デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1485266

ベンゾジアゼピン系薬剤市場- 製品別、薬剤クラス別、適応症別、投与経路別、流通チャネル別、世界予測2024年~2032年

Benzodiazepine Drugs Market - By Product, Drug Class, Indication, Route of Administration, Distribution Channel, Global Forecast 2024 - 2032

出版日: | 発行: Global Market Insights Inc. | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ベンゾジアゼピン系薬剤市場- 製品別、薬剤クラス別、適応症別、投与経路別、流通チャネル別、世界予測2024年~2032年
出版日: 2024年03月08日
発行: Global Market Insights Inc.
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ベンゾジアゼピン系薬剤市場は、不安障害患者の増加、メンタルヘルス問題に対する意識の高まり、老人人口の拡大などを背景に、2024~2032年のCAGRが3.9%になると予想されています。

WHOによると、現在、世界人口の約4%が不安障害に罹患しています。世界中で、パニック障害や社交不安障害などの状態を含む不安障害の発生率が増加しています。この有病率の急増は、社会的ストレス要因、経済的不確実性、ライフスタイルの変化など、さまざまな要因に起因しています。個人が症状を管理し、生活の質を改善するために効果的な治療法を求める中、抗不安作用で知られるベンゾジアゼピン系薬剤の需要は増加の一途をたどっています。さらに、不安障害に対する第一選択の薬理学的介入としてベンゾジアゼピン系薬剤が利用可能であることも、ベンゾジアゼピン系薬剤が広く使用される一因となっており、医薬品分野の市場成長を牽引しています。

ベンゾジアゼピン薬剤クラス別業界は、製品、薬剤クラス、適応症、投与経路、流通チャネル、地域に基づいて分類されます。

ジアゼパムは、抗不安作用、鎮静作用、筋弛緩作用があり、不安障害、筋痙攣、アルコール離脱症状の管理に使用されるため、2032年まで健全な成長率を記録します。その有効性と比較的安価であることに加え、様々な症状の治療におけるその汎用性が、大きな市場シェアの一因となっています。さらに、ジェネリック製剤が入手可能なことも、ジアゼパムの採用をさらに後押ししています。

不眠症の分野は、2032年までにベンゾジアゼピン系薬剤の市場シェアを拡大させると思われます。ジアゼパムやテマゼパム、ロラゼパムなどの誘導体を含むベンゾジアゼピン系薬剤は、鎮静・催眠作用があるため、不眠症の短期管理によく処方されます。しかし、依存性や副作用の可能性に関する懸念から、より慎重な検討が行われるようになり、代替の治療方法が模索されています。

アジア太平洋地域のベンゾジアゼピン系薬剤産業は、人口の多さ、精神疾患の有病率の増加、医療インフラの改善に牽引され、2024年から2032年にかけて急成長します。さらに、可処分所得水準の上昇とメンタルヘルス疾患に関する意識の高まりが、ベンゾジアゼピン系薬剤の取り込みにさらに貢献しています。中国、インド、日本などの国々は、この地域における市場成長の最前線に立つ可能性があります。

目次

第1章 調査手法と調査範囲

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 業界洞察

  • エコシステム分析
  • 業界への影響要因
    • 促進要因
      • 不安障害の有病率の増加
      • 老年人口の増加
      • 不眠症の増加
      • 薬剤製剤の進歩
    • 業界の潜在的リスク&課題
      • 関連する副作用
      • 乱用の可能性と規制上の制限
  • 成長可能性分析
  • 規制状況
  • ポーター分析
  • PESTEL分析

第4章 競合情勢

  • イントロダクション
  • 企業マトリックス分析
  • 主要市場プレーヤーの競合分析
  • 競合のポジショニングマトリックス
  • 戦略ダッシュボード

第5章 市場推計・予測:製品別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • アルプラゾラム
  • ジアゼパム
  • ロラゼパム
  • クロナゼパム
  • テマゼパム
  • オキサゼパム
  • クロルジアゼポキシド
  • その他の製品

第6章 市場推計・予測:薬剤クラス別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 超短時間作用型
  • 短時間作用型
  • 長時間作用型

