デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1490811

Nachaイベントが米国の決済動向に注目

Nacha Event Highlights U.S. Payment Trends

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 4 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
Nachaイベントが米国の決済動向に注目
出版日: 2024年06月07日
発行: IDC
ページ情報: 英文 4 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDC Perspectiveでは、今年マイアミビーチで開催されたNachaイベントの主な要点について解説します。Nachaイベント「Smarter Faster Payments」では、リアルタイム決済システムの導入がゆっくりとではあるが拡大していること、主要な利害関係者間の協力的な取り組み、ISO 20022の採用に向けた推進、決済ソリューションにおけるAIの微妙な役割など、米国の主要な決済動向が浮き彫りにされました。IDCのWorldwide Payment Strategies、リサーチ ディレクターのAaron Press氏は次のように述べています。「銀行は決済の未来を受け入れる必要があります。リアルタイム決済、ISO 20022、データへのアクセス拡大が状況を一変させつつあり、銀行は今すぐ行動を起こさなければ取り残されます」

エグゼクティブスナップショット

状況概要

  • リアルタイムは現実
  • 主要な利害関係組織は協力
  • ISO 20022の取り組みの相乗効果が採用を後押し
  • アカウントデータへのアクセスが拡大
  • 不正防止が最優先
  • AIはどこにでもあるし、どこにでもない

テクノロジーバイヤーへのアドバイス

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: US52140124

This IDC Perspective discusses some of the key takeaways from the Nacha event, which was held this year in Miami Beach. The Nacha event, "Smarter Faster Payments," highlighted key U.S. payment trends, including the slow but growing adoption of real-time settlement systems, collaborative efforts among key stakeholders, the push toward ISO 20022 adoption, and the nuanced role of AI in payment solutions. "Banks need to embrace the future of payments," says Aaron Press, research director, Worldwide Payment Strategies at IDC. "Real-time settlement, ISO 20022, and expanding access to data are transforming the landscape, compelling banks to act now or be left behind."

Executive Snapshot

Situation Overview

  • Real Time Is Real
  • Key Stakeholder Organizations Are Playing Nice
  • Synergy Among ISO 20022 Efforts Is Helping Adoption
  • Account Data Access Is Expanding
  • Fraud Prevention Is Top of Mind
  • AI Is Everywhere and Also Nowhere

Advice for the Technology Buyer

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis