デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1408442

6G-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測

6G - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts 2024 - 2029

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
6G-市場シェア分析、産業動向と統計、2024~2029年の成長予測
出版日: 2024年01月04日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

6G市場は予測期間中に31.48%のCAGRで推移する見込み。

6G-Market-IMG1

主要ハイライト

  • 6Gは、5Gのハイエンド機能によって可能になった社会、消費者、産業のユースケースにおけるモバイル接続のブレークスルーを基盤として、2030年代に利用可能になると予想されています。6Gは、デジタル世界と物理世界を融合させることで、多感覚拡大現実、精密医療、スマート農業コボット、インテリジェント自律システムなどの新たな用途により、より革新的で持続可能かつ効率的な社会の実現に貢献すると期待されています。
  • モノのインターネットや暗号通貨など、新たに開発される技術における接続性の重視と6G通信への需要の高まりは、業界の成長に寄与する重要な要因です。6G技術の特徴の基本である高速インターネットと遠隔接続の採用は、こうした通信技術の商業化を促進すると思われます。
  • 急速な都市化と通信は、今や人間の栄養にとって基本的な権利であり、市場の形成に不可欠な役割を果たすと思われます。多くの人口が、より多くの機会とより良い生活を求めて、すでに大都市に移動しています。この移行において、通信と接続性が果たす役割は極めて大きいです。さらに、6G技術の採用は、スマートシティや都市部の人口増加をサポートするための取り組みの拡大にも大きく影響されます。
  • モノのインターネット・デバイスとネットワークの信頼性を確保するため、6Gはおそらく5Gの当初の成功を利用することになると思われます。さらに、6Gの登場は、5Gに比べて低遅延でデータ負荷が高いという観点から、生産現場の倉庫ロボットなど、自動化やインテリジェント・デバイスのレベルが大幅に向上する時期と重なると思われます。
  • さらに、5Gエコシステムの開発を可能にし、欧州における6G研究を支援するため、スマートネットワーク・サービス共同事業体は、35の研究開発と試験プロジェクトからなる最初のポートフォリオを選定しました。その目的は、先進的な5Gシステムの分野で欧州一流のサプライチェーンを構築し、6G技術に対する欧州の能力を構築することです。これらの投資は市場成長率を大きく押し上げています。

6G市場の動向

データ需要の増加

  • 複数のデジタル技術やモバイル機器の導入に伴う大量データの生成に伴うデータ需要の増加は、6G市場に大きな需要を生み出すと分析されています。
  • さらに、モバイルデータ消費の増加に伴い、増加するデータトラフィックをサポートし、強化されたモバイル接続性を提供するために、6Gインフラの展開と拡大が不可欠となっています。例えば、Ericssonのレポートによると、2022年末時点で、固定無線アクセス(FWA)のトラフィックを除いた世界のモバイルデータトラフィック総量は月間93EBに達しました。2028年までには、このトラフィックは3.5倍に増加し、月間329EBに達すると予想されています。このような大幅なトラフィック増が予想されることから、モバイル・データ・サービスの需要増に対応するためには、6Gネットワークのような堅牢で先進的なインフラが必要であることが強調されます。
  • 予測期間中のトラフィック増加の予測には、予測期間終了時に、AR、VR、複合現実(MR)などのXRタイプのサービスが最初に導入されるという前提条件が付されています。また、クラウド・コンピューティング・サービスの採用は業界を問わず急速に拡大しています。クラウドベースのアプリケーションは、遠隔地に保存されたデータにアクセスして処理するために高速接続を必要とします。
  • さらに、IoT分野の成長は、データ需要の主要要因の1つです。例えば、ネットワーク容量を追加することで、MassiveIoT技術の成長が促進され、スペクトラム分割帯域のduplexFDDだけでなく、スペクトラムを共有することで4Gや5Gとの共存が可能になり、6Gではさらに高速化が進む可能性があります。
  • さらに、Ericssonの試算によると、2030年までに、リンクされたデバイスの数は500億を超えるといわれています。あらゆる接続性に関する懸念に対処し解決することで、6GはIoTのポテンシャルを解放し、スマートシティの原動力となると予想されます。
6G-Market-IMG2

