市場調査レポート
商品コード
1132528

2022年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:32社×276枚付き)

出版日: | 発行: Trending Future Research | ページ情報: 和文 51 Pages | 納期: 4~5営業日

価格
価格は税抜き表示となります
2022年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:32社×276枚付き)
出版日: 2022年10月09日
発行: Trending Future Research
ページ情報: 和文 51 Pages
納期: 4~5営業日
  • 全表示
  • 概要
概要

2022年がスタートして9か月以上が経過したが、海外における「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向について、網羅的な調査・整理&レポートに対する期待値や注目度は急速に高まっています。

 ここ(直近)1年の間、日本よりは進んでいるであろう海外において、海外における「6G」主要プレイヤー別に研究開発動向について網羅的に調査&レポート化して欲しい!将来のヒントとなる個別の重要且つ先端的な戦略情報を集めて欲しい!といった声が挙がっています。また、「6G」関連ビジネスを積極的に展開しようと計画しているベンダにとって、今後の新規市場・顧客開拓・営業提案・商品&サービス開発・研究開発(R&D)に役立つ(活用価値が高い)ような海外×「6G」主要プレイヤーの研究開発動向について、網羅的に深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっています。

 こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2022年 海外における「6G」主要プレイヤー×研究開発動向に関する網羅的な調査(公開資料:32社×276枚付き)” ~当該主要ベンダ(32社)を中心に、海外×「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向に関する網羅的な調査を実施、海外× 「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向の徹底探索≪合計32社×276件の海外×「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向を調査・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなりました。

 この調査報告書が海外における「6G」主要プレイヤー別の研究開発動向に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものです。

【目次】

I. 総括 編 P1

  • 1)大分類&集計・分析(合計276件の海外における6G研究開発の動向×主要プレイヤー)<6G研究開発の動向×主要プレイヤー(合計32社・団体)別 ×マトリックス>P2
  • 2)企業・団体別抽出件数(合計276件の6G研究開発の動向×主要プレイヤー)<6G研究開発の動向×主要プレイヤー(合計32社・団体)別 ×グラフ化>P3
  • 3)国別×6G研究開発の動向×抽出件数及び割合(%)(合計32社・団体)×マトリックス 集計&分析<国別件数(10か国)>P4
  • 4)世界地域別×6G研究開発の動向×抽出件数 集計&分析<世界地域別(3地域)>P5
  • 5)備考 P6
  • 6)「海外×企業・団体別6G研究の動向」一覧(276件)*100%出典先も記載 P7

II. 参考資料(付録) 編(32社×276枚) *出典企業別×海外における企業・団体別6G研究開発の動向(公開資料のみ)P1

1)企業 P2

1.Nokia P3

  • 1-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G時代に向けたノキアのビジョン:6Gへの道を開く>P4
  • 1-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神>P5
  • 1-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:①AI/ML>P6
  • 1-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:②スペクトラム バンド>P7
  • 1-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:③ネットワークセンシング>P8
  • 1-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:④極端な接続性>P9
  • 1-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:⑤認知的、自動化された特殊なアーキテクチャ>P10
  • 1-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G「6つ」の精神:⑥セキュリティおよび信頼>P11
  • 1-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6Gのパイオニア>P12
  • 1-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Nokia×6G技術とこれまでの進化>P13

2.Ericsson P14

  • 2-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×Ericsson:6Gビジョン>P15
  • 2-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gを実現するための新技術機能の特定>P16
  • 2-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×3GPPタイムラインと6G:2024年に開始される研究>P17
  • 2-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gビジョンを達成するための機関および団体の活動:ATIS・NGA>P18
  • 2-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6GへのATIS・NGAロードマップ>P19
  • 2-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×米国を拠点とする研究イニシアチブ>P20
  • 2-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×NSF RINGSパートナーシップ>P21
  • 2-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×NSF PAWRのパートナーシップ>P22
  • 2-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×NSF 「SpectrumX」センタ>P23
  • 2-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×SRC Jump2.0 プログラム>P24
  • 2-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×米国における潜在的な取り組み>P25
  • 2-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×国際連携>P26
  • 2-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6G技術とそのこれまでの進化>P27
  • 2-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gユースケース:①持続可能な開発>P28
  • 2-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gユースケース:②信頼性を要する領域>P29
  • 2-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gユースケース:③ロボットからコボットへ>P30
  • 2-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gユースケース:④大規模なツインニング>P31
  • 2-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ericsson×6Gユースケース:⑤テレプレゼンス>P32

