デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1496097

金融クラウド市場:現状分析と予測(2024年~2032年)

Finance Cloud Market: Current Analysis and Forecast (2024-2032)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 137 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
金融クラウド市場:現状分析と予測(2024年~2032年)
出版日: 2024年05月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 137 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

金融クラウド市場は、銀行・金融サービスのデジタル化の進展により、CAGR約15.30%の高成長が見込まれています。世界の金融サービス業界では、クラウドベースのソリューションやサービスに対する需要がかつてないほど急増しています。デジタル化によって金融情勢が変わり続けるなか、業務の合理化、拡張性の強化、コスト構造の最適化を目的にクラウドを導入する金融機関が増えています。さらに、刻々と変化する金融業界では、俊敏性と拡張性が求められており、クラウドソリューションはそれを十分に満たしています。従来のオンプレミスシステムは、急速に進化する市場環境、規制要件、顧客の期待に対応するのに苦労することが多いです。クラウドベースのソリューションでは、金融機関はリソースの増減をシームレスに行うことができるため、多額の設備投資を行うことなく、需要の変動に迅速に対応することができます。さらに、クラウドコンピューティングモデルは、ITコストの最適化を可能にすることで、金融機関にとって魅力的な価値提案となります。高価なハードウェア、ソフトウェア、メンテナンスに投資する代わりに、クラウドソリューションは従量課金モデルを提供し、金融機関は消費したリソースに対してのみ支払いを行うことができます。この費用対効果の高いアプローチは、中小規模の金融機関や新興企業にとって特に魅力的で、多額の先行投資を必要とせずにエンタープライズグレードのソリューションにアクセスできます。さらに、金融サービス業界では膨大な量のデータが生成されるが、クラウドベースのソリューションは、こうしたデータを効果的に活用するために必要なインフラとツールを提供します。クラウドベースのアナリティクスプラットフォームを活用することで、金融機関は顧客行動、市場動向、リスク管理に関する貴重な洞察を得ることができ、データに基づいた意思決定や革新的な商品・サービスの開発が可能になります。このような進歩は、さまざまな市場において金融クラウドの採用に有利な環境を生み出しています。

ソリューションは、財務予測、財務報告・分析、セキュリティ、ガバナンス・リスク・コンプライアンスに分類されます。セキュリティとガバナンス・リスク・コンプライアンスは、金融クラウドの業界における主要なエンドユーザーセグメントとして際立っています。主に、規制の枠組みへのコンプライアンスを確保する必要性が原動力となっています。金融機関は、Basel IIIフレームワーク、Dodd-Frank法、General Data Protection Regulation(GDPR)などの厳しい規制を受けています。これらの規制を遵守できない場合、多額の罰金、風評被害、法的影響が生じる可能性があります。さらに、金融セクターは、データ漏洩、フィッシング詐欺、ランサムウェア攻撃などのサイバー攻撃の格好の標的となっています。これらの脅威は、財務上の損失、業務の中断、顧客の信頼の低下につながります。GRCソリューションは、暗号化、アクセス制御、侵入検知システムなどの堅牢なセキュリティ機能を提供し、機密性の高い財務データやシステムを保護します。GRCソリューションは、プロセスの自動化、コントロールの監視、リアルタイムのレポーティング機能を提供することで、組織のコンプライアンス維持を支援します。また、金融機関は、信用リスク、市場リスク、オペレーショナルリスク、風評リスクなど、さまざまなリスクに直面しています。効果的なリスク管理は、財務の安定性を維持し、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うために極めて重要です。GRCソリューションは、リスク評価ツール、リスク・モデリング機能、リアルタイムのリスクモニタリングを提供し、潜在的なリスクを特定、分析、軽減します。

サービス別に見ると、市場はプロフェッショナルサービスとマネージドサービスに二分されます。金融サービス業界では、イノベーションの推進、コスト削減、効率性向上を目的に、クラウドコンピューティングソリューションの導入が急速に進んでいます。金融クラウド市場の中では、プロフェッショナルサービスがマネージドサービスやその他のサービスを凌いで最も高い収益を生み出しています。プロフェッショナルサービスには、金融機関がクラウド技術を効果的に活用できるように調整された、幅広いコンサルティング、実装、統合、アドバイザリーサービスが含まれます。これらのサービスは、クラウド移行、コンプライアンス、セキュリティ、デジタルトランスフォーメーションといった複雑な状況を乗り切る組織にとって極めて重要です。このような要因が良好な環境を生み出し、世界のさまざまな市場における金融クラウドの導入に影響を与えています。