北米が市場最大のシェアを占めると分析

  • 北米では、米国が5Gと6G市場の主要なイノベーターであり投資家の1つです。同国の通信業界は、5G技術の世界消費の大部分を占めています。
  • また、米国は投資、導入、応用に関して地域の5G市場を独占しています。AT&T、Verizon、T-Mobileといった同国の通信事業者は、米国の5Gと6Gネットワーク・インフラを構築するため、Ericsson、Samsung、Nokia、Huawei、ZTEといったネットワーク機器ベンダーと10億米ドル規模の契約を結んでいます。
  • さらに、米国商務長官は2023年4月、オープンで相互運用性の高いネットワークの構築に使用される15億米ドルの公的ワイヤレス・サプライチェーン・イノベーション・ファンドを正式に立ち上げました。無線ネットワークへの新しいオープンアーキテクチャーアプローチの実行可能性を実証することで、この最初の資金調達ラウンドは、5Gと次世代無線技術の未来が米国とその世界の同盟国やパートナーによって構築されることを確実にするのに役立つと思われます。イノベーション・ファンドは、安全保障、競合、持続可能な世界的サプライチェーンの強化を目指すオープンで相互運用可能なワイヤレス・ネットワークの開発に向けて、日米双方が行ってきた立法努力の成果です。
  • 2023年4月、ホワイトハウスは将来の6Gネットワークの戦略策定について、ビジネスリーダー、技術代表者、学界の専門家と協議しました。6G技術はまだ初期段階にあり、一般に普及するのは数年先になりそうだが、現在の5Gネットワークよりも大幅に高速化し、世界中で高速インターネットアクセスが飛躍的に増加すると期待されています。
  • さらに、投資の拡大も市場成長率を押し上げています。例えば、2022年12月、The Platforms for Advanced Wireless Research(PAWR)プロジェクトオフィスは、5G、6G、beyondのワイヤレスイノベーションを加速するため、米国国立科学財団(NSF)から280万米ドルの投資を受けたと発表しました。この新しいリソースは、無線研究施設に対する世界中の研究者の関心の高まりを反映しており、高度で動的なテスト環境へのアクセスを増やすプログラムの必要性を強調しています。

6G業界概要

6G技術市場は大きな成長が見込まれており、各企業はこの激しい競争の舞台で競合を維持するために、協力し合い、結束した戦略を考案する必要に迫られています。このような企業は、製品ポートフォリオを共有し、目標を達成するための追加リソースを求めて、ジョイント・ベンチャー・プログラムとして知られる共同事業を行うことが多いです。こうした取り組みは、リソースの共有を促進し、進展を加速させる。注目すべきは、6G市場は、将来の商業展開を視野に入れ、開発に多額の投資を行っている大手企業によって占められていることです。

2022年11月、NTT DoCoMoと韓国のSK Telecom(SKT)は、5Gと6Gの両セルラー技術の発展を目指した戦略的パートナーシップを発表しました。両社の協力関係は、オープンで仮想化された無線アクセスネットワーク(RAN)技術の開発にも及んでいます。この動きは、様々な地域が次世代セルラー技術の展開に向けて自らを位置づける中、進化する世界情勢に沿ったものです。

2022年11月、Ericssonは、英国の無線通信能力を強化するための協調的な取り組みとして、数100万ポンド規模の投資の一環として、同国に新たな研究チームを設立することを約束しました。今後10年間にわたり、Ericssonは英国を拠点とする6G研究と画期的なイノベーションに特化したプログラムに1,000万ポンドを投入する予定です。このイニシアチブは、世界規模で6G技術の重要性が高まっていることを強調するものです。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • 市場に影響を与えるマクロ経済要因