3.Samsung P33

  • 3-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gスペクトラム:フロンティアの拡大>P34
  • 3-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6G候補技術に関する最近の調査結果>P35
  • 3-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×次世代通信技術を探求する初の6Gフォーラムを開催>P36
  • 3-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×Samsungとカリフォルニア大学サンタバーバラ校が6Gテラヘルツ無線通信プロトタイプを実証①>P37
  • 3-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×Samsungとカリフォルニア大学サンタバーバラ校が6Gテラヘルツ無線通信プロトタイプを実証②>P38
  • 3-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×すべての人のための次のハイパーコネクテッドエクスペリエンス>P39
  • 3-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gを実現するための目標>P40
  • 3-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×新しい6Gサービス:ハイパーコネクティビティ>P41
  • 3-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gが可能にするXR>P42
  • 3-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gが可能にするホログラム技術>P43
  • 3-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×デジタルツイン>P44
  • 3-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Samsung×6Gへの進化と成功に導くために貢献>P45

4.LG P46

  • 4-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6G開発で重要な役割を果たすLG①>P47
  • 4-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6G開発で重要な役割を果たすLG②>P48
  • 4-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6G開発で重要な役割を果たすLG③>P49
  • 4-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6G THzバンドで100メートル以上のデータ転送に成功①>P50
  • 4-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6G THzバンドで100メートル以上のデータ転送に成功②>P51
  • 4-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×次世代6G THzバンドのデモンストレーション>P52
  • 4-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×6Gグランドサミットの開催>P53
  • 4-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<LG×LGの6G開発における活動>P54

5.Apple P55

  • 5-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Apple×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P56

6.Huawei P57

  • 6-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×6Gを形作る主要な推進要因と技術的な柱>P58
  • 6-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×新しいアプリケーションと新しいビジネス>P59
  • 6-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×知能の拡散①>P60
  • 6-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×知能の拡散②>P61
  • 6-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×持続可能性と社会的責任>P62
  • 6-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な機能①:ネイティブAI>P63
  • 6-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な柱②:ネットワークセンシング>P64
  • 6-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な柱③:極めて優れたコネクティビティ>P65
  • 6-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な柱④:統合NTN>P66
  • 6-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な柱⑤:ネイティブの信頼性>P67
  • 6-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Huawei×主要な柱⑥:持続可能性>P68

7.Qualcomm P69

  • 7-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gに向けた5Gアドバンス技術の進化>P70
  • 7-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×5G実装までの開発過程>P71
  • 7-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×AI処理の重心がエッジに移動>P72
  • 7-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×次の10年間で5Gの高度な技術の進化を推進>P73
  • 7-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×「リリース18」は5Gの高度な進化を開始させる>P74
  • 7-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×世界の融合:新しいヒューマン インターフェイス>P75
  • 7-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gへの道を可能にする主要な研究ベクトル>P76
  • 7-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gへの道のり:5Gの高度なテクノロジの進化>P77
  • 7-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×次世代MIMO設計に向けて前進>P78
  • 7-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×継続的なモバイルミリ波技術の進化を推進>P79
  • 7-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×「5G&ビヨンド」のエアインターフェイスの進化に向けてAI/MLを実現>P80
  • 7-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×環境に優しく持続可能なネットワークの効率を向上>P81
  • 7-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×スペクトラムの拡大に向けた進化する5Gポジショニング>P82 v7-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×世界を統合するためのメタバースを有効にする>P83
  • 7-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×広域ネットワークのIoT対応を拡大>P84
  • 7-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×自動車の安全性を向上>P85
  • 7-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×インダストリアルIoTの5Gネットワーキングにおける新境地を切り開く>P86
  • 7-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×業界向け5Gの精密ポジショニング推進>P87
  • 7-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gへの道を開くための革新>P88
  • 7-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Qualcomm×6Gへの道で5Gの高度な技術の進化をリード>P89

