表紙:エンタープライズ向け人工知能(AI)市場-2023年から2028年までの予測
市場調査レポート
商品コード
1279623

エンタープライズ向け人工知能(AI)市場-2023年から2028年までの予測

Enterprise Artificial Intelligence (AI) Market - Forecasts from 2023 to 2028

出版日: | 発行: Knowledge Sourcing Intelligence | ページ情報: 英文 148 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
エンタープライズ向け人工知能(AI)市場-2023年から2028年までの予測
出版日: 2023年05月02日
発行: Knowledge Sourcing Intelligence
ページ情報: 英文 148 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エンタープライズAI市場は、2021年の市場規模88億6,000万米ドルからCAGR31.47%で成長し、2028年には601億3,000万米ドルに達すると予測されます。エンタープライズAIは、デジタルトランスフォーメーションを推進するためにAIソフトウェアと手法を採用したビジネスソフトウェアの下位区分です。エンタープライズAIの大規模な開発・展開には、新しいタイプの技術スタックが必要です。エンタープライズAIは、企業が人間の能力と同等の洗練されたレベルで人工知能をインフラに統合するプロセスです。多くの業界で、人工知能は企業の競争力強化に役立っています。エンタープライズAIプラットフォームは、事業運営のさまざまな段階を自動化・最適化し、効率化によって特定のステップや経費を省くことができます。エンタープライズAIソリューションは、膨大な量のデータを処理し、大規模な企業を担当する個人やグループが実用的に使用できるようにわかりやすいインターフェースで表示することで、企業のリソースを最大限に活用する可能性をさらに進めます。エンタープライズAIは、業務上の典型的な問題に対してさまざまな回答を提供し、スタッフの生産性を高め、コストを削減し、業務を最適化します。AIやその他の技術ソリューションがさまざまな業界の企業全体に浸透していることを考慮すると、エンタープライズAI市場は予測期間中に大きく拡大すると予測できます。

市場促進要因

企業別生成されるデータの増加

企業やその顧客が生成するデータの大規模な進歩は、企業におけるAI技術を用いたビッグデータ分析ソリューションの必要性をもたらしています。調査によると、97%以上の企業がAIソリューションやビッグデータ管理ソフトウェアに積極的に投資していることが明らかになっています。また、企業が生成するデータのうち、有効活用されているのは約40%の中程度であることが明らかになりました。企業がデータを理想的に活用することで、顧客の好みや問題点を把握することで利益率を高め、あらゆる業務部門の非効率性を改善し、業務で使われない余剰リソースを削減することができます。さらに、データ駆動型の意思決定プロセスへの移行に伴い、膨大な量のデータを処理するためのAIベースのソフトウェアアプリケーションへの需要が高まっています。

ビジネスプロセスの自動化に対する需要の高まり

業務プロセスの自動化は、業務生産性の向上とヒューマンエラーの減少による正確性の向上により促進されています。IBMが2022年に発表したGlobal AI Adoption Index調査によると、AIソフトウェアの37%以上がIT業務の自動化に使用され、27%が大企業で業務ワークフロー手順や顧客ケアサービスの自動化に使用されています。したがって、企業が生成・処理するデータ量の増加や、ビジネスプロセスの自動化に対する需要の高まりが、エンタープライズAI製品の需要を促進しています。

サイバーセキュリティの脆弱性とデータ統合の脅威は、エンタープライズAI市場の拡大を鈍化させる可能性があります。

データの問題やサイバーセキュリティ侵害の脅威が、あらゆる企業によるエンタープライズAIの広範な採用を抑制しています。また、さまざまな部門やシステムを統一されたシステムの下に統合することで、ハッキングやその他の非倫理的な活動のリスクが高まります。顧客のセルフサービスを可能にするバーチャルアシスタントは、これまで統合されることのなかった複数のシステムからデータを必要とするAIシステムの一例です。消費者情報、金融情報、バーチャルアシスタントのトレーニングや設定データは、すべて異なるシステムに保存されている可能性があります。AIは、企業がこれまで避けてきたデータ統合を必要とします。特に、買収によって発展し、さまざまな時代のつながりのないシステムを数多く保持しているビジネスでは、このようなことが起こり得ます。