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • データ需要の増加
    • エッジコンピューティング
  • 市場抑制要因
    • ネットワークアーキテクチャモデルの展開とスペクトル課題による初期設備投資の高さ

第6章 市場セグメンテーション

  • デバイス別
    • モバイルデバイス
    • IoTとエッジコンピューティングデバイス
    • その他のデバイス
  • 業界別
    • 農業
    • 自動車
    • 医療
    • 政府機関
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー業界別
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • その他

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AT&T
    • Broadcom
    • Cisco
    • Ericsson
    • Google
    • Huawei
    • Nokia
    • NTT Docomo
    • Orange
    • NEC Corporation

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 50001117
6G - Market - IMG1

The 6G market is expected to register a CAGR of 31.48% during the forecast period.

Key Highlights

  • 6G is anticipated to become available in the 2030s, building on societal, consumer, and industry use-case mobile connectivity breakthroughs enabled by the high-end capabilities of 5G. It is expected that 6G will contribute to a more innovative, more sustainable, and more efficient society with new uses for multisensory extended realities, precision health care, smart agricultural cobot, and intelligent autonomous systems by merging the digital and physical worlds.
  • The increasing emphasis on connectivity and demand for 6G communication in newly developing technologies, e.g., the Internet of Things or cryptocurrencies, are significant factors contributing to the industry's growth. The introduction of high-speed Internet and remote connectivity, which are fundamental to the characteristics of 6G technologies, will be conducive to commercializing such communication technologies.
  • Rapid urbanization and communication, now a fundamental right for human nutrition, will also play an essential role in shaping the market. A large population has already moved to the big cities for increased opportunities and better living. The critical role of communication and connectivity in this transition has been played. Moreover, the adoption of 6G technology will be significantly influenced by growing efforts toward supporting smarter cities and population growth in urban areas.
  • In order to ensure the reliability of Internet of Things devices and networks, 6G will likely draw on the original success of 5G. Moreover, the emergence of 6G will coincide with a much larger level of automation and intelligent devices, such as warehouse robots at production sites, in view of its lower latency and higher data load compared to 5G.
  • Further, to enable the development of 5G ecosystems and to support 6G research in Europe, the Smart Networks and Services Joint Undertaking selected its first portfolio of 35 R&I and trial projects. The objective is to create a first-class European supply chain in the field of advanced 5G systems as well as build Europe's capacity for 6G technology. These investments are significantly driving the market growth rate.

6G Market Trends

Increasing Data Demand

  • The increasing data demand with the growing generation of high-volume data with the adoption of several digital technologies and mobile devices is analyzed to create significant demand for the 6G market.
  • Further, as mobile data consumption grows, the deployment and expansion of 6G infrastructure become essential to support the increasing data traffic and deliver enhanced mobile connectivity. For instance, according to the Ericsson report, at the end of 2022, total global mobile data traffic, excluding traffic from fixed wireless access (FWA), reached 93 EB per month. By 2028, it is anticipated that this traffic will have increased by a factor of 3.5 to reach 329 EB per month. The anticipation of such significant traffic growth emphasizes the need for robust and advanced infrastructure, like 6G networks, to accommodate the rising demand for mobile data services.
  • The estimation of the expected growth in traffic over the period is accompanied by an assumption that, at the end of the forecast period, there will be a first uptake of XR-type services such as AR, VR, and Mixed RealityMR. In addition, the adoption of cloud computing services is expanding rapidly across industries. Cloud-based applications require high-speed connectivity to access and process data stored remotely.
  • Further, the growing IoT sector is one of the major contributors to the data demand. For instance, Adding network capacity will enhance the growth of MassiveIoT technologies and enable it to coexist with 4G and 5G in a spectrum division band duplexFDD as well as by sharing spectrum, and 6G could further enhance the speed.
  • Furthermore, according to an Ericsson estimate, by 2030, there will be more than 50 billion linked devices. By addressing and resolving all connectivity concerns, 6G is anticipated to liberate the IoT's potential and serve as the driving force for the smart city.
6G - Market - IMG2