アプリケーション別に見ると、市場は収益管理、資産管理、顧客管理、アカウント管理に区分されます。顧客関係管理(CRM)は、金融クラウド市場の主要なエンドユーザーセグメントとしての地位を確立しています。主に、消費者データを一元管理する必要性が背景にあります。金融機関は、個人情報、口座詳細、取引履歴、嗜好など、膨大な量の顧客データを扱っています。クラウドのCRMソリューションによって、企業はこれらのデータを一元的に保管し、アクセスすることができるようになり、より良い顧客サービス、クロスセル、アップセルの機会が促進されます。さらに、クラウドベースのCRMシステムにより、金融機関は支店、オンラインポータル、モバイルアプリなどの複数のチャネルにおいて、一貫性のあるパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することができます。顧客データと行動を分析することで、CRMソリューションは個々のニーズに合わせた商品やサービスを提供し、顧客満足度とロイヤルティを高めることができます。さらに、クラウドコンピューティングは拡張性と柔軟性を提供するため、金融機関は変化する顧客ニーズや市場環境に迅速に対応することができます。クラウド上のCRMソリューションは、ハードウェアやインフラへの多額の先行投資を必要とせず、組織のニーズに応じて容易にスケールアップやスケールダウンが可能です。このような環境が、顧客関係管理のためのクラウドベースのサービスの普及を後押ししています。

エンドユーザー別に見ると、市場は銀行、金融サービスプロバイダー、保険会社、大企業、中小企業(SME)に区分されます。金融業界の中小企業は、金融クラウドサービスを急速に採用しているセグメントとして際立っています。中小企業における金融クラウドサービスの採用を促進する主な要因の1つは、コスト効率です。クラウドサービスを利用すれば、ITインフラやメンテナンスコストに多額の先行投資をする必要がなくなります。中小企業は、従量制の価格設定モデルを活用することで、IT経費全体を削減することができます。さらに、クラウドサービスプロバイダーは、データを保護し、業界規制へのコンプライアンスを確保するために、セキュリティ対策に多額の投資を行っています。中小企業は、自社で導入するにはコストがかさむ高度なセキュリティ機能の恩恵を受けることができます。さらに、クラウドサービスは堅牢なディザスタリカバリソリューションを提供しており、不測の事態が発生した場合でもデータのバックアップと業務の継続性を確保することができます。この機能は、包括的なディザスタリカバリ計画に投資するリソースが限られている中小企業にとって、特に重要です。その他の活動とともに、金融業界で活躍する中小企業の間でクラウドベースのサービスの採用が進んでいます。

金融クラウドの市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、韓国、その他アジア太平洋地域)、世界のその他の地域における世界のプレゼンスに基づいて分析されています。金融クラウド業界では欧州が最大のシェアを占めています。金融クラウド市場において欧州が主導的地位を占めている主な要因の1つは、金融規制環境が整っているため、業界はかつてない勢いで成長し、クラウドサービスの急速な導入につながっています。例えば、欧州で2017年に開始された欧州連合(EU)の決済サービス指令2(PSD2)は、オープンバンキングAPIを通じてサードパーティによる銀行データへのアクセスを可能にすることで、電子決済サービスを強化・規制し、金融セクターのイノベーションと競争を促進する上で極めて重要な役割を果たしています。さらに、欧州ではフィンテック、伝統的な銀行、規制機関の間で協力的なエコシステムが構築されており、同地域の金融サービスプロバイダーのクラウド移行にとって非常に有利な環境が整っています。例えば、ネオバンキングサービスプロバイダーと伝統的な銀行との提携により、これらのデジタル専用銀行は急速に拡大し、消費者基盤を急速に拡大することができました。例えば、英国を拠点とするネオバンクのリボルトとHSBCのような伝統的な銀行との提携は、欧州の金融セクターにおける提携へのシフトを示すものです。さらに、欧州ではデジタル革新に対する文化的受容度が高いことも、金融サービスプロバイダーのクラウド移行を促進する大きな原動力となっています。例えば、ドイツを拠点とするN26というネオバンクが、欧州全体で約700万人の消費者ベースに関する成長率を報告していることは、同地域におけるネオバンクの文化的受容を浮き彫りにしています。このような要因が大きな原動力となり、欧州は銀行業界のデジタル化が最も進んだ主要地域のひとつとなり、同地域における金融クラウドサービスの需要急増につながっています。

