表紙:防衛部門向けエッジコンピューティングの世界市場:用途・エンドユーザー・コンポーネント・展開・地域別:分析と予測(2024年~2034年)
市場調査レポート
商品コード
1469735

防衛部門向けエッジコンピューティングの世界市場:用途・エンドユーザー・コンポーネント・展開・地域別:分析と予測(2024年~2034年)

Global Edge Computing in Defense Market: Focus on Application, End User, Component, Deployment, and Region - Analysis and Forecast, 2024-2034

出版日: 受注後更新 | 発行: BIS Research | ページ情報: 英文 | 納期: 7~10営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
防衛部門向けエッジコンピューティングの世界市場:用途・エンドユーザー・コンポーネント・展開・地域別:分析と予測(2024年~2034年)
出版日: 受注後更新
発行: BIS Research
ページ情報: 英文
納期: 7~10営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

防衛部門向けエッジコンピューティングの市場は、自動システムの展開、データ量とネットワークトラフィックの増加、機密情報の送信の必要性を最小限に抑えることによるデータセキュリティの向上などに後押しされ、大きな成長を遂げています。

楽観的シナリオでは、2024年の市場規模は47億6,000万米ドルを示し、CAGR 14.89%で推移し、2034年には190億5,000万米ドルの規模に成長すると予測されています。

こうした市場促進要因にもかかわらず、市場は拡張性の問題や初期資本・インフラ投資の高さといったハードルに直面しています。しかし、サイバーセキュリティに対する需要の高まりは、防衛分野におけるエッジコンピューティングの需要拡大に有利な機会をもたらす見通しです。

北米地域の防衛部門向けエッジコンピューティング市場は大きな成長を遂げています。北米、特に米国は、防衛分野における技術革新の中心地です。エッジコンピューティング技術は、センサーネットワーク、無人車両、コマンド&コントロールシステムなどの防衛システムの機能を強化するために急速に開発・導入されています。防衛市場でエッジコンピューティングが拡大する中で、サイバーセキュリティは重要な関心事となっています。北米の防衛機関は、エッジデバイス、ネットワーク、データをサイバー脅威から保護し、機密情報の完全性、機密性、可用性を確保するためのサイバーセキュリティ対策に投資しています。

当レポートでは、世界の防衛部門向けエッジコンピューティングの市場を調査し、業界の動向、法規制環境、進行中のプログラム、市場規模の推移・予測、各種区分・地域/主要国別の詳細分析、競合情勢、主要企業のプロファイルなどをまとめています。

目次

エグゼクティブサマリー

第1章 市場:業界の展望

  • 動向:現在および将来の影響評価
    • ゼロトラストモデルにおけるエッジコンピューティングの統合
    • 5Gエッジコンピューティング
    • エッジAI
  • 価格分析:地上 vs クラウドコンピューティング vs エッジコンピューティング
  • 規制状況
  • 進行中のプログラム
  • スタートアップと投資シナリオ
  • 市場力学の概要
    • 市場促進要因
    • 市場抑制要因
    • 市場機会

第2章 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:用途別

  • 用途の概要
  • 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:用途別
    • サイバーセキュリティ
    • 情報監視偵察(ISR)
    • コマンドアンドコントロール(C2)
    • その他
  • 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:エンドユーザー別
    • 陸軍
    • 空軍
    • 海軍

第3章 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:製品別

  • 製品概要
  • 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:展開別
    • オンプレミス
    • クラウドベース

第4章 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:地域別

  • 地域概要
  • 世界の防衛部門向けエッジコンピューティング市場:地域別
  • 北米
  • 欧州
  • アジア太平洋
  • その他の地域

第5章 企業プロファイル

  • ADLINK Technology Inc.
  • Amazon Web Services, Inc.
  • Cisco Systems, Inc.
  • Dell Inc.
  • Hewlett Packard Enterprise Development LP
  • IBM
  • Intel Corporation
  • Johnson Controls
  • Microsoft
  • QinetiQ
  • Red Hat, Inc.
  • Zella DC
  • その他

第6章 調査手法

目次
Product Code: DSM2015SA

This report will be delivered in 7-10 working days.

The edge computing in defense market is experiencing significant growth, propelled by deployment of autonomous systems, increasing data volumes and network traffics and improve data security by minimizing the need to transmit sensitive information. Considering the optimistic scenario the market is valued at $4.76 billion in 2024 and is expected to grow at a CAGR of 14.89% to reach $19.05 Billion by 2034.

Despite these positive drivers, the market faces hurdles such as scalability issues and high initial capital and infrastructure investment. However, increasing demand for cybersecurity present lucrative opportunities for the expansion of edge computing in defense demand, suggesting a vibrant future for this market as it navigates through challenges towards range concerns compliance with regulatory requirements and data sovereignty laws.

The edge computing in defense market in the North America region is experiencing significant growth. North America, particularly the U.S., is a hub for technological innovation in the defense sector. Edge computing technologies are being rapidly developed and deployed to enhance the capabilities of defense systems, including sensor networks, unmanned vehicles, and command and control systems. As edge computing expands in the defense market, cybersecurity becomes a critical concern. North American defense organizations invest in cybersecurity measures to protect edge devices, networks, and data from cyber threats, ensuring the integrity, confidentiality, and availability of sensitive information.

