デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1450306

SNF(使用済み核燃料)乾式貯蔵キャスク市場:現状分析と予測(2023-2030年)

Spent Nuclear Fuel (SNF) Dry Storage Cask Market: Current Analysis and Forecast (2023-2030)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 144 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
SNF(使用済み核燃料)乾式貯蔵キャスク市場:現状分析と予測(2023-2030年)
出版日: 2024年02月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 144 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クリーンエネルギーを生産する能力を理由に大小の原子力発電所の採用が増加しているため、乾式貯蔵キャスクの採用が急速に増加しています。各国がこれらの原子力発電所に多額の投資を行っているため、大量のSNFに対する懸念が高まっています。これらのSNFは放射性物質を含んでおり、崩壊または冷却するまでに3~5年かかります。その後、これらは乾式または湿式の貯蔵キャスクに保管されます。これにより、輸送の容易さ、自然災害からの保護、保管期間の延長、必要な保管スペースの削減など、さまざまな利点がある乾式キャスクの採用が大幅に増加しています。さらに、核廃棄物規制の増加と貯蔵技術の進歩が、世界中で乾式貯蔵キャスクの採用をさらに増やしています。

よりクリーンなエネルギーに対するニーズと政府の関心の高まりは、原子力発電所の採用を増やしています。これらの発電所はクリーンエネルギーを提供し、SNFを生産します。以前は、SNFは湿式キャスクに保管されていたが、保管に手間がかかるうえ、自然災害の影響を受けやすく、放射性廃棄物の漏えいリスクが高かったです。乾式キャスクは湿式貯蔵のこうした欠点を克服しており、費用対効果の高い乾式キャスクの採用が進んでいます。

国連の国際原子力機関(IAEA)によると、2022年12月現在、33カ国で422基の原子炉が稼働し、世界の電力の約10.5%を生産しています。さらに、中国、インド、韓国、ロシア、トルコなど18カ国で58基が建設中です。

米国原子力規制委員会によると、2023年には、米国の18カ所にある22基の商業用原子炉が廃炉プロセスの様々な段階にあります。

SNFは、製品別にコンクリート製SNF乾式貯蔵キャスクと金属製SNF乾式貯蔵キャスクに区分されます。金属製SNFは、その強度と耐腐食性がよく知られているため、主要な市場シェアを獲得すると予測されています。さらに、これらのキャスクはコンパクトで軽量であるため、輸送や取り扱いに有利です。コンクリート製キャスクも、その遮蔽特性により効果的な放射線防護を提供することから、大きな市場シェアを占めると予測されます。さらに、これらのキャスクは耐久性があり、さまざまな環境条件に耐えることができます。

用途に基づき、市場は大きく2つの用途に分けられる:大型原子力プラントと小型原子力プラントです。大型原子力発電所セグメントは、出力が高く運転寿命が長いため、大量のSNFを生成することから、主要な市場シェアを獲得すると予想されます。

一方、小型原子力発電所は、出力が低く、SNFの発生が少ないことから、注目すべき市場シェアを獲得すると予測されます。しかし、小型原子力発電所の普及が進み、商業用原子力発電所の採用が増加することで、このセグメントにおける乾式貯蔵キャストの採用がさらに増加すると思われます。

乾式貯蔵キャスク産業の市場導入に関するより深い理解のために、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、ウクライナ、ロシア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、韓国、その他アジア太平洋地域)、その他世界の国々における世界の存在に基づいて分析されます。欧州は予測期間中に大きな成長率を経験すると予想されます。アジア太平洋のソーラーシングル市場は、再生可能な資源やクリーンエネルギーに対する政府の取り組みが高まり、ドライキャスクの採用が増加していることから、顕著な成長を示すと推定されます。さらに、中国、日本、インド、韓国のような国々は、新しい原子力発電所に積極的に投資し、製造しているため、乾式貯蔵キャスクの採用が急増しています。さらに、小型原子力発電所技術の進歩は、商業部門でのこれらの発電所の採用をさらに増加させ、乾式貯蔵キャスクの採用を増加させています。例えば、世界原子力協会によると、インドの原子力発電所22基のうち、電気容量630MWe未満の原子力発電所は20基です。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目標
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提条件

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 SNF乾式貯蔵キャスク市場収益、2020-2030年

第6章 市場洞察:用途別

  • 大型原子力発電所
  • 小型原子力発電所

第7章 市場洞察:製品別

  • コンクリート製SNF
  • 金属製SNF

第8章 市場洞察:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • ウクライナ
    • スペイン
    • ロシア
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • オーストラリア
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第9章 SNF乾式貯蔵キャスク市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第10章 SNF乾式貯蔵キャスク市場機会

第11章 SNF乾式貯蔵キャスク市場動向

第12章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第13章 バリューチェーン分析

第14章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第15章 企業プロファイル

  • Orano SA
  • GNS Gesellschaft fur Nuklear-Service mbH
  • Hitachi Zosen Corporation
  • SKODA JS a.s.
  • Holtech International
  • NAC International
  • OCL Corporation
  • Mitsubishi Heavy Industries
  • EnergySolutions
  • British Nuclear Fuels Plc.

第16章 免責事項

目次
Product Code: UMEP212640

The adoption of dry storage casks is rapidly increasing owing to an increase in the adoption of small and large nuclear plants for their capability of producing clean energy. As countries invest heavily in these nuclear plants, there are increasing concerns about large quantities of Spent Nuclear Fuels. These spent fuels are radioactive and need three to five years to decay or cool down; after that, these are stored in dry or wet storage casks. This has increased the vast adoption of dry casks as they offer various advantages, including easy transportation, protection from natural calamities, longer storage durations, and less storage space required.