同市場に参入している主な企業には、Amazon Web Services, Inc.、Microsoft、Alphabet、IBM、Tencent Cloud、Salesforce, Inc.、Oracle、Alibaba Cloud、Workday, Inc.、SAPなどがあります。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目標
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提条件

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 COVID-19が金融クラウド市場に与える影響

第6章 金融クラウド市場収益、2022-2032年

第7章 市場分析:ソリューション別

  • 財務予測
  • 財務報告と分析
  • セキュリティ
  • ガバナンス・リスク・コンプライアンス

第8章 市場分析:サービス別

  • プロフェッショナルサービス
  • マネージドサービス

第9章 市場分析:アプリケーション別

  • 収益管理
  • ウェルス管理
  • 顧客管理
  • アカウント管理

第10章 市場分析:エンドユーザー別

  • 銀行
  • 金融サービスプロバイダー
  • 保険会社
  • 大企業
  • 中小企業

第11章 市場分析:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国。
    • フランス
    • イタリア
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋地域
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第12章 金融クラウド市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第13章 金融クラウド市場機会

第14章 金融クラウド市場動向

第15章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第16章 バリューチェーン分析

第17章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第18章 企業プロファイル

  • Amazon Web Services, Inc
  • Microsoft
  • Alphabet
  • IBM
  • Tencent Cloud
  • Salesforce, Inc
  • Oracle
  • Alibaba Cloud
  • Workday, Inc.
  • SAP

第19章 免責事項

目次
Product Code: UMTI212735

The finance cloud market refers to the use of cloud computing solutions tailored specifically for the financial services sector. This market involves the adoption of cloud-based technologies by banks, financial institutions, and insurance companies to enhance their operations and services. The finance cloud market offers benefits such as rapid digitalization, corporate agility, on-demand innovation, and a secure environment for handling sensitive financial data. It enables organizations to access scalable and cost-effective IT resources, streamline processes, improve customer service, and drive innovation within the financial industry.

The Finance Cloud Market is expected to grow at a strong CAGR of around 15.30% owing to the growing digitalization of banking and financial services. The global financial services industry is witnessing an unprecedented surge in the demand for cloud-based solutions and services. As digitalization continues to reshape the financial landscape, an increasing number of institutions are embracing the cloud to streamline operations, enhance scalability, and optimize cost structures. Furthermore, the ever-changing financial landscape demands agility and scalability, which cloud solutions offer in abundance. Traditional on-premises systems often struggle to keep pace with rapidly evolving market conditions, regulatory requirements, and customer expectations. Cloud-based solutions allow financial institutions to scale their resources up or down seamlessly, ensuring they can adapt swiftly to fluctuating demands without incurring significant capital expenditures. Moreover, the cloud computing model presents a compelling value proposition for financial institutions by enabling them to optimize their IT costs. Instead of investing in expensive hardware, software, and maintenance, cloud solutions offer a pay-as-you-go pricing model, allowing institutions to pay only for the resources they consume. This cost-effective approach is particularly attractive for small and medium-sized financial firms, as well as startups, enabling them to access enterprise-grade solutions without the need for substantial upfront investments. Additionally, the financial services industry generates vast amounts of data, and cloud-based solutions provide the infrastructure and tools necessary to harness this data effectively. By leveraging cloud-based analytics platforms, financial institutions can gain valuable insights into customer behavior, market trends, and risk management, enabling them to make data-driven decisions and develop innovative products and services. These advances along with others are creating a favorable environment for the adoption of finance cloud across various markets.

Based on the solution, the market is categorized into financial forecasting, financial reporting and analysis, security, and governance risk and compliance. The security and governance risk and compliance stand out as a predominant end-user segment for the finance cloud in the industry. Primarily driven by the need to ensure compliance with regulatory framework. Financial institutions are subject to stringent regulations, such as the Basel III framework, the Dodd-Frank Act, and the General Data Protection Regulation (GDPR). Failure to comply with these regulations can result in hefty fines, reputational damage, and legal implications. Furthermore, the financial sector is a prime target for cyber-attacks, including data breaches, phishing scams, and ransomware attacks. These threats can lead to financial losses, disruption of operations, and erosion of customer trust. GRC solutions offer robust security features, such as encryption, access controls, and intrusion detection systems, to protect sensitive financial data and systems. GRC solutions help organizations maintain compliance by automating processes, monitoring controls, and providing real-time reporting capabilities. Additionally, Financial institutions face various risks, including credit risk, market risk, operational risk, and reputational risk. Effective risk management is crucial for maintaining financial stability and making informed business decisions. GRC solutions provide risk assessment tools, risk modeling capabilities, and real-time risk monitoring to identify, analyze, and mitigate potential risks.

Based on the services, the market is bifurcated into professional services and managed services. The financial services industry has been rapidly adopting cloud computing solutions to drive innovation, reduce costs, and improve efficiency. Within the financial cloud market, the professional services segment generates the highest revenue, outpacing managed services and other offerings. Professional services encompass a wide range of consulting, implementation, integration, and advisory services tailored to help financial institutions leverage cloud technologies effectively. These services are crucial for organizations navigating the complex landscape of cloud migration, compliance, security, and digital transformation. Factors such as these are creating a favorable environment, influencing the adoption of financial cloud across various markets globally.

Based on application, the market is segmented into revenue management, wealth management, customer management, and account management. Customer relationship management (CRM) has established itself as a major end-user segment for the financial cloud market. Primarily driven by the need for centralizing consumer data. Financial institutions deal with a massive amount of customer data, including personal information, account details, transaction history, and preferences. CRM solutions in the cloud enable organizations to store and access this data from a centralized location, facilitating better customer service, cross-selling, and up-selling opportunities. Furthermore, cloud-based CRM systems allow financial institutions to provide a consistent and personalized experience across multiple channels, such as branch offices, online portals, and mobile apps. By analyzing customer data and behavior, CRM solutions can help tailor products and services to individual needs, enhancing customer satisfaction and loyalty. Additionally, cloud computing offers scalability and flexibility, allowing financial institutions to quickly adapt to changing customer demands and market conditions. CRM solutions in the cloud can be easily scaled up or down based on the organization's needs, without the need for substantial upfront investments in hardware and infrastructure. Factors such as these are fostering a conducive environment, driving the widespread adoption of cloud-based services for customer relationship management.

Based on end-users, the market is segmented into banks, financial service providers, insurance companies, large enterprises, and small and medium enterprises (SMEs). The SMEs in the financial industry stand out as the segment adopting financial cloud services rapidly. One of the primary factors driving the adoption of financial cloud services among SMEs is cost efficiency. Cloud services eliminate the need for significant upfront investments in IT infrastructure and maintenance costs. SMEs can leverage pay-as-you-go pricing models, reducing their overall IT expenses. Furthermore, Cloud service providers invest heavily in security measures to protect data and ensure compliance with industry regulations. SMEs can benefit from advanced security features that may be cost-prohibitive to implement in-house. Additionally, cloud services offer robust disaster recovery solutions, ensuring data backups and continuity of operations in the event of unforeseen disruptions. This feature is particularly crucial for SMEs with limited resources to invest in comprehensive disaster recovery plans. These developments along with others are driving the adoption of cloud-based services among the SMEs active in the financial industry.

For a better understanding of the market adoption of finance cloud, the market is analyzed based on its worldwide presence in countries such as North America (The U.S., Canada, and the Rest of North America), Europe (Germany, The U.K., France, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, South Korea, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. Europe holds the largest share of the finance cloud industry. One of the key factors contributing to this leadership position of Europe in the finance cloud market is its conducive financial regulatory environment helping the industry to thrive at an unprecedented rate, leading to the rapid adoption of cloud services. For instance, the European Union's Payment Services Directive 2 (PSD2) launched in 2017 in Europe, has played a pivotal role in fostering innovation and competition in the financial sector by enhancing and regulating electronic payment services by allowing third-party access to banking data through open banking APIs. Furthermore, the collaborative ecosystem in Europe amongst fintech, traditional banks, and regulatory bodies has laid down a very favorable environment for the cloud migration of financial services providers in the region. For instance, the partnership between the neo-banking services providers and the traditional banks has enabled these digital-only banks to expand fast and grow their consumer base at a rapid rate. For instance, the partnerships between UK-based neo-bank Revolut and traditional banks like HSBC, signal a shift towards collaboration in the European financial sector. Moreover, the high cultural acceptance of digital innovation in Europe has played a major driving force, in initiating the cloud migration of financial service providers. For instance, the rate at which a German-based neo-bank named N26 has reported its growth numbers regarding its consumer base, of about 7 million consumers across Europe underscores the cultural acceptance of neo-banking in the region. Factors like these have played a major driving force, making Europe one of the dominant regions where the digitalization of the banking industry has flourished the most, further leading to a surge in demand for finance cloud services in the region.

Some of the major players operating in the market include Amazon Web Services, Inc; Microsoft; Alphabet; IBM; Tencent Cloud; Salesforce, Inc; Oracle; Alibaba Cloud; Workday, Inc.; and SAP.

TABLE OF CONTENTS

1.MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2.RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Finance Cloud Market
  • 2.2. Research Methodology of the Finance Cloud Market
  • 2.3. Respondent Profile

3.MARKET SYNOPSIS

4.EXECUTIVE SUMMARY

5.IMPACT OF COVID-19 ON THE FINANCE CLOUD MARKET

6.FINANCE CLOUD MARKET REVENUE (USD BN), 2022-2032F.

7.MARKET INSIGHTS BY SOLUTION

  • 7.1. Financial Forecasting
  • 7.2. Financial Reporting & Analysis
  • 7.3. Security
  • 7.4. Governance, Risk & Compliance

8.MARKET INSIGHTS BY SERVICES

  • 8.1. Professional Services
  • 8.2. Managed Services

9.MARKET INSIGHTS BY APPLICATION

  • 9.1. Revenue Management
  • 9.2. Wealth Management
  • 9.3. Customer Management
  • 9.4. Account Management

10.MARKET INSIGHTS BY END-USERS

  • 10.1. Banks
  • 10.2. Financial Service Providers
  • 10.3. Insurance Companies
  • 10.4. Large Enterprises
  • 10.5. Small and Medium Enterprises (SMEs)

11.MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 11.1. North America
    • 11.1.1. The U.S.
    • 11.1.2. Canada
    • 11.1.3. Rest of North America
  • 11.2. Europe
    • 11.2.1. Germany
    • 11.2.2. The U.K.
    • 11.2.3. France
    • 11.2.4. Italy
    • 11.2.5. Rest of Europe
  • 11.3. Asia-Pacific
    • 11.3.1. China
    • 11.3.2. India
    • 11.3.3. Japan
    • 11.3.4. South Korea
    • 11.3.5. Rest of Asia-Pacific
  • 11.4. Rest of the World

12.FINANCE CLOUD MARKET DYNAMICS

  • 12.1. Market Drivers
  • 12.2. Market Challenges
  • 12.3. Impact Analysis

13.FINANCE CLOUD MARKET OPPORTUNITIES

14.FINANCE CLOUD MARKET TRENDS

15.DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 15.1. Demand Side Analysis
  • 15.2. Supply Side Analysis

16.VALUE CHAIN ANALYSIS

17.COMPETITIVE SCENARIO

  • 17.1. Competitive Landscape
    • 17.1.1. Porters Five Forces Analysis

18.COMPANY PROFILED

  • 18.1. Amazon Web Services, Inc
  • 18.2. Microsoft
  • 18.3. Alphabet
  • 18.4. IBM
  • 18.5. Tencent Cloud
  • 18.6. Salesforce, Inc
  • 18.7. Oracle
  • 18.8. Alibaba Cloud
  • 18.9. Workday, Inc.
  • 18.10. SAP

19.DISCLAIMER