エンタープライズAI市場では、北米が大きなシェアを占めており、予測期間中も成長が見込まれています。

北米は、国際的なエンタープライズAI市場で突出したシェアを占めています。北米の一流企業やブランドがデジタル化に向けて徐々に移行していることで、業務やその他の関連作業の自動化が促進されています。その結果、企業レベルで人工知能を活用したソフトウェアアプリケーションやサービスへのアクセスを提供する製品に対する大きな需要があります。GoogleやAmazonといった国際的な技術コングロマリットの存在や、RisingMax、Suffescom Solutions Inc.、Western Stack、AlphaSenseといったここ数年の新しいAIアプリケーション開発スタートアップの登場が、北米におけるエンタープライズAI市場の拡大をさらに広げています。また、北米諸国の有利な自由貿易協定により、企業の顧客基盤が国際的なレベルにまで拡大し、事業活動の拡大につながっています。その結果、企業のビジネスを効果的に管理するために、エンタープライズAIソリューションが必要とされています。したがって、北米のエンタープライズAIの市場規模は、予測期間中に拡大すると予測されます。

目次

第1章 イントロダクション

  • 市場概要
  • 市場の定義
  • 調査範囲
  • 市場セグメンテーション
  • 通貨
  • 前提条件
  • 基準年と予測年のタイムライン

第2章 調査手法

  • 調査データ
  • 調査デザイン

第3章 エグゼクティブサマリー

  • 調査ハイライト

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
  • 業界バリューチェーン分析

第5章 エンタープライズ向け人工知能(AI)市場:テクノロジー別

  • イントロダクション
  • 機械学習
  • 音声認識
  • 自然言語処理
  • 画像処理

第6章 エンタープライズ向け人工知能(AI)市場:導入別

  • イントロダクション
  • クラウド
  • オンプレミス

第7章 エンタープライズ向け人工知能(AI)市場:企業規模別

  • イントロダクション
  • 大企業
  • 中小企業

第8章 エンタープライズ向け人工知能(AI)市場:エンドユーザー別

  • イントロダクション
  • 自動車
  • BFSI
  • 通信
  • 製造業
  • 小売り
  • その他

第9章 エンタープライズ向け人工知能(AI)市場:地域別

  • イントロダクション
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 南米
    • ブラジル
    • アルゼンチン
    • その他
  • 欧州
    • 英国
    • ドイツ
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他
  • 中東・アフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • その他
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • 韓国
    • オーストラリア
    • シンガポール
    • インドネシア
    • その他

第10章 競合環境と分析

  • 主要企業と戦略分析
  • 新興企業と市場収益性
  • 合併、買収、合意およびコラボレーション
  • ベンダー競争力マトリックス

第11章 企業プロファイル

  • Intel Corporation
  • Amazon Web Services Inc.
  • Google LLC
  • Amelia US LLC
  • NVIDIA Corporation
  • SAP SE
  • Wipro Limited
  • Verint Systems
  • IBM Corporation
  • Oracle Corporation
目次
Product Code: KSI061614873

Enterprise AI market is expected to grow at a CAGR of 31.47% from a market size of US$8.86 billion in 2021 to reach US$60.13 billion in 2028. Enterprise AI is a sub-division of business software that employs AI software and methods to promote digital transformation. A new type of technological stack is needed for the large-scale development and deployment of enterprise AI. Enterprise AI is the process through which a company integrates artificial intelligence into its infrastructure at a level of sophistication that is equal to human capabilities. In many industries, artificial intelligence is assisting businesses in gaining a competitive edge. An enterprise AI platform can automate and optimize various stages of business operations and eliminate certain steps or expenses through efficiency. Enterprise AI solutions advance the potential of maximum utilization of the resources of an enterprise further by processing enormous amounts of data and displaying it in straightforward interfaces for practical use by the individuals and groups in charge of large-scale enterprises. Enterprise AI offers a variety of answers to typical operational problems, while increasing staff productivity, cutting costs, and optimizing business operations. Considering the penetration of AI and other technological solutions across enterprises in different industries, it can be anticipated that the enterprise AI market will expand significantly over the forecast period.