Governments and defense agencies are making strategic investments in edge computing technologies to modernize their defense infrastructure and maintain a competitive edge. For instance, in August 2022, the Department of National Defence allocated $1.5 million in funding to bolster the advancement of a 5G edge computing research network.

Market Segmentation:

Segmentation 1: by Application

  • Cybersecurity
  • Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance (ISR)
  • Command and Control (C2)
  • OthersIndustrial

Segmentation 2: by End-user

  • Land
  • Airborne
  • Naval

Segmentation 3: by Component

  • Hardware (Weapon Sensors, Connectivity Hardware, Gateways, Wearable Devices, Autonomous Systems, and Other)
  • Software
  • Services

Segmentation 4: by Deployement

  • On-Premises
  • Cloud-based

Segmentation 5: by Region

  • North America
  • Europe
  • Asia-Pacific
  • Rest-of-the-World

Table of Contents

Executive Summary

Scope and Definition

Market/Product Definition

Key Questions Answered

Analysis and Forecast Note

1. Markets: Industry Outlook

  • 1.1 Trends: Current and Future Impact Assessment
    • 1.1.1 Integration of Edge Computing in Zero Trust Model
    • 1.1.2 Edge Computing With 5G
    • 1.1.3 Edge Artificial Intelligence (AI)
  • 1.2 Pricing Analysis: Terrestrial vs. Cloud Computing vs. Edge Computing
  • 1.3 Regulatory Landscape
  • 1.4 Ongoing Programs
  • 1.5 Startups and Investment Scenario
  • 1.6 Market Dynamics Overview
    • 1.6.1 Market Drivers
    • 1.6.2 Market Restraints
    • 1.6.3 Market Opportunities

2. Global Edge Computing in Defense Market by Application

  • 2.1 Application Summary
  • 2.2 Global Edge Computing in Defense Market by Application
    • 2.2.1 Cybersecurity
    • 2.2.2 Intelligence, Surveillance, and Reconnaissance (ISR)
    • 2.2.3 Command and Control (C2)
    • 2.2.4 Others
  • 2.3 Global Edge Computing in Defense Market by End User
    • 2.3.1 Land
    • 2.3.2 Airborne
    • 2.3.3 Naval

3. Global Edge Computing in Defense Market by Product

  • 3.1 Product Summary
  • 3.2 Global Edge Computing in Defense Market by Component
    • 3.2.1 Hardware
      • 3.2.1.1 Weapon Sensors
      • 3.2.1.2 Connectivity Hardware
      • 3.2.1.3 Gateways
      • 3.2.1.4 Wearable Devices
      • 3.2.1.5 Autonomous Systems
      • 3.2.1.6 Others
    • 3.2.2 Software
    • 3.2.3 Services
  • 3.3 Global Edge Computing in Defense Market by Deployment
    • 3.3.1 On-Premises
    • 3.3.2 Cloud-based

4. Global Edge Computing in Defense Market by Region

  • 4.1 Regional Summary
  • 4.2 Global Edge Computing in Defense Market - by Region
  • 4.3 North America
    • 4.3.1 Markets
      • 4.3.1.1 Key Market Participants in North America
    • 4.3.2 Application
    • 4.3.3 Product
    • 4.3.4 North America by Country
      • 4.3.4.1 U.S.
        • 4.3.4.1.1 Market by Application
        • 4.3.4.1.2 Market by Product
      • 4.3.4.2 Canada
  • 4.4 Europe
    • 4.4.1 Markets
      • 4.4.1.1 Key Market Participants in Europe
    • 4.4.2 Application
    • 4.4.3 Product
    • 4.4.4 Europe By Country
      • 4.4.4.1 Germany
        • 4.4.4.1.1 Market by Application
        • 4.4.4.1.2 Market by Product
      • 4.4.4.2 France
      • 4.4.4.3 U.K.
      • 4.4.4.4 Others
  • 4.5 Asia-Pacific
    • 4.5.1 Markets
      • 4.5.1.1 Key Market Participants in Asia-Pacific
    • 4.5.2 Application
    • 4.5.3 Product
    • 4.5.4 Asia-Pacific by Country
      • 4.5.4.1 China
        • 4.5.4.1.1 Market by Application
        • 4.5.4.1.2 Market by Product
      • 4.5.4.2 Japan
      • 4.5.4.3 India
      • 4.5.4.4 Others
  • 4.6 Rest-of-the-World
    • 4.6.1 Markets
      • 4.6.1.1 Key Market Participants in Rest-of-the-World
    • 4.6.2 Application
    • 4.6.3 Product
    • 4.6.4 Rest-of-the-World by Region
      • 4.6.4.1 Middle East and Africa
      • 4.6.4.2 Latin America

5. Companies Profiled

  • 5.1 ADLINK Technology Inc.
  • 5.2 Amazon Web Services, Inc.
  • 5.3 Cisco Systems, Inc.
  • 5.4 Dell Inc.
  • 5.5 Hewlett Packard Enterprise Development LP
  • 5.6 IBM
  • 5.7 Intel Corporation
  • 5.8 Johnson Controls
  • 5.9 Microsoft
  • 5.10 QinetiQ
  • 5.11 Red Hat, Inc.
  • 5.12 Zella DC
  • 5.13 Other Key Players

6. Research Methodology