デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1479098

レアアース金属リサイクル市場:現状分析と予測(2023-2030年)

Rare Earth Metal Recycling Market: Current Analysis and Forecast (2023-2030)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 142 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.53円
レアアース金属リサイクル市場:現状分析と予測(2023-2030年)
出版日: 2024年04月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 142 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

レアアース金属リサイクル市場は、クリーンエネルギー技術やエレクトロニクスにおけるREMの使用増加により高い需要が生まれ、未加工原料価格を押し上げているため、予測期間中にCAGR 7.6%の力強い成長が見込まれています。リサイクルは、供給を補う費用対効果の高い方法を提供します。さらに、リサイクル技術の進歩により、使用済み製品からREMを回収することがより効率的でコスト競争力のあるものとなっています。

規制状況。

発生源に基づき、市場は永久磁石くず、蛍光灯、ニッケル水素電池、産業廃棄物、電子廃棄物に区分されます。このうち、電子廃棄物はレアアース金属リサイクル市場で大きなシェアを占めています。その理由は、電子機器からレアアースを抽出するのに比べて、レアアースが濃縮されているため複雑さが少なく、電子廃棄物のリサイクルがレアアースの魅力的な供給源になるからです。さらに、電子機器の生産と廃棄が増え続けているため、リサイクル用の材料が大量かつ安定的に供給されています。この安定供給は、リサイクル事業の経済的な実行可能性にとって極めて重要です。

技術に基づき、市場は湿式冶金と乾式冶金に区分されます。このうち、湿式冶金分野がレアアース金属リサイクル市場で大きなシェアを占めているのは、この技術タイプが酸や溶媒を使った多段階プロセスで希土類元素を溶解し、分離するためです。これは、磁石や電池のようなリサイクル材料に含まれる混合物から希土類金属を特別に対象とする他の方法と比較して、より正確な抽出を可能にします。

用途に基づき、市場は永久磁石、マーケットカタリスト、電池合金、冶金・合金、ガラス研磨粉・添加剤、蛍光体、セラミックス、顔料・ゲイズ、その他に区分されます。中でも永久磁石は、ネオジム(Nd)、プラセオジム(Pr)、ジスプロシウム(Dy)といった希土類金属で構成されているため、レアアース金属リサイクル市場で大きなシェアを占めています。さらに、触媒や合金のような他の用途に比べ、希土類元素の濃度が非常に高いため、貴重な材料の収量が多くなり、リサイクルの経済性が高くなります。

レアアース金属リサイクル業界の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、オランダ、フランス、イタリア、スペイン、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他世界の国々における世界の存在に基づいて分析されています。アジア太平洋地域がレアアース金属リサイクルで優位を占めているのは、同地域の急速な都市化と経済成長がエネルギー需要の増加をもたらしているためです。さらに、この地域、特に中国は、世界のレアアース埋蔵量のかなりの部分を保有しています。中国南部の山脈は、何十年もの間、これらの元素の供給源としてよく知られてきました。中国が圧倒的な生産国になるにつれ、世界のレアアースサプライチェーンに大きな影響力を持つようになった。この支配力はリサイクルにも及んでおり、レアアース金属リサイクル市場においてさらに強い地位を築いています。

同市場で事業を展開する主なプレーヤーには、Solvay、Proterial、REEGENERATE PTY LTD、Lynas、GanZhou QianDong Rare Earths Group、Mitsubishi Chemical Group Corporation、Nissan Motor Co.、Geomega Resources Inc.、Shenghe Resources Holding Co.

