソナライズされた革新的な顧客体験を生み出すのに役立ち、顧客維持率の向上につながります。さらに、音声/ビデオ通話、電話会議、放送、メッセージングなどの通信サービスの増加も、クラウドの需要を高めています。クラウドの導入が進み、5Gネットワークの利用が増加することで、予測期間中にクラウドOSS BSSの需要が増加しています。

クラウドと5Gの導入の増加

大企業、中規模企業、小規模企業におけるクラウド利用の増加と5G需要の増加は、予測期間においてクラウドOSS BSSの市場を押し上げると予想されます。さらに、企業の関心の高まりや、この分野で優れた企業に対する認知度の高まりも、市場成長の要因となっています。例えば、2022年4月のプレスリリースによると、Netcrakerは5G、クラウド、OSS/BSSでアジアコミュニケーションアワードを受賞した。NetcrakerのクラウドBSSは、そのクラウドネイティブ機能の役割が評価され、クラウド技術イニシアチブを受賞しました。さらに、NetcrakerのデジタルBSS/OSSは、大規模なデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを支援したとして、OSS/BSS project of the yearを受賞しました。したがって、クラウドOSS/BSS市場に最先端の設備を提供する企業の関与が増加していることが、市場を上昇方向に押し上げる主な要因の1つとなっています。

Telefonaktiebolaget LM Ericssonによると、5Gのデータ消費量は増加すると予想されています。エクサバイト/月とはデータストレージの大きな単位で、エクサという接頭辞は10億億を意味します。現在、2G、3G、4Gのモバイルデータの利用が月78.8エクサバイトのシェアで市場を独占しているのに対し、モバイルデータ5Gは月14.3エクサバイトに過ぎないが、今後数年間で、このシナリオは逆転すると予想されます。例えば、2027年にはモバイルデータ2G/3G、4Gの月間125.7エクサバイトに対し、モバイルデータ5Gネットワークの利用は月間159.4エクサバイトに達すると予想されます。5Gは他のモバイルネットワークに比べて高速であり、新しい技術であるため、様々な分野での採用が増加しており、5Gの普及率は今後も高水準を維持すると予想されます。したがって、5Gの新興国市場での利用が拡大し、OSS/BSS分野の市場開拓が進むと予測されることから、市場は拡大すると予測されます。

北米が最大の市場シェアを占めると予測

北米におけるクラウドOSS BSS市場は、カスタマイズされたクラウドOSS BSSソリューションの利用拡大が直接的な要因となって拡大しています。さらに、コンバージェント型課金システムへのニーズの高まりが市場拡大に拍車をかけています。クラウドOSS BSS分野は、ソフトウェアのアップグレードやメンテナンスの簡素化を目的としたクラウド技術の利用増加により拡大しています。

米国でクラウドOSS BSSが拡大している主な要因は、いくつかの分野でテクノロジーや通信分野が急速に拡大していることです。サポートシステムの維持にかかるコストと、通信サービスプロバイダーの顧客基盤が着実に拡大していることが、これらの通信プロバイダーをクラウドへと向かわせています。クラウドOSS BSSの利用は、これらのサービス・プロバイダーがコスト削減を重視するようになった結果、増加しています。

5G技術への投資の増加は、モバイルブロードバンドと大量/重要な機械型通信(MTC)を可能にし、ひいては産業オペレーションを自動化し、国内におけるクラウドOSS BSS市場を促進するもう一つの重要な要因となっています。CTIAによると、5Gの助けを借りて、エネルギーシステムをより正確に監視することができ、管理を強化し、経費を削減し、米国経済を1兆8,000億米ドル押し上げます。さらに、米連邦通信委員会(Federal Communications Commission)によると、アメリカの地方で先進的な5Gモバイルワイヤレスサービスを提供するため、通信事業者にユニバーサル・サービス基金(Universal Service Fund)から最大90億米ドルの資金を提供するため(部族領での展開に最大6億8,000万米ドルを含む)、同委員会は2020年10月に「5G Fund for Rural America」を創設しました。さらに、この基金は、精密農業の要件をサポートする展開のために少なくとも10億米ドルを特別に確保しています。