8.AT&T P90

  • 8-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<AT&T×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P91

9.Verizon P92

  • 9-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Verizon×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P93

10.Telus P94

  • 10-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Telus×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P95

11.T-Mobile P96

  • 11-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×普遍的なカバレッジの提供>P97
  • 11-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×「Coverage Above and Beyond」ライブイベント>P98
  • 11-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×モバイルデットゾーンを終了させる第一歩>P99
  • 11-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×モバイルデッドゾーンでの接続>P100
  • 11-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×スターリンクにより繋がる新しいネットワーク>P101
  • 11-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<T-Mobile×グローバル規模で拡大を予定する「カバレッジビヨンド」>P102

12.Microsoft P103

  • 12-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Microsoft×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P104

13.Meta P105

  • 13-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Meta×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P106

14.Google P107

  • 14-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Google×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P108

15.ZTE P109

  • 15-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×業界初ダイナミック再構成可能インテリジェントメタサーフェス(RIS)技術のプロトタイプ検証を達成①>P110
  • 15-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×業界初ダイナミック再構成可能インテリジェントメタサーフェス(RIS)技術のプロトタイプ検証を達成②>P111
  • 15-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×業界初ダイナミック再構成可能インテリジェントメタサーフェス(RIS)技術のプロトタイプ検証を達成③>P112
  • 15-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×RISソリューションによる5Gアドバンストおよび6Gへの効率的な方法を構築①>P113
  • 15-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×RISソリューションによる5Gアドバンストおよび6Gへの効率的な方法を構築②>P114
  • 15-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gワイヤレスの展望>P115
  • 15-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE× ZTEの6G研究チームの使命>P116
  • 15-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ZTEの取り組み>P117
  • 15-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×ZTEおよびChina Unicomの6Gに関する戦略的協力契約>P118
  • 15-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gネットワークを使用したパフォーマンスの目標>P119
  • 15-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<ZTE×6Gネットワークの長期的な進化を促進するためにより強力で革新的な技術に貢献>P120

16.Keysight Technologies P121

  • 16-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×5Gおよび6Gビジョンの実現>P122
  • 16-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×進化する標準、5G SA、プライベートネットワーク>P123
  • 16-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×5Gビジョンの実現>P124
  • 16-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×ビジュアライゼーション(仮想化)>P125
  • 16-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6Gまでもう一歩>P126
  • 16-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×5Gの次の段階への動き>P127
  • 16-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×今後の展望>P128
  • 16-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6Gを実現するための支援>P129
  • 16-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6G サブテラヘルツR&D テストベッド>P130
  • 16-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×6Gリサーチ>P131
  • 16-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Keysight Technologies×Keysight Technologies:6Gホワイトペーパーの概要>P132

17.Rohde&Schwarz P133

  • 17-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×6Gはビジョンか現実か:ワイヤレス通信の未来がすでに始まっている理由>P134
  • 17-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×実在の人物のデジタルアバター>P135
  • 17-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×もっと見て、もっと聞いて、もっと感じる>P136
  • 17-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×人間と人間のコミュニケーション>P137
  • 17-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×人間と機械の相互作用>P138
  • 17-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×物事がスマートになったとき>P139
  • 17-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×イノベーションサイクル>P140
  • 17-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×より高い、より速く、より遠くへ>P141
  • 17-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×オールインクルーシブ(すべてが含まれる)>P142
  • 17-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×6G:明日のワイヤレス通信のビジョン>P143
  • 17-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×5Gの設計>P144
  • 17-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×5Gに欠けているもの>P145
  • 17-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×ホロデッキ上のデジタルツイン>P146
  • 17-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×拡張現実:現実世界と仮想世界の組み合わせ>P147
  • 17-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×AIを搭載可能な6Gサービス>P148
  • 17-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Rohde&Schwarz×真のモノのインターネット>P149