Market Drivers

The increase in data generated by companies

The massive advancement in the data generated by companies and their customers is resulting in the need for big data analytics solutions using AI technology in enterprises. According to research, it was revealed that more than 97% of business enterprises are actively investing in AI solutions and big data management software. In addition, it was demonstrated that only a medium portion of around 40% of the data generated by an enterprise is being effectively utilized. The ideal utilization of data by an enterprise could assist in increasing profit margins by understanding the customers' preferences and problems, the inefficiencies in any working departments, and the reduction in excess resources being unused in the business operations. In addition to this, the recent shift to data-driven decision-making processes is creating a higher level of demand for AI-based software applications to process the vast amount of data.

Growing demand for automating business processes

The automation of company processes is encouraged by the increase in operational productivity of business tasks and the improvement in accuracy levels owing to the decrease in human errors. According to IBM's Global AI Adoption Index research from 2022, more than 37% of AI software is used to automate IT operations, while 27% of AI software applications are used by large enterprises to automate business workflow procedures and customer care services. Therefore, the increase in the volume of data generated and processed by companies and the growing demand for automating business processes are driving the demand for enterprise AI products.

The threat of cybersecurity vulnerabilities and data integration could slow down the expansion of the enterprise AI market.

The data issues and the threat of violation of cybersecurity are restraining the extensive adoption of enterprise AI by all companies. In addition, the integration of various departments and systems under a unified system increases the risk of hacking and other unethical activities. Virtual assistants that enable client self-service are one example of an AI system that needs data from several systems that may never have been merged previously. Consumer information, financial information, and virtual assistant training and configuration data may all be stored in different systems. AI makes data integration necessary, which a corporation may have avoided up until now. This can be particularly difficult in a business that has developed through acquisition and retains numerous, unconnected systems from various periods.

Market Developments

  • In March 2023, Alpha Metaverse Technologies Inc. announced that it has entered into a contract with The Brand Label, a prominent fashion enterprise operating in multiple nations to create a metaverse platform to enhance the customer experience and virtual display setting of the enterprise.
  • In January 2023, C3 AI, a company specializing in the manufacture of enterprise AI solutions introduced its new product line C3 Generative AI by launching a new search product that enables enterprises to search for specific data across all the information systems of the enterprise.
  • In March 2023, Tata Consultancy Services introduced its Cognitive Plant Operations Adviser product, an AI solution that utilizes 5G internet on a Microsoft Azure platform to assist pharmaceutical, FMCG, and other manufacturing industries to help to make automated decisions in plant production processes.

North America has a significant share of the enterprise AI market and is expected to grow in the forecast period.

North America contributes a prominent share of the international enterprise AI market. The automation of business operations and other associated tasks is encouraged by the gradual transition of top firms and brands in North America towards digitalization. As a result, there is a huge demand for products providing access to software applications and services utilizing artificial intelligence at the enterprise level. The presence of international technology conglomerates such as Google and Amazon and the emergence of new AI application development startups over the last few years such as RisingMax, Suffescom Solutions Inc., Western Stack, and AlphaSense are further widening the expansion of the enterprise AI market in North America. In addition, the favorable free trade agreements of the North American countries are expanding the customer base of business enterprises to an international level resulting in an expansion in their business operations. Consequentially, enterprise AI solutions are required to ensure the effective management of an enterprise's business. Hence, the market size of North American enterprise AI is anticipated to expand over the forecast period.

Market Segmentation

By Technology

  • Machine Learning
  • Speech Recognition
  • Natural Language Processing
  • Image Processing

By Deployment

  • Cloud
  • On-premise

By Enterprise Size

  • Large Enterprises
  • SMEs

By End-User

  • Automotives
  • BFSI
  • Telecommunication
  • Manufacturing
  • Retail
  • Others

By Geography

  • North America
    • USA
    • Canada
    • Mexico
  • South America
    • Brazil
    • Argentina
    • Others
  • Europe
    • United Kingdom
    • Germany
    • France
    • Italy
    • Spain
    • Others
  • Middle East and Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Others
  • Asia Pacific
    • China
    • Japan
    • India
    • South Korea
    • Australia
    • Singapore
    • Indonesia
    • Others

TABLE OF CONTENTS

1. INTRODUCTION

  • 1.1. Market Overview
  • 1.2. Market Definition
  • 1.3. Scope of the Study
  • 1.4. Market Segmentation
  • 1.5. Currency
  • 1.6. Assumptions
  • 1.7. Base, and Forecast Years Timeline

2. RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1. Research Data
  • 2.2. Research Design

3. EXECUTIVE SUMMARY

  • 3.1. Research Highlights

4. MARKET DYNAMICS

  • 4.1. Market Drivers
  • 4.2. Market Restraints
  • 4.3. Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1. Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2. Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3. Threat of New Entrants
    • 4.3.4. Threat of Substitutes
    • 4.3.5. Competitive Rivalry in the Industry
  • 4.4. Industry Value Chain Analysis

5. ENTERPRISE ARTIFICIAL INTELLIGENCE MARKET BY TECHNOLOGY

  • 5.1. Introduction
  • 5.2. Machine Learning
  • 5.3. Speech Recognition
  • 5.4. Natural Language Processing
  • 5.5. Image Processing

6. ENTERPRISE ARTIFICIAL INTELLIGENCE MARKET BY DEPLOYMENT

  • 6.1. Introduction
  • 6.2. Cloud
  • 6.3. On-premise

7. ENTERPRISE ARTIFICIAL INTELLIGENCE MARKET BY ENTERPRISE SIZE

  • 7.1. Introduction
  • 7.2. Large Enterprises
  • 7.3. SMEs

8. ENTERPRISE ARTIFICIAL INTELLIGENCE MARKET BY END-USER

  • 8.1. Introduction
  • 8.2. Automotive
  • 8.3. BFSI
  • 8.4. Telecommunication
  • 8.5. Manufacturing
  • 8.6. Retail
  • 8.7. Others

9. ENTERPRISE ARTIFICIAL INTELLIGENCE MARKET BY GEOGRAPHY

  • 9.1. Introduction
  • 9.2. North America
    • 9.2.1. USA
    • 9.2.2. Canada
    • 9.2.3. Mexico
  • 9.3. South America
    • 9.3.1. Brazil
    • 9.3.2. Argentina
    • 9.3.3. Others
  • 9.4. Europe
    • 9.4.1. United Kingdom
    • 9.4.2. Germany
    • 9.4.3. France
    • 9.4.4. Italy
    • 9.4.5. Spain
    • 9.4.6. Others
  • 9.5. Middle East and Africa
    • 9.5.1. Saudi Arabia
    • 9.5.2. UAE
    • 9.5.3. Others
  • 9.6. Asia Pacific
    • 9.6.1. China
    • 9.6.2. Japan
    • 9.6.3. India
    • 9.6.4. South Korea
    • 9.6.5. Australia
    • 9.6.6. Singapore
    • 9.6.7. Indonesia
    • 9.6.8. Others

10. COMPETITIVE ENVIRONMENT AND ANALYSIS

  • 10.1. Major Players and Strategy Analysis
  • 10.2. Emerging Players and Market Lucrativeness
  • 10.3. Mergers, Acquisitions, Agreements, and Collaborations
  • 10.4. Vendor Competitiveness Matrix

11. COMPANY PROFILES

  • 11.1. Intel Corporation
  • 11.2. Amazon Web Services Inc.
  • 11.3. Google LLC
  • 11.4. Amelia US LLC
  • 11.5. NVIDIA Corporation
  • 11.6. SAP SE
  • 11.7. Wipro Limited
  • 11.8. Verint Systems
  • 11.9. IBM Corporation
  • 11.10. Oracle Corporation