市場開拓の主な発展

2021年6月、AmdocsはAI/機械学習を取り入れた製品とソリューションを発表しました。このソリューションは重要な洞察を提供し、決定を推奨し、主要なプロセスにわたってリアルタイムで自動化されたアクションを大規模に実行します。この統合されたインテリジェントな分析により、サービスプロバイダーは、5Gスペクトラムにおける革新的な新サービスの立ち上げ、管理、収益化を改善することができます。2023年9月、Batelco社は、主要なITシステムの近代化にOracle Communicationsのテクノロジーを活用しています。Oracleの通信ソリューションにより、Batelcoは企業顧客や消費者顧客の変化する要求を満たすことができるようになり、同時に市場力学の変化に対応し、顧客に最先端の新サービスを提供できるようになりました。Oracle Communications Consultingは、この計画の実行を主導します。2023年8月、Communications Data Group(CDG)とCalix, Inc.は、CDGのクラウドベースのOSS/BSSソリューションであるMBSとCalix Cloud(R)のシームレスな統合を発表しました。これにより、Calix SupportとMarketing Cloudでペルソナベースのビューが可能になる2020年10月、デジタルプラットフォームソリューションのプロバイダーとして急速に拡大しているBearingPoint Beyondは、同社のクラウドネイティブなInfonova BSSが、ブロードバンドネットワークサービスを担当するBNETが展開するOSS BSSの両システムに採用されたと発表しました。Amazon Web Services (AWS)をベースとするこのプラットフォームは、全国ファイバーブロードバンドネットワークの運用プロトコルと手順を監督するCSPを支援することを目的としています。ネットワークインベントリーとサービス保証ソリューションは、契約に従って、ネットワークインベントリーの専門家であるCROSS Network Intelligence(CNI)によってBNETに提供されます。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査プロセス

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 主な調査結果

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 クラウドOSS BSS市場:展開モデル別

  • イントロダクション
  • 公共
  • 民間
  • ハイブリッド

第6章 クラウドOSS BSS市場:企業規模別

  • イントロダクション

第7章 クラウドOSS BSS市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • イスラエル
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • その他

第8章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 市場シェア分析
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第9章 企業プロファイル

  • TCS
  • Amdocs
  • Comarch
  • Ericsson
  • Hewlett Packard Enterprise
  • Huawei
  • IBM
  • Oracle
  • Accolite Digital India Private Limited
  • Netcracker
目次
Product Code: KSI061611985

The cloud OSS BSS market is estimated to grow at a CAGR of 16.94% to reach US$46.870 billion by 2028 from US$15.674 billion in 2021.

Clod technology is expanding heavily in the telecommunication sector, companies are excessively making use of the cloud for multiple usages such as for big data analysis, data backups, file storage, and communication among other uses. Cloud OSS and BSS are built-in micro applications that provide the user with the necessary agility which would help them create personalized and innovative customer experiences that would result in higher customer retention. Additionally, the increasing communication services, including audio/video calls, conference calls, broadcasting, and messaging are also increasing the demand for the cloud. The increasing adoption of the cloud and increased use of 5G networking is increasing the demand for cloud OSS and BSS in the projected period.

Increasing deployment of cloud and 5G

The increasing use of cloud in large, medium, and small-scale enterprises coupled with increasing demand for 5G is anticipated to boost the market for cloud OSS and BSS in the projected period. Additionally, the increasing interest of companies and growing recognition of the companies that are excelling in this field is another reason for market growth. For instance, according to an April 2022, press release Netcraker was awarded Asia Communication Awards for 5G, Cloud, and OSS/BSS. Netcraker's cloud BSS was awarded the cloud technology initiative for the role of its cloud-native capabilities. Furthermore, the Netcracker Digital BSS/OSS received the OSS/BSS project of the year for helping with large-scale digital transformation projects. Hence, such increasing involvement of companies to provide state-of-the-art facilities for cloud OSS/BSS in the market is one of the major reasons pushing the market in an upward direction.

According to Telefonaktiebolaget LM Ericsson, the usage of 5G data consumption is expected to increase. Exabyte per month is a large unit of data storage, the prefix exa means one billion billion. In the present year, the use of 2G,3G, and 4G mobile data is dominating the market with a share of 78.8 exabytes a month whereas mobile data 5G is only 14.3 exabytes per month, but in the coming years, this scenario is expected to be reversed. For instance, in 2027 the usage of mobile data 5G network is expected to reach 159.4 exabytes per month compared to mobile data 2G/3G, and 4G with 125.7 exabytes per month. With the increased adoption of 5G in various sectors as it is faster compared to other mobile networks and a newer technology the penetration rate of 5G is expected to remain high in the coming years. Hence, with the growing use of 5G and rising development in the field of OSS/BSS in the forecasted period, the market is anticipated to expand.

North America is predicted to hold the largest market share for the market

The market for cloud OSS BSS in North America is expanding as a direct result of the growing use of customized cloud OSS BSS solutions. Furthermore, a rise in the need for convergent billing systems is fueling the market's expansion. The cloud OSS BSS sector is expanding due to the increased use of cloud technologies for software upgrades and simplicity of maintenance.