第7章 市場予測:適応症別市場推計・予測:適応症別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 不安症
  • 不眠症
  • アルコール離脱
  • 発作
  • その他の適応症

第8章 市場推計・予測:投与経路別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 経口
  • 非経口
  • その他の投与経路

第9章 市場推計・予測:流通チャネル別、2018年~2032年

  • 主要動向
  • 病院薬局
  • 小売薬局
  • オンライン薬局

第10章 市場推計・予測:地域別、2018年~2032年

  • 主要動向:地域別
  • 北米
    • 米国
    • カナダ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • スペイン
    • イタリア
    • その他欧州
  • アジア太平洋
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • オーストラリア
    • その他アジア太平洋地域
  • ラテンアメリカ
    • ブラジル
    • メキシコ
    • その他ラテンアメリカ
  • 中東・アフリカ
    • 南アフリカ
    • サウジアラビア
    • その他中東とアフリカ

第11章 企業プロファイル

  • AbbVie Inc.
  • Amneal Pharmaceuticals LLC.
  • Bausch Health Companies Inc.
  • Boehringer Ingelheim International GmbH
  • F. Hoffmann-La Roche Ltd.
  • GlaxoSmithKline Plc.
  • Hikma Pharmaceuticals PLC
  • Mylan N.V.
  • Novartis AG
  • Pfizer Inc.
  • Sanofi
  • Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
目次
Product Code: 8454

The Benzodiazepine Drugs Market is expected to garner a CAGR of 3.9% during 2024-2032, driven by rising cases of anxiety disorders, increasing awareness regarding mental health issues, and expanding geriatric population.

According to WHO, approximately 4% of the world's population is currently affected by anxiety disorders. Across the globe, there has been an increase in the incidence of anxiety disorders, including conditions like panic disorder and social anxiety disorder. This surge in prevalence is attributed to various factors, including societal stressors, economic uncertainties, and lifestyle changes. As individuals seek effective treatment options to manage their symptoms and improve their quality of life, the demand for benzodiazepine drugs, known for their anxiolytic properties, continues to escalate. Additionally, the availability of benzodiazepines as a first-line pharmacological intervention for anxiety disorders further contributes to their widespread usage, driving market growth in the pharmaceutical sector.

The Benzodiazepine Drugs industry is classified based on product, drug class, indication, route of administration, distribution channel, and region.

The Diazepam segment will record a healthy growth rate through 2032, owing to the anxiolytic, sedative, and muscle relaxant properties of diazepam and its usage in the management of anxiety disorders, muscle spasms, and alcohol withdrawal symptoms. Its versatility in treating various conditions, in line with its effectiveness and relatively low cost, has contributed to its significant market share. Moreover, the availability of generic formulations has further propelled the adoption of diazepam.

The insomnia segment will amass a decent benzodiazepine drugs market share by 2032, attributed to high stress levels, lifestyle changes, and the growing aging population. Benzodiazepines, including diazepam and other derivatives such as temazepam and lorazepam, are commonly prescribed for short-term management of insomnia due to their sedative-hypnotic properties. However, concerns regarding their potential for dependency and adverse effects have led to greater scrutiny and the exploration of alternative treatment modalities.

Asia Pacific Benzodiazepine Drugs Industry will grow rapidly from 2024 to 2032, driven by a large population base, increasing prevalence of mental health disorders, and improving healthcare infrastructure. Moreover, the rising disposable income levels and growing awareness regarding mental health ailments are further contributing to the uptake of benzodiazepine drugs. Countries such as China, India, and Japan could be at the forefront of market growth in the region.

Table of Contents

Chapter 1 Methodology & Scope

  • 1.1 Market scope & definitions
  • 1.2 Base estimates & calculations
  • 1.3 Data collection
  • 1.4 Forecast parameters
  • 1.5 Data validation
  • 1.6 Data sources
    • 1.6.1 Primary
    • 1.6.2 Secondary
      • 1.6.2.1 Paid sources
      • 1.6.2.2 Public sources

Chapter 2 Executive Summary

  • 2.1 Industry 360 degree synopsis

Chapter 3 Industry Insights

  • 3.1 Industry ecosystem analysis
  • 3.2 Industry impact forces
    • 3.2.1 Growth drivers
      • 3.2.1.1 Increasing prevalence of anxiety disorders
      • 3.2.1.2 Rising geriatric population
      • 3.2.1.3 Increased incidence of insomnia
      • 3.2.1.4 Advancements in drug formulations
    • 3.2.2 Industry pitfalls & challenges
      • 3.2.2.1 Associated side effects
      • 3.2.2.2 Abuse potential and regulatory restrictions
  • 3.3 Growth potential analysis
  • 3.4 Regulatory landscape
  • 3.5 Porter's analysis
    • 3.5.1 Supplier power
    • 3.5.2 Buyer power
    • 3.5.3 Threat of new entrants
    • 3.5.4 Threat of substitutes
    • 3.5.5 Industry rivalry
  • 3.6 PESTEL analysis

Chapter 4 Competitive Landscape, 2023

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Company matrix analysis
  • 4.3 Competitive analysis of major market players
  • 4.4 Competitive positioning matrix
  • 4.5 Strategic dashboard

Chapter 5 Market Estimates and Forecast, By Product, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 5.1 Key trends
  • 5.2 Alprazolam
  • 5.3 Diazepam
  • 5.4 Lorazepam
  • 5.5 Clonazepam
  • 5.6 Temazepam
  • 5.7 Oxazepam
  • 5.8 Chlordiazepoxide
  • 5.9 Other products

Chapter 6 Market Estimates and Forecast, By Drug Class, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 6.1 Key trends
  • 6.2 Ultra-short acting
  • 6.3 Short acting
  • 6.4 Long acting

Chapter 7 Market Estimates and Forecast, By Indication, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 7.1 Key trends
  • 7.2 Anxiety
  • 7.3 Insomnia
  • 7.4 Alcohol withdrawal
  • 7.5 Seizures
  • 7.6 Other indications

Chapter 8 Market Estimates and Forecast, By Route of Administration, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 8.1 Key trends
  • 8.2 Oral
  • 8.3 Parenteral
  • 8.4 Other routes of administration

Chapter 9 Market Estimates and Forecast, By Distribution Channel, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 9.1 Key trends
  • 9.2 Hospital pharmacy
  • 9.3 Retail drug stores
  • 9.4 Online pharmacy

Chapter 10 Market Estimates and Forecast, By Region, 2018 - 2032 ($ Million)

  • 10.1 Key trends, by region
  • 10.2 North America
    • 10.2.1 U.S.
    • 10.2.2 Canada
  • 10.3 Europe
    • 10.3.1 Germany
    • 10.3.2 UK
    • 10.3.3 France
    • 10.3.4 Spain
    • 10.3.5 Italy
    • 10.3.6 Rest of Europe
  • 10.4 Asia Pacific
    • 10.4.1 Japan
    • 10.4.2 China
    • 10.4.3 India
    • 10.4.4 Australia
    • 10.4.5 Rest of Asia Pacific
  • 10.5 Latin America
    • 10.5.1 Brazil
    • 10.5.2 Mexico
    • 10.5.3 Rest of Latin America
  • 10.6 Middle East and Africa
    • 10.6.1 South Africa
    • 10.6.2 Saudi Arabia
    • 10.6.3 Rest of Middle East and Africa

Chapter 11 Company Profiles

  • 11.1 AbbVie Inc.
  • 11.2 Amneal Pharmaceuticals LLC.
  • 11.3 Bausch Health Companies Inc.
  • 11.4 Boehringer Ingelheim International GmbH
  • 11.5 F. Hoffmann-La Roche Ltd.
  • 11.6 GlaxoSmithKline Plc.
  • 11.7 Hikma Pharmaceuticals PLC
  • 11.8 Mylan N.V.
  • 11.9 Novartis AG
  • 11.10 Pfizer Inc.
  • 11.11 Sanofi
  • 11.12 Teva Pharmaceutical Industries Ltd.