18.Intel P150

  • 18-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×NTT、Intel、Sonyグローバルフォーラムを設立①>P151
  • 18-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×NTT、Intel、Sonyグローバルフォーラムを設立②>P152
  • 18-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×NTT、Intel、Sonyグローバルフォーラムを設立③>P153
  • 18-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×インテルは6Gワイヤレステクノロジの開発に向けたHEXA-Xイニシアチブに参加を決定>P154
  • 18-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×6Gワイヤレスネットワークへの期待>P155
  • 18-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xの参加理由および目的>P156
  • 18-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xのプロジェクトビジョン>P157
  • 18-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-Xのプロジェクトの目標>P158
  • 18-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Intel×Hexa-XのプロジェクトにおけるIntelの役割>P159

19.HPE P160

  • 19-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<HPE×Next G Allianceファンディング&フルメンバーとして登録>P161

20.Ofinno P162

  • 20-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×機内ワイヤレス接続①>P163
  • 20-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×機内ワイヤレス接続②>P164
  • 20-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gアーキテクチャ>P165
  • 20-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件①>P166
  • 20-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件②>P167
  • 20-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件③>P168
  • 20-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件④>P169
  • 20-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件⑤>P170
  • 20-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスと要件⑥>P171
  • 20-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6Gサービスとアプリケーションをサポートするネットワークアーキテクチャ>P172
  • 20-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Ofinno×6G向けの新しいサービスとアプリケーション>P173

21.Interdigital P174

  • 21-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Interdigital×量子対応6Gワイヤレスネットワーク:機会と課題>P175
  • 21-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Interdigital×6G:テクノロジコンバージェンスのネットワーク>P176
  • 21-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Interdigital×ブロックチェーン対応の5G/6Gワイヤレスシステム、ユースケース、イネーブラ>P177
  • 21-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Interdigital×ABI Research、Interdigital、6GWorld:6Gテクノロジコンバージェンスの未来①>P178
  • 21-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Interdigital×ABI Research、Interdigital、6GWorld:6Gテクノロジコンバージェンスの未来②>P179

22.VMWare P180

  • 22-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<VMWare×人間中心の6Gに向けて①>P181
  • 22-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<VMWare×人間中心の6Gに向けて②>P182
  • 22-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<VMWare×人間中心の6Gに向けて③>P183

2)教育機関・大学 P184

23.University of Oulu P185

  • 23-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×6G Flagship:第2期>P186
  • 23-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×第2期の主な課題>P187
  • 23-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×将来の通信システム基盤①>P188
  • 23-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×将来の通信システム基盤②>P189
  • 23-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×業界を超えたアプリケーションの必要性>P190
  • 23-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×新しい6Gプログラムおよび新興企業のために>P191
  • 23-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×オウル大学、Jioとの6Gコラボレーションを発表>P192
  • 23-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×オウル大学およびJio社の共同研究>P193
  • 23-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×Jio社、開発プログラム>P194
  • 23-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×オウル大学における6G研究プログラム>P195
  • 23-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×機械のニーズを満たすモバイルネットワーク>P196
  • 23-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×ワイヤレス電力伝送が登場①>P197
  • 23-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×ワイヤレス電力伝送が登場②>P198
  • 23-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×持続可能な社会を実現する6G>P199
  • 23-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×市民中心の健康データソリューション>P200
  • 23-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×安全でインテリジェントな環境におけるユビキタスなデジタルケアの経路およびサービスモデル>P201
  • 23-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×将来のAI対応無線病院>P202
  • 23-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×デジタルサービスにより強化する持続可能なエネルギーシステム>P203
  • 23-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Oulu×デジタル対応のユーザー中心システムのエネルギー効率>P204

