デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1457792

欧州、中東・アフリカにおける主要な持続可能性の動向と発展(2024年)

Key Sustainability Trends and Developments in EMEA, 2024

出版日: | 発行: IDC | ページ情報: 英文 15 Pages | 納期: 即納可能 即納可能とは

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
欧州、中東・アフリカにおける主要な持続可能性の動向と発展(2024年)
出版日: 2024年03月29日
発行: IDC
ページ情報: 英文 15 Pages
納期: 即納可能 即納可能とは
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

このIDC Market Perspectiveでは、欧州における企業の持続可能性とESGの主な発展について概観します。規制要件(特にCSRD報告)は、依然としてイニシアティブの主要な促進要因です。しかし、多くの法律やESG仕様があるため、企業はESG戦略やデータ管理に苦慮しており、課題となっています。持続可能性は先進企業にとってビジネスチャンスになりかけていますが、まだ克服すべきハードルがあり、気候リスクやネイチャーテックなど新たなトピックも出現しています。「規制当局やその他の利害関係者からの要求は、欧州企業にESGイニシアチブの加速を促していますが、マクロ経済状況が依然として厳しいため、持続可能性の成熟度はゆっくりとしか進んでいません。テクノロジーベンダーも需要がありますが、提供するサービスや市場参入アプローチを成熟させなければなりません。持続可能性の取り組みから生まれるビジネス価値を示すことが重要になります」とIDC欧州のアソシエート・バイス・プレジデント兼持続可能性調査責任者であるKatharina Grimme氏は述べています。

エグゼクティブスナップショット

新たな市場の発展と動向

  • 持続可能性は引き続き経営幹部レベルの重要課題
  • 不確実なマクロ経済環境は持続可能性への取り組みを妨げる可能性がある
  • 技術ベンダーのソリューションは登場しているが、まだ理解されていない
  • 巨大建設プロジェクトが湾岸地域の持続可能性変革を促進
  • 2024年の主なテクノロジー購入者の動向
    • スコープ3ショック
    • ESG戦略とガバナンス体制の構築の必要性
    • ESGデータ課題
    • 欧州は2024年に循環型社会へ
    • 持続可能性が欧州のビジネスルールをリセットし始めている
    • ESGスキルの不足
  • 2024年以降の展望
    • CEOはESG/持続可能性への技術投資を計画
  • さらなる規制が持続可能性への取り組みを推進し続ける
  • AIとGenAI:幸福でもあり災いでもある?
  • ネイチャーテック:データ要件の次の波
  • 2024年:1.5℃の閾値を超える年?
  • 地政学的な不確定要素が将来の持続可能性の発展に多大な影響を及ぼす可能性がある
  • 身近な問題:持続可能性に対する反発
  • 対処されない問題

テクノロジーサプライヤーとサービスプロバイダーへのアドバイス

参考資料

  • 関連調査
  • 要約
目次
Product Code: EUR151655724

This IDC Market Perspective provides an overview of key developments in corporate sustainability and ESG in Europe. Regulatory requirements (especially CSRD reporting) remain the primary drivers for initiatives. However, a multitude of laws and ESG specifications creates challenges as organizations are struggling with ESG strategy and data management. Sustainability is on the verge of becoming a business opportunity for advanced companies, but there are still hurdles to overcome and new topics emerging, such as climate risk and nature tech."Demands from regulators and other stakeholders are pushing European companies to accelerate their ESG initiatives, but as macroeconomic conditions remain difficult, sustainability maturity is advancing only slowly. Technology vendors are also in demand, but they must mature their offerings and go-to-market approaches. It will be critical to showcase business value resulting from sustainability initiatives," said Katharina Grimme, associate vice president and research lead on sustainability, IDC Europe.

Executive Snapshot

New Market Developments and Dynamics

  • Sustainability Remains High on the C-Suite Agenda
  • Uncertain Macroeconomic Environment Can Distract From Sustainability Initiatives
  • Tech Vendor Solutions are Emerging but are not yet Understood
  • Mega Construction Projects Bolster Sustainability Transformation in the Gulf Region
  • Key Tech Buyer Trends in 2024
    • The Scope 3 Shock
    • The Need to Establish ESG Strategies and Governance Structures
    • The ESG Data Challenge
    • Europe is Going Circular in 2024
    • Sustainability is Starting to Reset Business Rules in Europe
    • ESG Skills Shortage
  • Outlook for 2024 and Beyond
    • CEOs Plan Technology Investments in ESG/Sustainability
  • More Regulation Will Continue to Drive Sustainability Actions
  • AI and GenAI: A Curse and a Blessing?
  • Nature Tech: The Next Wave of Data Requirements
  • 2024: The Year We Cross the 1.5°C Threshold?
  • Geopolitical Wildcards Could Have Immense Influence on Future Sustainability Developments
  • Closer to Home: Some Pushback on Sustainability
  • The Elephant in the Room

Advice for Technology Suppliers and Services Providers

Learn More

  • Related Research
  • Synopsis