お知らせ :東京証券取引所JASDAQスタンダード市場への新規上場に関するお知らせ

株式会社グローバルインフォメーション
市場調査レポート
商品コード
968053

IDC FutureScape:世界のクラウド予測、2021年

IDC FutureScape: Worldwide Cloud 2021 Predictions

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 18 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=104.53円
IDC FutureScape:世界のクラウド予測、2021年
出版日: 2020年10月27日
発行: IDC
ページ情報: 英文 18 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックに伴う混乱と先行き不透明な状況は、回復力と柔軟性を備えたITのメリットを再認識させ、俊敏なデジタル基盤への投資を促進しています。クラウドは、こうしたデジタル基盤を最速で実現することができる選択肢として浮上しており、多くの企業がこの分野への投資を積極的に進めています。

当レポートは、 クラウドに関する世界規模での予測を示したもので、技術を導入する側へ助言、クラウドを取り巻くさまざまな外的要因についての分析などの情報を提供しています。

IDC FutureScapeの図表

エグゼクティブサマリー

IDC FutureScapeの予測

  • 外的成長要因の概要
  • 予測:テクノロジーバイヤーへの影響
    • 予測1:2021年には、あらゆる企業がクラウドのサイロを超えたアプリの更新とデータの統合に苦労することになります。 こうした問題を克服するため、20%の企業がコネクテッドクラウドアーキテクチャを導入すると予想されます。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測2:2021年には、プライバシー重視のワークロードに対応するクラウドサービスの評価を行っている企業の80%以上が、地域の枠を超えたデータ主権とデータ管理機能の維持を義務付けるようになります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測3:2022年には、ビジネスのアジリティを獲得するため、多くの企業がターンキーのクラウドネイティブな開発サービスとデプロイメントサービスを利用して既存のアプリケーションの半分以上を更新すると思われます。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測4:2022年には、パブリッククラウドに対する支出の少なくとも20%が無駄に使われているという認識に基づき、多く企業がこうした無駄を半分に削減するため、パブリッククラウドのコスト管理に投資するようになります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス
    • 予測5:2022年には、多くの企業が、新たなクラウドサービスに対する支出の20%を、特定の業界とエコシステムのデータ共有に関する要件を満たすクラウドソリューションに振り向けるようになります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス
    • 予測6:2023年には、ユースケース固有の要件に合わせた最適化のため、パブリッククラウド上に展開されるワークロードの4分の1以上がプロバイダーの提供する特定の用途向けに構築されたコンピューターとインフラストラクチャのコンポーネントを利用するようになります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス
    • 予測7:2023年には、多くの企業が自分たちの選んだクラウドで利用可能な移植性の高い多機能SaaSソリューションを求めるようになるため、ISVの60%以上が、移植可能な新しいクラウドネイティブアプリケーションを再開発あるいは開発することになると予想されます。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス
    • 予測8:2023年には、55%以上の企業が、時代遅れの運用モデルを、組織のコラボレーションを阻害するのではなく、促進することが可能なクラウド中心のモデルに置き換えることにより事業面で優れた成果をあげることができるようになります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ビジネスへの影響
      • ガイダンス
    • 予測9:2024年には、クラウドと通信サービスプロバイダー間の提携によってクラウドプラットフォーム上に構築されたアプリケーションとエッジデータの統合が実現し、25%の組織でビジネスのアジリティを高めることが可能になります。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス
    • 予測10:2025年には、新しいクラウドアプリケーションの4分の1以上が、従来のコード中心のアーキテクチャではなく、データ中心のイベント駆動型アーキテクチャを使用し、より優れた自動化とビジネスのアジリティを実現します。
      • 関連する成長促進要因
      • ITへの影響
      • ガイダンス

テクノロジーバイヤーへのアドバイス

外的成長要因:詳細

  • 加速する混乱:危機、回復力、機会
  • 新たな日常:回復力のあるビジネスモデルと運用モデル
  • 多様な場面での情報活用:データが行動を後押し
  • グローバリゼーションの再考:混乱のなかで試される回復力
  • デジタルプラットフォーム:大規模なエコシステム
  • 信頼性の危機:高まる期待への対応
  • 顧客エンゲージメントの再定義:安全、安心、持続可能なデジタルエクスペリエンス

参考資料

  • 関連調査
目次
Product Code: US46420120

This IDC study provides 10 predictions for the cloud market."The disruption and uncertainty of the past year have underscored the benefits of resilient and flexible IT and accelerated investments toward an agile digital foundation," said Deepak Mohan, research director for Cloud Infrastructure Services at IDC. "Cloud has emerged as the fastest path and natural choice to enable this foundation. Organizations will aggressively seek and invest in initiatives to increase their cloud leverage, and the effectiveness of their cloud strategy will be a critical factor influencing their competitiveness and growth post recovery."

IDC FutureScape Figure

Executive Summary

IDC FutureScape Predictions

  • Summary of External Drivers
  • Predictions: Impact on Technology Buyers
    • Prediction 1: Through 2021, All Enterprises Will Struggle with App Modernization and Data Integration Across Cloud Silos; 20% Will Adopt Connected Cloud Architectures to Overcome These Concerns
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 2: By 2021, over 80% of Enterprises Evaluating Cloud Services for Privacy-Sensitive Workloads Will Mandate Maintenance of Data Sovereignty and Data Control Capabilities Across Geographies
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 3: To Gain Business Agility, Enterprises Will Commit to Modernizing over Half of Their Existing Applications by 2022, Through the Use of Turnkey Cloud-Native Development and Deployment Services
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 4: Through 2022, the Belief That They Are Wasting at Least 20% of Their Public Cloud Spending Will Drive Enterprises to Invest in Public Cloud Cost Management, with the Goal of Cutting Cloud Waste in Half
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance
    • Prediction 5: By 2022, Enterprises Will Allocate 20% of New Cloud Services Spending to Cloud Solutions That Meet Specific Industry and Ecosystem Data-Sharing Requirements for Their Vertical Segment
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance
    • Prediction 6: By 2023, over a Quarter of New Workloads Being Deployed on Public Clouds Will Use Purpose-Built Silicon and Infrastructure Components from Providers, to Optimize for Use Case-Specific Requirements
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance
    • Prediction 7: By 2023, Enterprise Demand for Portable, Feature-Rich SaaS Solutions, Consumable on Their Choice of Cloud, Will Drive over 60% of ISVs to Re-Architect or Build New Portable Cloud-Native Applications
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance
    • Prediction 8: By 2023, over 55% of Enterprises Will Replace Outdated Operational Models with Cloud-Centric Models That Facilitate Rather Than Inhibit Organizational Collaboration, Resulting in Better Business Outcomes
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Business Impact
      • Guidance
    • Prediction 9: By 2024, 25% of Organizations Will Improve Business Agility by Integrating Edge Data with Applications Built on Cloud Platforms, Enabled by Partnerships Across Cloud and Communications Service Providers
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance
    • Prediction 10: By 2025, over a Quarter of New Cloud Applications Will Use Data-Centric Event-Driven Architectures Rather Than Traditional Code-Centric Ones, Enabling Better Automation and Business Agility
      • Associated Drivers
      • IT Impact
      • Guidance

Advice for Technology Buyers

External Drivers: Detail

  • Accelerated Disruption - Crisis, Resilience, and Opportunity
  • The Next Normal - Resilient Business and Operating Models
  • Intelligence Everywhere - Data Drives Action
  • Rethinking Globalization - Disruptions Challenge Resilience
  • Digital Platform - Ecosystems at Scale
  • Crisis of Trust - Meeting Rising Expectations
  • Customer Engagement Redefined - Safe, Secure, and Sustainable Digital Experience

Learn More

  • Related Research
株式会社グローバルインフォメーション
© Copyright 1996-2021, Global Information, Inc. All rights reserved.