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目標
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提条件

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 世界のレアアース金属リサイクル市場COVID-19の影響

第6章 世界のレアアース金属リサイクル市場収益 、2020-2030年

第7章 発生源別の市場洞察

  • 永久磁石スクラップ
  • 蛍光灯
  • ニッケル水素電池
  • 産業廃棄物
  • 電子廃棄物

第8章 技術別市場洞察

  • 湿式冶金
  • 高温冶金学

第9章 用途別の市場分析

  • 永久磁石
  • 触媒
  • バッテリー合金
  • 冶金学および合金
  • ガラス研磨パウダーおよび添加剤
  • 蛍光体
  • 陶磁器、顔料、陶磁器
  • その他

第10章 地域別市場分析

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • フランス
    • 英国
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • アジア太平洋のその他諸国
  • 世界のその他の地域

第11章 レアアース金属リサイクル市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第12章 レアアース金属リサイクル市場機会

第13章 レアアース金属リサイクル市場動向

第14章 需要と供給の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第15章 バリューチェーン分析

第16章 価格分析

第17章 競争シナリオ

  • ポーターのファイブフォース分析
  • 競合情勢

第18章 会社概要

  • Solvay
  • Proterial, Ltd
  • REEGENERATE PTY LTD
  • Lynas
  • GanZhou QianDong Rare Earths Group
  • Mitsubishi Chemical Group Corporation.
  • Nissan Motor Co., Ltd.
  • Geomega Resources Inc.
  • Shenghe Resources Holding Co., Ltd.
  • BASF SE

第19章 免責事項

目次
Product Code: UMMM212707

The rare earth metal recycling market refers to the economic activity surrounding the recovery and reprocessing of rare earth metals (REMs) from end-of-life products. In this decade the emphasis of reducing carbon footprint has increased the demand for recycling and renewable energy. Mining rare earth metals can be harmful to the environment due to radioactive waste and other pollutant. So, to overcome these drawbacks the demand for recycling of rare earth metals has been growing and will continue to do so in upcoming years.

The Rare Earth Metal Recycling Market is expected to grow at a strong CAGR of 7.6 % during the forecast period owing to the increasing use of REMs in clean energy technologies and electronics creating a high demand, pushing up virgin material prices. Recycling provides a cost-effective way to supplement the supply. Moreover, advancements in recycling techniques make it more efficient and cost-competitive to recover rems from used products.

regulatory landscape.

Based on source, the market is segmented into permanent magnet scraps, fluorescent lamps, batteries nickel metal hydride, industrial waste, and electronic waste. Amongst these, the electronic waste segment has a significant share in the rare earth metal recycling market because as compared to extracting REMs from electronics can be much less complex due to their concentrate which makes recycling e-waste an attractive source for rare earth metal. Moreover, the ever-increasing production and disposal of electronics creates a large and consistent supply of material for recycling. This stable supply is crucial for the economic viability of a recycling operation.

Based on technology, the market is segmented into hydrometallurgy and pyrometallurgy. Amongst these, the hydrometallurgy segment has a significant share in the rare earth metal recycling market because this technology type uses a multi-step process with acids and solvents to dissolve and then separate the rare earth elements. This allows for a more precise extraction as compared to other methods which specifically target rare earth metals from the mix found in recycled materials like magnets and batteries.

Based on application, the market is segmented into Permanent Magnet, Catalysts, Battery Alloy, Metallurgy And Alloys, Glass Polishing Powder & Additives, Phosphors, Ceramics, Pigments & Gazes, and Others. Amongst these, the permanent magnet segment has significant share in the rare earth metal recycling market because Permanent magnets, are mostly comprise of the rare earth metals such as Neodymium (Nd), Praseodymium (Pr), and Dysprosium (Dy). Moreover, they contain a much higher concentration of rare earth elements compared to other applications like catalysts or alloys which makes them more economically viable to recycle as you get a larger yield of valuable materials.

For a better understanding of the market adoption of the rare earth metal recycling industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in countries such as North America (U.S., Canada, and the Rest of North America), Europe (Germany, UK, Netherlands, France, Italy, Spain, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India and Rest of Asia-Pacific), Rest of World. Asia-Pacific region's dominance in the rare earth metal recycling due to rapid urbanization and growing economies in the region lead to increasing energy demand. Additionally, this region particularly China holds a significant portion of the world's rare earth reserves. The mountain ranges in Southern China have been a well-known source of these elements for decades. As China became the dominant producer, they gained significant influence over the global rare earth supply chain. This dominance extends to recycling as well, further giving them a strong position in the rare earth metal recycling market.

