表紙:クラウド化ネットワークにおける自動サービスアシュアランス
市場調査レポート
商品コード
1309306

クラウド化ネットワークにおける自動サービスアシュアランス

Automated Service Assurance in Cloudified Networks

出版日: | 発行: ABI Research | ページ情報: 英文 28 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
クラウド化ネットワークにおける自動サービスアシュアランス
出版日: 2023年05月17日
発行: ABI Research
ページ情報: 英文 28 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

当レポートでは、クラウド化ネットワークにおける自動サービスアシュアランスの動向を調査し、自動アシュアランスの促進要因と課題の分析、自動アシュアランスの要件、技術動向、市場予測、競合情勢、主要企業、各種提言などをまとめています。

レポートのメリット:

  • クラウドフレンドリーで自動化されたアシュアランスソリューションに対する市場需要を促進する主な動向を把握できます
  • ネットワークのクラウド化が進む中、AIを搭載したクラウドアシュアランスソフトウェアの主要な設計要件について、製品エンジニアを教育できます
  • サプライヤーが次世代サービスアシュアランスソリューションの設計・開発に使用しているコア技術を特定できます

主な質問への回答:

  • CSPがアシュアランスベンダーを選定する際の重要な決定要因は何か?
  • クラウドツール、ソフトウェア、DevOps手法を考慮したサービスアシュアランス領域の進化は?
  • エンドツーエンド (E2E) の自動アシュアランスサービスにおいて、サプライサイドはビッグデータアナリティクスとAIをどのように導入しているか?

調査ハイライト:

  • クラウド化ネットワークにより適した自動アシュアランスソリューションを市場に投入する際に、サプライヤーが考慮すべき主要な技術動向の要約
  • クラウドスタック (ハイパーバイザー抽象化レイヤーとPlatform-as-a-Service (PaaS) レイヤー) のイベント監視、集約、相関への影響についての分析
  • 自動アシュアランスソリューションの競合情勢についての考察

目次

  • エグゼクティブサマリー
  • 提言
  • クラウド化ネットワークのアシュアランス
  • サービスアシュアランスの定義
  • 自動アシュアランスの促進要因
  • サービスアシュアランスの課題
  • サービスアシュアランスの進化
  • 現在と将来の状況
  • 自動アシュアランスの要件
  • ネットワークライフサイクルの自動化
  • ライフサイクル自動化の3つの条件
  • E2Eライフサイクルの自動化
  • ハイブリッド分析フレームワーク
  • 自動化アシュアランスの範囲
  • 自動化フレームワーク
  • オーバーレイとアンダーレイの自動化
  • DevOpsサイクルにおける自動化エンジン
  • 何を自動化するか
  • 市場予測
  • AIを活用したメンテナンスツール
  • 自動アシュアランスサプライヤー
  • 自動アシュアランス市場情勢
  • Accedian
  • Infovista
  • Netcracker
  • RADCOM
目次
Product Code: AN-5817

Actionable Benefits:

  • Determine key trends that are driving market demand for cloud-friendly and automated assurance solutions.
  • Educate product engineers on key design requirements for Artificial Intelligence (AI)-powered and cloud assurance software as the industry progresses toward more cloudified networks.
  • Identify the core technologies that suppliers are using to design and develop next-generation service assurance solutions.

Critical Questions Answered:

  • What are the key decision factors for CSPs when selecting an assurance vendor?
  • How is the service assurance domain evolving considering cloud tools, software, and DevOps methodologies?
  • How is the supply side implementing big data analytics and AI in its End-to-End (E2E) automated assurance offering?

Research Highlights:

  • Summaries of key technology strands that suppliers must consider as they bring to market automated assurance solutions that are more suitable to cloudified networks.
  • Analysis of how the cloud stack-hypervisor abstraction and Platform-as-a-Service (PaaS) layers-impact event monitoring, aggregation, and correlation.
  • Insights into the competitive landscape for automated assurance solutions.

Who Should Read This?

  • Decision makers for networks and cloud infrastructure who need to understand key automation and service assurance imperatives.
  • Innovation leaders and architects who need to understand how software and the cloud impact the existing service assurance landscape.
  • Suppliers that need to understand Communication Service Providers' (CSPs) requirements and pain points so they can communicate to individual CSPs' circumstances.

Table of Contents

  • Executive Summary
  • Recommendations
  • Assurance in Cloudified Networks
  • Service Assurance Definition
  • Automated Assurance Drivers
  • Service Assurance Challenges
  • Evolution of Service Assurance
  • Current and Future Landscapes
  • Assurance Requirements for Automation
  • Network Lifecycle Automation
  • Three Conditions for Lifecycle Automation
  • E2E Lifecycle Automation
  • A Hybrid Analytics Framework
  • Automated Assurance Scope
  • An Automation Framework
  • Overlay and Underlay Automation
  • Automation Engine in DevOps Cycles
  • What to Automate
  • Market Forecasts
  • AI-Enabled Maintenance Tools
  • Automated Assurance Suppliers
  • Automated Assurance Market Landscape
  • Accedian
  • Infovista
  • Netcracker
  • RADCOM