24. University of California, Santa Barbara P205

  • 24-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<UC Santa Barbara×Samsungとカリフォルニア大学サンタバーバラ校が6Gテラヘルツ無線通信プロトタイプを実証①>P206
  • 24-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<UC Santa Barbara×Samsungとカリフォルニア大学サンタバーバラ校が6Gテラヘルツ無線通信プロトタイプを実証②>P207

25.UC3M(The Universidad Carlos III de Madrid)P208

  • 25-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6G技術の開発のための欧州におけるHexa-Xプロジェクトが開始>P209 25-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×「Hexa-X」プロジェクトの目的>P210

26.University of Surrey P211

  • 26-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gワークショップの開催①>P212
  • 26-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gワークショップの開催②>P213
  • 26-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gイノベーションセンタを開設>P214
  • 26-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×革新的なサービスをサポートする次世代のモバイル テクノロジへの独特な道筋を構築>P215
  • 26-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6GICのビジョン>P216
  • 26-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G ワイヤレス:新しい戦略的ビジョン>P217
  • 26-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×5G/6G向け大規模なインテリジェントメタサーフェス>P218
  • 26-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gサービスがもたらす新たなチャレンジ>P219
  • 26-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×サリー大学の新たなアプローチ>P220
  • 26-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×新しい機能横断的な研究開発プログラムによってサポートされる6Gビジョン>P221
  • 26-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G未来のビジョン>P222
  • 26-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×次世代AIが支える6Gサービスと近距離・広域・衛星からなるネットワークのネットワーク>P223
  • 26-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gがグローバルサプライチェーンに与える影響>P224
  • 26-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの実現に必要な要素>P225
  • 26-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gロードマップタイムライン>P226
  • 26-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの重要な目的>P227
  • 26-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×効果的な6G戦略>P228
  • 26-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×5Gは引き続き大きな可能性を提供する>P229
  • 26-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6G研究開発の開始する時がきている>P230
  • 26-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<University of Surrey×6Gの新たな方向性>P231

27.Virginia Tech P232

  • 27-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×5G/6GセルラーネットワークおよびAIを活用した没入型テクノロジの開発を促進>P233
  • 27-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×没入型エクスペリエンスの向上>P234
  • 27-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×ワイヤレス通信インフラストラクチャの基盤の構築>P235
  • 27-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×6G機能を備えた大規模なワイヤレスインフラストラクチャの開発>P236
  • 27-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×2つの主要な段階:基礎理論およびワイヤレスXRの応用>P237
  • 27-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×未来的なホログラフィックアプリケーションに重要な6G機能>P238
  • 27-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×没入型体験の開放>P239
  • 27-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Virginia Tech×バージニア工科大学が「次世代」ヒューマンブレイン画像研究所を開設>P240