Moreover, increasing nuclear waste regulations and advancements in storage technologies are further increasing the adoption of dry storage casks across the globe. These dry casks come in two types: concrete casks and metal casks.

The rising need and government focus on more clean energy is increasing the adoption of more nuclear power plants. These power plants offer clean energy and produce spent nuclear fuel. Earlier, these fuels were stored in wet casks, which required more storage and were more prone to natural calamities, making it riskier for leakage of radioactive waste. Dry casks overcome these disadvantages of wet storage, leading to more adoption of these cost-effective dry casks.

According to the United Nations' International Atomic Energy Agency (IAEA), as of December 2022, there are currently 422 nuclear reactors operating in 33 countries producing around 10.5 % of the world's electricity. Furthermore, there are 58 units in construction in 18 countries, including China, India, South Korea, Russia, and Turkey.

According to the US Nuclear Regulatory Commission, in 2023, 22 commercial nuclear power reactors at 18 sites in the US are in various stages of the decommissioning process.

Based on product, the spent nuclear fuel is segmented into concrete SNF dry storage casks and metal SNF dry storage casks. Metal SNF is forecast to capture the major market share owing to its well-known strength and corrosion resistance. Moreover, these casks offer compact and lightweight alternatives, adding an advantage in transportation and handling. Concrete casks are also forecasted to hold a significant market share, owing to their shielding properties, thus offering effective radiation protection. Moreover, these casks offer durability and can withstand various environmental conditions.

Based on application, based on the application, the market is divided into two major applications: Large nuclear plants and Small nuclear plants. The large nuclear plant segment is anticipated to capture the major market share owing to their higher power output and longer operational lifetime, thus generating a large quantity of spent nuclear fuels.

On the other hand, Small nuclear plants are forecast to capture the notable market share owing to their lower power output and reduced generation of spent nuclear plants. However, the increasing prevalence of small nuclear plants and increased adoption of commercial nuclear plants will further increase the adoption of dry storage casts in this segment.

For a better understanding of the market adoption of the dry storage cask industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in countries such as North America (U.S., Canada, and the Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Ukraine, Russia, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, South Korea, and Rest of Asia-Pacific), Rest of World. Europe is expected to experience a significant growth rate in the projected period. The Asia Pacific Solar Shingles market is estimated to witness notable growth owing to rising government initiatives towards renewable sources and clean energy, thus increasing the adoption of dry casks. Furthermore, countries like China, Japan, India, and South Korea have been actively investing and manufacturing new nuclear power plants, leading to a surge in the adoption of dry storage casks. Moreover, the advancements in the small nuclear plant technology are further increasing the adoption of these plants in commercial sector thus increasing the adoption of dry storage casks. For instance, according to the World Nuclear Association, out of 22 nuclear power plants in India, there are 20 nuclear plants below the electric capacity of 630 MWe.

Some of the major players operating in the market include Orange SA, GNS Gesellschaft fur Nuklear-Service mbH, Hitachi Zosen Corporation, SKODA JS a.s., Holtec International, NAC International, OCL Corporation, Mitsubishi Heavy Industries, EnergySolutions, and British Nuclear Fuels Plc.

TABLE OF CONTENTS

1. MARKET INTRODUCTION

  • 1.1.Market Definitions
  • 1.2.Main Objective
  • 1.3.Stakeholders
  • 1.4.Limitation

2. RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1.Research Process of the SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK Market
  • 2.2.Research Methodology of the SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK Market
  • 2.3.Respondent Profile

3. MARKET SYNOPSIS

4. EXECUTIVE SUMMARY

5. SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK MARKET REVENUE (USD MN), 2020-2030F

6. MARKET INSIGHTS BY APPLICATION

  • 6.1.Large Nuclear Power Plant
  • 6.2.Small Nuclear Power Plant

7. MARKET INSIGHTS BY PRODUCT

  • 7.1."Concrete SNF "
  • 7.2."Metal SNF"

8. MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 8.1.North America
    • 8.1.1.U.S.
    • 8.1.2.Canada
    • 8.1.3.Rest of North America
  • 8.2.Europe
    • 8.2.1.Germany
    • 8.2.2.U.K.
    • 8.2.3.France
    • 8.2.4.Ukraine
    • 8.2.5.Spain
    • 8.2.6.Russia
    • 8.2.7.Rest of Europe
  • 8.3.Asia-Pacific
    • 8.3.1.China
    • 8.3.2.Japan
    • 8.3.3.India
    • 8.3.4.Australia
    • 8.3.5.South Korea
    • 8.3.6.Rest of Asia-Pacific
  • 8.4.Rest of World

9. SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK MARKET DYNAMICS

  • 9.1.Market Drivers
  • 9.2.Market Challenges
  • 9.3.Impact Analysis

10. SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK MARKET OPPORTUNITIES

11. SPENT NUCLEAR FUEL (SNF) DRY STORAGE CASK MARKET TRENDS

12. DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 12.1.Demand Side Analysis
  • 12.2.Supply Side Analysis

13. VALUE CHAIN ANALYSIS

14. COMPETITIVE SCENARIO

  • 14.1.Competitive Landscape
    • 14.1.1.Porters Fiver Forces Analysis

15. COMPANY PROFILED

  • 15.1.Orano SA
  • 15.2.GNS Gesellschaft fur Nuklear-Service mbH
  • 15.3.Hitachi Zosen Corporation
  • 15.4.SKODA JS a.s.
  • 15.5.Holtech International
  • 15.6.NAC International
  • 15.7.OCL Corporation
  • 15.8.Mitsubishi Heavy Industries
  • 15.9.EnergySolutions
  • 15.10.British Nuclear Fuels Plc.

16. DISCLAIMER