Some major players operating in the market include Solvay, Proterial, Ltd, REEGENERATE PTY LTD, Lynas, GanZhou QianDong Rare Earths Group, Mitsubishi Chemical Group Corporation., Nissan Motor Co., Ltd., Geomega Resources Inc., Shenghe Resources Holding Co., Ltd., and BASF SE.

TABLE OF CONTENTS

1MARKET INTRODUCTION

  • 1.1.Market Definitions
  • 1.2.Main Objective
  • 1.3.Stakeholders
  • 1.4.Limitation

2RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1.Research Process of the Rare Earth Metal Recycling Market
  • 2.2.Research Methodology of the Rare Earth Metal Recycling Market
  • 2.3.Respondent Profile

3MARKET SYNOPSIS

4EXECUTIVE SUMMARY

5GLOBAL RARE EARTH METAL RECYCLING MARKET COVID-19 IMPACT

6GLOBAL RARE EARTH METAL RECYCLING MARKET REVENUE, 2020-2030F

7MARKET INSIGHTS BY SOURCE

  • 7.1.Permanent Magnet Scraps
  • 7.2.Fluorescent Lamps
  • 7.3.Batteries Nickel Metal Hydride
  • 7.4.Industrial Waste
  • 7.5.Electronic Waste

8MARKET INSIGHTS BY TECHNOLOGY

  • 8.1.Hydrometallurgy
  • 8.2.Pyrometallurgy

9MARKET INSIGHTS BY APPLICATION

  • 9.1.Permanent Magnet
  • 9.2.Catalysts
  • 9.3.Battery Alloy
  • 9.4.Metallurgy and Alloys
  • 9.5.Glass Polishing Powder & Additives
  • 9.6.Phosphors
  • 9.7.Ceramics, Pigments & Gazes
  • 9.8.Others

10MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 10.1.North America
    • 10.1.1.U.S.
    • 10.1.2.Canada
    • 10.1.3.Rest of North America
  • 10.2.Europe
    • 10.2.1.Germany
    • 10.2.2.France
    • 10.2.3.UK
    • 10.2.4.Italy
    • 10.2.5.Spain
    • 10.2.6.Rest of Europe
  • 10.3.Asia-Pacific
    • 10.3.1.China
    • 10.3.2.Japan
    • 10.3.3.India
    • 10.3.4.Rest of APAC
  • 10.4.Rest of the World

11RARE EARTH METAL RECYCLING MARKET DYNAMICS

  • 11.1.Market Drivers
  • 11.2.Market Challenges
  • 11.3.Impact Analysis

12RARE EARTH METAL RECYCLING MARKET OPPORTUNITIES

13RARE EARTH METAL RECYCLING MARKET TRENDS

14DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 14.1.Demand Side Analysis
  • 14.2.Supply Side Analysis

15VALUE CHAIN ANALYSIS

16PRICING ANALYSIS

17COMPETITIVE SCENARIO

  • 17.1.Porter's Five Forces Analysis
  • 17.2.Competitive Landscape

18COMPANY PROFILED

  • 18.1.Solvay
  • 18.2.Proterial, Ltd
  • 18.3.REEGENERATE PTY LTD
  • 18.4.Lynas
  • 18.5.GanZhou QianDong Rare Earths Group
  • 18.6.Mitsubishi Chemical Group Corporation.
  • 18.7.Nissan Motor Co., Ltd.
  • 18.8.Geomega Resources Inc.
  • 18.9.Shenghe Resources Holding Co., Ltd.
  • 18.10.BASF SE

19DISCLAIMER