3)団体・組織 P241

28. 6G Flagship P242

  • 28-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6Gビジョン:ワイヤレス以上のもの>P243
  • 28-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×2030年の6Gビジョン>P244
  • 28-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×ナレッジベースにアクセスする>P245
  • 28-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×フィンランドオウル大学および日本のICT共同研究>P246
  • 28-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×日本との6Gフラッグシップ協力が深まる>P247
  • 28-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×持続可能な社会を実現する6G>P248
  • 28-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×市民中心の健康データソリューション>P249
  • 28-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×安全でインテリジェントな環境におけるユビキタスなデジタルケアの経路およびサービスモデル>P250
  • 28-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×将来のAI対応無線病院>P251
  • 28-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×デジタルサービスにより強化する持続可能なエネルギーシステム>P252
  • 28-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×デジタル対応のユーザー中心システムのエネルギー効率>P253
  • 28-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipの包括的な目標①>P254
  • 28-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipの包括的な目標➁>P255
  • 28-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipの包括的な目標③>P256
  • 28-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響①>P257
  • 28-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響➁>P258
  • 28-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響③>P259
  • 28-18. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×6G Flagshipが経済に与える影響④>P260
  • 28-19. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×欧州初6Gシンポジウム>P261
  • 28-20. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×5つの主要テーマ>P262
  • 28-21. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×エネルギーグリット向け5G/6Gソリューション>P263
  • 28-22. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×機械学習ベースの周波数および電圧制御方法論の開発>P264
  • 28-23. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×より複雑化する環境におけるセンシングとディープラーニング>P265
  • 28-24. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×AIを用いた生体信号と人間の感情の検出>P266
  • 28-25. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×持続可能な6Gのための木材ベースの電子機器>P267
  • 28-26. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×将来のエアモビリティ実現の可能性を検証>P268
  • 28-27. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×世界初の実験的な6G研究環境がフィンランドに建設中>P269
  • 28-28. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×フル稼働中のソリッドステート3Dレンジ イメージャーテクノロジ>P270
  • 28-29. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6GFlagship×新素材による新エレクトロニクス>P271

29.Next G Alliance P272

  • 29-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceとは何か>P273
  • 29-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceの活動目的>P274
  • 29-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceのゴール>P275
  • 29-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceメンバーシップの条件>P276
  • 29-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×Next G Allianceの活動タイムラインとその内容>P277
  • 29-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×ATISとは何か>P278
  • 29-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×ATISの 「Next G Alliance」が6Gロードマップを実行に移す技術作業プログラムを開始>P279
  • 29-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米6Gのロードマップ作業を開始>P280
  • 29-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米における6Gをリードする創設メンバー①>P281
  • 29-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×北米における6Gをリードする創設メンバー②>P282
  • 29-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×米国の6Gリーダーシップを促進するための行動の呼びかけ>P283
  • 29-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×2021年欧州合同会議・6G サミットバーチャル会議>P284
  • 29-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×6Gデジタルシンポジウム>P285
  • 29-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×2021年6Gサミット>P286
  • 29-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×6Gの未来をマッピングするための2つの「大胆な目標」①>P287
  • 29-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×6Gの未来をマッピングするための2つの「大胆な目標」②>P288
  • 29-17. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Next G Alliance×6G技術の理解を促進>P289

30.Hexa-X P290

  • 30-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gビジョン:人間、物理、デジタルの世界をつなぐテクノロジ>P291
  • 30-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×ビジョンを開発するための基盤>P292
  • 30-3. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題1.インテリジェンスな接続>P293
  • 30-4. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題2.ネットワークのネットワーク>P294
  • 30-5. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題3.持続可能性>P295
  • 30-6. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題4.グローバルサービスカバレッジ>P296
  • 30-7. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題5.極端な経験>P297
  • 30-8. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×課題6.信頼性>P298
  • 30-9. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gを実現するための取り組みと目標>P299
  • 30-10. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gワイヤレスネットワークのビジョン>P300
  • 30-11. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの動機付け要因:テクノロジの後押し>P301
  • 30-12. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの動機付け要因:社会と産業からの需要>P302
  • 30-13. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6Gの主力イニシアチブ >P303
  • 30-14. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6G技術の開発のための欧州におけるHexa-Xプロジェクトが開始>P304
  • 30-15. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×「Hexa-X」プロジェクトの目的>P305
  • 30-16. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<Hexa-X×6G技術とそのこれまでの進化>P306

31. 5G‐PPP P307

  • 31-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<5G‐PPP×ホライズン2020プロジェクト「Hexa-X」>P308
  • 31-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<5G‐PPP×「Hexa-X」参加者リスト>P309

32. 6G‐IA P310

  • 32-1. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6G‐IA×6G‐IAの役割>P311
  • 32-2. 6G×海外における企業・団体別 6G研究開発の動向<6G‐IA×5GAAと6G-IAが覚書に署名>P312