A primary factor contributing to the expansion of cloud OSS BSS in the USA is the fast expansion of the technology and communication sectors in several areas. The costs of maintaining support systems combined with the telecommunication service providers' steadily growing client base are pushing these telco providers towards the cloud. Cloud OSS BSS use is growing among these service providers as a result of their increased emphasis on cost reduction.

An increase in investment in 5G technology is enabling mobile broadband and mass/critical machine-type communication (MTC), which in turn is automating industrial operations and is another significant factor fueling the cloud OSS BSS market in the nation. According to CTIA, With the help of 5G, the energy system can be more precisely monitored, which enhances management, lowers expenses, and boosts the US economy by $1.8 trillion. Furthermore, as per the Federal Communications Commission, to provide carriers with up to $9 billion in Universal Service Fund funding to provide advanced 5G mobile wireless services in rural America (including up to $680 million for deployment on tribal territories), the Commission created the 5G Fund for Rural America in October 2020. Additionally, the Fund also sets aside at least $1 billion expressly for deployments supporting the requirements of precision agriculture.

Market Key Developments

  • In June 2021, Amdocs launched an AI/ machine learning-infused product and solution that will provide critical insights and recommend decisions, and will take automated actions at scale in real-time across key processes. This integrated and intelligent analysis will help the service providers to better launch, manage, and monetize, innovative new services in the 5G spectrum.
  • In September 2023, Batelco, is utilized Oracle Communications technologies to modernize its key IT systems. Oracle's telecom solutions enable the business to satisfy the changing demands of its enterprise and consumer customers while responding to shifting market dynamics and providing its clients with cutting-edge new offerings. Oracle Communications Consulting takes the lead in carrying out the plan.
  • In August 2023, Communications Data Group (CDG) and Calix, Inc. announced the seamless integration of CDG's cloud-based OSS/BSS solution, MBS, with Calix Cloud®. This allows for persona-based views in Calix Support and Marketing Cloud
  • In October 2020, BearingPoint Beyond, a quickly expanding provider of digital platform solutions, announced that its cloud-native Infonova BSS has been used to power both OSS and BSS systems deployed by BNET, which is in charge of broadband network services. The platform, which is based on Amazon Web Services (AWS), is intended to assist the CSP in overseeing the operating protocols and procedures for its national fiber broadband network. Network inventory and service assurance solutions are being provided to BNET by CROSS Network Intelligence (CNI), experts in network inventory, as per the agreement.

Segmentation:

By Deployment Model

  • Public
  • Private
  • Hybrid

By Enterprise Size

  • Small
  • Medium
  • Large

By Geography

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Others
  • Europe
  • United Kingdom
  • Germany
  • France
  • Spain
  • Others
  • Middle East and Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • Israel
  • Others
  • Asia Pacific
  • Japan
  • China
  • India
  • South Korea
  • Indonesia
  • Thailand
  • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Process

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Key Findings

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. CLOUD OSS BSS MARKET, BY DEPLOYMENT MODEL

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Public
  • 5.3. Private
  • 5.4. Hybrid

6. CLOUD OSS BSS MARKET, BY ENTERPRISE SIZE

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Small
  • 6.3. Medium
  • 6.4. Large

7. CLOUD OSS BSS MARKET, BY GEOGRAPHY

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. North America
    • 7.2.1. USA
    • 7.2.2. Canada
    • 7.2.3. Mexico
  • 7.3. South America
    • 7.3.1. Brazil
    • 7.3.2. Argentina
    • 7.3.3. Others
  • 7.4. Europe
    • 7.4.1. Germany
    • 7.4.2. United Kingdom
    • 7.4.3. France
    • 7.4.4. Italy
    • 7.4.5. Others
  • 7.5. Middle East and Africa
    • 7.5.1. Saudi Arabia
    • 7.5.2. UAE
    • 7.5.3. Israel
    • 7.5.4. Others
  • 7.6. Asia Pacific
    • 7.6.1. China
    • 7.6.2. Japan
    • 7.6.3. India
    • 7.6.4. South Korea
    • 7.6.5. Others

8. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 8.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 8.2. Market Share Analysis
  • 8.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 8.4. Vendor Competitiveness Matrix

9. COMPANY PROFILES

  • 9.1. TCS
  • 9.2. Amdocs
  • 9.3. Comarch
  • 9.4. Ericsson
  • 9.5. Hewlett Packard Enterprise
  • 9.6. Huawei
  • 9.7. IBM
  • 9.8. Oracle
  • 9.9. Accolite Digital India Private Limited
  • 9.10. Netcracker