North America is Analyzed to Hold Largest Share in the Market

  • In North America, the US is one of the major innovators and investors in the 5G and 6G markets, owing to a high investment rate for advanced technological deployments. The telecom industry in the country accounts for a significant portion of the global consumption of 5G technology.
  • Also, the US dominates the regional 5G market regarding investment, adoption, and applications. Telecom operators in the country, such as AT&T, Verizon, and T-Mobile, have made billion-dollar deals with network equipment vendors, such as Ericsson, Samsung, Nokia, Huawei, and ZTE, to build up their US 5G and 6G network infrastructure.
  • Moreover, In April 2023, The US Secretary of Commerce officially launched a USD 1.5 billion public wireless supply chain innovation fund, which will be used to build Open and Interoperability networks. By demonstrating the viability of new, open-architecture approaches to wireless networks, this initial round of funding will help to ensure that the future of 5G and next-gen wireless technology is built by the US and its global allies and partners. The Innovation Fund is a result of the legislative efforts undertaken by both sides to develop Open and Interoperable Wireless Networks, which aim to enhance security, competitiveness, and sustainable worldwide supply chains.
  • In April 2023, The White House consulted with business leaders, technology representatives, and experts in academia about developing strategies for the future 6G networks. Although 6G technologies are still in the early phases and likely years away from widespread use by the public, they are expected to become significantly faster than current 5G networks, as well as exponentially increasing high-speed internet access throughout the world.
  • Moreover, the growing investments are also bolstering the market growth rate. For instance, in December 2022, The Platforms for Advanced Wireless Research (PAWR) Project Office announced an investment of USD 2.8 million from the US National Science Foundation (NSF) to accelerate wireless innovation in 5G, 6G, and beyond. The new resources reflect the growing interest of researchers around the world in wireless research facilities and highlight the need for programs to increase their access to advanced and dynamic testing environments.

6G Industry Overview

The 6G technology market is poised for significant growth, prompting companies to collaborate and devise cohesive strategies to stay competitive in this fiercely contested arena. Such enterprises, sharing a product portfolio and seeking additional resources to meet their goals, often engage in collaborative ventures, known as Joint Venture Programmes. These initiatives facilitate resource sharing and accelerate progress. Notably, the 6G market is dominated by major players making substantial investments in development, with an eye on future commercial deployment.

In November 2022, NTT DoCoMo and South Korea's SK Telecom (SKT) announced a strategic partnership aimed at advancing both 5G and 6G cellular technologies. Their collaborative efforts extend to the development of open and virtualized radio access network (RAN) technology. This move aligns with the evolving global landscape as various regions position themselves for the rollout of next-generation cellular technologies.

In November 2022, in a concerted effort to bolster the United Kingdom's wireless communications capabilities, Ericsson committed to establishing a new research team in the country as part of a multi-million-pound investment. Over the next decade, Ericsson plans to inject GBP 10 million into a UK-based program dedicated to 6G research and groundbreaking innovations. This initiative underscores the growing importance of 6G technology on a global scale.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Macro Economic Factors Impacting the market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Data Demand
    • 5.1.2 Edge Computing
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Initial Capital Expenditure due to Deployment of Network Architecture Model and Spectrum Challenges

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Devices
    • 6.1.1 Mobile Devices
    • 6.1.2 IoT and Edge Computing Devices
    • 6.1.3 Other Devices
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 Agriculture
    • 6.2.2 Automotive
    • 6.2.3 Healthcare
    • 6.2.4 Government
    • 6.2.5 Manufacturing
    • 6.2.6 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Region
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 AT&T
    • 7.1.2 Broadcom
    • 7.1.3 Cisco
    • 7.1.4 Ericsson
    • 7.1.5 Google
    • 7.1.6 Huawei
    • 7.1.7 Nokia
    • 7.1.8 NTT Docomo
    • 7.1.9 Orange
    • 7.1.10 NEC Corporation

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS